バイヤーの仕事はきつい?楽しい? | 仕事内容・平均年収・やりがい

バイヤーの仕事内容

時代に即した商品を探す仕事

バイヤーとは、簡単に言うと商品の買い付けを行う人のことです。生産している現場に自ら足を運び、お店で販売する商品を客層などを見極めて買い付けを行うのがバイヤーの仕事です。

バイヤーは単に商品を購入するだけでなく、仕入れの値段やどの程度の量を仕入れるかなどの交渉も行います。さらに、現在どのような商品が流行しているのか、今後どのような商品が人気となるのかなど、世の中のトレンドに敏感でなければいけません。

そのほかにも、顧客がどのような商品をどれほど購入しているのかなど、データの分析を求められることもあります。

バイヤーはアパレルだけじゃない

バイヤーと聞くと、まず頭に思い浮かぶのはアパレル業界です。デパートやセレクトショップなどに置く商品を選び、仕入れるおしゃれな職業というイメージを抱いている人も多いかもしれません。

しかし、実はバイヤーはあらゆる業界に存在します。デパートやセレクトショップなどのファッション業界はもちろんのこと、スーパーマーケットや輸入食料品店、雑貨店、家電製品、おもちゃなど、どんなお店でも仕入れを行うことが必要です。

どんな商品を置くかということは、お店にとっては非常に重要な要素となるため、現在ではインターネットのECサイトなどでもバイヤーの重要性は高まっています。

バイヤーの平均年収

一口にバイヤーと言っても、業界や企業によって年収は大きく異なりますが、量販店やデパートなどの場合では、平均は300万円から350万円、都心に多くの店舗を構える大手の場合では600万円から800万円となることもあります。

一方、アパレル業界の場合には300万円から600万円となり、企業規模の違いから大手デパートなどと比べるとやや低めになっています。ただし「バイヤー」という専門職で採用されることはまれで、最初は総合職として採用され、適性などを見出されてバイヤーとして働くことが多いようです。

またバイヤーの年収には個人差も大きく、仕入れた商品が次々とヒットするようなバイヤーの場合には、その企業の顔として認められることもあり、その場合には、ぐっと年収は高くなります。

また、そういったカリスマバイヤーは、フリーランスとして企業と契約を交わすこともあり、その場合にはさらに高い年収が期待されます。

バイヤーの仕事はきつい?楽しい?

流行を追うバイヤーの仕事

バイヤーに必要となるのは、どのような商品が人気になるのかを見極める目です。そのため、バイヤーは日常の業務だけでなく、常にトレンドに敏感でなければいけません。

しかも現在どのようなものが流行しているのかということだけでなく、その商品を仕入れる時期や売り出すときには、新しい流行が生まれているということも考えなければいけません。

さらに、自分の興味だけでなく自らの企業やお店の顧客の年齢層なども考慮することが必要です。

そのため、常にネットやテレビ、雑誌、口コミなどをチェックする必要があります。流行を追うのが楽しいという人なら楽しさを感じることができますが、情報のアンテナは二十四時間張り巡らしておくことが必要なため、プライベートとの区別ができにくく、そのためずっと仕事のことを考えておくのが苦痛だというタイプの人にとっては、かなりきついということができるでしょう。

バイヤーはプレッシャーとの戦い

また、バイヤーは非常に大きな裁量を与えられていることが多い仕事です。バイヤーのアイデアや勘、分析したデータなどによって仕入れる品物や量が決まりますが、仕入れた商品がすべてヒットするとは限りません。

どれだけ綿密にデータ分析を行っても、常に失敗する可能性は付きまといます。その場合、失敗の責任は常にバイヤーが背負わなければいけません。

さらに企業の規模、仕入れの規模が大きくなれば、失敗の影響はさらに大きくなります。その失敗は売り上げに明確に反映され、自分がどの程度の損害を出してしまったのかということがはっきりと分かってしまいます。

さらに現代は、物が売れない時代と言われていて、どれほど自信を持って仕入れた商品でも、ヒット商品を生み出すことは難しくなっています。

そのため、ひとつひとつの商品選びに企業の命運がかかっているといっても過言ではありません。バイヤーはその責任を常に汐井ながら仕事を進めていくことが求められる仕事です。

ヒットしたときには自分の頑張りが目に見えるということでもありますが、常に失敗できないというプレッシャーがつきまとうため、精神的にはかなりハードな仕事ということができるでしょう。

バイヤーは忙しいのか

どのような業界でも、バイヤーの仕事は非常に多忙です。まずバイヤーの仕事の中心となるのは商品の買い付けですが、もし自分が欲しいと思う商品がある場合には、商品を生産している場所まで足を運ぶ必要があります。

大手の量販店の場合には、「この商品を売って欲しい」と生産者サイドから売り込みが来る場合もありますが、その商品だけを扱っていてはヒット商品を生み出すことはできません。

もし相手が北海道や沖縄でも、そこまで足を運ぶことが必要です。また、生産者の中には、仕事の相手がすでに決まっている場合や、それほど多くの商品を作ることができないということもあり、「欲しい」と言ってもその商品を簡単に回してもらえないということも珍しくありません。

その場合には、粘り強い交渉を行い、その商品に対する熱意を示すことが必要になります。それだけ時間をかけても商品の買い付けに失敗することもあります。

さらに企業がどのような客層に向けてどのような商品を売りたいのか、どうしたらそれが売れるのかなど、販売促進戦略に関わることもバイヤーの仕事です。

この場合、ただ単に販売データだけを見るのではなく、実際の店舗に足を運び、現場の空気を感じるといったこともバイヤーの重要です。

同時に自分が仕入れようと思っている商品の優れているところを社内に対してプレゼンテーションを行う必要もあります。それがどれほど優れたものであっても、会社やお店としてそれを売り出すのは大きな決断です。バイヤーはこれなら売れるというデータとともに、会社を説得する必要があります。

そのほかにも、どれだけの価格で売るか、その価格ならどの程度の量を売らなければいけないのかといった原価計算や、これまでに売り出した商品の売れ行きのチェック、販売方法の変更といった業務も加わります。

バイヤーの仕事の魅力・やりがい

バイヤーの仕事の最大の魅力は、世の中の流行を自らの手で生み出す点にあるといえるでしょう。自分が自信を持って仕入れた商品が広く世の中に受け入れられて、ブームとなる瞬間を目にする喜びはバイヤーでなければ味わえません。

特に、まだまだ知られていない良い品を届け、社会と生産者の両方に貢献できることは、バイヤーの仕事の大きな魅力です。

またバイヤーの仕事の魅力のひとつは、成果がはっきりと目に見えるという点です。どの商品が、いつ、どれだけ売れたか、会社にどの程度の貢献ができたのかが数字やデータによってはっきりと分かるため、自分の頑張りの結果がすぐに見えるのもバイヤーの仕事のいいところです。

バイヤーに必要なスキル

バイヤーに求められるのは、流行を見極める目と、生産者とのコミュニケーションスキルです。自分がその商品をどれだけ売りたいと思っているのか、大切に思っているのかなどを相手に伝えるだけでなく、相手の要望をくみ取ることも求められます。

さらに現在では、ビッグデータを活用して、どのような商品がヒットするのかなどを分析できる理系的な能力も求められています。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。