受付の仕事はきつい?楽しい? | 仕事内容・平均年収・やりがい

受付の仕事内容

受付の仕事内容は、企業や施設に訪れたお客様への対応がメインとなっています。

訪れたお客様に挨拶をして、用件と相手を聞き、しかるべき場所に取り次いだり、部屋に案内をしたりします。

訪問する部署や会場、会議室を口頭で案内することもあれば、電話の取次ぎをしたり、実際に同行して、社内や施設内の目的地まで連れていくこともあります。入館証の管理をしたり、訪問者記録を管理したりすることもあります。

いつ、誰が、何の目的で、誰宛に訪れたのかを確認するのは、事業にとっても重要ですし、セキュリティのためにも必要です。受付には、取次ぎの役割以外にも、防犯対策の仕事が任されているのです。

また、企業や施設の代表電話への応対も、受付の仕事になることがあります。それぞれの部署や担当者への取次ぎをしたり、伝言を預かったりする大切な仕事を任されるでしょう。

更に、会議や面接などの会場設置や会議室予約などの仕事が、受付に任されることもありますし、勤務先によっては、お茶出しなどを担当することもあるでしょう。勤務先によって、担当範囲や具体的な仕事内容が、大きく異なって来ることも珍しくありません。

受付の平均年収

受付の仕事は、勤務先や仕事の内容、個人の経験やスキルなどによって、年収も変動してきます。

平均年収は、大体260万円程度となっています。月給だと、およそ19万円くらいが平均金額だと言えるでしょう。事務系の他の職種と比較すると、平均年収はやや低めになっていますが、勤務先の事業規模や業績、あるいは専門性の高さなどによっては、高い年収を目指すことも可能です。

受付の仕事はきつい?楽しい?

臨機応変なビジネスマナーが必要になるきつさ

企業や施設にとって、受付担当者は、訪れたお客様が、初めて接する相手ということになります。そのため、丁寧ではきはきとした対応が求められます。笑顔や話し方のマナーはもちろん、所作のひとつひとつや、取次ぎの対応まで、高いビジネスマナーが求められます。

その上で、その日一日のスケジュールを確認し、どんな相手が来訪し、どのような手順で対応すれば良いのか、的確に把握しておかなければいけないことも少なくありません。

イレギュラーな来客に対し、失礼のない対応をしなければいけませんし、逆に訪問者は誰でも通せば良いというわけでもありません。セキュリティや事業の都合上から、通すことが出来ない来客に対しては、受付での対応が必要になって来るケースも多いです。

更に、受付は立ち仕事になることも多いです。ホテルやデパート、アミューズメント施設などの商業施設における受付は、勤務時間中は基本的に立ちっぱなしと言う現場も少なくありません。

女性はきちんとした姿勢に見えるよう、ヒールを履かなければならなかったり、入口近くに配置されているため、寒さや暑さ、風や雨などに悩まされることも少なくありません。

そのため、受付の仕事は、精神的にも体力的にも、タフであることが求められやすく、きつさを感じる人も少なくありません。

様々な人と接するメリットがある

もちろん、受付の仕事には楽しいことややりがいもあります。社内の人、社外の人どちらともたくさん関わる仕事であるため、色々な人と交流を持つことも出来ます。

社内外の人の出入りを把握することが出来るため、業界事情や企業の傾向を把握することも出来ますから、大変勉強になるシーンも少なくありません。他の職種ではなかなか交流が出来ない人と、仕事として深く関われるシーンもあるでしょう。

また、受付の仕事がこなされなければ、企業はお客様を正しく迎え入れたり、電話を関係部署に割り振ったりすることが出来ず、事業は混乱してしまいます。派手な役回りではありませんが、事業において決して欠かすことが出来ない、とても重要な存在ですから、やりがいは大きいと言えるでしょう。

受付の仕事は忙しいのか

受付の仕事は、やはり来訪者が多いタイミングで多忙になることが多いです。平日のお昼前後から、午後の早い時間帯までは、どの企業も多忙になりやすいでしょう。大きな会議やイベントがあるタイミングや、就職活動のシーズンなども、受付は慌ただしくなりやすいです。

具体的なピークの時間帯は、勤務先のオープンスタイルによります。

受付の仕事の魅力・やりがい

社内の人を覚えることができる

企業や施設などにおいて、受付は各部署の名前や役割をしっかり把握していなければいけません。来客も電話も、相手の役割や担当者の名前を知らないと、取次ぎや応対がまったく出来ないというケースも珍しくないからです。

そのため、スタート時は覚えなくてはいけないことが多く、苦労する可能性も高いですが、その分社内の仕事内容や担当者について、詳しくなることが出来ます。名前や部署を知っており、更にお客様との取次ぎを担当することで、様々なポジションの人を知り、交流出来るという楽しみがあるでしょう。

頼りにされる仕事ができる

受付担当者がきちんと割り振ってくれることで、社内のメンバーは、お客様を出入口まで迎えに行ったり、入館証を配布したり、会議室や会場まで案内したりするような、直接の手間を省略することが出来ます。

電話の割り振りも、電話相手のニーズを素早く察知し、正しい振り分けをしてくれる受付担当者がいるからこそ、スムーズな業務が実現するわけです。

そのため、社外の人から頼りにされるのはもちろんのこと、社内のメンバーからの信頼を多く獲得できるのも、受付係ならではのメリットだと言えるでしょう。人から頼られることで、仕事はやりがいも生まれやすいですよね。

社内のイメージ向上に貢献できる

前述したように、受付担当者は、お客様が初めて接する企業や施設のスタッフです。そのため、受付係の印象が、良く見悪くも、全体のイメージに結びつきやすいのです。笑顔が気持ちよく、丁寧で心のこもった対応をしてもらえれば、自分の勤務先のイメージアップに直接貢献することも出来ます。

責任の大きいポジションであるということは、あなたのキャリアのためにも、良い効果を発揮してくれるでしょう。

受付に必要なスキル

ビジネスマナー力

受付担当者にとって、ビジネスマナーが身についていることは、非常に重要なポイントです。お客様に対し、失礼のない対応が出来ることは、企業の顔でもある受付スタッフには、決して欠かせないスキルだと言えるでしょう。

コミュニケーション力

様々なお客様に対応する受付担当者には、コミュニケーション力も欠かせません。お客様の種類は、決してひとつではありません。

困っているお客様の要望を聞き出したり、時には困ったオーダーを受付で対処しなければいけないこともあります。細やかな気配りが出来て、気遣い上手である人ほど、受付で活躍しやすいです。高いコミュニケーション力がある人ほど、受付の仕事に向いていると言えるでしょう。

判断力

受付は、想定外のアクシデントが発生したり、イレギュラーな対応をしたりしなければいけないポジションでもあります。困ったお客様が来たときの対応はもちろん、事態の収拾に向けた、臨機応変な行動力も必須です。

そのため、受付の担当者は、判断力が的で、時と場合に合わせた決断力がある人にも、適している仕事なのです。

語学力

企業や施設によっては、受付で外国語を多数扱うケースも珍しくありません。テーマパークをはじめとしたアミューズメント施設は、特にその傾向が強いです。

外国人観光客の多いエリアなどでも、語学力が高い人は、重宝されやすいでしょう。英語はもちろん、中国語や韓国語など、多様される言語ほど、取得していると活用しやすいです。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。