広報の仕事はきつい?楽しい? | 仕事内容・平均年収・やりがい

広報の仕事内容

ブランドイメージを高める仕事

「広報」の主な仕事内容は、自社の商品やサービスなどの情報を発信することです。自社がどのような商品を発売し、それがどのような利点があるものなのか、どのように暮らしに関わっていくのかなどを伝えることで、自社の商品やサービスに対しての認知度を高めるだけでなく、会社全体のブランドイメージを高めていく仕事です。

具体的には、新聞や雑誌に対してのプレスリリースの制作やSNSの更新などが広報の仕事となります。このほか、イベントの企画進行を行うこともあります。外に向けて情報を発信する以外にも、商品や会社についての情報が欲しいというメディアへの取材対応も広報が行う仕事になります。

大企業の場合には、テレビコマーシャルやWebや雑誌への広告といった仕事を行う宣伝と別の部署となっていることも多いようですが、中小の企業の場合には広報と宣伝とが一体化して情報発信を一括して行っているところも少なくありません。

さらに広報にとって重要となるのは、自社の商品やサービスに関する事故やリコールなどの対応です。この対応が遅れたり、対応事態を誤ったりした場合には、さらに大きな問題に発展するため、謝罪広告や消費者への補償などの対応はできるだけ素早く、かつ慎重に行わなければいけません。

それらを前面に立って対処することも広報の重要な仕事になります。

会社のチームワークを高める重要な存在

また、自社の情報を発信する先は社内だけとは限りません。新商品の情報や人事異動、新入社員の紹介、社内イベントの実施報告など、社内に対する広報も重要な仕事となります。これらは通常は「社内報」といった形で行われます。

社内報というと、あまり重要ではない仕事のようにも思われるかもしれませんが、大きな会社になればなるほど、部署の間の垣根は高くなるものです。フロアが違うだけでどのような業務に携わっているのか、まったくわからないということも少なくありません。

知らないというだけならまだしも、その縦割りが業務にマイナスの影響をもたらしたり、見えないコストとなっていることもあります。

それを解決するひとつとして、社内報の存在が最近ではクローズアップされることもあります。社内のチームワークを高めるため、社内報を通じて、社内業務の円滑化や部署間のコミュニケーションを促進するのも広報の大切な仕事です。

現在、ネットを通じて一般の消費者でもプレスリリースを閲覧することができる時代を迎えていることもあり、広報の仕事の重要性はますます高まっているといえるでしょう。

広報の平均年収

平均的な年収だが、今後アップも期待

広報の平均年収は300万円から500万円程度と言われています。勤務している企業の規模などに左右されることもありますが、一般的なサラリーマンの平均的年収と言ってもよいでしょう。

これはまだまだ広報の仕事の重要性が認識されたばかりということもあり、広報の専門家という存在が少ないということも原因と考えられますが、今後は広報の仕事に対する重要性が高まっていくことが予想されるため、スキルと経験を身につけることで、さらに高い報酬を手にすることも可能です。

広報の仕事はきつい?楽しい?

クリエイティブな楽しさが感じられる仕事

広報の仕事は社内・社外に対する情報発信です。いわば、自社の中のマスコミ的な存在ということも可能で、そういった仕事の特性上、広報には自社の商品やサービス、ひいては人をどのようにPRするのかといったクリエイティブな感性が求められます。

企業によっては広報の新しい挑戦に対して積極的な支援を行うところもあるため、次々に新しいアイデアを考えて、それを実現していくといったタイプの人にとっては、きついところはあっても楽しい仕事だということができるでしょう。

同時に、近年はプレスリリースの重要性が非常に高くなっていますが、マスコミや関係者の元には毎日、数多くのリリースが届けられます。

そのため、ごく普通のプレスリリースしか作ることができなければ、それは山の中に埋もれて誰の目に触れることもなくなってしまいます。魅力的で、マスコミが取り上げたり、ネットで話題になりそうなプレスリリースを作ることが求められていますが、これはなかなか簡単なことではありません。

だから、広報担当者の多くは、毎日どうすればプレスリリースが人の目に触れるようになるのか、苦労を重ねています。

部署と部署の仲裁も

広報は社内への情報発信も重要な仕事です。そのため、あらゆる部署の人間と知り合い、それぞれから情報を集めていくということも重要な役割となりますが、ときとして部署と部署のもめごとに巻き込まれてしまうこともあります。

あの部署だけ予算が多いのはどういうことだとか、あそこの部署は前にも取りあげられていたのにうちはまだだなど、それぞれの部署からクレームが寄せられるということも珍しくはありません。

そのような人間関係の問題も広報には付きまとうため、意外なストレスを感じるといった事態も考えられます。

さらに、会社に不祥事や事故など、なにか問題が起きた場合、広報は矢面に立たなければいけません。

もちろん、不祥事や事故などについて広報に責任があるはずもないのですが、それでも謝罪を続けなければいけません。そういったときに、会社の上層部ができるだけ情報を隠そうとする場合などもあり、そういったケースでは広報担当者の負担は非常に多きなものとなるでしょう。

広報の仕事は忙しいのか

一日を通じて多忙となる広報の仕事

広報の仕事は、基本的にはマスコミや株主など社外への情報発信と、その情報を社内に取材することです。外部とのやりとりも、社内への取材も通常は就業時間内に行うことが基本となるため、日中は非常に多忙となります。

また、広報はプレスリリースの作成も任されていますが、このリリースの作成は単純作業ではなく非常に頭を使う作業であり、正解というものがない仕事です。

そのため、熱中してしまうとどんどん就業時間は長くなってしまいます。そのため、十分な人員が確保できていない場合、どうしても残業時間は長くなりがちだと言えるでしょう。

さらに、企業に問題があった場合にはその対処を行わなければいけないのはもちろん、企業の商品やサービスが話題になった場合、マスコミの取材にも対応することが必要なため、広報業務は常に非常に忙しいということができるでしょう。

広報の仕事の魅力・やりがい

豊富な人脈が築ける

まず広報の仕事の魅力には、「多くの人と接することができる」という点が挙げられます。特にテレビや雑誌など、マスコミ関係者との接触も多く、結果として一般的な企業に勤務している人よりも、豊富な人脈を築くことができます。さらに普段から人との関係を大切にすることも広報の大切な仕事のひとつです。

自分の会社が社会からどのような評価を得ているのかといった情報に敏感であることも必要となるため、自然と情報への感度が高くなり、世の中の流れを見極める目を磨くことにもつながっていきます。

また、広報として働くことは企業のイメージを代表することでもあります。あらゆる取材などを通じて、広報担当者は会社の顔となって仕事を行うことから、愛社精神はもちろん、若いうちから自信や責任などを養い、自らの成長につなげることができます。

会社を代表する存在にもなれる!

広報の仕事のやりがいには、自分の責任の範囲が広いということもあります。たとえば、自分の書いたプレスリリースがきっかけで自社の商品やサービスが大ヒットしたり、大きな話題となったりといったことも決して珍しいことではありません。

自分の力によって会社に利益をもたらすという点では営業の仕事とも似た部分がありますが、広報の場合には影響を与える範囲が非常に大きくなるため、自分の仕事が社会に新しい動きをもたらすことができるという意味では、これ以上魅力的な仕事はないと言えるかもしれません。

それだけでなく、経験を重ねた広報担当者は会社にとっては非常に重要な存在です。また広報の仕事の重要性は、年々高まっていて、優秀な広報担当者は引く手あまたです。どのような会社でも広報は必ず必要となる仕事のため、経験を重ねて実力をつけていくことで、昇進や転職も非常に有利になるでしょう。

広報に必要なスキル

広報になるために、必要な資格というものはありません。しかし、広報には独特のスキルが求められます。

まず、広報に必要となるのは人間的なスキルです。広報担当者はマスコミをはじめ、自社の社員や株主など非常に多岐にわたった人々と接する機会の多い仕事です。

その中では、どう考えても無理難題といったものを突き付けられる機会がありますが、そういった場合でも相手を不快にさせないようにやんわりと断ったり、話の矛先を上手く交わしたりといった機転が求められます。

広報の態度や言葉によって、企業のイメージが左右されることも多いことから、人当たりの良さなどが重要となります。

また、広報には文章能力と始めとする言語的なセンスなども必要となります。これも社内・社外を問わず多くの人と接するため、自分の考えていることをわかりやすく相手に伝えることが必要となるからです。

さらに、言葉によるコミュニケーションだけでなく、社内報の編集やプレスリリースの作成を行ううえで、より読み手の心をつかむ文章を書くことが必要となります。単にビジネスマナーにかなっていたり、正しい言葉遣いといったもの以上の高い日本語スキルが必要になるのが広報の特徴です。

このほか、業界の動向や他社の最新情報、消費者のニーズなどをくみ取り、分析するマーケティングや、大きな視点から自社のことをとらえる、経営者的な広い視点も重要なスキルのひとつとなります。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。