【履歴書】人事の志望動機の書き方 | 良い例・悪い例・注意点

履歴書の志望動機の書き方

どうして人事志望なのかを明確に書く

人事の仕事は、企業にとっても非常に重要な存在です。事業を運営していく構成メンバーを選定する採用パートはもちろん、その後の配置を考えたり、役職を決定したりするなど、企業が成り立つための様々な業務を担っています。

仕事を進めるための、基本の配置を担当するため、人事がきちんとしていなければ、良い人材を獲得することも出来ません。その上、どんなに良い人材がそろっていても、人事の手腕ひとつで、活かしきれなくなってしまうケースはとても多いのです。人を管理し、組織として発展させていくための要の仕事です。

そのため、「どうして人事を志望しているのか」をはっきりさせることは、履歴書の志望動機をしっかり仕上げるために、とても重要なポイントになって来ます。書類選考を通過しないことには、面接をはじめとした以降の選考プロセスに進むことも出来ません。

採用担当者から、「この志望動機なら、人事でなくても良いのではないか」とみなされてしまわないよう、明確な動機を書いてください。

人事で活かせるスキルを書いておく

人事の仕事は、まったくの未経者よりは、経験者が優遇される傾向にあります。社会人未経験はまず少ないでしょう。

他の職種から、人事に初めてチャレンジする人は多いですが、同業界の別の職種を担当しており、人事に転職するパターンがとても多くなっています。採用や教育に当たる人事担当者が、まったくの知識や経験、能力を身に着けていない状態では、なかなか仕事すべてを任せることが出来ない傾向にあるからです。

そのため、履歴書の志望動機パートには、人事の仕事で活かせるあなたのスキルを織り込んでおけると良いでしょう。これまでの経験や実績を分かりやすく書いて、どのような人事として働きたいのかを書いておくと、志望動機により説得力が増しやすいです。

企業に特化した志望動機を書いておく

人事の仕事は、どんな業界の、どんな企業にも必要な仕事です。もちろん、事業規模や社風によって、その他のポジションのスタッフが、人事の仕事を兼任していることもありますよね。それだけ、企業ごとに人事の仕事は特色が出やすいのです。

そのため、人事の志望動機を書くときには、その企業ごとに特化した志望動機をきちんとまとめられるようにしましょう。「どうして御社の人事を志望しているのか」について、明確にまとめておくことによって、全体の完成度がぐっとアップし、書類選考の通過率も底上げすることが可能です。

人事の志望動機の例文

私が御社の人事部門を志望している動機は、御社が特に「社員教育」に力を入れていると知ったからです。

私は、学生時代はサッカー部に所属し、最終学年時には、部長としてリーダーを務め、担当顧問と共に、メンバーの教育指導を進めていました。

個人の元々の能力を活かしつつ、チーム全体が大きな結果を出すためには、どのような教育指導を行うべきか、メンバーひとりひとりと詳しくコミュニケーションを取ることを心がけながら検討していきました。

特技や志望ごとに練習メニューを組み、ミーティングを頻繁に行うことで、県大会での優勝という実績を残すことができました。この大きな充実感と自信から、人事部門の中でも採用や教育の分野に進みたいと感じるようになりました。

御社にご縁を頂いた際には、私のコミュニケーション能力と、教育力が活かせると考えています。人事部門の一員として、組織全体を牽引していく存在となれるよう、精進して参ります。」

人事の志望動機のダメな例

「私は、前職の販売職では、コミュニケーション能力を高く評価されていました。アルバイトスタッフをまとめる現場のリーダーを任されており、スタッフ採用や教育、シフト管理も担当していました。

当時は、自分が採用を担当し、教育をしたアルバイトスタッフがいきいきと働き、実践を積み重ね、店舗の売り上げが上がっていく様子に、大きなやりがいを感じていました。このとき、人事、特に採用と教育分野に特化した仕事がしたいと思うようになりました。

前職で培った経験を活かしながら、より事業規模の大きな御社において、組織作りに携わる一員として働きたいと思っています。」

志望動機として、具体的なエピソードを盛り込んでいることから、相手に伝わりやすい内容にはなっています。しかし、結論から書き始めていないので、「どうして志望しているのか」に辿りつくまで、やや間があいてしまい、読む方にも説得力が薄れてしまう可能性があります。

まずは、どうして人事を志望しているのかを言いきってしまうと良いでしょう。その上で、これまでの経験と志望動機を書き、更に「どうして御社だったのか」をもう少し書き加えた上で、働き始めてからの具体的なビジョンに移行していくのがおすすめです。

人事の志望動機を書くときの注意点

業界研究と企業研究の徹底

人事の仕事は、志望している業界や企業について、正しく的確な知識を持っていることが大前提です。どんな人材が現場で求められているのかを知らないことには、人事の仕事を務めることは出来ないからです。

そのため、人事への志望動機を書くときは、その前段階として、業界研究や企業研究を徹底しておくようにしましょう。既にその業界で働いている人も、改めて研究を進めてください。

企業によって、人材に求めているものは違います。更に、将来的な事業予定や発展計画によっても、人事として求められてくるスキルや志望が異なって来ます。より相性が良い人材ほど、人事として採用されやすいですから、相手のニーズを正しく深く把握できるようにしておくのが大切なのです。

人事として会社に採用をもらうためにすべきこと

コミュニケーション力を身に着けておく

人事の仕事は、採用や教育など、人材の資質を詳しくチェックし、時には育て、時には適した場所に配置することです。

そのため、相手の本質やスキルを見定め、コミュニケーションを取っていくスキルは、決して欠かせないポイントです。隠れた性質を引き出したり、適材適所のための相性を検討したりしますから、コミュニケーションを取り、人間関係をスムーズに構築していくことは、人事担当者にとって、とても重要なものなのです。

人事の仕事にチャレンジしたいと思っている人は、採用されるために、高いコミュニケーション力を身に着けておきましょう。特技や長所としてアピールすることも重要ですし、志望動機に盛り込んでおくのも方法のひとつです。面接や実技で伝えられるようにもしておきましょう。

企画力や戦略力もチェックされる

人事の仕事にとって、企画力や経営戦略の能力も重要です。企業が今後も安定した運営を続け、更に発展を目指していくためにも、人事には、事業を深く理解し、正しい判断で人材管理をしなければいけない責任があるからです。

企画力があれば、それを実行に持っていくための推進力も必要でしょう。リーダーシップがあり、臨機応変な行動力を持っていれば、更に活躍しやすい仕事でもあります。立案するスキルが高いほど、採用率も上がると言えるでしょう。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。