人事の仕事は楽?辛い? | 仕事内容・平均年収・魅力・必要なスキル

人事の仕事内容

就職活動ではお馴染みの人事の仕事ですが、採用の場以外で何をしているのかは意外に知られていません。就職希望者のよく知る、就活の窓口としての仕事のほか人事にはどのような仕事があるのでしょうか。

そこで、人事の仕事内容を大きく4つに分けて以下にまとめました。多くの企業において人事はこのような仕事を職務として行っており、決して書類選考と面接を行うだけではありません。人事が普段行っている仕事を順に見ていきましょう。

採用

就職活動の際には必ず接することから、人事の仕事と言った場合に最も印象の強いものがこの仕事です。日本企業の採用方式としては決まった時期に行われる新卒一括採用が一般的であるため、毎年の採用活動とそれに関連する準備や対策といったことが人事の仕事として行われています。

新卒一括採用のほかにも、欠員の発生に際しての不定期な求人・採用活動や人材派遣会社との折衝といった仕事があります。

人材の採用によって用意された人的リソースは企業活動の原動力となるため、こうした優秀な人材の確保と採用は企業にとって非常に重要性の高い仕事のひとつです。

また、採用の仕事には書類の選考や面接だけではなく、就職エージェントや大学との折衝など就職活動に関わる広報活動も含まれています。こうした広報をはじめとして、就職活動が本格化する時期には人事担当者は様々な分野にまたがって仕事をすることになります。

教育・研修

採用された新人はもちろん、すでに所属している人材にも昇進や資格取得に際しては教育・研修が必要になるものです。社内研修やセミナー、講演は人事の担当となることが多く、人事が主導、または経営陣や他部署からの要請を受けた人事の担当者が調整を行って催されます。

人材評価・管理

採用後の人材の配置もまた、人事の重要な仕事のひとつです。社員が最も能力を発揮できる部署・部門に配置し、適材適所の運用を行うことは業務の効率化に大きく貢献します。

また、それぞれの社員の勤怠や実績といったデータを集め、業務効率を下げているものは何か、よりよい勤務形態は何か、といったことを分析し改善のアドバイスを与えるマネジメント作業も人事の仕事の一部です。

さらに、各社員の実績や能力を評価し相応の待遇を与えることや、そのためのデータを蓄積し運用を行う人材評価の仕事も人事の領分となっています。

労務

ここでいう労務とは企業における労働に関する事務作業、つまり社会保険関係の手続き書類の作成や福利厚生業務などのことです。

この仕事に関しては、人事の部署と労務の部署が分けられ、勤怠管理などと併せて労務において行われる場合と、人事と労務の仕事をひとつの部署で行う場合とがあります。これらヒューマンリソースの管理は人事の仕事と重なる部分も多いことがその理由です。

全体として人材や人的資源に関わる仕事であり、大きく目立ちはしないものの企業活動を続けていくにあたって重要な職務が人事に割り当てられています。

なお、中小企業では採用が経営陣の裁量によって行われる場合があるほか、近年は勤怠管理や人材評価などが別部署で行われる場合や外部のシステムに任せる部分が大きい場合もあり、人事の仕事内容は企業によってその範囲を変える場合があります。

人事部に比較的大きな範囲の業務が与えられることは日本企業に多く、海外の企業や外資系企業では人事評価や勤怠管理が配属された部署のなかで行われる方式が一般的です。

人事の平均年収

人事の平均年収は営業や金融系の専門職などには及ばないものの、平均よりやや高めの年収を得る傾向にあります。

特別な資格を必要とするわけではない職種としては高めの平均年収は、近年の人材マネジメント意識の高まりや、それに伴う人事の仕事の重要性が理解されつつあることの反映といえるでしょう。

人事の仕事は資格がなくとも始められるものの、一般的な事務作業と比べ人材を扱う性質から専門性が高く、また採用を始めとして責任も大きな立場です。

そのため、相応の給与を与えられることが多くなっています。近年ではより管理部門としての性格を強め積極的な人材マネジメントを行う人事の方式があり、そういった人事業務を重視する企業では従来よりも高い給与が与えられることがあります。

人事の仕事は辛い?楽?

人事の仕事の範囲は企業によって幅があり、一律に楽、または辛いと言い切ることはできません。しかし、一般に営業や開発職などと比べれば仕事は楽と言われることが多い職種です。

その理由のひとつに、年・月のスケジュールが固定されやすいということが挙げられます。

日本の場合採用活動は就職活動解禁から採用までの決まった期間で行われ、一括で新入社員を採用する形式のものが大多数です。このため、人事の仕事もこのスケジュールに則って行われます。新人研修についても同じく決まった時期に一斉に行われ、それに伴う業務も同様です。

人事評価や社会保険関連の手続きもあらかじめ決められた期間に行う都合上、突発的な作業の追加などは起こりづらくなっています。

また、人事の仕事は成果が数字で表されることがないという点からノルマや目標に追われるという状況に陥りにくく、こうした面から人事の仕事は楽だとする評価がされやすくなっています。

しかし、そうした作業自体の楽さとは別に、仕事の対象が人間であるがゆえの人事の辛さも存在します。

必然的に仕事で関わる人が多くなるためコミュニケーションが得意ではない人にとってはそれだけで辛いものですが、人事は採用や評価など、他人に対して何らかの評価を下さなくてはならない場面が多い職種です。

それが厳しい評価であった場合には評価を下す側にとってもストレスになりうるほか、時には問題のある社員とのコミュニケーションが人事担当者にとって大きな負担となることもあります。

特に人事評価の担当者である場合にはより社内でのコミュニケーションに対しての慎重さが求められるため、冷たい人間と思われたり、友人関係が狭まってしまったりというデメリットがあります。「人事は嫌われ役」と言われることが多いことには、こういった理由があります。

他の職種と比べコミュニケーションや人間関係の面での悩みが多くなりやすく、そうしたことに辛さを感じる人も少なくありません。

また、前述のノルマに追われないという人事の仕事の特徴は、営業職のように数字の形で成果を表すことが難しい仕事内容ということでもあります。こういった目標の設定が難しいと同時に業績を評価されにくいという点が、人事の仕事上の不満としてよく挙げられます。

人事の仕事を楽と思う、あるいは辛いと感じるかは、コミュニケーションや人間関係における問題について耐性があるかどうかに関わってくるものといえます。

人事の仕事は忙しいのか

人事の仕事は前述した通り、年・月ごとの仕事量が決まったものになりやすいことが特徴のひとつです。スケジュールもあらかじめ決められたものを軸に進められるため、突発的に仕事量が増える、忙しくなるという状況は起こりにくい職種です。

人事の仕事は採用活動が目立ちやすいですが、実際の作業としては人事異動に関する業務や年末調整、健康保険・厚生年金関係の書類作成といった事務作業も多くなっています。

こうした事務作業のほとんどはフォーマットに則った入力や決められた手順で行う作業であり、経験を積み、全体の作業の流れを理解すればあまり多忙な仕事にはなりません。時期としては就職活動の本格化する年末から新入社員の試用期間が終わる6月にかけてが最も忙しい期間といえます。

管理部門のひとつである人事は営業や開発といった現場と比べて案件やノルマに振り回されるということがなく、自己管理を徹底すれば余裕を持って勤務しやすい傾向にあります。

しかし、企業によっては採用と労務の兼務など、多忙になりやすい勤務形態の場合もあります。特に労務は事務作業が多い職務であるため、時期によっては事務作業に忙殺されるということもあります。人事の忙しさは企業によってかなり差がある点だといえるでしょう。

人事の仕事の魅力・やりがい

人事の仕事の魅力として、多くの人と関わることができること、そして企業経営の根幹の部分から会社をサポートできることが挙げられます。

人事はその名の通り人的資源に関する業務です。採用という仕事はきわめて短い期間で人間の長所・短所を洗い出し、企業の望む人材を見定める作業です。必然的に人を見る目が養われることになります。

また、友人関係とは違い自分とはタイプの異なる人間と多く関わることから視野が広がるほか、コミュニケーション能力の成長にとってもよい経験ができます。

企業における人的資源の管理を自ら経験しながら学べるということも大きな魅力です。企業活動の原動力であるヒューマンリソースの配置から評価まで、マネジメントの重要性が広く認識されつつある現在のビジネスシーンにおいて有用な経験を積める部署は、経営陣のほかには人事のみです。

また、企業経営に対し直接的に関わるという認識は大きなやりがいと達成感につながります。

人事に必要なスキル

人事の仕事には基本的な事務作業の能力のほか、いくつかのスキルが人事としての能力として求められます。そのうち特に必要とされるスキルは以下の2つです。

分析力

人事では、採用の仕事に象徴されるように人の能力を正しく、多角的に分析・評価することが基本になります。そのためには、人材の長所を見抜くだけでなく企業にとって必要な人材とは何なのかを分析し、理解していることが必要です。

分析力を高めることではじめて、人材・組織両方についての理解が進み、最適な人材を確保・管理することが可能になります。高い分析力は人事として基本的なスキルのひとつです。

コミュニケーション能力

人事は呼んで字のごとく、「人」に関する事柄を仕事にしています。就職希望者や社員との適切なコミュニケーションができない人事は、採用の場面において、人材配置や評価の部分においても問題を起こしがちです。コミュニケーション能力が不足した人事担当者に対して、多くの人は対話を諦めてしまいます。

これは採用・評価など人事の業務において致命的な問題を引き起こしかねません。

こうしたコミュニケーションの不全は企業と社員双方にマイナスの影響を与えてしまいます。人事でのキャリアを志すなら、コミュニケーション能力はぜひとも磨いておきたいスキルです。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。