【就活】プレエントリーのやり方・何社すべきか・本エントリーとの違い

プレエントリーとは

プレエントリーとは就活において就活生が企業に対してエントリーをする前の段階の作業のことです。就活生はエントリーが開始する時期にプレエントリーを行うことができます。一般的にプレエントリーは大手の就職支援を行う企業が運営するサイトを通じて行います。

プレエントリーをしても正式なエントリーにはならないので注意をする必要があります。プレエントリーの概念は基本的に就活生が企業に対してエントリーする意思があることを示すものです。多くの企業ではエントリーの前にプレエントリーという方式を利用しています。そのため就活生はプレエントリーについて詳しくなることが就活の成功につながっていきます。

プレエントリーすると就職に有利になるのか

プレエントリーをすることは就活に有利になります。プレエントリーをすることで企業に対して入社の意思があることを示すとともに正式なエントリーのために企業との連絡を行うことができるようになります。選考を受けるためにもプレエントリーが必須となっている企業も多くあるため、就活生はプレエントリーを忘れないようにすることが大切です。

プレエントリーの時期はいつからいつまでなのか

プレエントリーの開始の時期は一般的に3月1日からになります。これは多くの企業においてエントリーの開始を3月からと定めているからです。そのため、プレエントリーは3月1日から行うことができるようになります。

しかし、3月1日からプレエントリーを行うことができるのは大手の就職支援を行う企業が運営するサイトに掲載されている企業であるため、大手の就職支援を行う企業が運営するサイトに掲載されていない企業は3月1日よりも後になることがあります。

就活生は事前に自分が希望する企業が大手の就職支援を行う企業の運営するサイトに掲載されているかを確認しておくことが必要になります。もし、掲載がなくプレエントリーの方法が不明であった場合は企業に直接問い合わせることが大切です。

プレエントリーの終わる時期は企業によって異なりますが、近年では7月までに終わる企業が多くあります。なぜなら、経団連に所属している企業の多くは、6月から選考を開始して7月までには内定を出すからです。プレエントリーが終了する時期は基本的に、求めていた人材を採用し終わったと同時になります。そのため、多くの企業が採用活動を終了する時期にはプレエントリーは終了していることが多いです。

企業によっては採用活動を長く継続させている場合もあるため、そうした企業へのプレエントリーの終了する時期は遅くなります。プレエントリーを終了した企業は、大手の就職支援を行う企業の運営するサイトで終了したことを掲載するため、自動的に就活生はプレエントリーができなくなるのが一般的です。自分の興味のある企業へのプレエントリーはなるべく早く行うことが就活の成功につながります。

さらに、企業によってはプレエントリーの際に簡単な志望動機や学生時代の活動について問うこともあります。簡単な志望動機や学生時代の活動は正式なエントリー後にも聞かれることが多いためプレエントリーの段階で事前に検討して整理しておくとスムーズに就活を進めることができます。

プレエントリーは何社するべきか

プレエントリーをするべき社数は就活生により様々ですが、およそ40社程度であると考えられます。一般的な就活の流れはプレエントリー後に正式なエントリーを行い、その後に会社説明会や企業訪問、選考へと進んでいきます。そのため、プレエントリーの数が少なすぎると選考まで進める可能性が少なくなってしまいます。少しでも興味のある業界の企業についてはプレエントリーを行い、会社説明会や企業訪問の際に選考を受ける企業を選択することが大切になります。

プレエントリーの社数を少なくしすぎて就活が思うように進まなかった時は改めてプレエントリーを行わなければならなくなります。しかし、プレエントリーの時期が遅くなってしまうと多くの企業で採用が終わってしまっています。大手の就職支援を行う企業が運営するサイトを参考にして、少しでも興味を持った時はプレエントリーを行うようにすることが就活の成功につながります。

しかし、むやみやたらにプレエントリーをしてしまうとその後の会社説明会や企業訪問を行う際に予定が立てられなくなります。自分の興味のない企業までプレエントリーをしてしまうと、その企業にも時間を使わなければならないため、本当に自分が希望する企業への活動もおろそかになってしまいます。プレエントリーが本格的に開始される3月1日よりも前にある程度自分の興味のある業界や企業について調べておくことが大切です。

プレエントリーの作業は簡易であるため、稀にプレエントリーをむやみやたらに行う就活生が存在しますが、プレエントリーを多くしたからといって内定を獲得できるというわけではありません。また、自分の興味のない企業に入社してしまい、数年で退社してしまうことにもなるためむやみやたらにプレエントリーを行わないように注意することが大切です。

また、業界によって存在する企業の数は異なります。志望する業界の企業数が多い学生は必然的にプレエントリーの数が増えますし、希望する業界の企業数が少ない就活生は必然的にプレエントリーの数は少なくなります。そのため、他の就活生とプレエントリーの数を比較して、自分が少ないからといって不安に思う必要はありません。

逆に自分のプレエントリーの数が多いからといってプレエントリーを辞退する必要もありません。自分の希望や興味のある企業について適切な数のプレエントリーを行うことが非常に大切になります。

プレエントリーのやり方

プレエントリーのやり方は一般的に大きく分けて2種類あります。1つ目は大手の就職支援を行う企業が運営するサイトを通じて行う方法です。多くの就活生はこの方法を利用してプレエントリーを行います。大手の就職支援を行う企業が運営するサイトには非常に多くの企業が掲載されています。その中で自分の興味のある企業を選択してプレエントリーを行うことができます。

プレエントリーは基本的にボタン一つで完了することができるため、複雑な操作は必要ありません。ただし、大手の就職支援を行う企業が運営するサイト内に自分の出身大学などのプロフィールを登録しておくことが必須になります。

大手の就職支援を行う企業が運営するサイトでプレエントリーをすると、事前に登録しておいたプロフィールが企業側に自動的に送信されます。その情報を元に正式なエントリーなどへと進んでいきます。そのため就活生にとってはとても便利な制度になっています。

しかし、大手の就職支援を行う企業が運営するサイトにプロフィールを事前に登録する際にメールアドレスを間違えて登録していたりすると、正式なエントリーに進めないこともあります。3月1日のプレエントリーより前に登録しているメールアドレスや住所などについては慎重に確認することが必要になります。この作業を怠ってしまうと就活が失敗してしまいます。

2つ目の方法は、企業のホームページから直接プレエントリーを行う方法です。大手の就職支援を行う企業が運営するサイトに掲載されていない企業にプレエントリーをする際は企業のホームページを自分から検索し、プレエントリーをする必要があります。

この方法は、大手の就職支援を行う企業が運営するサイトを通じて行うプレエントリーとは異なり、改めて自分の出身大学やメールアドレスなどを打ち込まなければなりません。そのため前者の方法より時間がかかってしまうので、注意をする必要があります。

就活生の中には企業のホームページからプレエントリーを行うのは面倒だと思い行わない人も存在しますが、それは企業が就活生の熱意を判定している場合もあるため、本当に自分のやりたい仕事ができる場合は手間を惜しまずにプレエントリーをすることが就活の成功につながります。

ごく稀に上記の2種類の方法以外にも直接郵送をするなどの方法を取る企業も存在します。そのため、あらかじめ自分がプレエントリーをする企業のプレエントリーの方法を調べておくと就活をスムーズに進めることができます。

プレエントリーを辞退することは失礼にあたるのか

プレエントリーを辞退することはそれほど失礼にはなりません。プレエントリーの段階では情報が企業側に送信されるだけであり企業側にはそれほど負担がないからです。しかし、企業によってはプレエントリーの際の情報をもとにして会社説明会や企業訪問の日程や人数を確定させることがあるため、プレエントリーをむやみに辞退することはよくありません。

プレエントリーを辞退してしまうと、改めてプレエントリーを行うことができなくなることが多いので、プレエントリーを辞退する際は本当に辞退することが正しいかどうかを入念に検討する必要があります。少しでも興味がある場合はなるべくプレエントリーを辞退しないことが就活の成功につながります。

また、3月1日以前のインターンシップの際のプレエントリーの辞退は失礼にあたります。なぜなら、インターンシップはある程度参加人数を定めて行なっているため、プレエントリーをすることでその中の人数に計算されています。それにもかかわらずプレエントリーを辞退してしまうと、改めて募集をかけるなどの手間が生じてしまい、企業側に迷惑をかけてしまいます。

そのため、インターンシップのプレエントリーを辞退する場合は辞退する理由と非礼述べることが必要になります。3月1日以前のインターンシップのプレエントリーの辞退を行うことで企業に対して悪い印象を与えてしまうことがあります。直接選考に関係することはほとんどありませんがインターンシップのプレエントリーを辞退する際は丁寧な対応をするように心がけることが大切になります。

プレエントリー後に来る企業からの確認メールに返信する必要はあるのか

プレエントリー後に来る企業からの確認メールには、内容によっては返信する必要がありますが、基本的には返信する必要はありません。多くの企業はプレエントリーを受け付けたことに対する確認のみのメールであるため返信する必要はありません。その後の正式なエントリーの後に会社説明会や選考に関する詳細な事項が連絡させるためその場合は返信が必要になりますが、プレエントリーに対する企業からの確認メールへの返信は必要ありません。

しかし、たまに返信が必要となるメールが来る場合もあるので内容は必ず確認することが必要です。返信を必要とする確認メールには会社説明会の希望の日時やプロフィールに関するものであるため、そうした確認メールが来た場合は返信を行い、就活を進めていきます。返信が必要なメールに対して返信をしないと選考まで進められないこともあるため、確認メールが企業から来た場合は必ず確認することが大切です。

プレエントリーにエントリーした後に放置しておくとどうなるのか

プレエントリーにエントリーした後に放置をしておくと選考は進められません。プレエントリーを行なったあとに正式なエントリーを行なったり会社説明会や企業訪問を行うことが一般的な流れであるため、プレエントリーにエントリーした後に放置していると、企業は選考を受ける意思がないものだと判断してしまいます。プレエントリーをした後にも今後の選考がどのように進んでいくのかを確認することが大切になります。

稀に、企業からプレエントリーにエントリーした後に放置していても、選考に関する催促のメールが送られて来ることもありますが、基本的には選考を辞退したものだと解釈されますので、注意が必要です。

プレエントリーと本エントリーの違い

プレエントリーと本エントリーの違いは直接企業とやりとりをするかどうかにあります。前述の通りプレエントリーは基本的に大手の就職支援を行う企業が運営するサイトを通じて行います。しかし、プレエントリーの後に本エントリーが完了すると企業から直接会社説明会や企業訪問、選考に関する事項の連絡が来るようになります。

プレエントリーは作業を一括して行なっているのに対して、本エントリーが完了した就活生には個別の対応をすることになります。一般的に選考を進めるためには本エントリーを行うことが必須になっているため、就活生は本エントリーまで完了しているかを確認する必要があります。

また、本エントリーが完了して企業と連絡を取る際には直接企業とやりとりをするためメールでは文章について、電話では言葉遣いなどにより一層注意を払う必要が出て来ます。

プレエントリーをした後に、さらに有利に就活を進めるためには「イッカツ」を利用することがおすすめです。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です