営業の仕事はきつい?楽しい? | 仕事内容・平均年収・魅力

営業事務の仕事内容

営業事務とは、営業部門の中でも特に営業に関わる事務を専門に担当する業務のことです。仕事の中身の多くは、外回りを担当する営業担当者を社内からサポートする役割となっています。そのため、営業事務の担当する業務の内容は非常に多岐にわたります。

まず、営業職がクライアントに提出するために必要な書類の作成、資料作りに始まり、社内・社外へのプレゼンテーション資料や提案書づくりのサポートも行うことがあります。

特にプレゼンテーション資料の制作は営業事務の仕事の中でも非常に重要なもので、その際には基礎的な数値を知るためのデータ収集も任される場合もあります。プレゼンテーションが順調に進むように、見やすくわかりやすい資料などを作ることも営業事務の重要な役割です。

そのほか、見積もりや請求の書類作成、商品の発注や管理、在庫の確認、納期のチェックといった様々な仕事も営業事務の役割です。

これは営業担当者がクライアントと折衝する際の重要な材料となるだけでなく、クライアントの求めに応じて必要な数の商品や適切なサービスを迅速に提供するためのもので、担当者と足並みをそろえて営業活動が順調に進む手助けを行うのが営業事務の大きな役目となっています。

それだけでなく、顧客への電話・メールでの対応も営業事務の仕事のひとつです。事務の仕事といえば、自分の決められた仕事を日々行うといったイメージを抱きがちですが、営業事務の場合にはそれとは少し異なっています。

営業担当者と直接連絡ができないといった場合には、クライアントからの連絡は営業事務に回されます。その際には、営業と同様にクライアントとの円滑なコミュニケーションをはかることが求められます。

もちろんクライアントが海外の企業などの場合は英語での対応や書類の作成なども必要になります。

そのため営業事務は事務の中でも専門的な知識やコミュニケーション能力が必要とされています。

また、会社によっては一般事務の仕事の領域と共通することもあります。その場合には、単に「事務」というくくり方をする場合もありますが、一般事務が庶務や総務といった社内的な事務業務を担当することに対して、営業事務は社内の営業職だけでなく、社外のクライアントなどともかかわることが多い業務であることが特徴といえます。

そのため、一般事務の場合には毎日決まったルーティン業務を担当することが多いことに比べて、営業事務の場合には社外のクライアント対応を行うという業務の特性上、フレキシブルな対応が求められます。

もしクライアントに何かお願いされた場合には、大きなチャンスととらえて積極的に対応する必要があります。もちろん、様々な事情によって突発的なアクシデントが起きることもビジネスの現場では珍しいことではありません。

そのときにはもちろん営業担当者が先頭に立って動くことになりますが、営業事務も臨機応変なサポートをする必要があります。

さらに、これは業種によって異なりますが、ときにはクライアントが主催するイベントの手伝いを行うといったこともあり、通常の事務というイメ―ジでは片づけられない多様な職務を行う職種でもあります。

そのため、自分のペースだけを決めて淡々と仕事を進めていくというよりも、営業職やクライアントへのサポートも含めて、とっさの対応や判断力が必要な仕事ということができるでしょう。

また、営業担当者のサポートを行うためには社内的にはチームワークと結束を固めて仕事を行うことが大切になってくる業種といえます。

営業事務の平均年収

営業事務の平均年収は250万円から400万円と言われています。他の職種に比べるとやや低いという印象を抱くかもしれません。これは営業事務の場合、女性の比率が高いことが関係しています。

女性の場合には、結婚や出産などを機に若いころに退職することがあるためです。新卒で入社した場合、経験が少なかったり年齢が若かったりする期間はどうしても給与は低くなり、その間に退職してしまう女性も少なくないため、「営業事務」という職種全体で平均をとった場合には、年収がやや低めの数値として反映されているという事情があります。

ただし、営業事務の場合には男女の間での年収差は少なくなっています。また、当然のことながら入社してから年を重ねるごとに年収は徐々にアップしていきます。そのため、継続して長時間営業事務として勤務している人の中には、600万円以上の年収をもらっているというケースも珍しくありません。

また、営業事務というと単なる事務職のひとつというイメージを持っている人も少なくないかもしれませんが、営業事務をスタートに管理職へと出世していくということも少なくありません。

というのも、営業事務には営業職とはまた違ったスキルが求められるだけでなく、協調性や、自社と他社に対する客観的な目線を養うことが多いため、より管理職に向いた人材を育成できると考えている人もいるためです。

営業事務の仕事をしている人の中には、事務能力や数字に強いという長所を生かして経理事務や、コミュニケーション能力の高さを生かして営業職に進路を変更する人もいます。これは営業事務の業務が非常に多岐にわたっていることで可能になることです。その際には、より高い年収をのぞむことも可能です。

さらに営業事務の仕事内容は業界や企業によって異なることもありますが、基本的に必要となるスキルや能力はあまり変わらないため、プレゼン資料の作成や、商品管理といったそれぞれに合ったスキルを身につけて転職を重ねていくという人も少なくありません。

特に優秀な営業事務を求めている企業は少なくないことから、ある意味手に職を付けるということでもあり、専門的な経験を積みながら転職を計り、平均以上の年収を獲得するということも十分に可能だということができます。

営業事務の仕事はきつい?楽しい?

営業事務に求められている仕事は、主として営業担当者へのサポートです。そのため、自分が中心になって仕事を進めたいというタイプの人にとっては、自分の思い通りに物事を進めることができないため、きついと感じることも少なくないかもしれません。

また突発的なアクシデントが発生するため、なかなか自分だけのペースでは仕事をコントロールすることができません。

そのため、自分がリードして仕事を進めたい人や、予定通りに物事が運ばないとストレスがたまるという人にとっては、少しきつい環境といえるかもしれません。

ただし、自分が中心になるのではなく、誰かのサポートをしたり、他の人が働きやすい環境を作るといった面で能力を発揮できる人であれば、営業事務の仕事は非常に楽しく感じられるはずです。

たとえば運動部のマネージャーのように、縁の下の力持ちとしての役割に喜びを感じられるタイプの人にとっては喜びを感じられる仕事ということができます。

さらに通常の一般事務の場合には、日々の業務を正確かつ円滑に進めるということが求められますが営業事務の場合、一般事務とは少し業務の内容がことなります。

もちろん、営業事務の場合でも、プレゼンテーションの資料作りや在庫の管理、発注といった部分では正確で円滑な仕事の遂行は求められています。ただし、それはあくまでも社内的な業務の場合です。営業事務は営業担当者のサポートですが、あくまでも大切なのはクライアントです。

そのため、どんな場合でもなによりもクライアントが優先となるため、前日には予想できなかった業務が発生したり、そのために急に残業をしなければいけないといったケースも予想されます。

つまり、クライアントの要望によって、フレキシブルに業務を進めることが必要になります。きっちり予定を決めていても、クライアントの予定に合わせることが必要なので、正確かつ円滑に仕事を進めながらも、不意の出来事に対応する柔軟性も必要となります。

そのため、できるだけ自分のペースとスケジュールに従いたい、毎日定目られた時間に退社したいといった人には向いていないかもしれません。

しかし逆に言うなら、営業事務は一般事務のように毎日決まり切った業務ではなく、毎日新しい状況に対応できる、変化の激しい仕事とも言えます。そのため、次々に課題を与えられてクリアしていくことにやりがいを見出しているという人も多いようです。

また、営業事務の仕事の魅力として視点の高さが挙げられます。営業事務は営業担当者からの報告や要望を逐一知ることができるため、会社がいまどのような業務に注力しているかということを知ることができます。

さらに、それを知るだけでなく、その業務の一端に関わることができるという点では、非常にやりがいのある楽しい仕事ということができます。毎日同じ仕事を進めるだけでは退屈だとか、単調な業務を進めるだけではつまらないといったタイプの人や、ダイナミックな会社の動きに興味があるという人にとっては、非常に楽しく感じることもあるといえるでしょう。

営業事務の仕事は忙しいのか

会社や時期によりますが、営業事務の仕事にはかなりの波があります。繁忙期や決算期には連日残業ということも珍しくありません。

というのも、営業事務の仕事は自社の商品やサービスに関しても受注や発注、在庫の管理といった日常業務を行いながらも、単に目の前にあるものを数えるということだけではなく、それが今後どのように動くのかということを常に予測して、変化に対応することが求められる仕事だからです。

さらにスケジュールには多々変更が加わったりすることも営業の現場では珍しいことではないため、常にクライアントのニーズにこたられるように、最大限の配慮を行わなければいけません。そこに資料作りや請求書・領収書の発行といった業務も加わってくるため、繁忙期や決算期になると、外回りの営業マンと同様か、それ以上の業務を求められることになります。

もちろん営業担当者のように接待に行くといったことはほとんどありませんが、ずっと会社の中で業務をこなさなければならないため、次々に新しい仕事が与えられるということも考えられます。

さらに営業事務の場合、会社によってその役割には大きな違いがあり、一般事務や経理事務といった仕事の一部が加わることも珍しくはありません。そのため、営業事務は会社や時期によってはかなり忙しくなることがあります。

ただし、営業事務の仕事には波がありますので、これも業界や会社によって異なりますが、ゆっくりと仕事を進める時期というのも存在しています。

営業事務の仕事の魅力

まず、営業事務の仕事の魅力として、幅広い範囲の仕事をあつかえるということが挙げられます。どのようなジャンルの商品やサービスが、どのような売れ行きを示しているのか、単に書類上の数字の動きというよりも、電話やメールの問い合わせや営業担当者の動きといった体感的な部分で、自分の勤めている会社を大きな観点から眺めることができます。

自社の商品やサービスの売れ行きなどを体感できるという部署は、他にはなかなかありません。というのも、通常営業担当者の場合には、目の前のクライアントやスケジュールをフォローしていくことで手一杯になってしまいがちです。

ですが、営業事務の場合には外出する頻度も少ないため、営業職と比べたときに、余裕を持って、より冷静な目で自分の会社のことを知ることができるといえます。

また営業事務の仕事の魅力はチームで仕事を遂行するという点にあります。営業事務自体は自分が中心になる仕事ではありませんが、縁の下としてチームの仕事を支える、営業部門にとっては不可欠な存在です。

もちろん成果はチーム全員で分け合います。それぞれの長所や能力を生かして成果を上げて、チーム全員で味わう喜びは、営業事務でなければ経験できないものです。そのため、学生時代に個人競技ではなく、チームスポーツを経験したという人にとっては非常になじみ深い感覚かもしれません。

さらに営業事務には、様々な人と接することができるという魅力もあります。事務というと、ずっと会社の中にいてコツコツと作業を進めるといったイメージが強いかもしれませんが、営業事務の場合には、社内の人だけでなく、社外の人とも電話やメールを通じたやり取りを行わなければなりません。

そのため、自社の文化だけでなく、他社の考え方やカルチャーに触れることができる貴重な経験が得られるという長所があります。

営業職の場合には、相手にするのはクライアント企業の中でもその担当者のみということがあり、相手の企業の文化やカルチャー全体を理解するのは難しいものですが、営業事務の場合には、営業職よりも多くの人との接点がある場合も珍しくなく、担当者の個性というよりも相手の企業全体を相手にしているという感覚があり、そのため営業職と比べてより俯瞰的な観点から企業そのものを見ることができます。

営業事務に必要なスキル

まず、営業関係の書類作成などを一手に担うことから、パソコンのスキルは必須といえるでしょう。文書を作成するワードやエクセルなどは当然のこと、社内で行われる会議やクライアントに提案を行うときの資料作りにはパワーポイントは欠かせません。

また会社によってはデータベースを活用していることもありますので、データベースをあつかうスキルも重要です。

特にエクセルは、スキルが高ければ高いほど扱う仕事に幅が生まれるため、可能な限り勉強をしておくとよいでしょう。その会社独自の仕事の進め方や、書類のフォームなどもあるため、入社直後にはきちんとしたレクチャーが行われることがほとんどですが、それだけでなく、独学で知識を深めるといったやる気と熱意も求められます。

もちろん、入社前からハイレベルなスキルを身につけなければならないというわけではなく、入社してから経験を重ねながら勉強していくといった場合がほとんどですが、どうしてもワードやエクセルを使うことに抵抗があるという人にとっては少し難しい仕事かもしれません。

パソコンのスキルとともに必要なのが、コミュニケーション能力です。営業事務の場合は、営業担当者のサポートを行うことが主な業務となります。

そのため、営業担当者とのコミュニケーションは欠かせないもので、相手がどのようなものを求めているのかや、何を必要としているのかなど、言葉になっていない部分のニーズまでくみ取る洞察力なども必要になります。

さらに、社内の人間だけでなく、社外の人との接触も多くなってくるので、正しい言葉遣いやビジネスマナーなども身につける必要があります。

そのほか、社会人として会社で働く以上は必要になる協調性やチーム力ですが、営業事務は営業担当者のアシスタント的な役割を果たさなければならないという職業の特性上、周囲への気配りや配慮なども非常に重要になってきます。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。