「私服でお越しください」と言う意図と注意点・おすすめの服装やブランド

就活で「私服でお越しください」と言われたとき本当に私服で行くべきなのか

就活で「私服でお越しください」と言われたときは本当に私服で行っても問題ありません。

就活では一般的に面接などの選考を除いて、会社説明会などでは私服での参加を許可することがあります。「私服でお越しください」と言われたときは私服で行っても特別問題はありませんし、そのことが選考に影響を与えるとこもありません。「私服でお越しください」と言われたときにフォーマルな服装で参加してもほとんどの場合問題ありません。

しかし、就活では多くの企業が企業見学や企業訪問を開催しています。こうした企業見学や企業訪問では実際に職場に足を運ぶことになります。見学する場所がオフィスなどの場合はフォーマルな服装でも私服でも問題ありませんが、倉庫や工場などを見学する場合は必ず私服でないといけない場合があります。私服での参加が強制されているかによって服装は正しく選択する必要があります。倉庫や工場などを見学する際にフォーマルな服装だと倉庫や工場には入れないことも起きてしまうため、服装に関して不安がある場合は事前に企業に問い合わせことが非常に大切になります。

また、私服で参加する場合も最低限のマナーを守ることが必要になります。服装が選考に影響を与えることはありませんが、企業の人に悪い印象を与えてしまうと面接などの選考でも、悪い印象のまま選考を進めることになってしまいます。そのため、最低限のマナーを守った服装にすることが大切になります。多くの場合はフォーマルな服装で参加すれば問題はないため、服装に不安がある場合はフォーマルな服装で参加することが大切です。

また、就活において一般的に企業の人はフォーマルな服装で行います。就活生という立場から私服で参加することに違和感を感じる就活生はフォーマルで参加することできます。服装に関する記述がない場合は基本的にフォーマルな服装で参加することが一般的です。

就活に私服で行くときにおすすめのブランド

就活に私服で行くときにおすすめのブランドはユニクロです。ユニクロの商品は過度に派手なものが少なく、ジャケットやシャツなど幅広い商品を取り扱っています。

また、全国に多くの店舗を展開しているため、誰でも気軽に商品を購入することができます。そのため、就活に私服で参加する際のブランドはユニクロがおすすめです。

しかし、就活を行う業界がアパレル業界である場合には少し注意をする必要があります。アパレル業界ではユニクロが競合他社として見られることがあります。競合他社の商品を身につけて参加すると企業の採用担当者に不快な思いをさせてしまうことがあります。そのため、アパレル業界を志望する就活生は服装については細かいところで気を配る必要があります。必ず自社の商品でなければならないということではありませんが、明らかに他の企業の商品とわかるようなロゴなどの入った服装は避けることが大切になります。基本的にはフォーマルな服装であれば問題ないため、アパレル業界でも就活ではフォーマルな服装で行うことが就活の成功につながります。

就活に私服で行くときの注意点

就活に私服で行くときの注意点はカジュアルな服装にしすぎないことです。

いくら私服でも参加が許可されているとしても、企業の人より就活生は立場が弱くなります。そのため、カジュアルすぎる服装で行ってしまうと常識がない人だと判断されてしまいます。服装に関して常識がないと入社して働く際に取引先に迷惑をかけてしまうものだと思われてしまいます。そのため、たとえ私服で参加する際もカジュアルすぎる服装は避ける必要があります。

カジュアルすぎる服装として、サンダル、スリッパ、短パン、ベルトをつけない、Tシャツ、派手な色のシャツ、派手なネックレス、派手なピアス、派手な髪色、長すぎる髪、ヒゲ、派手な化粧、キャラクターのイラストが入っているものなどがあげられます。こうしたものは仕事をする服装としては不適切であり、企業の人に大変不快な思いを与えてしまいます。

またそれだけでなく、倉庫や工場などを見学する際にサンダルやスリッパ、Tシャツなどの軽装で参加してしまうと、落下物などで怪我をしてしまう恐れがあります。企業の採用担当者が危険だと判断した場合はたとえ私服での参加を許可していたとしても、倉庫や工場などを入ることを断られてしまうこともあります。私服での参加を許可しているのはあくまでも企業側の心遣いであるため、自分なりの解釈をしてはいけません。

また、派手なネックレスや派手なピアスはファッションとして身につけているものだと判断されてしまい就活に対する熱意がないものだと判断されてしまいます。不安がある就活生は派手なネックレスや派手なピアスは外して参加することが大切になります。

また、派手な髪色や長すぎる髪で参加してしまうと、不潔な印象を企業の人に与えてしまいます。業界によっては髪の色を変えることを禁止しているところもあるため、髪の色や長さには十分な配慮が必要になります。髪の色が黒であれば何も問題がないため、不安がある就活生は就活をする間は黒にすることが就活の成功につながります。

また、基本的に派手な色のものやキャラクターのイラストが入っているものはふさわしくありません。企業はビジネスを行う場であるため相手に不快な思いをさせないことが重要になります。節度を守った私服で参加することが大切です。
また、多くの就活生は私服での参加が許可されている場合、手ぶらで参加してしまうことがあります。企業に訪問するときは採用担当者の話や見て気づいたことなどを書き留めておくことが大切なことです。そのため、メモや筆記用具を持って行く必要があります。

また、業界研究セミナーや会社説明会では一般的に多くの資料が配布されます。もらった資料をカバンに入れることなく持って帰ってしまうと途中で汚れてしまうことが考えられます。こうしたことからたとえ私服でイベントなどに参加する際もカバンは持って行くことが大切になります。カバンもできるだけ派手なものは避ける必要があります。不安がある場合はフォーマルなビジネスバックで問題ありません。

また、私服で参加する際も腕時計はつけて行くことが必要になります。参加する企業によっては会場に時計が設置されていない場合もあります。そうした会場で時間を決めて作業をする場合、腕時計がないと作業が進みにくくなってしまいます。

また、社会人にとって時間の管理は非常に大切になります。入社してから働くときに時間に対する意識が少ないものだと企業の人に判断されてしまいます。さらに、私服でイベントなどに参加すると気の緩みからスマホなどの電源を切らずに参加することが多くあります。私服で参加しても、フォーマルな服装で参加しても、会社説明会の途中などにスマホがなってしまうとこは必ず避けなければなりません。フォーマルな服装で参加している場合はスマホの電源を切ることができても、私服で参加するとスマホの電源を切ることを忘れてしまうことがあるため注意が必要です。

就活で私服で行くときにおすすめな服装(夏)

就活で私服で行くときにおすすめな夏の服装として、男性は半袖のワイシャツかポロシャツを着るのがおすすめです。どちらも半袖であって問題ありません。

色は黒、白、グレー、紺、青、水色などの色であれば特に問題はありません。ワイシャツやポロシャツのようになるべく襟のついているものを選ぶことが大切になります。もし、暑くない場合は上にジャケットを羽織ることもできます。ズボンは黒かグレーの長ズボンがおすすめです。たとえ夏でも短パンは履かないように注意することが大切です。靴はレザーのものがおすすめです。企業の人のほとんどがレザーの靴を履いており、サンダルやスリッパでは失礼になってしまいます。また、派手な色ではないスニーカーであれば着用しても問題ないことが多いですが、可能な限りレザーの靴を履くことが必要です。

女性の場合は白か黒のシャツがおすすめです。女性の場合は男性とは異なり襟がなくても問題ありません。しかし、派手な色のものや派手なデザインのものは避ける必要があります。また、その上からカーディガンなどを羽織ることもできます。色は派手なものでなければ問題ありません。また、スカートか黒の長ズボンを履いていれば問題はありません。一般的に女性は働く際にも男性がスーツであるのと比べると比較的自由な服装が認められています。

就活で私服で行くときにおすすめな服装(夏)

就活に私服で行くときにおすすめな冬の服装として、男性は白かグレーのワイシャツの上にジャケットを着用するのがおすすめです。寒いからといってウインドブレーカーなどはふさわしくないので避ける必要があります。もし寒いときはワイシャツの代わりに派手な色ではないセーターを着ることもできます。セーターの上にジャケットを着ることは一般的にオフィスカジュアルとして認められていることが多いため特に問題はありません。

しかし、派手な色のものや派手なデザインのものは避けなければなりません。ズボンも夏と同様に黒などの長ズボンがおすすめです。基本的にはスキニータイプのものを着用する必要があります。ジーンズやチノパン、カーゴパンツなどはビジネスの場にはふさわしくないので避けなければなりません。

女性の場合は派手な色ではないセーターや厚手のカーディガンを着用するのがおすすめです。また、手袋やマフラーを着用していても問題はありません。

しかし、パーカーなどフード付きのものはふさわしくないので避けるべきです。また、コートも派手な色のものや派手なデザインのものは避ける必要があります。さらに、派手な色のタイツはふさわしくありませんので、ベージュのものを着用する必要があります。また、冬にマスクを着用する場合は面接などの選考の際には外すことが基本的なマナーになります。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。