アパレル業界の志望動機の書き方 | 良い例・悪い例・注意点

履歴書の志望動機の書き方

アパレル業界と聞くと、おしゃれで華やかなイメージが想起されますよね。とはいえ単純に服装がおしゃれであったり、センスがよければ必ず採用されるか言うと、それは全くの間違いなのです。

アパレル業界を目指す人が、おしゃれであったりセンスがあるのはもはや前提条件であり、ライバルに差をつけるには志望動機を工夫する必要があるのです。

まず志望動機に必ず盛り込まなければならないのは「なぜこのメーカー・ブランドを志望しているのか」と言うことです。企業側にとって重要なのは「数あるメーカー・ブランドの中で、なぜここを選んだのか」と言うところです。

「単にアパレル業界という華やかな世界に憧れているだけで、この業界に入れればどこでもいいのだな」と思われてしまうような志望動機では、採用される可能性は極めて低くなってしまいます。

志望する企業だけでなく、他の競合企業についても入念にリサーチして、他ではなく「ここがいい」理由を必ず志望動機に盛り込むようにしましょう。

アパレル業界の志望動機の例文

では実際に志望動機を書く際は、どのように書いていけばいいのでしょうか。アパレル業界の志望動機の例文をご紹介します。

例文

『私が貴社を志望するのは、貴社が「強く生きる女性向け」と言う揺るぎないコンセプトを確立している、唯一のファッションブランドを展開していると考えたためです。

「女性はおとなしく、女性らしくあるべきだ」と言う世間の風潮もものともせず、働く強い女性をターゲットにしている貴社のブランドは、女性の社会進出が進む今後の日本社会でさらに広く受け入れられていくと考えています。

私は御社の商品を通して「強く、媚びずに生きるべきだ」というメッセージを女性に送りたいと思っています。』

前章で説明した「なぜこのメーカー、ブランドを志望しているのか」について記述する際は、このようにまず結論を述べてから具体例を書くと企業の方にも伝わりやすいです。

また志望動機を踏まえて「貴社に入ったら何を実現したいのか」と言うことも合わせて盛り込むことで、入社後のイメージを印象付けることもできます。

この例文に加えて、素材などと言った製品そのものについての特異性や、店員の魅力など店舗運営に関わることを盛り込むのもおすすめです。

アパレル業界の志望動機のダメな例

アパレル業界を志望する上で書いてはいけないことは、「接客が苦手である」と言うことです。

アパレル業界では、オフィスワークなど裏方の業務もありますが、メインの業務は接客であることが多いです。

この際に「接客が苦手だ」と書いてしまうと、業務に不向きであると判断されてしまう可能性があります。

接客が苦手だとしても「接客が苦手で、克服したいと思い志望しました」などと書いてしまうと採用されにくくなってしまうので、書かないようにしましょう。

また、「ファッションが好きなので志望しました」という動機にも注意が必要です。アパレル業界を志望するほとんどの人が「ファッション好き」であるため、他の志望者との違いのない、個性のない印象がついてしまいます。

また志望動機をこのように抽象的に書いてしまうと「ファッションが好きならば他の企業でもいいのでは?」「なぜ好きだからという理由だけで志望してきているのか?」などと面接官から厳しい質問が飛んでくることも想定されます。

どうしてもこのような志望動機しか浮かばない場合は、「どうしてファッションが好きなのか」をとことん考え詰めることが重要になります。

アパレル業界の志望動機を書くときの注意点

アパレル業界ではポイントカードやお客様へのメッセージカードなど、文字を書く場面も少なくありません。

そのため必ず履歴書は丁寧で綺麗な文字で書くようにしましょう。下手でも丁寧に書いてあれば、企業の方にとっても好印象につながります。

またアパレル業界は企業やメーカー、ブランドごとに強いこだわりを持っているところが多いので、そのこだわりが何なのかを見抜くことが選考通過の鍵となります。

できる限り志望する企業だけでなく競合企業のブランドや服についての理解を深めた上で志望動機を書くことも重要です。

アパレル業界の会社に採用をもらうためにすべきこと

アパレル業界の会社に採用をもらうためには、

・身なりをしっかり整えていく

・面接時の服装に指定がなければ、できる限り志望先ブランド・メーカーの服を着ていく

・接客しても問題ないと思われる、正しい言葉使いをする

・志望先に限らず、幅広いファッションや流行の知識を身につけておく

これら4点がとても重要になってきます。

アパレル業界という、流行の移り変わりが激しく、かつ社員自身がある意味「マネキン」となって自社の商品を勧めていくような業界では、「内面・外見ともにその企業にふさわしいかどうか」を意識して就職活動に挑むようにしましょう。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。