不動産業界での志望動機の書き方 | 良い例・ダメな例・注意点

履歴書の志望動機の書き方

就活や転職などで必ず面接前に渡す必要のある履歴書ですが、その中には学歴や経歴、氏名住所といった者だけではなく、職務経歴書や趣味特技など様々なものを記入する必要があります。その中でも、一つ悩みどころなのが「志望動機」です。

そもそも、志望動機の書き方を難しく考える必要はないのですが、どうしても難しく考えてしまう方も多いのも事実です。そこで、履歴書の志望動機の書き方について分かりやすくご説明させていただきます。

まず、志望動機として書くべき事として大事な点には、以下のようなものがあります。

何故その会社を選んだのか

これは志望動機として当然書くべき内容と言えるでしょう。いくら技術や求められるスキルが高くても、その会社を選んだ理由が明確でなければ、志望動機どころか、選考としてはインパクトの弱い印象にしかなりません。自身がその会社を選んだ理由を改めて考えてから書き出すことが大事になります。

何でその業界なのか

その会社を選んだ理由とは別に、その業界でなければならない理由も相手に伝える重要な志望動機になります。極端な話ですが「給料が高かったので」なんて志望動機であれば、別の業界でも良いではないかという話になるわけですから、「その業界で働こうと思ったワケ」というのを明確にしておくことも重要です。

入社したら何をしたいのか

志望動機を書いたとしても、恐らく面接の時に志望動機を改めて聞かれる事でしょう。その際に「○○だからです」と答えるのは良いですが、その答えだけなら一問一答のつまらない回答になります。

面接の担当者も、できるだけ書面で読み取れる情報は多いほうが質問や会話の幅が広がり、「コミュニケーション力が高い」という印象を与える事ができます。

つまり、志望動機に書く事として、何故その会社、業界を選んだのかという事だけではなく、入社したら何をしたいと思っているのかを具体的、且つ端的に書いておいたほうが面接のときに回答に困るような事も少なくなり、面接の担当者との会話にも弾みが付くと言えるでしょう。

何があったのか

ここまでお話させていただいた志望動機の書き方の中で、共通しているものとして「何」という言語があります。

つまり、「何で」「何故」「何が」といった疑問をこちらから積極的に解消するような文体にする必要があるという事です。ここまでで既に「何故その会社」「何でその業界」「何を目的に」という事を書くべきとお伝えしましたが、できれば「過去に何かあってのことなのか」という事を簡単に付け加えると、より具体性が増すとも言えます。

例えば、「過去に○○といった事があったため、それ以来、○○業界は社会になくてはならないものだと感じるようになり…」という一文でもあれば、後の選考の際に「そういえば、エピソードを話してくれた人がいたな」という風に担当者の記憶にも残りやすくなります。

不動産業界の志望動機の例文

さて、志望動機の書き方について、大事なポイントのみを解説させていただきましたが、もし不動産業界への就職を希望する場合に、どのような志望動機を書くと効果的なのかという事をお話させていただきます。

もちろん、上記までにご紹介させていただいたポイントも含めですが、不動産業界だからこそ抑えておきたいポイントもあります。それらを踏まえて、一つの例文をご紹介させていただきます。

不動産業界の志望動機の例文

「都市を開発するという事には以前から魅力を感じており、就職活動を行う中で貴社の実績や過去の開発事業を調べていたところ、まさに私の住む町の過去に行われた開発事業に大きく関わっていらっしゃったことを知り、今回の応募に至りました。

私の実家のある○○市は、平成の大合併と呼ばれる市区町村の合併の流れの中で再開発が行われた地域なのですが、開発がひと段落ついたころには、地元の人口が増えたことや暗かった道、見通しの悪い道などが整備され、お店などが増えたこともあって犯罪率が急激に低下したと新聞で報道されたこともありました。

このような、地域を活性化させるという事を教えてくれた都市開発に私も関わりたいと思っているのはもちろん、地域の活性化や住みやすい街づくりに貢献したいと考えております。

また、もし入社させていただく事となった場合は、まずは貴社独自の開発に関するノウハウを誰よりも早く習得し、私の得意とする応用力を貴社の開発事業への役立てたいと思っています。」

あくまで一例ではありますが、この例文でのポイントは、「先に結論を述べる」ということと、「簡単なエピソード」を含んだ文章となっている事です。

ビジネスには「ストックビジネス」「フロービジネス」というものがありますが、文章の中で全てを出し切ってしまうと、逆に面接の担当者も質問したい事も何もなくなりますし、そもそも長い文章だとそれ以上読む気にもなりません。

文章の中に、面接の担当者が興味を持って質問をしてもらえそうな話を少しだけ含んでおく「ストック」を意識するのも一つのテクニックと言えるでしょう。

ただ、こういった含みのある伝え方もやりすぎると、人としての信頼に悪い印象を与えかねませんので、注意が必要です。

不動産業界の志望動機のダメな例

では、不動産業界への志望動機としてのダメな例文もいくつかご紹介させていただきます。明らかに「ダメだな」と思わせるものや、「何がダメなのか?」と思わせるものもありますので、ご自身なりにどこがダメなのかという事を考えてみましょう。

不動産業界の志望動機のダメな例(1)

「父が不動産業を営んでおりまして、以前から私も不動産業というものが身近にあったというのが不動産業界への志望の理由です。私も父のように人の役に立つような不動産の仕事をしたいと思っています。

過去に父の手伝いとして少し不動産業に関わっていたこともあるので、貴社での仕事に慣れるのも早いだろうという自信があります。」

まず、父が不動産業を営んでいるから不動産業界を選んだというのは、志望動機に書くべき「何故その業界なのか」という説明にはあたりません。

また、その会社でないといけない理由も述べられていないばかりか、親族が不動産業者であるということは、同業他社、つまりライバル会社ということにもなります。

人事担当からしてみたら「お父さんの会社で働けば良いのでは?」と感じるのは当然のことですので、しっかり「何故その会社なのか」という事は理由を明確にして熱意が伝わる文章にする必要があります。

不動産業界の志望動機のダメな例(2)

「不動産業界は給与が高く、やりがいのある仕事だと感じています。」

文章の中で労働条件に付いて触れる事は避けた方が良いでしょう。確かに、不動産業界は成績や実力によってどんどん給与が上がるような会社もありますし、それが魅力だという事で入社される方々も多くいらっしゃいます。

しかしながら、それらが理由で入社したいというのは、「他の会社でも良いのではないか?」「いざ経営難になったら離れていくのか」といった疑念をいただかせる結果になります。これは、不動産業界に限ったことではなく、履歴書の志望動機を書くときには避けるべき内容としての代表であるということを覚えておきましょう。

不動産業界の志望動機のダメな例(3)

「私が幼い頃に、実家が戸建てを購入する事となり、その際に担当していただいた営業の方には大変お世話になった記憶があります。

私が小さくワガママを言っているにも関わらず、優しく接してくれたり、母や父がどうしてもこだわりたいという部分にも何とか答えようと尽力していただいたと聞いております。

結果的に、戸建て購入をするのに5年もかかってしまい、やっと見つかったと家族と営業の方と共に大変喜んだのを今でも覚えております。

それ以来、私の「家」に対するこだわりや、不動産業界への憧れというものが消える事はなく、特に貴社のデザインされるマンションやリノベーション住宅を拝見した際には大変感動したのを覚えております。

私も過去に出会えたあの営業の方のように、人々に喜んでもらえるような住まいの提案をしていきたいと考えています。」

一見、素敵な話も盛り込んでいて悪い気はしませんが、言い方は悪いかもしれませんが、これが人事の担当者という立場からどう見えるかというと、「胡散臭さ」です。

しかも、エピソードが長すぎます。聞かれている、または伝えるべきなのは志望動機ですから、やはり先に結論を述べて、それに対するエピソードなどは簡潔に書く程度にした方が良いでしょう。

もし、上記のようなエピソードが事実であったとしても、そういったエピソードや感動話を人事の担当が知りたいのではありません。何故その業界や会社に入社したいのかという事に重点を置くことが大切です。

不動産業界の志望動機を書くときの注意点

不動産業界の志望動機としては書くべきではない例をご紹介させていただきました。その点も踏まえてになりますが、ここでは不動産業界の志望動機を書くときの注意点をまとめておきましょう。

エピソードを長く書かない

エピソードを長く書きすぎないという事はダメな例でもお話させていただきましたが、確かに、担当者は感動話や昔話を聞きたいのではないということは変わりありません。

ただ、エピソードを長く書くデメリットは他にも理由があります。

それは、「実はみんな書いてる」という点です。志望動機の文章を何とかキレイな形で構成させようという気持ちは大事なのですが、それは何も自分だけが思っている事ではなく、多くの人が同じことをしているとも言えます。

他と同じにならないオリジナリティも意識しつつ文章を組み立てる、それを少しでも意識しておくと、随分違った文章に見えるものですから、一度下書きとして別の用紙に書くなどして、自身で添削をしてみると良いでしょう。

字は丁寧、且つキレイに。そして読みやすい形にする

これも不動産業界の志望動機に限ったものではありませんが、やはり相手に何かを伝える、特に人事選考という場においては読みやすく、キレイな字というのは印象が悪くなることはありません。

かといって、「ボールペン講座を習得しよう!」ということまでは必要はありませんが、気持ちを込めて一字一字丁寧に書き、句読点は適切な位置に入れ、改行も読みやすいように適度に入れる事は意識した方が良いでしょう。

他の会社の事は書かない

こちらも、不動産業界の志望動機でダメな例でお伝えしておりますが、たとえ家族の方の事であっても、同業他社を引き合いに出したりするのは良くはありません。

当然、他社をけなしたり、「貴社より劣っています」と言うような内容を書くのも絶対にNGです。その会社に入りたいのは、その会社に魅力を感じているからという大前提がありますので、企業研究の結果だとしても比較対象として他の会社の名前は安易に出すべきではないでしょう。

不動産会社に採用をもらうためにすべきこと

不動産業界は、身近にある賃貸や分譲という一般の住宅関連だけではなく、インフラに大きく関わる事業を手掛ける大手もあれば、競売や投資用のマンションなどの売買に関わる会社など種類は様々に存在します。

ただ、それらが私たちの衣食住に深く関わっているという点では共通する部分も多いのですから、日々の生活の中で何故不動産業に魅力を感じるようになり、何故その会社を選んだのかという事は改めて考えておく必要があるでしょう。

何も考えもまとまらないうちに文章を書き始めてしまうと、気付けば一貫性のないチグハグな志望動機になったり、何が言いたいのかよく分からない文章になったり、場合によっては気付かぬうちに失礼に当たるような事を書いてしまっていたりすることもあるでしょう。

不動産業界は何かと高額なお金の動く仕事ですが、それに代わって得られるものの中には給与だけではなく、地域やそこに住む人々に喜んでもらえるやりがいや、一般には取り扱う事のない法的な事務をこなす事でのスキルアップのチャンスもあります。

自分なりに不動産業界を選んだという理由は必ずあるはずです。それらを一から全て洗い出してみて、一つの文章に仕上げる事ができれば、良い履歴書が書けるでしょう。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。