「ウエディングプランナー」に有利な資格とは|必要なスキルなど

ウエディングプランナーに資格は必要なのか?

ウエディングプランナーは、決まった資格を持っていないと、就業出来ない仕事というわではありません。実際に、資格を何も持っていなくても、ウエディングプランナーとして活躍している人はたくさんいます。

ウエディングプランナーで資格がないとどうなるのか?

前述したように、資格がなくても、現場でウエディングプランナーとして働くことは可能です。

しかし一方で、取得しておくことによって、ウエディングプランナーの仕事がより進めやすくなる資格はたくさんあります。

未経験からウエディングプランナーを目指す場合、資格を持っていることで、採用されやすくなるケースもあるでしょう。転職をする場合でも、資格を持っていた方が、より優遇されやすい傾向にあります。

労働条件の面以外でも、資格を持っていることで、ウエディングプランナーとしての様々な業務に役立てられることがあります。

より高度な仕事にチャレンジしやすくなることもありますし、その他のポジションの人に仕事を割り振るときも、的確な指示を出しやすくなったり、担当するお客様に対し、より良いアドバイスや提案がしやすくなると言えるでしょう。

ウエディングプランナーで有利になるおすすめの資格一覧・種類

それでは、ウエディングプランナーが取得しておくことで、より仕事に役立てられる資格を、いくつかピックアップして紹介していきましょう。

ブライダルプランナー検定

全米ブライダルコンサルタント協会が開催している認定資格のひとつで、日本オフィスが設定している資格です。一級と二級に分類されており、ブライダルに関する様々な知識を身に着けているかチェックする試験になっています。

まだウエディングプランナーとして働いたことがない人や、実務経験も二年以下の人などがメインターゲットとなっており、初心者がよりレベルアップを図るための資格という意味合いが強いでしょう。

イントロダクショントウゥザブライダルコーディネーター検定

新卒でブライダル業界を目指している人や、ウエディングプランナーとして転職を目指す社会人などをターゲットにした資格です。ブライダルに関する基礎知識はもちろん、それぞれのジャンルの専門知識も問われます。

筆記試験とプレゼンテーション試験が開催され、プランニングはもちろん、パーソナルインタビューなどもチェックされます。

アシスタントブライダルコーディネーター検定

重荷、ブライダル関係の専門学校に通っている学生がターゲットになっている資格のひとつです。一般的なブライダル知識はもちろん、最新の業界知識についても詳しく出題される傾向にあります。

未経験からウエディングプランナーになった新人が、この資格を取得するケースも少なくありません。上位資格を取得するために、まずはアシスタント資格から取得するパターンも多いです。

カラーコーディネーター検定

カラーコーディネートは、ウエディングプランナーにとってとても重要なスキルのひとつです。お客様に対する様々なプランの提案はもちろん、ウェディングドレスやブーケなど、理想の実現のために、色彩感覚は決して欠かせないポイントになって来るからです。

三級、二級、一級の三クラスに分類されており、誰でも受験することが出来ます。ウエディングプランナーとして就業してから、取得を目指して勉強をする人も多いです。

フラワーデザイナー検定

ウェディングシーンにおいて、フラワーデザイナーの仕事はとても重要な役割を果たしています。ブライダル業界とフラワーアレンジメントは切っても離せません。

実際にフラワーコーディネーターとして専門に仕事をするスタッフはいますが、スタッフの采配やオーダー、お客様への提案のサポートなどにおいて、ウエディングプランナーもブライダルフラワーについて的確な知識を身に着けていなければいけないでしょう。

ウエディングプランナーとして働いきながら、その経験を活かして資格を取得する人も多いです。

三級、二級、一級の三クラスに分類されており、基礎的な知識はもちろん、アレンジのスキルなど、応用力もチェックされ、上のクラスに行くほど難易度は高まっていきますが、仕事にも活かしやすくなってきます。

ネイリスト技能検定試験

ブライダルシーンにおいて、華やかなネイルアートもとても重要になって来ます。

ウエディングプランナーがネイリストも兼任できなければいけないということはありませんが、アドバイスが出来たり、ネイリストとしても働けたりすると、より汎用性が高く、魅力的なプロデュースが可能になって来るでしょう。

この資格は、ネイルサロンへの就職にも利用されることが多いです。実技試験が重要になって来るため、専門講座のレッスンなどを受けて合格を目指す人が多いでしょう。

ウエディングプランナーが資格を持っていると年収があがるのか?

ウエディングプランナーにとって、資格の有無が、年収の金額に関係してくることも少なくありません。所定の資格を取得することで、キャリアアップが実現し、年収が上がることも多いでしょう。

また、転職を目指す際、資格を持っている人の方が、高い年収で雇用してもらえることも多いです。企業から独立し、フリーランスでウエディングプランナーを始める場合なども、資格があることで信頼度が増して、収入を上げることにも結び付けやすくなります。

ウエディングプランナーに必要なスキルとは?

それでは、実際にウエディングプランナーになるためには、資格以外にはどんなスキルが求められると言えるのでしょうか?

コミュニケーション力

ウエディングプランナーにとって、お客様への丁寧な接客はとても重要です。ニーズをヒアリングし、的確なアドバイスをしていかなければ、満足のいく結婚式に仕上がりません。

また、お客様だけではなく、一緒にブライダルをプロデュースしていくスタッフとの連携力も重要です。情報を共有し、意見を出し合って、ミスのないやり取りが出来なければ、仕事を成功させることは出来ないでしょう。そのためには、コミュニケーション力が決して欠かせないスキルだと言えるのです。

マナー力

結婚式は、正しいマナーがしっかり行われていなければ、お客様本人はもちろん、ゲストの方からもネガティブなイメージをもたれてしまいます。ウエディングプランナーは、最後までトータルでプロデュースを担当する立場ですから、マナーがしっかり守れることは絶対欠かせないでしょう。

マネージメント力

ウエディングプランナーは、結婚式の提案から実行まで、トータルで様々なセクションの人とやり取りをし、実践していかなければいけません。卓越したマネージメントスキルを持っていないと、満足の行く結婚式を作り上げることが出来ないのです。

オーダーをしっかり聞き出して、実行までのスケジュール管理も行っていく必要がありますから、気持ちよく仕事が進むよう、細やかな気遣いをするのも仕事です。

ウエディングプランナーとして働くために

いかがでしたか?ウエディングプランナーの仕事は、決して資格がすべてではありませんが、資格を取得しておくことで、より働きやすくなることも多いです。

もちろん、資格以外にも大切なスキルや資質がたくさんあります。コミュニケーション力や様々なセンスも欠かせませんし、プロデュース力やヒアリングのスキルも大切です。

あなた自身が目指したいウエディングプランナーの形を明確にしながら、理想の働き方を考え、チャレンジしていってください。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。