「グランドスタッフ」の仕事内容とは|平均年収や資格紹介など

グランドスタッフの仕事内容とは?

グランドスタッフとは、空港内で接客を担当するスタッフのことです。航空整備士なども、広く言えばグランドスタッフに含まれていますが、主に知られているのは、搭乗手続きや搭乗案内などの仕事でしょう。

チケットカウンターの仕事

チェックカウンターで航空券を発券したり、便の案内などをするのは、グランドスタッフの仕事内容のひとつです。機内持ち込み荷物の受け渡しをしたり、乗り継ぎの案内や、座席の変更などに臨機応変に応えます。

持ちこみ荷物のチェックは重要です。機内に持ち込める荷物かどうかを判断し、危険物がないか確認し、時に判断をするのも仕事内容に含まれてきます。精密機器のようなデリケートなアイテムは、別途の指示をし、壊れないように機内へ持ち込む手続きを進めます。

荷物は軽いものばかりではなく、何十キロになるようなものもあります。力仕事になることも少なくありません。

搭乗ゲートの仕事

グランドスタッフは、搭乗ゲートでの案内も、重要な仕事内容となっています。館内アナウンスはもちろんのこと、搭乗客が漏れなく時間通りに乗り込んで、飛行機が飛び立てるように、スムーズな案内をしなければいけません。

ゲートに到着していないお客様を呼び出したり、探しに行ったりすることも仕事内容になっています。

トラブルの対応

グランドスタッフにとって、空港内におけるトラブルの対応も、決して欠かせない重要な仕事内容となっています。荷物の紛失対応は、特に多いトラブルのひとつです。似たような荷物と間違ってしまっているお客様がいないか確認をします。

何らかの事情で欠航が出てしまった場合は、代行の便を手配したり、お客様への対応をしたりすることもあります。迷子の対応や、外国人客への通訳をすることもあります。

グランドスタッフの平均年収

グランドスタッフの平均年収は、およそ200万円から350万円程度となっています。初任給が15万円から18万円程度となっており、年齢や経験、個人スキルや勤務先、ポジションなどによって昇給していきます。

しかし、近年は空港の経費の問題も深刻になっていることから、正社員ではなく、契約社員やアルバイトしてグランドスタッフをしている人が多くなって来ています。

時給にすると、大体1000円前後が平均収入となって来ます。スキルによって報酬がプラスされることもありますが、収入はごく平均的です。

グランドスタッフになるためには?

航空会社か関連企業に就職する

グランドスタッフになるためには、航空会社に直接就職するか、航空関係会社に就職するかが近道です。近年は、航空会社よりも、関連会社や派遣会社から、グランドスタッフになっていくパターンが増えて来ています。

大手の航空会社は、グランドスタッフの仕事である「旅客ハンドリング業務」を担当する、専門の関連会社があるケースも多いです。

募集内容は大手ほどハードルが高めの傾向があり、勤務条件はもちろん、住居地や語学力などをチェックするパターンが多いと言えるでしょう。

グランドスタッフになるために資格は必要なのか?

グランドスタッフになるために、取得しておかなければいけない必須の資格はありません。無資格でも、グランドスタッフとして活躍している人はたくさんいます。

ただし、取得しておくことで、採用が有利になる資格はたくさんあります。持っていれば、仕事内容に活かしやすい資格も多いでしょう。より幅広く、質の高い仕事内容をこなせるようになれば、グランドスタッフとしてのキャリアアップも可能になりやすいです。

グランドスタッフが取得していると有利な資格一覧

それでは、グランドスタッフが取得していることで、仕事内容や採用に役立ちやすい資格をチェックしてみましょう。

英語検定

グランドスタッフにとって、語学力は欠かせない重要なポイントになって来ます。どのセクションの仕事内容をこなすことになったとしても、外国語を話す相手との会話は発生しうるからです。英語力は最低限だと言っても良いでしょう。

英語検定であれば、二級以上が必要です。一定レベル以上を証明するためには、更に上のクラスを取得しておくのもおすすめです。

TOEIC

前述したように、グランドスタッフの仕事内容に、英語力は非常に役立ちます。特にTOEICは、英語検定のように日本国内だけではなく、海外でも有効に働きやすい資格です。そのため、キャリアプランに海外勤務を掲げていたり、よりグローバルな働き方がしたいと思っていたりする人は、是非TOEICを取得しておくのが良いでしょう。

TOEICのスコアは、グランドスタッフになるためには、最低でも550点以上が必要です。これは志望する際の最低限のボーダーラインなので、採用の確率をより高いものにするためには、650点以上のスコアが望ましいでしょう。

語学力を特技としてアピールするのであれば、更に上のスコアを狙っていくのがおすすめです。

通訳案内士

外国語を用いて、海外に出向き、観光案内が出来る資格が「通訳案内士」です。この資格は、官公庁が実施している国家資格のひとつで、高い語学力はもちろんのこと、地理や歴史、経済や政治に関する知識も備わっていないと、取得することは出来ません。

そのため、グランドスタッフを目指す際には、後ろ盾になってくれやすい資格のひとつだと言えるでしょう。

使用する外国語ごとに試験が分類されており、

・英語
・フランス語
・ドイツ語
・中国語
・イタリア語
・スペイン語
・ロシア語
・韓国語
・ポルトガル語
・タイ語

などがあります。

第二外国語検定

正確には、「ドイツ語検定」や「スペイン語検定」といった、英語以外の語学力を証明する検定ですね。それぞれの言語によって、階級とスキルは異なっていますが、ビジネスレベルまで使用できるクラスの階級を所得しておくと、グランドスタッフの仕事内容にも活かしやすいでしょう。

空港で使用される言語は、英語だけではありません。英語が通じないお客様の対応はもちろん、現地とのやり取りをすることもあるので、使用できる言語は多い方が、仕事はしやすくなりますし、こなせる会話のレベルも高い方が、キャリアアップも望みやすいです。

接客サービスマナー検定

ホテル業界やブライダル業界への就職でも、重宝されやすい資格のひとつです。航空業界を目指す人でも、取得するケースが多く、関係の専門学校でも取得を推奨しているところは少なくありません。

ワンランク上の、上質な接客サービスを提供するためのスキルや知識を証明する資格となっているため、グランドスタッフの仕事内容にも役立てやすいでしょう。

接客における正しいマナーはもちろん、気遣いのうまさや、スタッフ同士の連携スキルも会得できます。採用や仕事により有利にするためには、接客サービスマナー検定二級は取得しておくと良いでしょう。独学でも、効率よく学べば合格を目指せます。

グランドスタッフとして活躍するために

いかがでしたか?グランドスタッフの仕事内容は、決して簡単なものではありません。安全で気持ちの良い接客をするために、気力も体力も必要になります。判断力も求められますし、立ちっぱなしの仕事が多いですから、体力も欠かせないでしょう。

しかしその分、やりがいも大きい仕事内容となっています。国内外の窓口である空港は、様々な人や文化が触れ合うポイントです。

グローバルなシーンで働きたい人、おもてなしの仕事に就きたい人などは、資格や資質をチェックし、是非グランドスタッフの仕事にチャレンジしてみてください。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。