「受付」への志望動機の書き方と例文紹介|ポイントや注意点など

履歴書の志望動機の書き方

これまでの経験を絡めて志望動機を書く

受付の仕事に就きたい場合は、これまでの経験を絡めて志望動機を書くようにしましょう。学生時代のアルバイト内容や、あなたの特技などと合わせて、アピールポイントを作りながら履歴書を作成していくと、完成度の高い志望動機になりやすいです。

その際には、受付の仕事に活かせるような経験やスキル、特技などを全面に押し出せるようにしましょう。

受付の仕事ならではの志望動機に仕上げる

受付の仕事を志望している理由は、「受付の仕事にしかつかえないもの」にするのが良いでしょう。

たとえば、「人と接する仕事」や「他者をサポートする仕事」といったアプローチは、受付の志望動機として、決して間違いではありません。

しかし、絶対に受付の仕事でなければいけないのかと問われると、やや弱いです。受付以外の業務でも、その役割や理想は叶ってしまうのではないか?と考えられてしまうことがないようにまとめるのが、説得力のある志望動機のコツです。

どうしてその企業を志望しているのか

志望動機の完成度を更に高め、書類選考の通過率をぐっとアップさせるには、やはり「どうしてその企業の受付を志望しているのか?」が記載出来ると良いでしょう。以前その企業を何らかの形で利用したときの経験などは、志望動機のエピソードとして使いやすいのでおすすめです。

受付の志望動機の例文

「私が御社の受付業務を志望しているのは、企業の「顔」として、御社のお客様と最初にお会いして、運営イメージそのものに関わる大切な仕事を担当したいと考えたためです。

御社の事業は、日常生活の様々なポイントに浸透しており、商品からサービスまで、私たちの生活に欠かせないものとなっていると思います。たくさんの利用者がいて、日常に欠かせない企業だからこそ、その「顔」として、企業の一員に加わり、事業貢献をしたいと思っています。

受付業務の経験はありませんが、これまではホテル内のレストランで接客のアルバイトを続けてきました。ここで培ったホスピタリティや接客マナーは、御社にご縁を頂いた際、十分活かすことが出来ると感じています。」

受付の志望動機のダメな例

「私は、普段身近なところで、御社の貴社の商品やサービスを利用させて頂いております。業界内でもトップクラスの知名度を誇り、また古くから続く老舗企業としても、社会的な信頼度が非常に高いと考えます。そんな御社の顔である受付業務の意味合いも、他社と比較すると、非常に重要なものだと認識しております。

学生時代の販売アルバイトで培った接客マナーやホスピタリティを活かして、御社の事業貢献に携わりたいと思い、受付を志望しています。」

まずは結論からまとめた方が、採用担当者に分かりやすい、すっきりした構成になります。「どうして志望しているのか」という書き方からスタートすれば、完成度が上がるでしょう。

また、他社比較を前提にした志望動機は、やや弱めになってしまいます。企業としての力が強いから、その顔になりたいというだけではなく、もう少し受付業務そのものに対する自分の適正やモチベーションをアピールできるようにすると、合格に近づきやすくなるはずです。

受付の志望動機を書くときの注意点

結論から書き始めるようにする

志望動機は、まず結論から書き始めた方が、相手に意図が伝わりやすいです。

「どうしてこの企業の受付の仕事を志望しているのか」をはっきり言い切ったあと、追加のエピソードを書き加えていくことで、多方面からのアプローチが可能になっていくと言えるでしょう。

業界研究や企業研究は怠らないようにする

受付業務は、企業を訪れたお客様と、初めて接する仕事です。そのため、どんな相手先の人が訪れるのか、自分がどういった対応をするべきなのか、採用選考を受ける前にある程度把握しておくのが良いでしょう。

受付業務として求められるものも、業界や企業によって大きく異なって来ることがありますから、業界研究や企業研究は、徹底するのがおすすめです。

受付として会社に採用をもらうためにすべきこと

コミュニケーション力を身に着ける

訪れるお客様への対応はもちろん、受付の仕事は、社内メンバーとの連携も大切です。どの部署にどんな人がいて、どんなお客様を待っているのか、ズケジュールや館内情報も正しく把握していなければいけませんし、やり取りも必須になって来ますから、コミュニケーション力は欠かせないでしょう。

ビジネスマナーを身に着ける

受付係の印象で、企業全体のイメージが大きく変わってしまうこともあります。どうせなら、良いイメージを持ってもらいたいですよね。丁寧な言葉遣いや、はきはきとした挨拶、正しいマナーを身に着けておけるようにしましょう。

受付の仕事をするために

いかがでしたか?受付の仕事は、企業の「顔」として、お客様の窓口になるという、とても重要な役割を担っています。未経験からでもチャレンジできる職場がたくさんありますから、気になったあなたは、是非チャレンジしてみましょう。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。