【履歴書】間違いも多い「同上」の書き方・例文

履歴書での「同上」の意味

履歴書を書くにあたって知っておきたい言葉に「同上」があります。同上とは、上記と同じ事柄をもう一度書くときに使う言葉です。

履歴書には、全く同じ文面を記載しなければならない項目がいくつかあります。
「住所」と「連絡先住所」や、「電話番号」と「携帯電話番号」などです。こうした同じ文面を続けて書く必要のある項目には「同上」と記載することで、真上の項目と同じ文が入ることを相手に伝えることができます。

「同上」を使うのは、単に履歴書を作成する労力を削減するためではありません。住所などの長い文章は、二行続けて書くと履歴書全体がゴチャゴチャして読みにくくなります。長い文章を「同上」とすることで、スッキリとまとまった履歴書を作成できるのです。

履歴書での「同上」の書き方

履歴書内で「同上」と書くときは、その真上にキチンとした文章が記載されている必要があります。

例えば、住所欄に「東京都○○市○○マンション101号室」のように正しく住所が記載されていれば、その真下の「連絡先住所」には「同上」と書くことができます。ただし「同上」と書けるのは上下連なった項目に同じ文面を入れる場合だけです。

何か理由があって住所とは別の場所に連絡をしてほしい場合などは、「住所」と「連絡先住所」にそれぞれ違う文章が入りますから、「同上」と書き込むことはできません。特に希望がなければ「同上」と記載することで、現住所を連絡先に指定することができます。

また、履歴書で「同上」を使うことが多い項目に、「電話番号」があります。「電話番号」は、履歴書のフォーマットによっては「電話番号」「緊急連絡先」「携帯電話番号」などに分かれていることがあります。同じ番号を複数ヶ所に書くときは「同上」を使用して構いません。

ただし企業から、それぞれの欄に必ず違う内容を記載するよう指定があった場合は「同上」は使用できないので注意しましょう。

履歴書で「同上」を使うときの注意点(ふりがな、書く位置など)

「同上」を書き込むときの位置には注意しましょう。ときどき、空欄の中央に「同 上」と間を空けて書く方がいらっしゃいます。上の項目の文章の長さに合わせてスペースを埋めているようです。

しかし「同上」を記載するときは、空いたスペースを気にする必要はありません。空欄の中央ではなく、他の文章と同じように左端から書き始めましょう。また、「同 上」と間を空けると見栄えが悪くなるため、文字間を詰めて書きます。
連絡先住所に「同上」を入れる際、ふりがな欄は記載しなくて構いません。
ふりがな欄は、住所を書き入れるときのみ記載しましょう。

履歴書での「同上」の例文

長い文章が連続するとき、「同上」使って履歴書をスッキリさせることができます。以下に、ゴチャゴチャした文章の例文と、「同上」を使った正しい例文をご紹介しましょう。

×悪い例①

所在地:東京都○○市○○マンション101号室
連絡先:東京都○○市○○マンション101号室

○正しい例①

所在地:東京都○○市○○マンション101号室
連絡先:同上

×悪い例②

電話番号:090-1234-5678
携帯電話番号:090-1234-5678

○正しい例②

電話番号:090-1234-5678
携帯電話番号:同上

履歴書内で「同上」を使用できるのは、このように上下で連なった項目に同じ文章を入れる場合です。二行続けて同じ文書を入れるよりも見た目がキレイなので、適切に使えば履歴書に目を通した面接官にも好印象を与えることができます。

履歴書で「同上」を使わない方がいい場合の例

「同上」は正式な文書に使用しても問題のない表現です。しかし、「同上」は履歴書のどの項目でも使えるわけではありません。

履歴書内で「同上」を使えるのは、大きく分けて「連絡先住所」「電話番号」「学歴」「職歴」の4ヶ所です。これらの欄に「同上」を使うことは、文書作成のルール上間違っていません。

しかし「学歴」と「職歴」の項目に「同上」を使うのは控えたほうが良いでしょう。なぜなら、面接時において企業が最も重要視している項目が「学歴」と「職歴」だからです。企業側は、面接という短い時間の中で就活生のスキルを見極めなくてはなりません。履歴書に書かれていることのひとつひとつを精査して、どのような人物かを推測していきます。

就活生の人物像を見極める中で、最も大きなヒントになる「学歴」「職歴」の欄に、「同上」とだけ記載されていたら、面接官はどのように感じるでしょうか。
中には「手を抜いている」と感じる面接官もいるでしょう。

「学歴」や「職歴」は就職活動をしている人にとっての武器そのものです。自分がどのような勉強をして、どのような経験を積んで面接に来たのかをアピールするために用意された重要な項目なのです。面接官にマイナスのイメージを与えないために、この二項目だけはしっかりと書き込んだほうが良いでしょう。

履歴書では「同上」を使いすぎないようにしよう

履歴書には「同上」と書き込んでよい項目がいくつかあります。しかし、あまりに「同上」を使いすぎると履歴書が空白だらけになってしまい、面接官から「履歴書も正しく書けない」という評価を受けてしまう可能性があります。

履歴書は社会人としてまともな文書作成ができるかどうかを判断するテストのようなものだと考えてください。企業は、履歴書すら書けない人間を雇ってはくれません。

そこで、履歴書で「同上」を使うのは「住所(連絡先住所)」と「電話番号(携帯電話番号)」の二つの項目だけに留めておきましょう。面接時に企業が重視している「学歴」「職歴」の欄などは、最初から最後までしっかりと書き込みましょう。

もちろん、「趣味・特技」の欄や「自己アピール」の欄に「同上」や「なし」などと書き込むのは以ての外です。

履歴書はアナタのスキルを企業にアピールするために作成するものです。「同上」ばかりで内容の無い履歴書では、どんなに有能な人物でも書類審査で落とされてしまいかねません。良い企業と巡りあうためにも、「同上」の使いどころには注意しましょう。

履歴書の書き方をマスターし、就活サービス「イッカツ」を利用して有利に就活を進めよう

履歴書の書き方をマスターしたら、あとは自分の条件に合った企業の採用情報を探して実際に履歴書を提出してみましょう。効率良く採用情報を見つけるためには、就活サービス「イッカツ」がおすすめです。イッカツは、50社以上の就活サイトに同時登録することのできる就活サービスです。

これまでのように、何十社もの会社の採用情報を自分でかき集め、ひとつひとつエントリーしていく必要はありません。「イッカツ」を利用すれば複数の就活サイトからの情報を一元管理できるようになるため、無駄な手間暇がかからなくなります。

早期内定を目指す就活生にとって、情報収集は重要なカギとなります。ぜひイッカツのサービスを利用して、就職活動を有利に進めてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です