「総務」の仕事内容とは|平均年収・魅力・必要なスキルなど

総務の仕事内容

総務の仕事内容は、職場や個人のスキルによって、多岐に渡る傾向にあります。所属している会社の業務や組織を、よりスムーズに動かしていくために、様々な仕事をこなしていきます。

資料の用意やファイリング、整理なども総務が担当していますし、会議や社内イベントの企画から準備、運営までも、総務の仕事内容のひとつです。オフィス全体の管理をしたり、社内コンプライアンスの作成をしたりすることもあるでしょう。

また、電話や来客の対応をしたり、メールや手紙のやり取りをこなすこともありますし、秘書業務を総務が担っているところも少なくありません。

あるいは、庶務をはじめとした雑務も、総務が担当していることがあるでしょう。経理系を担当している会社であれば、給与計算や経費精算なども、総務の仕事内容になって来ます。

採用業務や、労務管理、勤怠管理を総務が進めるケースもあります。登記の変更作業ゆ社会保険に関わる手続き、年金機構の対応など、より慎重に進めなければいけない仕事内容も少なくありません。データ集計や入力、チェック業務を担うこともあるため、細かい作業やコツコツとした仕事も多いと言えます。

総務の平均年収

総務の平均年収は、およそ400万円前後となっています。企業や個人のスキル、年齢や経験によって、具体的な金額は異なって来ますが、20代の平均年収が300万円前後、40代以降は500万円前後程度となっています。

総務の仕事は楽しいのか?

目立たない苦労が多い

総務の仕事は、組織内における「なんでも屋」として活躍しなければいけないことが多いです。営業のサポートをすることもあれば、備品の用意をしたり、決算期には経理の手助けをすることもあります。

企業によっては、前述したように、総務が庶務や経理、人事や労務をはじめとした様々な事務作業を兼任しているケースも少なくありません。

そのため、スムーズな業務のために、こなさければいけない仕事が多く、苦労をしやすいこともあるでしょう。特に、営業のように直接数字が見えるタイプの仕事ではないため、どうしても目立たない地味な仕事が増えやすいため、派手な活躍が見えにくいです。

しかし、総務なしに企業は稼働することが出来ないため、欠けている仕事や、こなせていない業務は浮き彫りになってしまいやすいです。出来ていることを褒めてもらえるタイミングが少ないのに、出来ないことばかり責められやすいというのは、総務の苦労のひとつだと言えるでしょう。

業務範囲が広いからこそやりがいがある

一方で、総務の仕事だからこそ味わえる魅力もたくさんあります。組織全体の様々なポイントに関係している仕事だからこそ、業務範囲の幅は広く、多様な刺激を受け取ることができます。

その他の部門と比較すると、圧倒的に業務の種類が多いため、学べるポイントが多く、見識を広げて、多様な価値観やスキルを身に着けるチャンスでもあるでしょう。

広範囲の業務を担当するからこそ、やりがいもありますし、自己成長もしやすいです。色々なセクションの人と関わることになるため、普段なかなか関わらない人とのコミュニケーションのチャンスも生まれますし、自らのキャリアを切り開いていくきっかけに出来るかもしれません。

総務の仕事は忙しいのか?

総務の仕事は、その他の部門のスタッフが稼働していないタイミングからスタートしています。出社してから、備品を用意したり、掃除をしたりするのも、総務が担当しているという企業はたくさんあります。

外部スタッフとのやり取りをしたり、その日のスケジュールを確認したりするところから始まって、就業後の片付けを担当することもあるでしょう。

もちろん、その他のセクションのスタッフが稼働しているときも、それぞれのサポートという重要な仕事があります。

「分からないことがあれば、総務に聞く」という認識があれば、ひとつの仕事をこなしているとき、その他の仕事が発生するような声かけをされることも珍しくありません。

優先順位をつけ、タスクをひとつひとつ効率良くこなしていかないと、すべての仕事をこなしきれないままになってしまうこともあります。

そのため、個人が担当している役割が多ければ多いほど、総務の仕事は忙しくなっていきます。ノルマがある仕事ではない分、業務の忙しさにはムラも生まれやすいため、セルフコントロールが欠かせません。

総務の仕事の魅力

組織全体を見渡すことができる

総務の仕事は、企業で働くどのポジションのことも、広い視野で確認しなければいけません。営業や開発をはじめとして、事務やマーケティングなど、多様な部門と関わる分、組織全体を認識できます。

幅広い業務を担当しなければいけない分、全体を見渡して、組織を良くするためのアプローチが出来るというのは、総務の仕事内容ならではの魅力であり、やりがいだとも言えるでしょう。

仲間から頼りにされやすい

総務の仕事内容が欠けてしまっては、企業は円滑な業務を遂行することは出来ません。どうしても目立ちにくいポジションではありますが、スタッフ同士のやり取りをして、個人のサポートをすることも多いです。

そのため、様々な部門の仲間から、感謝される機会が圧倒的に多いというのも、総務の仕事内容ならではの魅力です。

人の質問に答えたり、トラブルの対応をしたりすることが多い分、「ありがとう」と言われることが非常に多い仕事でもあるのです。人に喜んでもらうのが好きな人や、誰かの世話をするのが好きな人にとって、総務の仕事内容はうってつけかもしれません。

成長のチャンスが見つけやすい

総務の仕事内容は、臨機応変な行動力と判断力が欠かせません。これが多忙さや苦労に繋がるケースも多いですが、自らのやり方次第で、どんどん仕事を良くしていくことが出来るのも、総務の魅力のひとつです。

自己成長のチャンスを掴み、大幅なスキルアップをすることも可能です。業界知識や企業知識を身に着けるのにも、非常に向いている仕事内容だと言えます。

総務に必要なスキル

コミュニケーションスキル

総務は、対人業務が非常に多い仕事内容になっています。特に、社内のスタッフ同士でのコミュニケーションが多く、相手のニーズを素早く判断して、自分がすべきことを進めたり、提案をしたりする必要があります。

来客や電話、メールの対応も総務が担当することが多いです。時によっては、苦情対応などを引き受けることもあるでしょう。そのため、コミュニケーションスキルは欠かせません。

同時進行スキル

総務の仕事内容は、ひとつひとつのタスクに集中してじっくり取り組むというものではないことが多いです。いくつものタスクを同時進行させ、優先順位をつけながら、スムーズに遂行しなければいけません。そのため、同時進行が得意で、頭の切り替えをうまく進められるスキルが大切です。

総務の仕事をこなすために

いかがでしたか?総務の仕事内容は、一見地味で目立たないものが多いです。苦労をしてもなかなか注目されないですが、企業が運営されていくためには、決して欠かせない仕事ばかりなので、重要度はどれも高いです。

総務の仕事内容をこなすためには、コミュニケーション力はもちろん、判断力や行動力も重要です。事務や経理のスキルが活かせるシーンもありますし、ビジネス検定や秘書検定が役立つこともあるでしょう。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。