留年は就活時に不利?面接時の語り方・ESへの書き方

留年したら就活する時に不利になるのか

留年をすると就活する時に不利になることがあります。不利になる簡単な理由として学問への熱意がないと判断されてしまうからです。学問への熱意がない就活生は仕事への熱意もすぐに無くしてしまうのではないかと思われてしまいます。そのため、基本的には留年することは就活する時に不利になります。しかし、留年をしたことによって得たことを十分に検討して就活に臨めば、就活に成功することも多くあります。

留年した場合に就活での成功率はどのくらい下がるのか

留年した場合に就活での成功率はおよそ10パーセント程度低くなると考えられます。日本の多くの企業の採用は新卒であることに強いこだわりを見せることがあります。留年しても新卒として就活をすることにはなりますが多くの企業の企業体質を考慮すると留年すると少し内定は取りづらいと考えられます。

留年した原因が固定概念として学問をおろそかにしていたことだと思われることが多く、特に年齢の高い面接官と場合はその傾向が強くなります。学問をおろそかにしていなかったとしても、留年しているというだけで難色を示されることがあります。

また、年齢の高い面接官は一般的に面接では最後の方の段階で行うことがあります。そのため、留年をしてしまった就活生は一次面接や二次面接ではそれほど影響はなくても最終面接の段階で悪い影響を与えてしまうことがあります。そのため、留年をしてしまった就活生はわずかながら就活での成功率は低くなってしまいます。

大学で留年したことを面接でうまく伝える方法

大学で留年したことを面接でうまく伝える方法は、留年した原因とともに留年によって得たことを話すことです。就活ではエントリーシートを書く際にほとんどの場合経歴を記入する欄があります。経歴を記入する欄には中学生からの経歴を年代とともに記すことが一般的です。そのため、面接官はエントリーシートを見れば就活生が留年をしているかどうか簡単にわかります。

稀に就活生の中で留年したことを隠そうとしてエントリーシートに偽りを書く人も存在しますが、面接官は面接におけるプロであるため簡単に見抜かれてしまいます。エントリーシートを書く際には隠そうとしないで素直に書くことが大切になります。

また、面接では留年について質問されることがあります。留年について聞かれた時は留年をしてしまった原因を述べるとともに、留年をしたことによって学んだことや得たことを述べることで悪い印象がなくなります。留年をしたと言うことをうまく活用することでスムーズに就活を進めることができます。留年をしてしまったことをマイナスと捉えていないことを面接で話すことで、留年についてうまく伝えることができます。

大学で留年したことを面接でうまく伝える時の例

大学で留年したことを面接でうまく伝える時の例として、留年をしてしまった一年間に勉強したことについて述べることができます。一年かけて学んだことや取得した資格などについて述べることで面接官にいい印象を与えることができます。

留年をすると、仕事をする際にはメリハリをつけることが大切だと学ぶいい経験になります。こうした学んだことについて述べて、留年で学んだことが仕事にも活かせることを伝えることが大切になります。

また、海外留学を理由に留年してしまった場合は英語の能力とや海外での生活に適応できることをアピールすることで面接官にいい印象を与えることができます。以上のように留年の原因や学んだことについて熱意を持って伝えることが非常に重要になります。

面接でなぜ留年したのか聞かれた時の対応方法

面接でなぜ留年したのか聞かれた時は素直に理由を言うことが大切です。就活生によってアルバイト、留学、部活動など様々な理由があるため、素直に言うことで悪い印象をなくすことができます。述べた理由とともにその経験が仕事に活かせることも追加して述べることで就活が成功につながることがあります。

留年に関して聞かれた時は事実を隠すことなく、学んだことや経験を述べることが非常に重要になります。基本的には留年は就活に不利になりますが、話す内容によっては有効なものになるため、留年した経験のある就活生は事前に自分の経験について検討しておくことが大切になります。

学問がおろそかになり留年してしまった場合は、学問以外に取り組んでいたことについて述べることでいい印象を与えることができます。アルバイトや留学、部活動などに打ち込んだことで学んだことや経験についても必ず述べることが就活の成功につながります。

エントリーシートに留年したことは書くべきなのか

エントリーシートには留年について書くべきです。一般的にエントリーシートのほとんどには経歴の欄に年代を記入することがあります。そのため、エントリーシートには留年を書くことになります。ここで留年を隠そうとしても年齢などにズレが生じてしまうため、留年が露見してしまいます。

また、最終面接の際には成績証明書の提出を求められることが多くあります。成績証明書を見れば、就活生が留年したかどうかを確認することができます。以上のように必ず留年はわかるため、エントリーシートには留年について書くことが大切です。留年したことを書かずに隠してしまうと逆に悪い印象を与えることにつながってしまいます。

海外留学で留年した場合は就活で有利になるのか不利になるのか

海外留学で留年した場合は就活では有利になることが多くあります。海外留学に行くには各大学ごとに最低限の英語の能力を求められます。そのため、海外留学に行っている就活生は英語ができることを証明できていることになります。近年の企業の採用では英語の能力を問うことが多くあります。

また、将来的に海外での勤務が可能である就活生を求めていることが多くあります。海外留学は英語の能力とともに海外での生活が可能であるとも判断できるため内定を獲得しやすくなります。しかし、海外留学で学んだことや経験したことがなければ、たとえ海外留学をしたとしても就活に有利になるとは限らないため注意をする必要があります。

海外留学で学んだことや経験について細かく整理しておくことでスムーズに就活を進めることができます。逆に海外留学で学んだことや経験したことについてうまく話せないと一年間にを無駄にしたと判断されて就活では不利になることも稀にあります。海外留学をしているからと安心することなく就活に臨むことが必要になります。

留年しても就活に成功している事例はたくさんある

留年しても就活に成功している事例は多く存在します。特に海外留学によって留年している場合は前述した通り有利に働くことが多くあります。また、留年という失敗を反省している就活生は仕事をする際に同じミスをすることが少ないと判断できるため就活でも成功することが多くあります。

留年をしている就活生の面接の場合、基本的に留年について聞かれます。そのため、事前の面接の準備で回答を検討しやすくなるため、選考がうまく進むことが多くあります。

また、多くの企業は人間性や性格など人物優位の才能を行なっています。たとえ留年をしていてもそこから学んだことや経験について話すことで面接官にいい印象を与えることができます。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。