「マーケティング」の仕事内容とは|種類・平均年収・魅力など

マーケティングの仕事内容

マーケティングとは企業の製品やサービスのブランド力向上やシェア拡大の為のPRを行う為の部門で目的達成のCMやイベント、カスタマーサポートなどのマーケティング施策の実施とその改善、マーケティング施策を行う前の市場や消費者に関する分析調査などを行っています。

営業や開発、人事などの仕事内容が誰にでもイメージしやすいのに対してマーケティング部門は販売戦略立案なども含めて会社運営にとって重要だけれども分類しにくい仕事の内容を担っている場合もあります。

マーケティング部門の種類

マーケティング部門は上記の様に雑多な仕事を引き受けている場合が多いので、マーケティング部門内の組織編成は会社によって様々です。

例えば、大きい複数事業を展開している会社だと商品毎にマーケティング部門を切り分けて、

・繊維部門
・化学部門
・電機部門

などの様にマーケティング部隊を分けている事もありますし、1事業しか行っていない会社だと機能別に、

・商品やサービスの認知度やイメージを向上させるブランディング部門
・具体的な商品の需要を喚起する為の販売促進部門
・顧客からのクレーム対応などを行うカスタマーサポート部門

などの様に分類している企業もあります。

マーケティング部門内の組織の編成方法については会社毎に違い、WEBサイトなどにも紹介していないケースが多いので気になるのならば就職説明会などで直接確認した方が良いでしょう。

マーケティング職の平均年収

気になるマーケティング職の年収なのですが、マイナビが行った調査によると「マーケティング・企画・宣伝系」の職種の平均年収は

・20代で371万円
・30代で495万円
・40代で628万円

となり前世代の平均年収は461万円となっています。これは「事務系・企画・経営関連」の職種の中でも経営企画・事業企画・エグゼクティブ系の平均年収604万円についで2番目に高い年収であり、営業や販売、専門サービスなどの職種と比較しても上位の年収となっています。

この様な事から一般的にマーケティング職は年収が高いという事ができます。

マーケティングの仕事は楽しいのか?

マーケティングの仕事は高収入である反面にきつい仕事であるという事ができます。

これができれば仕事が終わるという明確な終わりや仕事が無いので、調査は答えがでるまで分析し続けなければなりませんし、マーケティング施策が良かったのか定量的に検討しなければならないので大変な知的労働であるという事になります。

しかし、頭を使って何かデータを分析したり、アイデア出しをしたりと考える事が好きな人にとってはやりがいのある仕事なのでこの様にきついマーケティングの仕事も楽しい仕事であるといえるでしょう。

マーケティングの仕事は忙しいのか?

マーケティングの仕事は一般的に忙しいと言えます。先ほど述べた通りマーケティング施策という答えが出るまで延々と調査やアイデア出しを行うので、なかなかマーケティング施策が決まらなければ答えが出るまで仕事を続ける必要があります。

展示会などのキャンペーンの前には残業が続くという事は往々にして起こりえます。また、マーケティングの仕事は自分の部門だけではなく営業部門などと連携して仕事をする事も多いし、様々な提携業者との打ち合わせもあるので人と会うのが多い職種であるとも言えます。

マーケティングの仕事の魅力

以上の様にマーケティングは大変な仕事ですが、同時にやりがいのある仕事でもあります。優秀なマーケティング責任者が会社にいれば会社の業績は明確に向上します。

マーケティングは、商品やサービスの市場形成、ブランディング、需要喚起、顧客満足度向上など様々な役割を果たしているので売り上げに与える影響が大きい部門です。この様に会社への影響が大きいのがマーケティングの仕事の魅力のひとつです。

また、大手の企業のマーケティング担当になると自分の担当したテレビCMが全国で放送されたり、自分が立案したキャンペーンにたくさんの人が参加したり、それに注目したメディアが取材に来たりと社会的にも大きな影響を与えます。

この様に自分の仕事が目に見えて会社の業績や社会に対して影響を与える事があるのがマーケティングの仕事の魅力です。

マーケティングに必要なスキル

この様なマーケティングの仕事ですが、マーケティングに必要な主なスキルは2つです。1つは計数管理能力、もう一つは調査分析能力です。

マーケティングの仕事はキャンペーンや広告などのマーケティング施策に対して投資を行って売上アップや認知度向上と言ったリターンを得る事です。

つまり、マーケティングはやりっぱなしではなく、例えばマーケティング施策の実施によって掛かった費用1億円に対して売り上げが50億円アップした、利用者満足が平均3.7だったのは4.2に向上したという風に定量的に投資に対するリターンを説明する必要があります。

しかし、実際にはこの様にマーケティングに対する投資とリターンを定量的に説明できる人材は少ないので、成果を定量的に説明できる計数管理能力が高い人材は重宝されます。

また、他に必要なスキルとして挙げられるのが調査分析能力です。マーケティング施策は単なる思い付きではなく、入念な調査と分析の結果どの様なマーケティング施策を行うかが決定されます。この様な理由からきちんと成果につながる調査と分析ができるスキルはマーケティング職として重宝されます。

マーケティング職は大変だがやりがいのある職業

以上の様にマーケティング職は企業のブランディングや製品の需要喚起などを担当する重要な職種で平均年収も高い職種です。仕事は頭脳労働で答えが出るまで明確な終わりがない仕事なので大変ですが頭を使うのが好きな人には楽しい仕事ですし、会社の業績や社会に大きな影響をあたえるのでやりがいのある仕事です。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。