ネットワークエンジニアの志望動機の書き方と例文|ポイントや注意点

ネットワークエンジニアの志望動機の書き方

数あるITエンジニアの中でも、特にネットワークエンジニアを目指したいという人は、まず志望動機をまとめるところから始めましょう。履歴書でも面接でも、志望動機がきちんとまとまっていると、説得力があり、内定への道が見えやすくなります。

まずは、ネットワークエンジニアとしての志望動機の基本的なチェックポイントを紹介します。

何故ネットワークエンジニアなのかをきちんと書く

エンジニアやプログラマーとは言っても、それぞれの仕事内容によって、様々な種類が存在しています。システムの構築ひとつとっても、様々な仕事があります。

数あるITエンジニアの中で、あなたがどうして「ネットワークエンジニア」を目指しているのかを、はっきり分かりやすく書いておくことは、志望動機には欠かせません。

そのためには、ネットワークエンジニアの仕事内容を、改めて確認しておくのも重要でしょう。名前の通り、ネットワークエンジニアはネットワークを構築することが仕事です。

ネットワークの運用監視から、保守はもちろん、設計構築などの上流工程に携わることもあります。仕事内容と求められる資質、スキルを改めて調べ直すことで、履歴書の志望動機をまとめやすくなるでしょう。

どうしてその企業で働きたいのかをきちんとまとめる

ただネットワークエンジニアになりたいというだけでは、志望動機としての完成度はまだまだ足りません。大抵の場合、ネットワークエンジニアになるために就職活動をするのではなく、採用選考を受ける企業で、ネットワークエンジニアとして働くための志望動機が必要になってきます。

「うちの企業でなくても良いのではないか?」と思われてしまう志望動機では、決して間違いにはならないものの、まだまだ弱いです。その他の志望者と比較されたとき、あなたの志望動機が落とされてしまう危険性もあるでしょう。

企業との相性も大切ですし、志望者としてのモチベーションもしっかり伝わってほしいものです。「どうして御社のネットワークエンジニアとして働きたいのか」を、簡潔で分かりやすくまとめておくと、完成度が上がります。

自分のセールスポイントを盛り込んでおく

志望動機をまとめる上で、自らのセールスポイントを混ぜて展開しておくと、更に完成度が高まりやすいです。ネットワークエンジニアとして役立てやすい資格や経験など、伝わりやすい形で書いておきましょう。

ただし、履歴書やエントリーシートでは、あなたの長所や特技、持っている資格などを書く欄は、大抵別に用意されています。そこと重複した内容になってしまったり、セールスポイントの方が大きく押し出されすぎてしまっては、志望動機ではなくなってしまいます。

あなたの志望動機を、より後押し出来るようなセールスポイントの書き方を心がけると良いでしょう。

ネットワークエンジニアの志望動機の例文

それでは、実際にネットワークエンジニアの志望動機の例文をチェックしてみましょう。

「私が御社のネットワークエンジニアを志望した理由は、以前働いていた職場で、ネットワークエンジニアの方に大変お世話になったことがあるからです。

当時、ネットワークのトラブルで、外部との接続がまったく出来なくなってしまった際、修繕をお願いしたネットワークエンジニアの方に対応して頂きました。そのときのエンジニアが、御社の社員の方でした。

それまでネットワークに特化したエンジニアがいることも知らずにいましたが、手際の良い修繕から興味を持ち、調べていく内に我々の生活に密接してる非常に重要なエンジニアだと知り、自分でもチャレンジしたいと思うようになりました。

今はまだ、技術的には未熟ではありますが、ひとつひとつの仕事を丁寧にこなし、技術を順調に身に着けて、いつかはネットワーク設計も任せてもらえるようなエンジニアになりたいと思っています。」

ネットワークエンジニアの志望動機を書くときの注意点

あなたがネットワークエンジニアを目指して、志望動機をまとめる場合、どのようなポイントに注意して書き進めるべきなのでしょうか。志望動機を構成していく上で、注意しておきたいポイントを、いくつかピックアップして紹介します。

具体的なエピソードを入れる

ネットワークエンジニアを目指すに至った、具体的なエピソードがあると、志望動機としての説得力がぐっと増します。これは、ネットワークエンジニアだけではなく、その企業を志望している理由にも使えます。

経験がある人であれば、どんな企業で働きたいと思ったのか、これまで働いていてどんな目標を持ったのかなどと合わせて志望動機を書くのも良いでしょう。ネットワークサービスを利用する顧客サイドからの意見を書いて、自らも提供サイドに回りたいと思った、といった書き方は定番です。

定番の書き方になったとしても、自分らしさをしっかり取り入れるためには、やはり具体的なエピソードが適切なのです。

業界研究と企業研究を徹底する

どうしてネットワークエンジニアを目指したいのか、何故その企業で働きたいのかを書くためには、業界研究や企業研究を徹底しておかなければいけません。特にIT業界は、現代における移り変わりが非常に大きい業界です。

新しい技術がどんどん登場し、世間のニーズも激しく変わってきている以上、エンジニアに求められるものも多岐に渡っています。今後の動向を分析、IT業界で求められているものを理解した上で、ネットワークエンジニアの将来までを考えた志望動機を作るのが良いでしょう。

新たに登場したサービスや、注目されている技術などについては、一通り把握しておくと、説得力のある志望動機を書きやすくなります。

キャリアプランを明確にして書く

ネットワークエンジニアとしてどのようなキャリアプランを練っているのかも、志望動機には書きこんでおくのがおすすめです。中途採用であれば、これまでどのように働いてきたのかと織り交ぜて展開していくと、分かりやすく説得力も出しやすいでしょう。

ネットワークエンジニアの働き方は様々です。同じ企業で働き続けながら、やがてはリーダー職や管理職になりたいと思っている場合もあれば、マネージメント方面や、コンサルタント方面ら進みたいと思っている人もいます。

独立してフリーランスになりたいのか、企業したいのかによっても、企業との相性は変わって来ます。

採用選考を受ける企業が求めているネットワークエンジニアの人材像を正しく理解した上で、ニーズが噛み合うようなキャリアプランであった方が、採用率は高まるでしょう。

ネットワークエンジニアへの転職を成功させるためにすべきこと

それでは、ネットワークエンジニアとして採用されるためには、どのようなことを進めていけば良いのでしょうか。転職成功のために実践しておきたいポイントを、いくつかピックアップして紹介していきます。

資格を取得しておく

ネットワークエンジニアは、資格がなくても採用されることはあります。未経験者を採用するケースもあるでしょう。

しかし、より転職の成功率を上げたいのであれば、ネットワークエンジニアに役立つ資格を取得しておくのが良いでしょう。IT関係の知識やスキルを証明できるので、企業としても人物に信頼を置きやすくなるのです。

CCNAやCCNP、CCIEなどのシスコ技術者認定は、ネットワークエンジニアの代表的な資格です。また、国家資格であるネットワークスペシャリスト試験は、ネットワーク関係の最難関試験ですから、取得しておくことで、より高待遇の転職が可能になるケースも少なくありません。

また、ネットワークエンジニア専門の資格ではありませんが、Linux技術者認定試験であるLPICも取得してふおくと、各種サーバーを取り扱いやすくなるため、転職時に優遇されやすい傾向にあります。

知識やスキルを身に着けておく

経験が浅くても、スキルや知識で採用してもらえるケースは、ネットワークエンジニアは少なくありません。

ネットワークエンジニアに必要なスキルとして、ITUで規格化された技術としては、やはりWAN系です。ADSLやATM、CATVやIP-VPN、広域イーサ、高速デジタル回線などです。

また、LAN系の技術も強いでしょう。無線LAN、イーサネット、ルーティングなどが挙げられます。その上で、業界基準となっているインターネット系の技術です。DNS、メール、WWWサーバー、アプリケーションなど、多岐に渡っているはずです。

コミュニケーション力を身に着ける

ネットワークエンジニアはもちろん、ITエンジニアにとって、コミュニケーション力はとても重要です。新しい技術を身に着けるためにも、コミュニケーションがうまい人の方が、教育もしやすいです。技術や経験の浅さを、コミュニケーション力でカバーして、キャリアアップを目指すパターンは少なくありません。

ネットワークエンジニアは、決してひとりで務まる仕事ではなく、その他のセクションと連携を取らなければいけません。設計や構築に関わるのであれば、クライアントとの打ち合わせや交渉をすることもあるでしょう。

リーダー職を務めるためには、人間関係をうまく構築し、スムーズな連携が取れる人の方が重宝されやすいです。

ネットワークエンジニアとしての採用率を底上げするためにも、積極的に他者と書か輪り、コミュニケーション力を高めておくと良いでしょう。

ネットワークエンジニアの志望動機を考えるために

いかがでしたか?ネットワークエンジニアの仕事は、IT業界にとってはもちろん重要な仕事ですし、私たちの日常生活においても、決して欠かせないとても大切な存在です。

一方で、ニーズに人員が追いついておらず、人手不足になっている現場も少なくありません。経験が浅くても、柔軟な姿勢とコミュニケーション力があれば、十分チャレンジするべきでしょう。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。