【職種別】「旅行業界」への志望動機の書き方と例文紹介|注意点など

履歴書の志望動機の書き方

広義の旅行業界では旅行の交通手段である鉄道会社や航空会社なども含まれますが、就活における「旅行業界」とは旅行者のために交通機関や宿泊施設の手配、パッケージ旅行のプラン作成や販売などを行う企業すなわち旅行代理店やそれに伴う関連職種を指すことがほとんどです。

旅行代理店に勤務する場合の職種は商品開発・企画、法人営業、カウンター営業、添乗員、経営企画・人事・総務といった他の企業同様の部署、などに分かれます。

商品開発・企画

アンケート調査やマーケティングを元にした旅客受けの良い魅力的な旅行パッケージの企画・開発が主業務です。

法人営業

社員旅行、修学旅行といった大口の案件獲得のために企業や官公庁、学校などに営業を行います。

カウンター営業

個人客を中心に店頭で営業を行います。

添乗員

ツアー旅行にて顧客とともに行動し、観光地の案内やスケジュール管理を行います。

旅行代理店以外の旅行業界の職種は大まかに分けて、ツアーオペレーター(ランドオペレーター)、ツアーコンダクター、現地ガイド・コーディネーター、旅行コンサルティング会社、販売総代理店(GSA)になります。

ツアーオペレーター(ランドオペレーター)

旅行会社の依頼に合わせて、旅行先の現地交通機関やホテル、レストラン、アミューズメント施設などの手配を行う会社です。

ツアーコンダクター

パッケージツアーに同行し、出発から解散までその旅程が問題なく進められるようにする管理進行役、いわゆる添乗員です。雇用形態により旅行会社正社員、旅行会社契約社員、派遣会社社員の3パターンに分かれます。

現地ガイド・コーディネーター

日本から来たパッケージツアーの客を添乗員から引き継いでツアーに同行し、現地の案内をする仕事です。

旅行コンサルティング会社

旅行をオーダーメイドで企画したり、相談サービス、旅行情報の提供など、コンサルティング業務に特化した会社で、最近登場したジャンルですがこれから増えていくものと思われます。

販売総代理店(GSA)

日本支社を開設していない外資系ホテルチェーンや航空会社、観光施設などの日本国内でのプロモーションを販売代行する企業です。

旅行業界の志望動機は以下のフレームワークに従って展開していきましょう。

①私は◯◯という理由で旅行業界を志望します

②旅行業界の中でも貴社は●●なので、貴社を志望します

③私の性格・長所は△△です。これは貴社において〜という点で活かせると思います/私は貴社の業務に役立つよう…に取り組みました

④貴社に入社することが出来ましたら、◻︎◻︎に取り組みたいです/▽▽なビジネスマンになりたいです

まず旅行業界に志望した理由、その中でも応募先企業に志望する理由を述べます。次に自身の性格・長所・特技が応募先企業の業務でどう役立つのかを述べます。最後に、入社後にどのように働きたいか、どんな社員になりたいか、入社後のビジョンを述べて締めくくります。

旅行業界の志望動機の例文

旅行業界の志望動機について①商品開発・企画②法人営業・カウンター営業③添乗員④ツアーオペレーター⑤旅行コンサルティング会社⑥販売総代理店(GSA)の6タイプ別にご紹介します。

①私は旅行好きで20台前半の若者にしてはかなり旅行代理店の利用経験がある方だと思います。私は大学でマーケティング論を専攻しましたが、自分の好きな旅行について学んだことを活かしたいと思い、旅行業界に志望しました。

貴社は他社と比べて旅行プランの多様さと無駄のなさが上手く両立した企業であると一利用者の立場から常々思っていたため、その実戦的マーケティングを学ぶべく貴社を志望した次第です。

私の強みは、旅行パック利用経験の豊富さです。貴社と、競合の◯◯社と××交通を合わせて20回は利用したことがあります。一利用者目線から何が旅行パックに望まれているかということを考えられるため、新たに旅行パックを企画する際や既存の旅行パックの改善点を模索するのに役立つことでしょう。

貴社に入社することが出来ましたら、斬新でユニーク、他社にはない個人客向けの旅行パックを次々に提案したいと思っております。

②私にとって旅行業界は毎年の家族旅行の楽しい思い出を呼び起こすものです。旅客に最高のプレゼントを提供する旅行業界こそ、利用者本位のサービス業の極地だと思います。

自分も利用者の一生の思い出づくりをサポートする仕事がしたいということで旅行業界に志望しました。家族旅行でいつも利用する旅行会社だったという理由以外にも、他社に比べて旅行パックの料金のバラエティが豊富であるのでより利用者目線であるとの理由で貴社を志望する次第です。

私はきちんと物事の細部を把握しておかないと気が済まない性格ですので、利用者の予約や取引先とのやりとりを管理するのに役立つと思います。

貴社に入社することが出来ましたら、ただ出来合いの旅行パックを押し付けるような営業をするのではなく利用者ごとに「どんな旅行をしたいのか」という点をきちんと考え、提示するオーダーメイド的な営業を行なっていきたいと思っております。

③私は旅行が好きなので、自身も旅行をしながら利用者の思い出づくりに一役買う仕事に興味を感じ添乗員に志望しました。貴社は他社に比べて添乗員の教育に力を入れており、質も高いということで毎年のように表彰を受けています。

そのような環境でこそ高い技術を身に付けることが出来、やりがいのある仕事が出来るだろうと思い貴社を志望した次第です。私の長所はトークの上手さだと思います。

高校時代に放送部をやっていたので発声や滑舌の良さには自信がありますし、歴史が好きなので添乗員の仕事をする上で役に立つと思われます。貴社に入社することが出来ましたら、まずは添乗員としての基礎をしっかり学び、最初に受け持った旅行が上手くいくように励む所存です。

④私は旅行業界のサービスそのものが好きなので、この業界を志望することにしました。ツアーオペレーターという仕事は業界研究をするまで知らなかったのですが、旅行代理店が提供する旅行パックを裏側から支える縁の下の力持ちといった職業であると知り興味を持ちました。

ツアーオペレーター業界でも最もノウハウと拠点を持つ大手である貴社でこそ経験豊かなオペレーターとなることが出来ると思い志望した次第です。私はやるべき課題はきちんと分割してテキパキとこなすタイプですので、時間的・予算的制約の中でマネジメントが求められるツアーオペレーター業務には向いていると思います。

貴社に入社することが出来ましたら、まずはツアーオペレーターが差配する業務を1つ残らず体験してみたいと思っております。

⑤私は大学で経営学、主にマーケティングを学んだのですが既存の出来合い型の旅行パック以外のやり方もあるのではないかと常々考えておりました。

このことへの興味から旅行業界を志望するに至ったのですが、旅行コンサルティング会社の存在を業界研究の過程で知り、自分の思いを体現するビジネスモデルだと思い就職志望先としました。

市場がいまだ確立されていない段階である旅行コンサルティング業界ですが、貴社は規模、人員、ノウハウから見てこの市場を形成していくことになるリーディングカンパニーであると思い志望した次第です。

私は多角的な視点から物事を見ることが出来るのが私の強みです。顧客のニーズを的確に読み取り、それにあったプランを提示するコンサルティング業務に向いていると思います。

貴社に入社することが出来ましたら、顧客のリピート率No.1のコンサルタントを目指して励む所存です。

⑥私はTOEICスコア950と、英語が得意ですので語学力を活かせる業界を探しておりました。旅行ガイドについて調べている途中で知った販売総代理店の業務に興味を惹かれ旅行業界を志望するに至りました。

日本に進出していない海外の価値あるブランド、サービスを国内に紹介していくこの仕事は語学力以外にもマネジメント能力、対応力、コミュニケーション能力が必要とされるやりがいのある仕事であると思います。

販売総代理店の中でも貴社が最も実績がある企業ですので、ノウハウを勉強するには最適の環境だろうと思い志望した次第です。私の強みである語学力は取引先との折衝で必ず役に立つものかと思われます。

貴社に入社することが出来ましたら、まずは業務の現場に立ち会ってイメージしている販売総代理店の業務と具体的にどう違うのかを学びたいと思っております。

旅行業界の志望動機のダメな例

旅行代理店は利用する人々の一生の思い出づくりを手助けする大事な仕事だと思います。そんな業界で働きたいと思い志望しました。

貴社は大手の旅行代理店として知られており多くのことを学べるのではないかと思い志望した次第です。私は人の役に立つことが好きな性格ですので旅行代理店の業務には向いていると思います。

貴社に入社することが出来ましたら、現場の業務に触れて多くのことを学んでいきたいと思っております。

旅行業界の志望動機を書くときの注意点

旅行業界の志望動機を書く際に注意すべきことについて、上のダメな例を元にご紹介します。

①応募先企業を志望する理由を明確に書く

旅行業界の志望動機はきちんとかけていても、肝心の応募先企業の志望動機が抜けている、あるいは説得力にかける就活生がしばしば見られます。

旅行業界、特に大手の旅行代理店となるとサービスも似通ったものが多いため何とかして差異を出さなければ「競合他社にもあてはまる志望理由」となってしまう恐れがあります。

そうならないためにも業界研究、企業研究で得た知見を元に、応募先企業固有の志望動機を書くように心がけましょう。

②自身の性格・長所・特技が応募先企業の業務においてどう役立つかを具体的に書く

この部分が「貴社の業務に役立つと思います」となっている就活生は非常に多いです。具体的にどんな業務に役立つのかを書かないとアピール不足ですから注意しましょう。ポイントは「希望する職種」+「性格・長所・特技が活かせる業務」という構造です。

③採用されたらどう業務に取り組むか、入社後のビジョンは具体的に書く

この部分も「業務に全力で取り組むつもりです」などと具体性に欠ける書き方の就活生が多いです。具体的な将来像を見た時に、採用担当者は就活生を前途有望で自社に本気だと見ますからここの部分は必ず具体的に書くようにしましょう。

ライバルに差をつけるにはこういった箇所でいかに(良い意味で)目を引くことが出来るかにかかっています。

旅行業界の会社に採用をもらうためにすべきこと

旅行業界の志望動機の書き方は今まで述べてきた通りです。今度は志望動機の書き方のテクニック以外に採用されるために取り組むべきことをご紹介します。

まずは業界研究、企業研究、OB訪問です。ここをしっかりしておくことでエントリーシート・履歴書の志望動機だけでなく、後の面接試験でも重要になる知見、考察を手にすることが出来ます。

近年アジア圏からの旅客の増大により旅行業界のビジネスモデルも変化してきています。またLCCの発達により海外旅行パックや従来の鉄道旅行パックは大きな影響を受けています。

このような業界全体の問題に対して旅行会社はどのようにするべきか、といったレベルまで踏み込んだ考察が出来れば採用はぐっと近づきます。

また、資格を取得するのも自身の取り組みを客観的にアピール出来ますのでおすすめです。旅行業界で評価される資格は①語学系の資格②旅行業務に関連する資格③ビジネススキルの資格、に分類出来ます。

①語学系の資格の代表例は英検やTOEICです。英語以外の中国語、スペイン語、ポルトガル語、韓国語といった言語も旅行業界では評価されます。英語の場合、英検2級、TOEICスコア500から就活の資格に書けるという

暗黙のルールに気をつけましょう。また、観光英語検定というものもあります。

②旅行業務に関連する資格は総合旅行業務取扱管理者や国内旅行業務取扱管理者、インターネット旅行情報士検定など様々なジャンルについて国家資格、民間資格が多くあります。志望する企業や職種に関連するものを探して見ましょう。

③ビジネススキルの資格としては日商簿記検定(1〜3級)や秘書技能検定といった事務的な資格やMOSやベンダー系資格といったパソコン系資格が挙げられます。

他にもウェブデザイン技能検定といったデザイン系の資格でしたら広告などに使えますからこれも評価されるでしょう。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。