「一般事務」への志望動機の書き方と例文紹介|ポイント・注意点など

履歴書の志望動機の書き方

一般事務を志望する就活生向けの履歴書の書き方についてご紹介します。一般事務に限らない話ですが、履歴書の志望動機は以下のフレームワークに従って展開するのが基本です。

①私は○○という理由で貴社の一般事務に志望します。

②自分の性格・長所などアピールポイントを書く

③入社へ意気込みを書く

まず初めに企業の志望理由と一般事務職への志望理由を書きましょう。大手就活サイトの例文などでは一般事務への志望理由のみ書かれている場合が多いですが、応募先企業への志望理由もきちんと書いたほうが好感を持たれやすいので有利になるでしょう。

次に、「自分は人のサポートをするのが好きな性格だ」「自分は与えられた課題には常に全力で取り組む」などのように自分の性格や長所を書いていきます。

最後に「入社することができましたら貴社の円滑な運営のために精一杯取り組む所存です」などのように入社への意気込みを書いて締めるようにしましょう。

一般事務の志望動機の例文

「私は、最先端の車づくりで知られる貴社の業務を裏方からサポートしたいので、一般事務職を志望いたします。私はまじめな性格で、どんな細かな点もおろそかにはしない性格です。

この性格を買われて大学の部活では経理を務めていました。イノヴェーションあふれる車を毎年世に送り出してきた貴社でお役に立てるように日商簿記検定2級と秘書検定も取得いたしました。

現在はMOSなどのパソコンスキルを勉強中です。貴社に入社することができましたら車づくりが上手く回るように精一杯事務の業務に取り組む所存です。」

一般事務の志望動機のダメな例

「私は御社の車づくりへの熱意に感動して「この会社に入りたい」とずっと思っていました。私は物事に熱中すると周りが見えなくなるくらいはまることができる人なので、きっとお役に立てると思います。

自動車産業についても専門書でしっかりと情報を仕入れ、日々切磋琢磨しております。パソコンを扱うのは苦手ですがコミュニケーション能力には自信があるので任せてください。」

一般事務の志望動機を書くときの注意点

一般事務職の志望動機についての注意点は以下のようになります。

①「一般事務」への志望理由を明確にする

ここが最大のポイントといってもよいでしょう。上記の「ダメな例」を見ても分かるように、「なぜ一般事務職に応募するのか」が明確に分かる志望理由でなくてはなりません。

「他人の仕事をサポートするのが好き」「資料をまとめるのが向いている」「言語スキルを国際企業の事務職として活用したい」など「事務職」というのを前面に押し出しましょう。

②応募先企業への志望理由も書く

一般事務職はどこの業界・分野の企業でもだいたい似通った業務内容です。だからこそ「なぜこの企業なのか」ということが分かる志望理由は担当者の目を引きます。

自身の「就活の軸」なども参考にしながら上手い書き方を考えてください。ここで注意すべきことは「企業の取り組み・業務・製品」への思いを強く述べるあまり「じゃあなぜ製品開発じゃなくて事務志望なの?」とツッコミがこないようにすることです。

「自分は事務に向いている」そして「事務として働くならこの企業がいい」というスタイルから逸脱しないように注意してください。

③自身の長所・性格などのアピールポイントも「一般事務」につなげられるものにする

一般事務職のみならずどの職種の志望理由にも当てはまりますがその長所・性格が「一般事務」として働くにあたりどのように役立つかという視点を忘れないでください。具体的なエピソードや資格取得なども絡めると説得力が増してよいです。

④入社への意気込みは必ず書く

これも志望理由の原則ですが、入社後にどう働くかつもりかを必ず書くようにしましょう。これがあるのとないのでは完成度、アピール効果が段違いです。

一般事務として会社に採用をもらうためにすべきこと

一般事務はどの企業にも必要な職種なのですが、裏方で一見地味な役回り、しかもどの業界・分野の企業でもだいたい業務内容は同じということもあり、エンジニアや営業など他の職種の新卒採用に比べると「この企業に是非とも入りたい」というアピールをしにくい職種です。

だからこそ「この企業に入社したい」という点を明確にできればライバルに差をつけることができます。

また、志望理由を書く以前の段階で「秘書検定」「日商簿記検定」「MOS」などの資格を何か取得しておくようにしましょう。派遣社員の雇用増加、IT技術・電子機器の普及、AI・IoTといった新IT技術の影響で今後ますます正社員としての一般事務職の枠は小さくなっていくと思われます。

限られた枠を高倍率で争う際、どれだけ能力があるのかをアピールするには資格などの具体的な成果を持ち出すしかありません。それらがあれば「資格・免許」欄のみならず志望理由の欄でも「貴社の事務職になるために○○を取得しました」というように強力な武器となってくれます。

事務職に求められる性格・能力を押さえることで「魅せる」志望理由が書けるのです。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。