人材業界への志望動機の書き方と例文紹介|ポイント・注意点など

履歴書の志望動機の書き方

人材業界は①人材紹介型②人材派遣型③求人メディア型④人材コンサルティング型、の4種類に大別することが出来ます。

4種類のいずれも「人」と「仕事」を結びつけることが業務であることが分かるでしょう。応募先企業がいずれのタイプに属するか(あるいはどれとどれにまたがっているのか)を把握してその業務内容に見合った志望理由を書く必要があります。

人材業界の志望動機は以下のようなフレームワークで進めていきましょう。

①私が人材業界を志す理由は○○です

②人材業界の中でも●●な点から貴社を志望します

③私の性格・長所は□□です。これは人材業において~と活かせると思います/私は貴社に入社するために△△に取り組みました

④貴社に入社することが出来たら▽▽するように働きたいです/■■なビジネスマンになりたいです

まず始めに人材業界を選んだ理由を述べましょう。このとき人材業界よりも細かく「人材派遣業」「人材コンサルティング業」などとしても構いません。

そしてその業界の中でも応募先企業を選んだ理由を述べます。人材業は数が多い上にサービスなども似通ったものになりがちな競争が激しい業界ですので生半可な理由では競合他社にも共通するものとなってしまいます。しっかりと企業研究をしておきましょう。

業界・企業の志望理由まで書いたら次は自分自身の性格・長所(あるいは特技、学識など)を述べ、それが人材業もっといえば応募先企業でどのように活かされるものであるかアピールします。

企業によってはES・履歴書に「性格・長所」「特技」などの欄がありそこと書く内容が重複してしまうことがあるでしょう。

そんなときは人材業あるいは応募先企業で働くために自身が取り組んだこと、具体的には企業研究・業界研究・OB訪問で身につけた知見や人材業に関連する資格の取得についてをアピールしましょう。

最後に入社後のビジョンを書いて締めくくります。書き方は「入社後は~に取り組みたいです」でも「●●な社会人となりたい」でも何でもいいです。大切なことは入社後のビジョンが明確に描けているかということです。

人材業界の志望動機の例文

①「私は高校時代ディベート部でした。ある年の全国大会での論題が『派遣労働を廃止するべきか否か』でありそのとき初めて派遣労働という勤務形態を知り、現状の日本の労働問題を知りました。

このことがきっかけで大学では経済学、社会学を学び卒論では「偽装請負問題」を扱いました。派遣労働について研究してきたので自然、就職先は人材派遣業界にして「誰もが最大幸福を得られる派遣労働システム」作りに取り組もうと思いました。

人材派遣業界の中でも貴社は登録している派遣社員へのサポートが最も優れていると評判です。また「人材派遣部門」以外にも「人材コンサルティング部門」「求人メディア部門」「人材紹介部門」を持ち、各部門ごとに連携が取れているためより効率的な運営が各部門とも出来ていると感じました。

効率的運営と登録派遣社員へのサポートシステムが完備され、人材派遣業界で最も先進的な貴社でこそ私の目指す理想の派遣労働システムについての考察を現場で行える職場だと思います。

私は気になったことは一つも見逃さず、対応する性格です。この性格ならば私が大学で得た学識と合わせて貴社で登録社員の問題などを調査・分析するのに役立つものと思います。

貴社に入社することが出来ましたら日々の業務に取り組む中で大学で学んだアカデミズムの「派遣労働問題」と現場の「派遣労働問題」がどう違うのかをまずは学んでいこうと思っております。」

②「私は大学時代に何度か貴社の求人募集のフリーペーパーを利用しました。単なる求人誌なのに連載やデザイン、構成がしっかりしていたことに驚き興味が湧きました。

大学でメディア論を専攻していたため、卒論では商業用のフリーペーパーを題材に研究しました。人材業は『人』と『仕事』を結びつける業界です。仕事がないという若者があふれる一方で外国人労働者の受け入れが議論される日本、また過疎化が進む地方の労働賃金低下と一極集中する東京の賃金高騰、AIやIoTがもたらす労働力の機械化など現状の労働問題には様々な要素が混ざり合っています。

これらの解決に取り組めるのは「人」と「仕事」を結びつける人材業、さらに言えば多くの人に発信力のある「求人メディア業界」しかないと思っております。その求人メディア業界の中でも突出した貴社の求人誌・HPに関するこだわりは利用したことのある身ですから十分に分かっております。

また貴社の若手社員でも成績しだいで現場を任せるという能力主義は、大いに私の創造意欲を掻き立てるものです。貴社の業務で役に立つかと思い、MOSやウェブデザイン技能検定、DTPエキスパートを取得いたしました。

貴社に入社することが出来ましたら、これまでの求人誌・求人サイトが対象としなかった職種や人材同士を結びつけたり、クラウドソーシングの普及とからめた企画といった現在考えているアイデアを実現できるように励んでいく所存です。」

③「私が『人材コンサルティング』という仕事に興味を抱いたのは凄腕のフリーランス・コンサルタントを扱ったNHKのドキュメンタリーを見たことがきっかけでした。

クライアント企業のニーズに応える人選、採用戦略の欠陥を瞬時に見抜く手際のよさに惚れ惚れしました。このことがきっかけで企業の人材面での問題を解決する人材コンサルティング業界に進みたいと思いました。

貴社は人材コンサルティング業界の中でもクライアントが他業種にわたり、業界縦断的なコンサルティングで有名です。単に同じ業界で人材のコンサルティングをするのではなく他業界・他業種にわたるからこそ生まれる創発的効果もあるかと思います。

そんな貴社だからこそ人材コンサルティングの本質を学ぶことが出来るのではないかと思い志望しました。私は基本的に物事を多角的に見る傾向があり、このことはクライアント企業に必要な人材の特徴を考えていく上できっと役立つものと思われます。

貴社に入社することが出来ましたらクライアント企業側、紹介した人材側双方が最も機能・効果・利益を最大化できるようなベストマッチングのコンサルティングを行って行きたいと思っております。」

人材業界の志望動機のダメな例

「私は人の本人が気づいていないような長所や得意分野を見つけ出すことが得意です。だからこそ人材派遣業のような職業に向いていると思い志望しました。人材派遣業界の中でも貴社はきめ細かなサポートと登録者数、クライアントの多さで知られています。

私の「人の適性を見る力」はきっと貴社の業務に役立つものと思われます。貴社に入社することが出来ましたら登録スタッフの適性に最も合った仕事探しのお手伝いをする、そんなビジネスマンになりたいです。」

人材業界の志望動機を書くときの注意点

上のダメな例を元に人材業界の志望動機の書き方を見ていきましょう

①「人事部門」ではなく「人材業界」の志望理由であることを明確にする

「人の長所を見抜くのが得意」「誰かの手助けをしたい」から人材業界を志望した。このタイプの志望理由が例年多く見られます。しかしこれだけでは人材業界ではなくても、たとえば他業種の人事部門・人事事務にも当てはまりますし、就職カウンセラーなどもあります。

「人材業界」とそれらの違いは「適切な仕事がなくて探している人」と「適切な人材が不足していて必要としている企業」を結びつける点です。このポイントを押さえておけばひとまず「人材業界」の志望であることを明確化できます

②応募先企業を選んだ理由を明確にする

先述したように人材業界は競争が激しく、サービスや制度も結果的に似通ったものとなりがちな業界です。

ですので「きめ細かなサポート」「登録者数が多い」「紹介先のクライアントが多い」「ネット展開に優れている」といった程度では競合他社にも当てはまってしまいます。具体的な制度名を挙げてみたり人事制度に言及するなど企業研究・業界研究の成果をここで発揮しましょう。

③「性格・長所」が応募先企業でどう役立つものか具体的に書く

「私の●●はきっと貴社の業務に役立つものと思われます」という書き方は良く見られますが、具体性にかけるためいまいち説得力がありません。どう役立つのかはなるべく詳細に書くようにしましょう。

④入社後のビジョンもなるべく具体的に書く

上のダメな例では一応、将来のビジョンの形は出来ているものの「登録スタッフの適性に最も合った仕事探しのお手伝いをする」これは人材派遣業界の説明文でしかありません。ライバルたちの「将来のビジョン」に埋もれてしまわないためには具体的かつ詳細に書くことによって説得力を増すほかありません。

人材業界の会社に採用をもらうためにすべきこと

人材業界の志望動機の書き方についてご紹介してきましたが、志望動機の書き方以外で採用に近づく方法を考えて見ましょう。

志望動機を書く前の段階ですが、まずは人材業界・応募先企業についての業界研究・企業研究・OB訪問を抜かりなく行い、実態の把握に努めましょう。

どのような点で競合他社よりも優れているか、サービスはどの業種まで包括しているか、クライアントにはどの業界が最も多いのか、などこれらのことはESだけでなく後の面接試験でも役立ちます。

他には資格を取得するという手もあります。人材業界で評価される資格は①ビジネススキルを示す資格②言語系の資格③人材業界に関する資格、の3種類に大別できます。

①ビジネススキルを示す資格とは日商簿記(1~3級)やMOSなどのことです。また、求人メディア業界などHPや求人誌を扱う職種ならばデザイン関連の資格やプログラミング、ベンダー系の資格も高く評価されるでしょう。

②言語系の資格としては英検やTOEICが例として挙げられます。受験機会が多いため就活期間中でも受けられるという点でおすすめです。

③人材業界に関連する資格としてはキャリア・コンサルティング技能検定試験が挙げられます。取得するまで時間がかかりますが、持っていれば高く評価されることは間違いないものです。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。