ブライダル業界への志望動機の書き方と例文紹介|ポイント・注意点

履歴書の志望動機の書き方

ブライダル業界を志望している人は、どんなポイントを意識して、履歴書の志望動機を書いていけば良いのでしょうか?

志望動機を結論からまとめる

履歴書やエントリーシートによって、志望動機にかけられる長さはまちまちです。

長文であるほど、アピールできるポイントも増え、あなたの魅力をより伝えやすくなりますが、長ければ長いほど、読みやすい構成を意識しなければいけません。

だらだらとした志望動機は、折角良い内容が書いてあっても、採用担当者が読みにくく、評価が低くなってしまうこともあるでしょう。

志望動機は、まずは結論からまとめるようにします。そのあと、具体的なエピソードの追加や、自己アピールなどを加えていけるのがおすすめです。

業界と企業のどちらも志望動機を書く

ブライダル業界を志望している理由と、その企業を志望している理由を、どちらも書けるようにしておきましょう。

「どうしてブライダルで働きたいと思っているのか?」という内容に加えて、「数あるブライダル企業の中でも、どうしてこの会社で働きたいのか?」ということも書いておきます。もちろん、職種についても同様です。

「ブライダル業界でなくても良いのではないか?」あるいは「うちの会社でなくても良いのではないか?」と、採用担当者に思われないようにしなければいけません。

ブライダル業界の仕事に活かせるポイントを書いておく

志望動機には、入社後に活かせるスキルやポイントも書いておけると良いでしょう。

ブライダル業界を目指すに至ったエピソードや経験を語った上で、そのときに得たものや、自分の長所などを、入社後にどのように活かせるのかなどを書いておくと、完成度も高まりやすいです。

ブライダル業界の志望動機の例文

それでは、ブライダル業界への志望動機の例文をチェックしてみましょう。

「私が御社を志望しているのは、お客様にとっての「人生最高の一日」を演出するお手伝いが出来ると思ったからです。

私は学生時代、ホテルのウェディングサービスのアルバイトをしていました。スタッフとして働いている中で、幸せそうな新郎新婦はもちろんのこと、親族様やご友人様のような周囲の人々の笑顔も、とても美しかったです。

働いている私たちの方が幸せをもらえる気分になり、この幸せを作り出す仕事に、より本格的に携わりたいと感じました。

数あるブライダル業界の中でも、御社の海外挙式に力を入れたポイントに惹かれています。

ドレスの準備や映像の提供など、お客様が安心して挙式が出来る様々なフライダルサービスを展開しており、より様々な点から、結婚式に携われると感じています。

様々なお客様の「人生最高の一日」に携われるよう、御社にご縁を頂きました際は、全力を尽くしたいと思います。」

ブライダル業界の志望動機のダメな例

「私が御社を志望するのは、人を幸せにすること、サポートする仕事に就きたいと思ったからです。

学生時代は、百貨店で販売のアルバイトをしており、お客様ひとりひとりに合わせた商品の案内や、コーディネートの提案などをしていました。

魅力的なお買いもののサポートを行っており、ベストスタッフに選出されたこともあります。この経験を活かし、お客様とのコミュニケーションを通して、挙式までのあらゆるサポートを実践していきたいと思っています。

御社では、お客様それぞれに寄り添った、完全個別コーディネートに力を入れているのが魅力だと思います。トータルサポートを行うことができるよう、大学時代はウエディングプランナーの通学講座も受講していました。

プランニングはもちろんですが、コーディネートやフラワーデザイン、カラースタイリングなどを活かし、事業貢献をしたいと考えています。」

ブライダル業界で働くための熱意はアピール出来ています。自分のセールスポイントもうまく表現出来ていますが、「人を幸せにする手助け」を、イコールブライダル業界に結び付けるのがやや弱いかもしれません。

採用担当者によっては、「これなら、ブライダル業界でなくても良いのではないか?」と言われてしまう可能性があります。内容の順番を変更し、ブライダル業界を特に志望している理由を押し出して、志望動機として更に説得力がある形にまとめなおすと良いでしょう。

ブライダル業界の志望動機を書くときの注意点

ブライダル業界への志望動機を書くときには、どのようなポイントに注意すれば良いのでしょうか?代表的なものを、いくつかピックアップして紹介します。

企業研究を徹底しよう

ブライダル業界を志望している人で、業界研究は徹底するものの、企業研究を徹底しきれていないパターンは少なくありません。もちろん、事業内容が似通っているところは多いですし、何社も同業界を受けるため、似たような履歴書を提出することはあるでしょう。

しかし、企業研究を徹底せず、他社に提出したものと同様の志望動機のままにしてしまうと、説得力を失ってしまうこともあります。一口にブライダル業界と言っても、詳細な事業内容は少しずつ異なってくるものです。

海外挙式に力を入れている企業であれば、語学力や留学経験を活かすことができますし、グローバルなブライダル業界に就職したいと思っている人の志望動機には、説得力が増しやすいです。

フォトウェディングやレストランウェディングなど、小規模な挙式スタイルをたくさん手がけている企業であれば、アットホームな雰囲気でブライダルプロデュースがしたいと思っている人は、志望動機がまとめやすいはずです。

企業研究を徹底し、自らのキャリアプランをはっきりさせておくと、志望動機もクオリティがぐっと底上げされやすいです。完成度の高い志望動機は、それだけで書類選考の通過率を上げることにも繋がっていくでしょう。

過去の経験や具体的なエピソードを入れること

前述した例文にもありましたが、ブライダル業界への志望動機は、より具体的なエピソードがあった方が、完成度が上がりやすいです。過去の経験から、ブライダル業界を目指すことにした理由などが書かれていると、説得力はアップしやすいでしょう。

結婚式場やホテルでのアルバイト経験や、過去に出席した結婚式の良い思い出などは、志望動機として取り入れられやすいエピソードです。また、分かりやすく、説得力も出しやすいでしょう。

ただし、そのまま使ってしまうと、どうしても頻出のエピソードであるため、他の志望者との差別化が難しくなってしまうケースも多いです。

あなただけの説得力が生まれるよう、過去の経験や思い出から、どのような流れを経て、ブライダル業界で自分も働きたいと思ったのかまで、丁寧かつ分かりやすくまとめられるように工夫しましょう。

ブライダル業界の会社に採用をもらうためにすべきこと

ブライダル業界で内定をもらうためには、どのような準備をしておくべきなのでしょうか?

コミュニケーション力を高める

どのような仕事においても、コミュニケーション力は決して欠かせない重要なポイントです。ブライダル業界の場合、お客様はかけがえなのない一日を過ごすために、様々な準備をしている人たちです。そのため、相手のニーズを細かく聞き取り、自分がすべきアプローチをスムーズに実行できるために、コミュニケーション力は欠かせないでしょう。

お客様を直接相手にする、ウェディングプランナーや式場スタッフはもちろんのこと、フラワーコーディネーターやヘアメイクなど、様々な職種があります。

接客スキルという面でも、コミュニケーション能力は重要ですが、スタッフ同士の連携も、無事に結婚式を挙げるためには絶対に欠かせません。細やかな連携を取り、トラブルの予防や解決を進めるためにも、人間関係を構築するのがうまくなっておくべきでしょう。

資格を取得しておく

ブライダル業界は、資格を持っていないと働けない仕事ばかりではありませんが、取得しておくことで、就職活動を有利に進めやすいものも多々あります。

モチベーションの高さをアピールすることもできますし、入社してからのスムーズな業務にも役立てやすいでしょう。

中途採用のように、即戦力を求められやすいシーンでは、未経験者であったとしても、資格のある無しで内定への可能性がぐっと変わって来ると言えるでしょう。

ウェディングプランナーであれば、「ブライダルプランナー検定」や「アシスタントブライダルコーディネーター検定」などが有名です。

フラワーコーディネーターであれば、「フラワーデザイナー」や「色彩検定」なども活かしやすいでしょう。前もって資格取得をしておくことは、採用を目指すのにおすすめです。

キャリアビジョンを明確にしておく

ただブライダル業界に入れれば良いというだけよりは、より具体的なキャリアビジョンが確立されている人の方が、採用されやすい傾向にあります。将来の目標が設定されており、そこから逆算した努力が出来ると、実績も積みやすいのです。

将来どのようなスタイルで働きたいと思っているのかを語れるようにしておくのは、ブライダル業界に関わらず、就職活動ではとても重要です。

やがては独立して自分の会社を立ち上げたいと思っている人や、フリーランスで幅広い仕事をしたいと思っている人、社内で実力をつけて、海外事業部に行きたいと思っている人など、個人によって目指すものは様々です。

キャリアビジョンは、志望している企業の事業内容や今後の展開予定とも関係してきますから、企業研究を進める上で、自らのキャリアプランと照らし合わせられるようにしておくと良いでしょう。

ブライダル業界で活躍するためにしっかりと準備しましょう

いかがでしたか?ブライダル業界は、お客様の幸せに関わる、とても重要な仕事です。仕事内容は、企業や職種によって大きく異なってきますから、志望動機は自分が試験を受けるターゲットに合わせたものを、しっかり練り上げておくようにしましょう。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。