「介護業界」への志望動機の書き方と例文|ポイントや注意点など

履歴書の志望動機の書き方

介護業界を目指すために、チェックしておきたい志望動機の書き方を紹介していきます。履歴書の完成度の高さは、書類選考の審査に大きく関わってくるため、こだわって構成するようにしましょう。

どうして介護業界なのかをアピールする

より説得力のある志望動機にするためには、「どうして介護業界なのか?」という点が、しっかり伝わるように工夫するのが良いでしょう。

「人の役に立ちたいから」「誰かの喜ぶ顔が見たいから」といった志望動機を持って目指す人もいるでしょうし、間違いではないでしょう。マイナスの印象というわけでもありません。

しかし、場合によっては、「それなら、介護業界以外にも選択肢があるのではないか?」とみなされてしまうことがあります。

特に、志望者が多く、激戦になっているような条件の良い勤務先の場合、より説得力のある履歴書を作った人の方が、面接をはじめとした次のステップに進めやすいです。

「介護業界で無くては叶えられない」と感じられる志望動機に練り上げると、選考率はぐっとアップします。

そのためには、より具体的なところまで、志望動機を深めるようにしましょう。

「誰かの喜ぶ顔が見たいから」というだけではなく、「身体に不自由を感じている人が、わたしの介護によって気持ち良く行動出来て、喜ぶ顔を見ることで、当たり前のことが出来るようにサポートする重要性を知れたため」といった書き方をすると、説得力もアップしやすいです。

具体的なエピソードを追加する

前述したように、より通過率が高い履歴書の志望動機は、具体的な内容が記載されており、説得力があるものが多いです。

「介護業界でなければならない」という力強さをアピールするためには、具体的なエピソードを追加し、あなた自身の動機に仕上げるのが重要なのです。どこかから借りてきたような内容では、どうしても他の志望者と似て来てしまい、高い評価を集めにくくなってしまうこともあります。

介護の専門的な勉強をしていた人であれば、その学校を目指したときの理由を交えても良いですし、勉強を重ね、実習に出向いたときに感じたエピソードなどを組み込むと、いっきに完成度が上がります。

実態系の中で発生した動機は、当然ですがリアリティがあり、説得力を増しやすいのです。

未経験から介護系を目指す人であれば、日常生活やこれまでの社会人生活の中で、介護について思ってきたことを、志望動機ら絡められるようにすると良いでしょう。

家族の介護経験や、介護にあたっていた知り合いの話などは、身近なエピソードとして取り入れやすく、あなたの想いにもリンクさせやすい内容です。他にも、アルバイト経験やボランティア経験なども取り入れやすい例のひとつです。

勤務先に合わせた志望動機にする

一口に介護業界と言っても、仕事内容は多岐に渡っています。介護福祉士をはじめとして、看護助手、ヘルパー、ケアマネージャー、サービス提供責任者、生活相談員や施設スタッフなど、仕事内容によって、志望動機も異なって来るでしょう。

ただ介護業界だからというだけで、闇雲に就職活動をする人はほとんどいないものですが、やはり完成度の高い履歴書のためには、仕事内容により特化した文面を考えることが大切です。

更に、志望している勤務先によっても、より適した志望動機は異なってくるでしょう。介護施設をはじめとして、病院やデイサービスが勤務先になることもあります。

看護業界とは言えど、仕事場は非常に多岐に渡っていますし、自宅介護の人をターゲットにした仕事であれば、定期的に勤務先が変わることもあるのです。特養や老人ホーム、グループホームなど、仕事内容は似ていても、勤務先の特徴を研究し、それに沿った志望動機にすることで、適性のアピールも可能になります。

「この人の志望動機は、うちの勤務先に合っているな」と判断してもらえれば、内定に一歩近づけるでしょう。経営理念や事業方針を把握しておけば、履歴書の通過率を上げられるだけではなく、その後の面接などのセクションでも、高い評価を得やすくなるはずです。

このためには、業界研究はもちろんのこと、企業研究を徹底して行っていくことが重要になります。なんとなくエントリーしてしまうのではなく、志望先についてきちんと情報を取得しておくことで、モチベーションの高さもアピールしやすくなりますよ。

自己アピールも混ぜられるようにする

履歴書の構成にもよりますが、志望動機には、あなたの長所や自己アピールも入れられるようにしておくと良いでしょう。適性のアピールや、あなたを採用するメリットを提示することができます。

「このような理由から志望している」と記載した上で、「採用されたあかつきには、自らのこういった長所を活かし、このような働きがしたいとおもっている」と書いておくと、一歩リード出来るかもしれません。

もちろん、履歴書に長所や自己アピールの欄がほかにある場合は、それらと矛盾しないように内容を調整しつつ、同じ文面になってしまわないよう、書き方を工夫するようにしましょう。

介護業界の志望動機の例文

それでは、実際に介護業界を目指す場合の、志望動機の例文をいくつかチェックしてみましょう。

「私は以前、幼いころ、自宅で祖母を介護していたことから、介護の苦労や重要性を身近で見続けて来ました。

介護の専門学校で介護福祉士を目指していた当時、ボランティアで訪れた貴施設で、施設内の清潔さや明るさ、また職員みなさんの、とても親切な応対に感銘を受けました。

入居者のみなさんも、職員のみなさんを心から信頼しているようで、リラックスした雰囲気を感じ取り、私もこのような空間を提供できる立場になりたいと強く感じ、今回志望致しました。

貴施設にご縁を頂いた際には、入居者のみなさんのサポートはもちろん、スタッフの一員として、働きやすい環境づくりにも尽力したいと思っています。」

「私は過去に一年間、非常勤の訪問介護職員として働いた経験があります。勤務中は、サービスの利用者さまとのコミュニケーションや、ご家族さまへの対応に戸惑ったこともありました。

しかし、苦労こそ多かったものの、私は元々世話好きな性格でしたので、つらいと思ったことはありませんでした。根気強く向き合うことで、利用者さまやご家族さまさの絆を深め、お礼のお手紙を頂いたこともありました。

このように、たとえ困難な業務であったとしても、積極的に向き合う前向きさが、私の強みです。限られた介護時間の中であったとしても、いつでも利用者さまの立場になり、気遣いを忘れないよう心がけることにより、より良いコミュニケーションを実現できるようになりました。

この経験を活かし、御社でも利用者さまやご家族さまに満足頂ける働きがしたいと思い、志望しております。」

「私は過去三年間、介護職員として勤務した経験があります。介護度の高い入居者さまの介護や見守りなどを担当していたため、重介護の技術を身に着いています。認知症フロアを担当したこともあるため、チームで支援する重要性を学び、コミュニケーション力も養ってきました。

これらの経験を活かし、御施設でも介護職に携わり、入居者さまの手助けがしたいと考えています。

また、私は元々人と接することが好きなため、入居者さまとの触れ合いそのものに喜びを感じています。誠心誠意をもって仕事をし、より良い施設づくりに貢献したいと考えています。」

「私は、祖父の介護をしていた経験から、以前から介護職に興味を持っていました。介護の専門学校に進学はしませんでしたが、大学に行きながらヘルパーの資格を取得しました。

母と一緒に祖父を介護していたころ、介護の大変さを身を持って感じていました。介護職の方の手早く丁寧な対応に、祖父が安心する様子を見ていて、とても大切な仕事だと思っていました。

多くの人からの信頼を持っており、私の周囲でも、御社の施設を利用している方がたくさんいらっしゃいます。少しでも多くの介護の必要な方の力になりたいと感じ、御社を志望しています。」

「私が現在働いている職場では、高齢者の方と話す機会が多いです。そこで、介護に関する様々なお話を、身近な方からたくさん聞いていました。

高齢者の方は、介護に関する知識が豊富であると共に、不安も抱いていました。ただ話を聞くだけではなく、より近いところから、高齢者の方のサポートがしたいと思っていたところ、御社の求人情報を拝見し、志望しています。

前職の事務職では、幅広いパソコンスキルも培ったため、高齢者の方と接するコミュニケーション力をはじめとして、これまでの職歴も活かした働きがしたいと思っています。」

介護業界の志望動機のダメな例

志望動機によっては、書類選考を通過するにはやや弱いこともあります。決して間違いではないとしても、より良い志望動機にするには不足がある志望動機例を、いくつか紹介していきましょう。

「私が介護業界を志望したのは、コミュニケーション力や、気遣いのうまさを活かしたいと思ったからです。

施設の利用者さまは、一人一人、性格も考え方も異なっていると思います。ひとりひとりに合った介護を提供しなければ、居心地の良い空間を作ることは難しいと考えます。入居者さまひとりひとりとコミュニケーションを取る必要があります。

以前見学させて頂いた御施設では、利用者ひとりひとりとの関わりを大事にする基本方針を掲げておられました。ここでなら、私の理想としている介護が提供できると思ったため、志望しております。」

施設に対する志望動機としての完成度は高いですが、「コミュニケーション力や気遣いのうまさを活かすには、他の業界や職種もあったのではないか?」という質問をされてしまう可能性が高いです。介護業界で無ければいけない理由をひとつ追加しておくと、説得力が増すでしょう。

「私が介護の仕事を志望するに至ったのは、母の介護をしたためです。数年前、突如母が体調を崩し、介護が必要になりました。

様々な戸惑いがある中、ケアマネージャーの方や、介護職員の方に多方面から助けて頂き、家族そろって最後まで介護を続けることが出来ました。物理的なサポートはもちろんですが、初めての介護に戸惑う中、精神的にも様々な手助けをして頂き、とても心強かったです。

このとき、介護の仕事を価値のある大切なものだと感じ、自分自身も、提供する側として働きたいと強く思いました。

介護の業務経験、学歴はありませんが、これまでは長らく接客業に従事してきたため、相手の思いを考えた上で、人と接することは得意です。この長所を活かし、御社でも事業貢献が出来ればと思っています。」

自らの介護経験を活かした志望動機として、説得力もあり、完成度も高いですが、業界や職種の志望動機までしか分かりません。

志望している勤務先を選んだ理由を追加すると、より良い仕上がりになるでしょう。また、履歴書の志望動機の場合、やや長すぎてしまう可能性もあるので、欄の長さに合わせて、前半のエピソードを削り、スマートに仕上げるのがおすすめです。

介護業界の志望動機を書くときの注意点

介護業界への志望動機をまとめるとき、どのようなポイントに注意すれば良いのでしょうか。履歴書ならではの注意したい部分を、いくつかピックアップして紹介していきます。

客観的なエピソードや実績を取り入れる

前述しましたが、志望動機を構成するとき、長所や特技を追加すると、より説得力が増しやすくなります。

しかし、あくまで長所や特技、採用するメリット等がひとりよがりなものになってしまうと勿体ないです。志望動機には、客観的な視点やエピソードを取り入れ、分かりやすい数字や実績を加えておくと、分かりやすくなります。説得力も上がりやすいでしょう。

体験談なども、そのときどのような評価を受けたのかなど、他者視点の感想を入れるのがおすすめです。

自分を採用するメリットを提示する

志望動機を書くときには、その内容が発展して、あなたをアピールする流れにならなくてはいけません。「どうして志望したのか」をただ記載するだけでは、説得力に欠けてしまうのはそのためです。あなたを採用することで、志望先にはどのようなメリットがあるのかをきちんと入れられるようにしましょう。

介護業界にどのように携わっていきたいのかを記載する

介護業界は、決して楽な仕事ではありません。昼夜問わずの対応を求められる仕事も多いですし、年末年始のような、世間の多くの人がゆっくり休んでいるときでも、介護をするために働いている人が多いです。

肉体的にもキツい仕事が多いでしょう。力仕事になるシーンも多いですし、長時間働かなければいけないこともあります。命に係わる大切な仕事である以上、様々なトラブルもあり、精神的にも摩耗する可能性は低くありません。

その上、賃金が高く、安定した待遇を受けられる現場ばかりではありません。福利厚生が充実している職場ばかりではなく、資格や経験年数、年齢によっては、条件がとても悪いと感じる場合も多いでしょう。

このように、決して良い条件ばかりの仕事ではないため、しばしば「辛いけれど大丈夫か?」という問いかけを、選考過程のどこかしらでされる可能性があります。

そのとき、ただ「大丈夫です」と答えるのではなく、将来を見据えた回答が出来るようにしておくと良いでしょう。

「介護業界の現状についてどう思うか」といった質問がされた場合、自分なりの打開策を提示し、そのために何が出来るのかも話せるように準備をしておくと、チャンスを掴みやすくなるかもしれません。

介護業界の会社に採用をもらうためにすべきこと

キャリアプランの構築と資格の取得

介護業界では、特定の資格を取得していないと、仕事そのものが担当できないケースも少なくありません。病院や施設ごとに設定されているレベルというだけではなく、法律上で、所定の資格を取得していない人は、そもそも従事することが出来ない仕事も多いのです。

そのため、自分が目指したい勤務先や職種はもちろん、キャリアプランまでもきちんと構築した上で、必要な資格を確認するようにしましょう。

資格によっては、一定の経験年数がないと取得できないものもありますし、有効年数が決まっているものも多いです。将来的な志望を固めて、そのためのステップとして勤務先を探す人も多いです。

幅広いコミュニケーション力を身に着ける

介護対象は、勤務先やポジションによって多岐に渡っています。意思疎通が出来る上で、身体が不自由な人もいれば、高齢者で意思の疎通が難しい相手もいます。

それでも、思いやりを持って接し、相手が求めていることを常に察して、的確な言動を心がけなければいけません。相手の気持ちももちろん重要ですし、求められているものをしっかり察することが出来なければ、思いがけない大きなトラブルに発展してしまう可能性もあるのです。

日常の微々たる変化を把握して、的確な対処をしなければ、体調の変化にも気づけず、最悪の場合は手遅れになってしまうこともあるでしょう。それくらい、介護業界は、人の命を預かっている、とても重要な場所なのです。

また、介護対象者だけではなく、その家族とのコミュニケーションも欠かせません。ケアマネージャーであれば、介護プランの提案や、料金の相談なども必要です。

言いにくいことや、相談しにくいことを、きちんと腹を割って話し、折衷案を見つけて行かなければいけないシーンもあるでしょう。施設長やリーダー職などにキャリアアップしていれば、それだけ直面する機会も多いです。

更に、スタッフ同士のコミュニケーションも欠かせません。綿密なやり取りをしなければ、ちょっとしたミスの発生を防ぐことが出来ず、そのミスが最終的に大きなトラブルに発展する危険性があります。

人命を預かる立場である以上、徹底した報告・連絡・相談も欠かせません。ふとした異常の共有が、介護対象の人を守ることにも繋がるのです。

介護業界で内定を目指すためには、幅広い方面にコミュニケーション力を成長させておくようにしましょう。

介護業界への志望動機を準備しよう

いかがでしたか?介護業界と一口に言っても、勤務先や職種によって、すべきことや求められるものは異なっています。大切なのは、どの仕事も、介護対象者の命を預かっている仕事だということを忘れないことです。

あなたなりの志望動機をまとめながら、自分は介護業界でどのように働き、とういう将来を目指しているのか、しっかりまとめておきましょう。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。