「ホテル業界」への志望動機の書き方と例文|ポイントや注意点など

履歴書の志望動機の書き方

なぜホテル業界なのかをしっかり書きこむこと

ホテル業界を志望する人は、履歴書で「サービスに携わりたい」「接客の経験を活かしたい」「観光業界に就職したい」といった面を押し出すことが多いですが、より完成度の高い志望動機に仕上げるためには、その中でも「どうしてホテル業界なのか?」という、よりダイレクトな内容が重要です。

ただ人を喜ばせるだけ、接客経験を活かすだけなら、ホテル業界以外でも対応できることがあります。もちろん、それも間違いではありませんが、あなたが志望している企業への内定率を上げるためには、よりホテル業界に特化した志望動機であった方が、説得力が増して、書類選考にも役立ちやすいです。

志望動機に説得力を持たせるためには、自らの具体的なエピソードを絡めていくと良いでしょう。「客として訪れたとき、ホテルの接客に感動した」といった志望動機はおすすめです。

どうしてその企業を志望しているのかをきちんと書きこむ

「なぜホテル業界を志望しているのか」を書きこんだ上で、履歴書には「どうしてこの企業を志望しているのか」も、具体的に記しておく必要があります。

ホテル業界と一口に言っても、非常に多くの企業があります。採用担当者としても、「この志望者は、どうして自社で働きたいと思っているのか」というポイントを知りたがっています。これは、企業と人材の適性の問題にも深く関わって来るため、重要度は高めだと思ってください。

つまり、より的確で、クオリティの高い志望動機にするためには、企業研究がとても重要だということです。

「どうしてその企業を志望しているのか」を書くためには、その企業の事業内容はもちろんのこと、今後の展開予定まで、幅広く深く把握しておく必要があるからです。

ホテル業界の業界研究はもちろんのこと、選考を受ける企業についても詳しく分析し、ダイレクトな志望動機を記載出来るようにしておきましょう。「きちんと研究している」という感触も、プラス材料に働くことがあります。

ホテル業界の志望動機の例文

「私は、学生時代に飲食店で接客のアルバイトをしていました。常にお客様の立場を想定し、丁寧で気持ちの良い接客を心がけて来ました。

月間のベストスタッフに選ばれたこともあり、たくさんのお客様からの「ありがとう」の言葉が、とても励みになっていました。

御社でご縁を頂いた際には、この経験を活かし、すべてのお客様へおもてなしの心を忘れずに働きたいと思っています。」

「私は、ホテル業務の専門学校で、おもてなしのノウハウを身に着けて来ました。英会話スクールにも通い、夏と冬の二回、一カ月ずつ海外留学を経験しました。

御社を志望した理由は、ホテル業界の中でも、国内に40箇所、海外に17箇所という大規模なチェーン展開をしているところです。身に着けたおもてなしの力と外国語力を活かし、グローバルに働けると感じています。」

「私は、様々な旅行を体験してきた経験から、観光業に興味を持ちました。大学では観光学部に所属し、観光ビジネスを専攻して、経営的な視点も踏まえたホテルビジネスを学んできました。

世界各地を旅行する中で、国内のホテルサービスの充実度を知り、自らもそこに参加したいと感じ始めました。

御社を志望した理由は、各地で利用したホテルサービスの中で、特に接客面が充実しており、コストパフォーマンスはもちろんのこと、とても気持ちの良い滞在時間を過ごすことが出来たからです。

私も今度はサービスを提供する側に立ち、お客様をおもてなしして、喜んでもらいたいと感じました。」

「私は旅行が趣味で、国内外様々な土地を訪れることがあります。そのとき、旅のクオリティを左右するのは、ホテルの質が大きく関係していると考えています。寝泊まりをする場所のサービスが充実しているほど、とても気持ち良く旅行を過ごすことが出来るからです。

以前、個人的な旅行で御社のホテルを利用した際、非常に過ごしやすく、訪れた土地そのものをとても好きになれました。

このようなチャンスを与えられる立場になりたいと思い、御社を志望しています。私の気持ちを汲み取り、かゆいところに手が届くようなサービスは、どれも大満足のものでした。

様々な土地を旅行した経験と、現地でのコミュニケーションによって培った外国語力で、様々な人に良質なサービスを提供できるよう、尽力したいと思っています。」

ホテル業界の志望動機のダメな例

「私が御社を志望している動機は、常にお客様の満足を考えた、御社の姿勢に惹かれたからです。

私は学生時代、カフェでアルバイトをしていますが、掃除や片付けなど、お客さんと接することのない雑務を、あまり好きにはなれませんでした。

しかし、御社の会社説明会に参加した際、ご担当の社員の方に、「お客様と接さないサービスでも、お客様の満足のために取り組むべき」という言葉を聞いて感銘を受け、考え方が変わりました。

御社で働くことで、より深く、お客様の満足に働きかけることが出来ると感じ、志望しています。」

ホテル業界への志望度がやや分かりにくいため、「何故ホテル業界なのか」というポイントを説明しましょう。

企業への志望動機は分かりますが、この内容だと、アルバイトをしている飲食関係をはじめとして、その他の選択肢があるのではないかという展開になってしまうかもしれません。

「私は、ホテルマンになりたいという思いから、御社を志望しています。御社は、他のホテルに比べ、外国からのお客様がとても多く、ロビーのお茶サービスなど、日本の伝統を知ってもらうためのアプローチが豊富です。

御社でホテルマンとして働き、『日本で泊まるなら、絶対にこのホテルが良い』と言われるような、魅力あふれるホテルづくりを目指したいと考えています。」

企業研究をきちんとしている印象が出ていますが、ホテル業界の志望理由や、あなたを採用するメリットが足りていません。志望動機欄でも、あなたの長所や、活かしたい経験を少しでも書きこんでおくことで、全体的な完成度がぐっと上がりやすくなります。

ホテル業界の志望動機を書くときの注意点

セールスポイントをきちんと書きこもう

ホテル業界で内定をゲットするためには、あなたのセールスポイントと、志望動機をうまく絡められるように工夫しましょう。

履歴書には、志望動機のほかにも、長所や短所、セールスポイントなどを書くことがあります。書類選考段階では、各社ごとのエントリーシートも書きこむでしょう。

採用担当者に、「あなたを採用することで、どんなメリットを獲得できるのか」をアピールすることは、どの選考段階においても非常に重要です。決して欠かせないポイントと言っても過言ではないでしょう。

そのためには、前述したようなホテル業界や企業の研究を進めた上で、「どのような人材が求められているのか」と合わせた練り上げも必要です。まったく的外れのポイントをアピールしてしまっては、あまり意味がないからです。

ホテル業界で活かしやすいのは、接客経験やコミュニケーション力、外国語のスキルや留学経験など多岐にわたっています。観光関係の勉強をしていた経験も反映しやすいですから、自分が持っているメリットを、うまくアピールできるようにしてください。

ホテル業界の会社に採用をもらうためにすべきこと

外国語スキルを身に着ける

日本国内であっても、海外であっても、ホテルサービスは様々な言語を扱えなければいけません。外国人観光客に対し、より質の良いサービスを提供するには、相手の要望を素早く聞き取り、分かりやすい説明が出来るようにしなければいけません。

ホテル業界では、英検やTOEICをはじめとして、一定のクラス以上の外国語資格やスコアを、志望のボーダーに設定しているところもあります。

あるいは、資格を持っていることで、筆記試験をはじめとした一部の選考過程をパス出来たり、採用の後押しになったりすることもあるでしょう。既に語学スキルに自信がある人でも、ホテル業界への就職活動を進めるにあたって、改めて資格を取得したり、最新のスコアをゲットしておいたりするのがおすすめです。

コミュニケーション力を身に着ける

ホテルには様々なセクションがあり、一人でこなせる仕事はありません。もちろん、ひとりひとりに責任は課せられますし、自己判断で行動しなければ対処できないシーンもありますが、その他のスタッフとの連携スキルがないと、決して働くことは出来ないと言えるでしょう。

そのため、ホテル業界で働くためには、コミュニケーションを身に着けることが必須です。報告・連絡・相談の的確さやスムーズさ、相手との関係性を築いていく能力が高い人ほど、活躍しやすい場面がたくさんあります。もちろん、お客様の対応をする際も、コミュニケーション力は欠かせません。

ホテル業界で働くために

いかがでしたか?ホテル業界の志望動機は、決してひとつではありません。人それぞれ、様々な思いや経験、将来像があり、自分らしい働き方を目指して、ホテル業界を志望しているでしょう。

そのため、就職活動においては、業界研究や企業研究を重ね、志望動機例をたくさんチェックした上で、自分ならではの経験やスキル、志望動機を反映して、あなたならではの売り込みをしていく必要があります。

ホテル業界と一口に言っても、色々なホテルがあります。あなたが働きたいホテル人としてのスタイルも考え、また、ホテルごとの事業展開や将来の姿なども想像した上で、より明確なキャリアビジョンを構築し、就職活動に臨むようにしましょう。

志望先やポジションによっても、効率の良い方法は異なってきます。資格や経験をまとめておき、より内定を獲得しやすくなるよう、計画的にアプローチを重ねておくことも重要になってきます。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。