「広告業界」への志望動機の書き方と例文|注意点・ポイントなど

履歴書の志望動機の書き方

業界と企業、職種を選んだ理由を明確にする

広告業界は、プランニングとクリエイティブという二点からアプローチしなければいけない業界です。マーケティングを行い、的確な広告をプランニングすると共に、印象的なコピーを作り、情報伝達に適したデザインを仕上げなければいけません。

更に、こういった広告の仕事を取ってくる営業の仕事もあります。人間関係の構築のうまさや、交渉能力の高さはもちろん、経営的な視点も必要ですし、自社の強みを深く理解していることも求められるでしょう。

そのため、広告業界を受ける際の履歴書には、業界と企業、更に職種を「どうして選んだのか」が正しく分かる志望動機が必要です。これは、企業が求めている人材と、選考を受ける人材の適性を確認するためにも、決して欠かせないポイントだと言えるでしょう。

印象に残っている広告を記しておく

広告業界への志望動機を書く際には、印象に残っている広告についてを交えておくと、全体的な説得力がぐっとアップします。

志望動機には、必ず具体的なエピソードを添えられると良いですよね。広告業界を志望するに至った出来事は、あなたの熱意を採用担当者にアピールするのにうってつけです。印象に残っている広告は、その大きな手助けになってくれることが多いでしょう。

志望動機で書かなくても、選考過程を経るごとに、どこかで出題されやすい内容でもあるため、前もっていくつかピックアップしておけると良いですね。

もっとも使いやすいのは、「御社の○○の広告がとても印象的であったため、同じような素晴らしい広告を作る立場になりたいと思い、志望致しました」という内容です。

もちろん、「どうしてその広告が印象的なのか」という点についても、詳しく話せるようにしておきましょう。あてずっぽうに適当にチョイスしただけでは、すぐにばれてしまいます。かえってマイナスイメージに繋がってしまう危険性もありますから、熟考と準備を欠かさないようにしましょう。

将来像を明確にしよう

広告業界は、将来どのように働きたいかという点も、志望動機に絡めておけるのが良いでしょう。

前述したように、「印象深かった○○のような、魅力的な広告を作れるように働きたい」というのは、ありきたりですが説得力がありますし、業界研究や企業研究の成果が実を結びやすいです。

内容をきちんと練り込んでおけば、その他の志望者と被ってしまったとしても、きちんと評価してもらえます。むしろ奇をてらったものより、王道をきちんと作り込んでおくことが好印象になる場合も多いですよ。

将来像が明確になっていることは、企業の将来の方向性との相性をチェックする意味でもあります。更に、ただ入社をゴールと考えているのではなく、どのように働いていきたいかキャリアプランを明確にしている人材の方が、より長期的な視野を持っているとして、高い評価を集めやすい傾向にあります。

ただし、将来像が志望先の企業とあまりに食い違っていると、折角練り込んだ志望動機も、かえって逆効果になってしまうことがあります。事業の特徴や、将来的な事業計画をきちんと確認した上で、あなたのキャリアプランを展開できるようにしておきましょう。

広告業界の志望動機の例文

「私が御社を志望しているのは、広告業界の中でも、デザインにおける実績の豊富さと技術の新しさに魅力を感じたからです。

学生時代はデザイン学科に入っており、より対象をうまくアプローチできる広告デザインに興味を持ちました。

昨年はデザインの勉強のために海外留学をし、そこで御社の広告を見て、世界的に活躍できる実力と、最先端の機器の導入についてを知りました。

留学の経験をはじめとして、学生時代に培ったデザインスキルを活かし、御社の広告事業の発展に貢献したいと考えています。」

「私が御社を志望しているのは、多種多様な媒体を扱っている総合広告代理店であるからです。幅広いジャンルの案件を担当し、い色なお客様のニーズに応えたいと考えています。

私は学生時代、飲食店で接客のアルバイトをしていました。スキルが上がってからは、メニューの考案にも携わることが出来るようになり、サービス提案の難しさとやりがいを感じました。

考案したメニューの売り込みを考えるうち、広告業界に興味を持ちました。折角の上質なメニューも、宣伝がうまくいかなければ、なかなか手を伸ばしてもらえないからです。

アルバイト経験で身に付けた探求力を取り入れ、御社でも事業貢献が出来るよう、尽力したいです。」

広告業界の志望動機のダメな例

「私の志望動機は、御社の広告代理店という立場から、様々な業界の方々と一緒に仕事がしたいからです。私の長所は、好奇心旺盛で行動力があることなので、これを活かし、色々な立場の人と積極的に関わっていきたいと思っています。

更に、御社は業界ではトップクラスの実績を誇るため、よりレベルの高い事業に携わることで、自らの成長も促したいと考えています。高い競争意識を持つことで、よりクオリティの高い広告作りに参加したいと思っています。」

これは、「どうして広告業界なのか」という点が弱いです。企業自体への志望動機がきちんと書かれている分、その前段階における説得力の弱さが、却って際立ってしまっています。

広告業界でなくても良いのではないかと思われないよう、業界を志望した理由を詳しく加えると良いでしょう。

広告業界の志望動機を書くときの注意点

自分が役立つポイントを盛り込むこと

志望動機は、ただあなたのモチベーションをアピールするだけではなく、あなたを採用することでどのようなメリットがあるのか、企業サイドに売り込めるポイントでもあります。

長所やセールスポイントは、就職活動では決して欠かせないポイントですよね。志望動機は、これらの定番要素と深く絡み合っているものです。

「自分はこのような理由から広告業界を志望している」ということを伝えて上で、「そのために行っていること」や「入社したあかつきに、事業に対して出来る貢献」を話せるようにしておくと、全体的な評価がぐっと上がりやすいですよ。

広告会社に採用をもらうためにすべきこと

コミュニケーション力を身に着ける

広告は決してひとりでは作ることが出来ません。プランナーであれば、クライアントのニーズを聞き取り、自社内における企画を遂行するスキルが求められます。

デザイナーは、発注に合わせた的確なアプローチを相談し、リテイクに柔軟に合わせることが必要ですし、コピーライターは、マーケティングをして、世間のニーズを把握し、クライアントに提案することも求められます。営業職はもちろん、売り込みのためにコミュニケーションを取らなければいけません。

どのポジションを志望するにしても、高いコミュニケーション力を培っておくことは、大きなプラス材料となってくれるでしょう。

企業研究と業界研究を徹底する

広告業界は、一見華やかで派手な印象がありますが、実際のところは地道な作業も多く、計画的に誠実な行動をすることが求められます。

また、一口に広告業界と言っても、大小さまざまな会社があります。担当している仕事の内容も規模も、企業によって大きく異なって来るでしょう。

そのため、自分が担当したいと思っている仕事の内容やジャンルを詳しく調べ、より働きやすい企業を見つけるようにしましょう。そのためには、業界研究と企業研究に重きを置くようにしてください。

広告業界で働くために

いかがでしたか?広告業界は、志望者も多く、年々注目度も上がっています。あなたにぴったりの企業を見つけ、セールスポイントと志望動機をしっかり練り上げて、内定をゲットしていけるよう頑張ってください。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。