企業が「圧迫面接」をする理由とは?特徴や見分け方・質問例など

企業が圧迫面接をする理由とは?

人材としての適性を判断する

企業が圧迫面接をする理由のひとつとして、面接の内容によって、受験者がその企業で働く適性を持っているかどうかチェックするというものがあります。

働くことは、決して楽なことばかりではありません。業務上に発生しうる様々なトラブルに対し、柔軟な対応が出来るか、壁を乗り越えてスキルアップ出来るかなどを見極めるために、敢えて圧迫面接を実施していることがあります。

個人のスキルを判断する

後述しますが、圧迫面接によって企業がチェックしているポイントは様々です。ストレス耐性や臨機応変な行動力など、受験者のスキルをチェックしていることは多いです。より働きやすい人材を採用するために、敢えて圧迫面接を実践しているところもあります。

準備内容を確認する

圧迫面接の内容によっては、受験者がその面接に対し、どのくらい準備してきたのかが把握できることもあります。企業研究や業界研究を徹底して来ている人であればクリアできる問題も、理解の浅さや研究の少なさが理由となり、ハードルになってしまうケースは珍しくありません。

上辺だけの志望動機や対策で受験してきた面接者を、ふるいにかける意図で圧迫面接を実践している企業もあるということです。

圧迫面接の特徴・見分け方

相性を否定してくる

圧迫面接で特に多い例のひとつとして、相性を否定してくるという点が挙げられます。

あなたの自己アピールや質問の答えに対し、「あなたはうちの会社には向いていないかもしれません」や「その経験はうちでは活かせないと思います」、「あなたのような人は、長続きしないことが多いです」といった、自社との相性を否定してくるタイプです。

受験者のアピールを否定したり、経歴を否定したりするのも、この一環に含まれます。

理想やモチベーションを否定する

圧迫面接では、受験者の理想やモチベーションを否定するケースもとても多くなっています。「そういう会社ではないですよ」「そういう働き方は出来ないです」、「あなたが思っているような仕事ではありません」「やる気だけでどうにかなるものではない」といった内容です。モチベーションの高さや、理想としているキャリアプランを否定します。

人柄や資質を否定してくる

受験者本人を否定する圧迫面接も、よくあるパターンのひとつです。自己アピールや長所などについて、「個性がないですね」「普通ですね」「一貫性がないですね」といった、個人否定をします。

実績や資格等についてをアピールしたとしても、「誰にでも出来るのではないですか?」「あまり難しくないですよね」といった否定を続けて責めて来ます。

横柄な態度を取ってくる

大きな声を出して来たり、わざとキツい物言いをしたりするのも、圧迫面接によくあるパターンです。頬杖をついてやる気のない態度を出してみたり、よそ見をして受験者への興味がないというアピールをしてくるケースも多いでしょう。

頭ごなしに内容の否定をしたり、本人に対する意地悪な質問をしたりするのも、圧迫面接の王道です。

圧迫面接での質問例

理想と違ったらどうしますか?

この質問、新卒面接でも、中途面接でも行われやすい質問のひとつです。「あなたが思っているような仕事ではない」というタイプの否定型圧迫面接でもよく出る質問です。「希望の部署に配属されなかったらどうするか?」「やりたい仕事が出来ないと辞めてしまうのでは?」といった質問になることもあります。

向いていないのではないですか?

企業や職種、希望部署など、適性がないのではないかという質問をされることは、圧迫面接では良くあることです。学歴や前職などとの関係性に絡め、「適性がないのではないか?」「うちとは違うのではないか?」といった質問をしてくることもあります。

圧迫面接の対処法

前向きな回答を心がける

圧迫面接では、基本的にネガティブなことを質問されたり、あなたが言うことを否定されたりするでしょう。

対処方法としては、前向きな回答に言い替えることです。あなたがマイナスのことを口にするよう、敢えてネガティブな質問を誘導してくることもありますが、常に上向きの回答が出来るように考える癖を付けましょう。

慌てないで考える

思いがけない質問や返答に、焦ってしまうことは誰しもあるものです。しかし、圧迫面接では、そういったシーンへの対処力がチェックされていることも多いです。

焦れば焦るほど、良い回答が出来なくなってしまったり、その態度について更にネガティブな質問をされてしまったりすることもあるでしょう。常に冷静さを意識し、慌てそうになったら一呼吸おけるよう、落ち着いた受け答えを心がけてください。

分からない質問は分からないと言う

何でもいいから、無理にすべての質問に答えなければ、圧迫面接を潜り抜けられないというわけではありません。むしろ付け焼刃の回答をしてしまった方が、評価がマイナスになってしまうこともあります。分からない質問には、「申し訳ありません。分かりません」という回答をして良いのです。

企業側は圧迫面接で何を見ている?

精神的な強さがあるかどうか

営業職や接客職など、外部の顧客と関わっていく仕事では、時にイレギュラーな対応が必要になったり、理不尽な流れをうまく対処したりしなければいけないことがあります。

そのため、精神的な強さを持っている人材を採用したい傾向にあるのです。圧迫面接をすることで、受験者の精神的な強さはもちろん、ストレスへの耐性もチェックできることがあります。

冷静な視点を持っているかどうか

どんな仕事でも、冷静な視点を持ち、時に客観的に自らを確認して、然るべき対応に移れることはとても重要です。やはり外部の顧客と接することが多い仕事や、クレーム対応などの慎重な言動が求められる仕事などでは、重要視されやすい傾向にあります。

圧迫面接によって、受験者がただ焦ってしまうのではなく、そのシーンに応じた適切な行動を、冷静に実行できるかどうかをチェックしていることがあるのです。

きちんと自分の意見を言えるかどうか

圧迫面接のようなシーンでは、自分の意見を引込めてしまい、きちんと判断をするのを辞めてしまう人も少なくありません。

しかし、社会人として仕事を進めていく上では、時に言いにくい意見や主張でも、正しい言葉で、しっかりと伝えなければいけないことがあります。

会議はもちろん、プレゼンテーションや商談、交渉などのシーンにおいて、ただ黙り込んでしまったのでは、仕事は務まりません。どんな状況になっていたとしても、その場に応じた判断を行い、自らの主張を口に出せるかどうかをチェックしていることがあります。

圧迫面接を切り抜けよう

いかがでしたか?圧迫面接は、ブラック企業が実施するマイナス事例として言われることが多いです。

しかし、企業によっては、然るべき意図を持って実践していることもあり、あなたの対応力次第で、評価が上がり、理想の企業への内定を獲得できることもあるでしょう。もちろん、いくら意図がある圧迫面接とはいえ、しても良い対応と、してはいけない対応はあります。

自らの判断力を養い、業界研究や企業研究を徹底して行った上で、慎重なキャリアプランの検討が出来るようにしておきましょう。ただ圧迫面接を潜り抜ける方法を知るのではなく、自分の伝えたいことをしっかりと伝えられることが大切です。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。