MR(医薬情報担当者)の仕事内容とは|平均年収や魅力など

MRの仕事内容とは?

MRは、「医薬情報担当者」です。薬品会社に所属しており、病院の医師や、薬局で調剤をする薬剤師に、自社製品を説明するのが仕事です。ただし、あくまで医薬品の情報を提供するのがMRの仕事であるため、営業職ではありません。

自社の薬の品質をはじめとして、その有効性や安全性についてを、医療従事者に正しく把握してもらうための役割を果たしています。この提供された情報を活かし、患者さんの治療のために、より適した処方箋に選んでもらうのが、MRの務めです。

MRが取り扱っているのは、所謂「医療用医薬品」です。専門の医師の処方箋が無ければ、購入することが出来ないタイプの薬です。ドラッグストアや薬局で、誰もが購入できるタイプの「一般用医薬品」を取り扱っているのは、MRではありません。

MRの平均年収とは?

MRの年収は、一般的なサラリーマンと比較すると、やや高めになっています。これは、医薬品に対する専門的な知識の深さが求められる仕事であるためです。病院や薬局など、外部に出ることが多い仕事なので、外勤手当や営業手当などがプラスされる企業も多く、全体的に年収が上がりやすいのも理由でしょう。

実際に勤務する企業やポジション、個人のスキルによっても異なって来ますが、MRの平均年収は大体680万円程度となっています。月収にすると、およそ45万円程度が平均金額です。

MRは男性の方が平均年収が高く、男性の場合は793万円、女性の場合は567万円が平均です。

MRの仕事はきついのか?

成長するチャンスがある

MRの仕事は、やりがいを感じるシーンも多いです。医薬品に対する知識は、深めれば深めるほど、仕事に反映することができます。患者さんの体調や、これまでの症例、臨床の知識など、MRとしての伸びしろは、ある意味無限に存在していると言えるでしょう。

一方で、薬剤師の資格がないと勤められない仕事ではありません。実際に、薬剤師の資格を持ってMRをしている人より、無資格の人の方が圧倒的に多く、医歯薬の専門的な勉強をしていなくても、文系出身からMRになるパターンも多いです。

やる気次第で、どこまでも成長出来るため、楽しくやりがいがあると感じる人もたくさんいます。

幅広いスキルを求められて苦労することもある

MRの仕事は、前述したようにやりがいを感じられる人もいますが、一方で苦労も絶えない傾向にあります。医薬品をはじめとして、業界全体に関する幅広い知識が必要ですし、日々更新されていく技術や情報に、しっかりついて行かなくては、あっという間に仕事が出来なくなってしまいます。

勉強を続ける苦労もありますし、それでいて、得た知識を活かし、医師や薬剤師とのやり取りを続けなければいけません。多忙な相手に、しっかり情報を伝え、結果的には自社の製品を手にとってもらわなければいけませんから、相手に合わせた的確なコミュニケーションも必要になって来ます。

多方面からのスキルを求められる仕事である分、苦労も大きく、きついと感じる人も少なくありません。

MRの仕事は忙しいのか

MRの仕事は、基本的に病院や薬局がオープンしている時間帯がメインとなって来ます。そのため、基本的には昼型の仕事であり、土日祝日は休みを取りやすいですが、顧客を尋ねているタイミング以外に、自社製品に関する勉強をしたり、専門知識を身に着けるアプローチをしたりしなければいけないため、決して楽な仕事ではないのも現実です。

資料作成やプレゼンテーションの準備、社内の売り上げ把握など、様々な業務があります。また、取引先のスケジュールによっては、病院や薬局がしまったあとの時間帯に相手を訪問したり、早朝を指定されたりすることもあります。

フレキシブルな対応が求められる仕事であるため、しばしば休日や深夜、早朝を利用して自分の仕事を片付けることもあります。臨機応変なスケジュール管理力を発揮することが重要です。

MRの仕事の魅力

人の命に係わる重要な仕事

MRの仕事は、医師や薬剤師のように、直接患者さんと接する仕事ではありません。しかし、MRの的確なアプローチにより、導入された医薬品によって、体調や病状を改善出来たという人はたくさんいます。MRが存在しなければ救われなかった命もあるでしょう。

そういった、人生のかけがえない役割を担うことが出来るのは、MRならではのやりがいであり、魅力だと言えます。

専門性に見合う待遇が保証されている

MRは、前述したように平均して高い年収があります。キャリアアップも望みやすく、安定した働きを実現しやすいとも言えるでしょう。福利厚生も充実しているため、ライフプランも組みやすく、将来を見据えた人生設計を進めやすいというメリットもあります。

専門性が高い仕事である分、前述したような業務面における苦労もありますが、それをサポートできる待遇がそろっている勤務先が多いのは、MRならではの魅力だと言えるでしょう。

MRの仕事にチャレンジしよう

いかがでしたか?MRの仕事は、決して楽な仕事ではありません。専門的な知識も求められますし、顧客に合わせた慌ただしい移動が必要になることもあるでしょう。休日に仕事をしたり、深夜に資料を用意したり、気難しい担当者とコミュニケーションを取ったりしなければいけないこともありますがやりがいのあるMRの仕事にチャレンジしましょう。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。