「小売業」への志望動機の書き方と例文紹介|注意点やポイントなど

履歴書の志望動機の書き方

ポジションに適した志望動機を書く

どのような業界の志望動機でも同様ですが、特に小売業界の場合、配属される部署や、担当するポジションによった、仕事内容も適性も大きく異なって来ます。

キャリアプランも異なって来るため、自分が志望している勤務先、配属先に合わせた志望動機を書けるようにしないと、的外れな内容になってしまい、書類選考を通過出来なくなってしまう危険性もあるでしょう。

接客スタッフになりたいのか、経営スタッフになりたいのか、企画職にチャレンジしたいのか、営業スタッフとして活躍したいのかなど、あなたの志望内容に合わせた志望動機を構成してください。

企業に合わせた志望動機にする

小売業界と一口に言っても、これまでの経験やスキル、あなたの適性を活かすためには、より適した企業に行かなければいけません。スーパーマーケットの小売業と、オモチャ関係の小売業とでは、同じ小売業界だとしても、仕事内容も求められる資質も違ってきます。

業界ごとに、時代による流行り廃りも異なっていますし、景気が良い企業と、景気が下向きの企業では、アピールポイントも異なって来ます。

もちろん、活かせる経歴やスキルも変わって来るので、企業に合わせた志望動機を練りましょう。いくつもの小売業界企業を受けていたとしても、都度相手先に合わせて、志望動機のアレンジが必要だということです。

小売業界の志望動機の例文

それでは、実際に履歴書を作るときの、志望動機の例文をチェックしてみましょう。

「私は、日本型のスーパーマーケットを、今より更にグローバルに広げたいと考えているため、御社を志望致しました。

学生時代は、個人経営の雑貨店でアルバイトをしていました。販売スタッフとして採用されましたが、経験を積むうち、商品の発注や品出し、売り場設計にも携われるようになりました。

私の提案や工夫が、経営に大きく関わる部分に採用され、売り上げに直結していく小売店の仕事にやりがいを感じ、学生時代から、将来は小売店の仕事がしたいと思うようになっていました。

業界内で御社を選んだ理由は、アジアトップを目指した経営方針です。中国・ASEANなどへ積極的に店舗展開しておられ、今後はヨーロッパも視野に入れているという旨を説明会でお聞きし、是非入社したいと思いました。

大学時代は第二言語で中国語を選択し、中国語検定二級も取得しました。現在は営業部の配属を希望していますが、将来的にはこの語学力を活かし、海外営業も担当したいと思っています。」

小売業界の志望動機のダメな例

一方で、小売業界への志望動機として、駄目な例もチェックしてみましょう。

「私が貴社を志望している理由は、経営目標である「豊富な品ぞろえ」を理想としているからです。食料品から家電製品まで、幅広く商品を取り揃えている御社は、小売店の少ない地方でも根強い人気を誇っています。

このように、生活の拠点となる小売店の運営に携わることは、その地域に住む人々の生活に深く関わっていくことであるため、大変やりがいのある仕事だと思います。

また、プライベートブランドのアイテムを共同開発したり、配達サービスをスタートさせるなど、新たな取り組みも活発です。小売業界内でのより画期的なことをスタートしている姿勢に、深い感銘を受けました。貴社で働き、業務貢献をしながら自らも大きく成長したいと感じています。」

志望動機としての内容はまとまっていますが、入社以降のビジョンがやや見えにくいところがあります。

企業分析を徹底しており、他社との比較を志望動機に絡めるところまでは良いので、そこで自分がどのように働きたいのか、どういう理由からそこに加わりたいと思ったのか、どんなセールスポイントがあるのかどを追加し、簡潔にまとめていくと、全体の完成度もぐっと上がるでしょう。

小売業界の志望動機を書くときの注意点

小売業界への志望動機をまとめるとき、あらかじめ注意しておきたいポイントをチェックしてみましょう。

分かりやすいエピソードを入れよう

志望動機は、ただ漠然としていると、どうしても借りてきた内容のように感じられてしまうことがあります。就職活動中の志望動機は、どうしても志望者同士で似て来てしまうため、差別化も難しく、人気の高い企業では、差をつけられないこともあるでしょう。

そのため、あなた自身が志望するに至った、分かりやすいエピソードを入れるようにしましょう。

「学生時代に、小売店でアルバイトをしていた」「買い物をするとき、もっとこうしたら良いと思うようになった」というような、日常生活からのきっかけで構いません。それにオリジナリティを加えて、あなたらしい内容に仕上げましょう。

セールスポイントを組み込もう

志望動機という名前はついているものの、ただあなたが志望している理由を書くだけでは、やや物足りなくなってしまうこともあります。

折角の自己アピールチャンスですから、あなたならではのセールスポイントを、志望動機にしっかり組み込んでいくと良いでしょう。あなたを採用するメリットは、長所や自己アピール欄だけではなく、志望動機欄にもまじえていくことが出来るはずです。

小売業界の会社に採用をもらうためにすべきこと

人間関係の構築力をアップさせる

コミュニケーションのうまさは、小売業界においてとても重要です。人間関係を築くのがうまい人は、小売業界向きであると言われることが多いのです。

これは、接客をはじめとして、常に小売相手を意識した業務が展開されているからです。相手の立場になり、ニーズを意識した仕事が出来ることが、どのポジションを担当することになったとしても欠かせないのが小売業界なのです。

更に、小売業界は顧客だけではなく、スタッフ同士での連携も欠かせません。実際に販売を行うスタッフは、より売れる商品の企画をするため、購買層や売れ筋の良い商品、悪い商品の情報を、企画や営業のスタッフに提案しなければいけません。

店舗の規模が大きくなれば、販売スタッフ同士での連携が無ければ、効率の良い業務は出来ないでしょう。小売業界で内定をもらうためには、人間関係をうまく構築し、コミュニケーション力を高められるようにしてください。

経営的な視点を持てるようにする

小売業界は、ただ接客をするだけではく、店舗の経営的な視点を持って仕事をすることも重要です。これは、企画や営業、経営などのセクションに、直接携わるスタッフではなかったとしても、欠かせないポイントだと言えます。

特に、正社員としての採用を目指す場合、小売店での販売スタッフとして採用された場合でも、ゆくゆくは現場の責任者や教育担当者をはじめとして、徐々にステップアップし、こなすべき業務が増えていくでしょう。

このとき、より経営的な視点を持ち、自社の業績をアップさせるために何をすべきなのか、冷静かつ客観的に分析できるスキルを持っていることは、大きな手助けとなってくれるはずです。

小売業界で働くためにしっかりと準備しましょう

いかがでしたか?小売業界は、時代と共に景気が大きく変動しやすいです。売れ行きの良いアイテムを取り扱っている企業もあれば、経営が悪化してしまう企業もあるでしょう。

自分がどのような働き方をしたいのかをよく考えた上で、業界研究と企業研究を徹底し、自らのキャリアプランに適した志望先を決めるようにしましょう。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。