【タイプ別】グループディスカッションの対策・コツ・進め方例

グループディスカッションの進め方例

グループディスカッションとは、就職活動において行われる選考方法の1つです。いくつかのグループに分かれたチームを作り、学生同士で議論や話し合いを行わせ、その進行のスムーズさや発表の様子などを見て学生の能力を判断する方法となります。

個別面接に比べて、準備が不足になりがちなグループディスカッションですが、対策を抑え自己アピールに繋がるディスカッションを行うことで、企業側からの評価をアップできる大きなチャンスでもあります。

さて、グループディスカッションにはいくつかの形式があります。主な企業の選考で行われているのは、討論型、ディベート型、グループワーク型と言う3種類のグループディスカッション方法です。もちろんそれぞれのディスカッションにおいて、定められたテーマは当日までしかわかりません。

しかし、各形式の進め方やを把握しておくことでスムーズに議論に入り無駄のないディスカッションを行うことができるでしょう。

それでは、実際によく行われている3つの形式のグループディスカッションについて大まかな進め方や流れを見ていきましょう。

1:自由討論型の進め方例

自由討論タイプのグループディスカッションは、定められたテーマに対して自由に討論していく進め方の形式です。多くの企業で取り入れられている、もっともポピュラーなタイプのグループディスカッション形式となります。

自由討論型において、もっとも重要なのは一番最初に行う役割分担と時間配分です。自由討論型のグループディスカッションでは、結果に正解がないテーマを示されることが多いので、司会やタイムキーパー、書記などの役割を明確に決めて議論を行わなければ、ぐだぐだのまま時間だけが過ぎてしまう危険性があるのです。

まず、それぞれの役割を決めて効率的に議論が行えるように場を整えましょう。
この時、グループディスカッションの説明で役割分担について指示があるときと無い時があります。特に指示されなかったときでも、最低でも司会進行くらいは定めておくことをおすすめします。

次に、制限時間の中で何にどのくらいの時間を割くのかを決めていきます。グループディスカッションは平均30分程度の制限時間が設けられていることが多く、短い場合は15分、長いと1時間程度のケースもあります。

それぞれの制限時間内でうまく結論をまとめられるように、あらかじめ時間配分を振っていくことが大切なのです。

たとえば、30分と時間が決められている場合、
・役割と議論の方向性の決定を行うのに5分
・各自の意見をまとめる時間を5分
・その意見を交わし本格的に議論を行い、整理するのに15分
・そして最終的なグループの結論をまとめるのに5分
といった具合に細かく時間制限を作ることで中途半端に議論が終わってしまう、といった事態を避けられます。

司会はこの流れにのっとって議論が進むように働きかけ、タイムキーパー役は時間配分をしっかりと把握し、時間になったら結論をまとめるよう促すなど司会のサポートを行うことが大切です。

自由討論型のグループディスカッションは結論を発表する場合としない場合があります。どちらにせよ、結論が出た、出ないというポイントは面接官のイメージにも影響するので進め方には結論をまとめる時間は設けるようにし、グループ内で話し合ったことに対する結論はまとめておきましょう。

2:ディベート型の進め方例

ディぺート型とは、ある2つの意見や立場に分かれ、そのテーマについて議論する進め方のグループディスカッションです。グループディスカッションの内、もっとも説得力が必要となる形式で、自分の意見をどれだけ論理的に主張し、相手に納得させるかが重要となります。

言葉の格闘技と揶揄されることもあるディペートは、海外では正式に競技として認められているほどなのです。

ディペートの進め方ですが、まず、2つの意見の内、どちらのグループに所属するかを決めるところから始まります。これは、自分で自由に決められることもあれば、人数配分の観点から、あらかじめ指定されて振り分けられることもあります。

テーマの内、どちらの意見につけば就職に有利だといった違いはないので、自分が自由に決められる場合はより、発言しやすい意見を選ぶようにしましょう。

あとは、制限時間内で2つの意見をぶつけ合いディベートを行っていきます。ディベート形式で大切なのは、意見を言えないその他大勢にならないことです。ディベートは始まると次々に意見が発言され、それに対する反論が発言され、といった風に勢いよく討論が進められていきます。

自分の陣営が不利にならないためには、相手の意見をしっかりと聞き、すぐに噛み砕いてそれに対する反論を行えるように気を張っていなければなりません。聞いているだけで何もできないといった姿勢は、面接官から良い評価を得ることはできないでしょう。

3:グループワーク型の進め方例

グループディスカションの中で一番実践的な形式がグループワーク型と呼ばれるものです。これは、チームの仲間と一緒に、示されたテーマにおける成果物を作り上げるといった進め方になります。

たとえば、「新店舗を出店することになったので、戦略を構築せよ」などといったテーマの場合は、資料なども提供され、それをもとに出店戦略を作り上げることが目的となります。

基本的な進め方は自由討論型と同じで、役割分担を決め、時間内にチームの結論をまとめるという進め方で問題ありません。

しかし、グループワークの場合特に司会進行やリーダー役の存在が重要となります。リーダーが積極的に意見をまとめ、結論となる成果物を作り上げていかなければ、時間内に提出できるレベルの結果を導き出すことができない可能性もあるからです。

グループディスカッションのコツ・対策

基本的な進め方を確認したら、次に把握しておくべき内容はそれぞれの形式における、グループディスカッションの対策です。

グループディスカッションは、結果だけではなくその過程も選考基準となるため、面接官の心象が良くなるコツを抑えて、有利に選考を突破できるように練習しておきましょう。まず、どの形式においても注意してほしい3つのポイントを説明します。

グループディスカッションは架空の会議

グループディスカッションと言うのは、企業で行われている会議やミーティングを想定している選考方法です。会社に所属すれば、業績の事や今後作っていく将来商品に対しての会議と言うものは必ず発生します。

そういった場において作業者がどのような行動とるのか、積極的に会議に参加し会社の利益となるような意見を言えるのかなどといった部分を見るのがグループディスカッションの目的です。

そのため、ただ結果にならない話し合いをずるずると続けているだけでは評価に繋がりません。グループディスカッションを行っているときは、同じチームの就活生生所属している会社の一員だと思い、テーマについて最も良い結果が発表できるよう、真剣に取り組むことを忘れないようにしましょう。

無言は絶対NG

どの形式においても最も避けたい状態は無言で座っているだけと言う状態です。どんなに優秀な人物でも、グループディスカッションの間に一言も喋らなければ企業も評価のしようがありません。

それどころか積極的に会議に参加せず、その場にいるだけの役に立たない人材と判断されてしまっても仕方がありません。日本人の気質からすると、自分の意見を強く視聴したり、議論したりすると言う行為は苦手な人が多いのも事実です。

しかし、時には意見をぶつけ合わなければ会議で意味のある結果を生み出すことはできません。例え意見を行ったときに反論されることがあっても、発言することが大切なのだと割り切って積極的にディスカッションに参加するようにしましょう。

参加者は全員チームだという気持ちを持とう

グループディスカッションは大企業ではなく同じ立場である就活生と一緒に行う先行です。そのため、就活生の中には自分以外の人間を貶めることで、自分を優位な位置に立たせようとすると行動する人が出てくることもあります。

しかし、実際に社会の一員として取得したときに、そういったクラッシャー行為を行う人物は会社の輪を見出し、業績悪化につながる危険人物認定されてしまいます。

確かにディスカッションは自分をアピールする自己PRの場ではありますが、全員がチームの一員で仲間と言う認識で誰1人欠けることなく合格するんだと言う意識を忘れずに行うようにしましょう。

1:自由討論型のコツ・対策

自分の意見をしっかり話す練習をする

自由討論の一番基本的な対策は、人前で自分の意見をはっきり主張できる練習をしておくことです。自由討論型で示されるテーマにはその企業の業務とは直接関係のない、正解が明確に出せない内容と言うものもあります。

例えば、不幸とはどのようなものなのかを定義してください、今後ネットワークビジネスはどのような変化を遂げていくのか、など100人いれば100通りの意見があるようなテーマが示されることもあります。

そのため、自由討論型で重要視されるのは正しい結論を導き出すことだけではなく、討論の中でどれだけ自分の意見を発表できているかや、チーム内を盛り上げ結論を導き出すサポートができているかなど人間性の部分が大きい傾向にあります。

上がってしまってしどろもどろになり、自分の意見が言えないような状態だとチェックしている面接官の心象も悪くなってしまうので、緊張しやすいタイプの人は特に人前で話すと言う練習をしておきましょう。

同じ大学の就活生の仲間などと簡易的な自由討論の場を設け、人前で話すと言う場面に慣れておくのもオススメです。

人の意見を聞き入れ否定しない姿勢を保つ

自由討論型は、ディベートとは違いい人の意見を否定する必要はありません。もちろんチーム内で自分が考えていた内容と反対の意見が出れば、関連する場面もあるでしょうが、相手も言いくるめ制圧することが目的では無いのです。

自由討論型において大切なのは、全員がそれぞれの意見を尊重しその中で最も納得できる結論を導き出すと言うことです。自由討論型のグループディスカッションに参加する際には、チームメートはみんな仲間だと思いそれぞれの意見を尊重した姿勢を保つようにしましょう。

発言するときには結論から述べてわかりやすく話す

意見を述べるときのコツとして、まず結論から言うと言うポイントがあります。人は、長い言葉を聞いていても途中で集中力が途切れてしまいます。そのため、まず自分が言いたいことを1番初めに連れて、その後に根拠や具体例などを示していくことが効果的な喋り方なのです。

2:ディベート型のコツ・対策

ディベートは喧嘩ではないということを忘れない

まず、ディベートと聞くとどれだけ協力に相手を言い負かせることができるかを重要視する人が少なくありませんが、ディベートはけして喧嘩ではありません。正しいルールと設定の下で、お互いの意見を交わす討論なので、そこにルールを無視した暴力的な言葉を使用してはいけません。

威圧的にならず、冷静に倫理的に相手に自分の意見を伝えることが大切なのです。相手に対して反論する際は、いつもよりもゆっくりと落ち着いた口調心がけるようにしましょう。

早口と言うのはそれだけで攻撃的なイメージを持たれてしまうので、相手に言い聞かせるようにゆっくりと優しいトーンで話せるように練習してみてください。

相手から発言される主張を想定し反論を考えておく

ディベート形式のグループディスカッションは、始まると同時にたくさんの人々が次々と意見を発言していきます。そのため、相手陣営の意見を聞いてからその反論を考えていると、他の人に先に発言されてしまったり、さらに相手の主張をかぶせられてしまうことがあります。

テーマが発表されたら、自分の選んだ意見の主張はもちろん、反対意見に対しても発言が出るであろう内容を考えておきましょう。もし自分が反対の意見に属した場合はこんな主張するといった内容をいくつか考えておき、その意見に対する反論をあらかじめまとめておきましょう。

そうすることで、実際にディベートが始まった時に同じような意見が出た瞬間に素早く反論発言をすることができます。

意見は結論・根拠・具体例のセットで発言する

他のグループディスカッション形式でももちろん同じことが言えるのですが、特にディベート形式では意見を述べる場合結論と根拠と具体例はセットで発言するようにしましょう。ただ相手の発言に対して違います、それは間違いですと言っていても何の意味もありません。

なぜ反論するのか、その根拠や具体的な例は何なのかを説明することで相手に納得させることができるのです。この場合も、自由討論型の意見発表と同じく結論を1番最初に伝え、その後で根拠と具体例を述べるようにしましょう。

3:グループワーク型のコツ・対策

示されたテーマの具体的な出発点を明確にする

グループワーク型のグループディスカッションでは、1つのテーマに沿って成果物を作り上げなければいけません。そのため、チーム内でそのテーマに対するスタート地点が違っているとまとまる結論もまとまらなくなってしまうことがあります。

議論を始める前には、示されたテーマが何を指しているのかを共有意識として持てるように話し合うところから始めましょう。

例えばある駅前に新しい店舗を出すというテーマなら、措定された駅の何口に出店予定の店舗なのか、どういった客層をターゲットにするのかなどをあらかじめ共有しておくことでより効率的に意見を交わすことができるでしょう。

アイディアはなるべく多く出し最適なものを選んでいく

テーマに対する共有が行えた後は、なるべくいろいろなアイディアを出すことを心がけましょう。アイディアは多ければ多いほどその後、良い結論をまとめることができます。

どんな小さな事でも自分から率先して意見を出し、周りにも何でも発言していいんだと言う雰囲気を作ることがグループワークの成功の秘訣です。

そして、アイディアが出揃ったら、わかりやすく整理しその中から最も有効だと思えるアイディアを選んでいきます。これは単純に多数決で決めるのではなく、なぜそのアイディアが有効だと思ったのか、効果はどのようなものなのかを全員で話し合いながら決めていきましょう。

アイディアの整理方法のちょっとしたことですが、細かく分けようとせずにまずはざっくり分類ておくとその後の話し合いがスムーズに進みます。

例えば、売り上げアップと言うテーマだった場合、客単価から見てアイディア、商品から見たアイディア、価格から見たアイディアといった分類をすると、それぞれのカテゴリから最も優れたアイディアを絞り込みやすくなるでしょう。

それぞれの役割をもとに時間配分を細かく設定する

グループワークは、結論が出なければ良い場合がある自由討論とは違い確実に成果物を発表する必要があります。そのため役割分担や時間配分は、他のグループディスカッションの形式に比べより細かく管理する必要があります。

最初の役割分担や時間配分に手間取ってしまうと、その後十分に議論が行えなず、満足のいく話し合いができないかもしれません。

まず、自分が司会進行気質なのか、タイムキーパー気質なのか、書記が合っているのかはあらかじめ分析しておきましょう。そして、いざグループワークになり役割分担を決めるときに自分が合っている役割に誰も立候補者がいなかったら、すぐにその役割を受け持ってしまうことがポイントです。

誰かが立候補すれば、その後役割に着くと言うハードルが下がり、その他の役割に立候補するメンバーも増えるでしょう。

初めて顔合わせるメンバーの中で、役割があるものに立候補するのはとても勇気があることです。あまり自己主張のない性格の人が集まってしまうと、遠慮しあって無駄な時間を過ごしてしまうかの迫ります。そんな時は自分が率先して役割分担を割り振っていく位の勢いを発揮するのも1つの有効な対策法です。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。