履歴書・エントリーシートの資格欄の例文|資格がない時の書き方

履歴書・エントリーシートの資格欄の書き方

履歴書・エントリーシートの資格欄は、自分の能力や特技、物事への取り組みや向上心をアピール出来る箇所ですから、ここを主戦力にしようと考えている人も多いことでしょう。

しかし、同じ資格・免許の内容であったとしても、書き方ひとつで採用担当者に与えるイメージはぐっと変わってしまいます。少しの差が内定の是非という大きな差につながってしまう就活だからこそ最善の書き方で臨みましょう。

まず、一般的に履歴書の資格欄の原則は次の3つです。

①取得年月順に記載する

取得年月順に記載する際には西暦・元号どちらでも構いませんが、自身の学歴・職歴を記載した時の表記に合わせるようにしましょう。間違えて受験した年月を書く人が以外と多いので注意です。

運転免許証などは取得日と交付日の2ヶ所が記載されているのでなおさら間違えやすいので気をつけて下さい。運転免許証の場合取得日は左下に3段並んでいる年月日のうち、真ん中2段目にあたります。

②略称ではなく正式名称で記載する

免許・資格については「英検」「漢検」などのようにふだんは略称で呼んでいますが履歴書・エントリーシートにおいてはきちんと「日本漢字能力検定」「実用英語技能検定」というように正式名称で記載しなければなりません。

また、国家資格は資格名のみの記載でよいのですが、民間団体の資格の場合はその団体名も含めて記載する必要があります。なお「TOEIC」「TOEFL」「日本漢字能力検定」「実用英語技能検定」などの語学系の資格は主催団体名は書かなくて資格名のみで問題ありません。

③応募先の企業・職種に関係があるものを優先して書く

就活においては緩いのですが転職の場合の履歴書の鉄則です。外資系IT企業に応募するのにIT系の資格や語学系の資格がゼロでフィナンシャルプランナーや行政書士など他業種の資格・免許ばかり記載されていたら「本当にうちの会社・業界に入りたいのかな」と採用担当者は疑問を持つ可能性が高いです。

応募先企業やその業界で必要とされる資格・免許を優先して書くようにしましょう。よほど取得が難しくかつ幅広く難易度が知られている資格でもない限りは他業種・他業界の資格・免許の凄さは伝わらないものです。

難関資格として有名な「弁理士」「アクチュアリー」なども無関係の業種からしてみればその価値は分からないものですから、履歴書・エントリーシートの資格欄以外にも「自己PR」や「打ち込んだもの」の欄、さらには面接などでバックアップしてその「取り組み」や「価値」をしっかりと伝えていかなければなりません。

汎用的な資格・その他の資格について

そんな中でTOEIC、英検などのような言語系の資格は全業種において「書いて損しない資格」もっといえば「武器となる資格」といえます。楽天が英語を社内公用語にしようと試みたりするなど今後ますます英語の重要性は高まりますので、就活においても重視されるのです。

外資系志望ならば最低TOEIC650、英検準1級は欲しいというところが多いですし、一般企業でもTOEIC500、英検2級から評価の対象となりますのでスケジュールに余裕がある内に取得しておきましょう。

資格の中には「京都検定」「日本城郭検定」のような趣味としての趣が強いものもあります。これらの中にはかなりの難易度を誇るものもあるのですが残念ながら世間一般の目から見れば「趣味の延長」としか映らないものです。

こういった「資格・免許」ですが、他に書くべき資格・免許で欄が埋まっているときには無理に書こうとはしないで、他の資格・免許に枠を譲って代わりに「趣味」や「自己PR」の欄に書くようにしましょう。

また企業で社員として取り組む業務と関係ありませんが、武道の段位も採用担当者によっては評価されるものの一つです。体育系のタフネスさと武道の礼儀作法、礼の精神といったものが評価されるのでしょう。同様の理由で茶道・華道・舞踊などの段位も好感をもたれることが多いです。

採用担当者から見た資格

一般に採用担当者が「資格・免許」をどう見ているかというと「業種・職種に必要とされるスキルを持っているか」「自身のスキルを上げる向上心があるか」「資格取得に取り組んできちんと成果を出せるか」「どんな志向性をもっているか」といった観点から見ています。

応募先の業界によっては就活の時点で任意の資格・免許を有することを求められる所もあるでしょう。そういった業界に応募する就活生は当然その流れに乗っていかなければなりませんし、そうでない業界の就活生にとっては「自分の向上心」「努力を形にした記録」として資格・免許の中のどれをアピールするかを考える余地があります。

つまり、応募先企業や業界によって「強い資格・免許」「有効なアピール方法」といったものは変わってくると認識しなければなりません。先述の趣味の資格についても出版業や観光業など業界・職種によっては大いに強みとなるものですから、応募先企業をよく見てどんな資格が評価されるかを考えて適応していくことが大事です。

企業HPや就活サイトを基にした企業研究や自身の「企業選びの軸」とも関連させて「どの資格・免許」を前面に押し出していくかを個人個人で考えなければならないのです。

履歴書・エントリーシートの資格欄の例文

履歴書・エントリーシートの資格欄の例文は以下のようになります。

2013年 5月 普通自動車第一種運転免許 取得
2014年 6月 乙種第4類危険物取扱者 取得
2014年 9月 実用英語技能検定準1級 取得
2015年 9月 TOEIC 700点 取得
   10月 日本商工会議所簿記検定2級 取得
(2013年 10月 日本商工会議所簿記検定2級 取得)

このように取得年月の横に資格を書いていきます。専門スキルや語学の資格の区別は無しで全部一緒に取得年月順に記載します。複数レベルある資格は当然○級なども書く必要がありますし、語学の資格の中でもTOEIC・TOEFL・IELTのようなスコア制のものはスコアを横に記載しましょう。

複数レベルある資格をいくつか取得している場合には最もレベルが高いものを記載してその横に括弧書きで残りの取得年月日を記載しましょう。

また、後述しますが資格の名称は正式名称を記す必要があります。国家資格の場合は資格名のみで構いませんが、民間団体の資格の場合は上の例の簿記検定のように資格名の前に実施している民間団体の名称を書きましょう(「実用英語技能検定」「日本漢字能力検定」「TOEIC」等は実施団体を記載しなくてよいです)。

また資格の種類によっては取得してから有効な期限が定められている場合もあります。運転免許や宅地建物取引士、情報セキュリティ管理士、米国公認会計士(CPA)などがこれにあたります。記載する前に有効期限が切れていないか確認してください。

TOEICの有効期限が2年であるとよく言われますが、正しくは「受験者のスコアが協会本部に保存されている期間が2年間」なのです。TOEICに有効期限はありませんので取得年月を記載すれば2年以上前に取得したスコアを記載して全く問題ありません。「2年以内に取得の資格のみを記載」などと企業側から指示がある場合はそれに従いましょう。

取得している資格がない場合の書き方

時々、取得している資格がないという人がいます。そういった「資格を持たない人」というのは資格欄をどのように書くべきなのでしょうか。

免許や資格を持っていないという場合はどのようにすればよいのでしょうか?まず本当に何もないかもう一度考えて見てください。英検・漢検は人気資格ですから大学生の大半は高校時代に受験しているものです。

ただし一般的に英検・漢検はそれぞれ2級以上を書くという暗黙の了解が大学受験・就活・転職の履歴書においては出来上がってます。準2級以下しかもっていない場合は書かないのと変わらないことになりますのであまり効果は期待できません。

免許・資格欄が空欄だと不安を覚える方も多いでしょうが安心してください。確かに免許・資格欄をしっかりと書けている場合の効果は絶大なものです。しかし免許・資格欄はあくまで「自己PR」の延長に過ぎません。

「自己PR」が自身の能力・行動をエピソードや成果でアピールするのに対して免許・資格は「成果」だけでアピールする欄ですから、免許・資格欄が空白ならばその分「自己PR」で自身の努力や能力を示せばよいわけです。

ただし資格・免許を大学在学中に取得して入社するのが当たり前という業界・職種もあります。この場合は「資格・免許をもっていない」理由を合理的に説明できるようにし、かつ「自己PR」や「志望動機」で挽回しなければならないでしょう。今所持していなかったとしても、ある資格を取得のために勉強中であれば「○○取得に向けて勉強中」という風に記載する方法もあります。

資格を取得する見込みがある場合の書き方

ある資格を取得するために勉強を続けて来たけれどまだ取れていない、この資格についてアピールしたいという人や順番に資格のグレードを上げていって今の目標は〜だから、これをアピールしたいという人もいるかと思います。こういった場合には「現在実用英語技能検定2級に向け勉強中」などと言うように記載するとしっかりアピールすることができます。

また「実用英語検定試験」の1次試験(マークシート式)・2次試験(面接試験)や「弁理士試験」の短答式筆記試験(マークシート式)・論文式筆記試験・口答試験のように複数段階の試験に合格してやっと取得ができる資格も難関資格には多いです。

このような資格の途中までは合格できているという場合は「弁理士試験論文式筆記試験必須科目合格、現在論文式筆記試験選択科目合格に向け勉強中」などというように記載して自身の取り組みを最大限にアピールするようにしましょう。

資格欄が空白であると「向上心がないのではないか」「大学時代に努力したものがない」などと思われてしまうと恐れるあまり、持っていない資格を「○○取得」と書いたり、勉強してもいない資格を「○○取得に向けて勉強中」と書いてはいけません。

履歴書・エントリーシートの内容を元に面接は行われますから、面接の際にボロが出てしまうと非常に心象が悪くなります。資格欄がスカスカでもその分は「自己PR」や「大学で打ち込んだもの」「自社への熱意」などの欄でしっかりアピールするから問題ない、ぐらいにポジティブに考えましょう。

履歴書・エントリーシートの資格欄は正式名称?

始めに述べたように履歴書・エントリーシートの資格欄は略称ではなく正式名称で記載する必要があります。

履歴書・エントリーシートに免許・資格を記載する際には正式名称で記載しなければいけません。また、取得資格が国家資格である場合は資格の名称のみで構いませんが民間資格の場合はその資格の実施団体も合わせて記載するようにしてください。
例:簿記検定→日本商工会議所簿記検定

有名資格の正式名称を以下に示します。

(略称):(正式名称)
MOS:Microsoft Office Specialist
漢検:日本漢字能力検定:
英検:実用英語技能検定
習字:毛筆書写検定
珠算:日本商工会議所珠算能力検定・全国珠算教育連盟珠算検定
秘書検:秘書技能検定
簿記:日本商工会議所簿記検定
初級シスアド:初級システムアドミニストレータ
宅建:宅地建物取引主任者

自動車免許

普通自動車免許:普通自動車第一種運転免許
普通自動車二種:普通自動車第二種免許
大型免許:大型自動車免許
大型第二種免許:大型自動車第二種免許

履歴書・エントリーシートの資格に書ききれない場合の対処法

時にはあまりに多くの資格・免許を持ちすぎて履歴書・エントリーシートの資格欄に入りきらないという人もいます。こういった時にはどのようにすればよいのでしょうか。

まず、一つ目は複数レベルある免許・資格を所持(例えば秘書技能検定2級と3級を所持)している場合、最上位の免許・資格のみを書くあるいは最上位の免許・資格の横に括弧書きで下位の資格の取得年月日を記載するという方法があります。免許・資格の数が多すぎて入らないケースの大半はこの方法で解決できます。

それでもまだ免許・資格の数が多すぎて減らす必要があるという場合には「応募先の業界に関連するもの」「応募先企業が求めているもの」「自分が採用担当者なら評価するもの」という観点から免許・資格を絞っていき欄の中に収めるようにしていきましょう。

また、資格の欄に収め切れなかった「武道・稽古事の段位」・「趣味的な要素が強い資格」・「業界と無関係な資格」は「自己PR」「趣味」「大学で打ち込んだもの」の欄でアピールするという手もあります。

仕事に関係ない資格を書くときの注意点

仕事に関係ない資格が書かれた履歴書・エントリーシートは他と比べてどう評価されるものなのでしょうか。

一般的に履歴書の資格欄に書くべき資格は「応募先企業・業界・職種」に関連するもの、とお話しして来ました。転職ならば履歴書の資格欄の評価は非常にシビアになされます。転職の場合はある程度経験を積んで「即戦力になる」人材を見つけることが最重要課題だからです。

ですので資格や職歴は応募先企業・業界・職種に関連が無ければ採用は難しいでしょうし、他のジャンルの資格を資格欄に書いたとしてそれを評価してくれるような「余裕」はありません。

では、就活の場合はどうかというと、転職に比べると他のジャンルの資格へのシビアさは和らぎます。就活生に対して企業が求めるのは「即戦力の人材」ではなく「これから成長していく人材」だからです。

能力も重要ではありますがそれ以上に「人柄」や「周囲との協調性」「自社への熱意」といったものが重視されます。その過程で、資格を取るために要した努力、忍耐力、継続力や向上心といったものも評価されることになります。その点から考えると「他業種の資格」も立派な判断材料なのです。

ですので、就活の場合は転職に比べると、他ジャンルの資格を書いてもマイナス評価とはならない、むしろ取り組みを評価されるかもしれないというのが結論です。ここらへんは採用担当者によりけりです。

書類選考通過後の面接試験などで、他ジャンルの資格取得のエピソードを通していかに努力や取り組みを評価してもらえるかにかかっていると言えます。このことから考えると多少雑多な感じはしても取得している資格は書けるだけ書いておくぐらいのアグレッシブさがよいでしょう。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。