面接で短所を聞かれたときの答え方・注意点|性格別の例文一覧

面接で短所を聞かれたときの答え方例

面接で短所を聞かれることがありますが、自分の良いところアピールしたいのに面接の担当者はなぜ短所を聞いてくるのでしょうか。面接の内容自体は何か法的根拠のある質問を単に投げかけてきているのではなく、あなたの人間性を量るための大事な質問をされているのだと思ってしっかり答えられるようにする必要があります。

では、面接で短所を聞かれるのにはどのような理由や意図があるのでしょうか。主に考えられるのは以下のような理由です。

客観的に自分を見ることができているか

面接においては長所と短所の両方を聞かれますが、長所を述べることは多くの人が容易に可能です。

しかしながら、短所を言い換えるなら「自分の悪いところ」とも言えますので、自分自身の反省点や改善点を把握しているかどうかは社会人として非常に重要なことであるという事から短所を聞いてくるものと認識しておきましょう。

自己解決能力があるかどうか

自分の短所を把握していたとしても、それを放置しているようでは、いざ仕事を始めた時に何も成長は見込めません。反省点に気付いて、それを把握しているのであれば積極的に改善しようとしているかどうかを量られているとも言えます。

会社にとって致命的な短所であるかどうか

「私は仕事や趣味を継続して続けることが苦手です」と答えようものなら、かなり悪い印象になるでしょう。会社が人を雇うという事は、長く会社に在籍してもらって利益拡大のために貢献してもらえる人材を探しているのですから、それを阻害するような短所を持っている人を採用するとは考えづらいでしょう。もちろん、自分の本当の短所を隠して嘘をついてはいけませんが、短所は長所の裏返しでもありますから、言い方を変えるなどして悪い印象を与えないように工夫してみましょう。

さて、上記のように、短所を聞かれる理由にはしっかりとした意味と理由がある事はご理解いただけたかと思いますが、短所を聞かれたときにどのように答えら良いか迷ったら、以下のような例文を元に、予め答え方を決めてしまっても良いでしょう。

例文と解説

「私の短所はやることが多くなると焦ってしまうところです。」
まず最初に、自分の短所を明確に伝えます。

例えば、
え~、実はですね、いや、あまり短所と言えないかもしれないんですが、たまにそのようになってしまうという事なので、自分でも気にしたことはないのですが…
というように、のらりくらりと話すのではなく、ハッキリと明確に話し始めるようにしましょう。

「大学のサークルに所属した時の事なのですが、会費を集めるためにたくさんの人に声掛けをしなければいけなくなった時に~」
短所を伝えたら、簡単に具体例を伝えます。

これは短所を述べる時だけに必要なことではなく、人に話を伝える時の基本としても大事なことです。短所を伝えたなら相手は「焦ってしまうとは具体的にどのように?」と思うのは当然のことですので、しっかり自分が短所だと思っている事の具体例を用意しておきましょう。

「それ以来は、自分の焦ってしまう癖を直さなければいけないと強く感じるようになりました。」
短所、具体例を伝えたら、それに対して自分はどのように感じているのかも伝えます。この点は、上記に申し上げた客観的に自分を見る事が出来ているかどうかという点でも大事なポイントです。

「やるべき事が多くなっても焦らないように事前準備を心がけるようにし、それでも自分の手に余る作業になった時は早めに周囲の人に相談するようにすることで慌ててしまう事も少なくなりました。」

短所を放置していないかを見るのに大事なポイントです。これは自分自身の話だけではなく、仕事をしていくにあたっては問題を解決しようとする姿勢があるかどうかは会社にとって重要ですので、締めくくりでも話の途中にでも必ず短所を直そうとしているかどうかを伝えましょう。

それでは、短所を伝えるための具体的なら例文を様々な短所別にご紹介させていただきますので、ご参考にしてみてください。

性格別の例文一覧

心配症を伝える場合の例文

私は幼い頃から心配性だと言われることが多く、それとは逆に自分では慎重な性格という長所だと思っていたのですが、周りから見た「心配性」が正解なのだと思っています。つまりそれは、私の短所でもあると自覚しております。

具体的には、以前に友人たちと広島に観光旅行へ行こうという話になった時に、私が宿泊する旅館を決めることになったのですが、チェックインの時間や費用、食事はどうしたいかなど、全員の意見が一致しないという事を理由に旅館の予約を取るのが遅くなってしまって慌てたことがありました。

食事や宿泊する部屋の変更は後でできた可能性も考えると目ぼしい旅館の予約だけでもするべきであったと思います。スタートが遅くなる事で全てのことが白紙になってしまうこともあるため、多少は誰かの希望どおりとならない場合であっても、まずは行動を起こすべきだと反省しました。

とはいえ、心配性であるとは言い換えると計画性があるという事にも繋がるかと考えておりまして、チームで取り組むような仕事の場合、誰も気づかない注意点などに気付けるという長所にもなると思います。心配性を自分の長所に転換していけるように今後はポジティブに考えていきたいと思っています。

優柔不断を伝える場合の例文

私の短所として挙げられるのが「優柔不断」というところです。複数の選択肢の中から何かを選ぶ際や大事な決定をする際に、本当にそれでよいのかという迷いや抑制の気持ちが働いてしまって、なかなか物事を始められないという事があります。

以前に働いていたアルバイト先のコンビニエンスストアでの事ですが、働いていた期間も長くなっていたため、商品の発注も任せてもらえるようになっていました。その仕事の中で、話題となっていたシリーズ商品の発注を行う機会があったのですが、何をどのくらい発注したらよいのか迷ってしまった事がありました。

店長は忙しそうでしたし、ベテランだと言っても他のアルバイトに相談しても良いものかと迷っているうちに、気付いたら発注の時間を過ぎており、最終的に欠品を出してしまうという結果になったことを今も覚えています。

そういった経験から、迷っても答えが出ない事は世の中に多くあるのだという風に考えるようになり、迷っている時間には生産性がないと気付くに至りました。今では、自分で判断できない事は周りの人に早めに相談するようにしています。

未だに優柔不断な一面はありますが、適度な迷いは慎重さがあるという長所にも繋がると思っています。ただ、優柔不断という事が短所になるという事は身をもって経験していますので、意識的に決断を早めるように心がけた結果、物事の進みが停滞する事は少なくなったと感じております。

マイペースを伝える場合の例文

マイペースな性格は自分の短所であり、長く付き合ってきたからこそ長所と思える部分もあります。マイペースなため他人の足を引っ張ってしまう場面もありましたが、マイペースだからこそ拙速すぎる結果にならないように注意する事もできます。仮に申し上げるなら、目的地まで誰かと一緒に歩いていて、マイペース故に周りの風景や物を見て気付ける事も多くありますが、到着時刻に送れてしまう事もあります。

この、マイペースな性格を短所として考えた時に、周りに迷惑がかからないようにすべきという事を念頭に行動をするようになりました。まずは時間です。複数人で行動をする時は自分のペースを周りに合わせるように心がけています。

また、マイペースという事を行動が遅いという風に考えられがちですので、アルバイトなどでは誰よりも早く仕事を終わらせるという事を心がけていました。

マイペースの悪いところは周りのペースを乱してしまう事にあると思いますが、逆に周りの状況を落ち着いて見られるという良いところもあります。そのバランスを自分なりに上手くコントロールして御社の仕事に活かしていきたいと考えております。

人見知りを伝える場合の例文

自分の短所であると思うのは「人見知り」な性格であるという事だと思います。そういった性格からか、面識のない人を突然紹介されたり、人が多くいる場所でみんなで何かを楽しむという事が少々苦手で、横の繋がりを広げていく事が今までできませんでした。

学生の頃に、父の会社の方々と野球観戦に行く機会があったのですが、やはり人見知りの性格が出てしまい、お会いした方々へおざなりな印象の挨拶になってしまい、帰宅後に「不愛想に見える」と父に叱られた経験があります。

今思うと、父に恥をかかせてしまったと深く反省しております。自分でも人見知りという短所は自覚はしておりましたので、その性格は直さなければいけないと感じ、知人とたくさんのイベントに参加する機会を設けるようにし、複数人で学ぶ英会話教室に通うようになったため、人見知りは改善されつつあると思います。

ただ、人見知りしすぎないとなると、相手の気持ちを考えない人だと見られてしまう事もあるかと考えていますので、あまり馴れ馴れしくならない程度に、今後も人見知りを完全に克服できるよう努力していきたいと考えています。

頑固な性格を伝える場合の例文

私の短所は頑固なところにあると思います。頑固な性格故に、周りの意見に耳を傾けずに自分一人で前進してしまうといったこともありました。例えば、高校生の頃や大学の文化祭では実行委員の中でも中心メンバーとして積極的に活動しましたが、相談事項が発生すると自分の考えに沿わない意見などを少しおざなりにしてしまい、結果的に自分の意見を通してしまうようなこともありました。

結果、周囲の人と衝突することもあったため、先生や先輩方からは強い意志は長所でもあるとお褒めの言葉を頂きつつ、周囲の意見の中には自分の気づかない大事なことが隠れている場合が多いと諭されたこともありました。

以来、頑固さや意思の強さは大事な長所となりつつも、個人プレーでチームワークを乱してしまっては短所にしかならないと自覚するようになりました。正直なところ、頑固さを短所とするのであれば、現在もその短所は改善していないと言えるかもしれませんが、諦めない気持ちや必ずやり遂げようとする意志は自分の長所でもあると考え、同時に周囲との調和も大事なことであると肝に命じて自分の頑固さとのバランスを取れるようになりました。

慎重な性格を伝える場合の例文

「慎重すぎる」と言われることが多いのですが、自分でも慎重さという点においては短所だと自覚しています。慎重な性格で良かったと思った経験はさほどありませんが、慎重すぎることは物事がスムーズに進まなくなると感じた出来事はいくつかあります。

その出来事とは、友人に旅行に行こうと誘ったのをきっかけに、数人のメンバーで伊豆まで行くことになったのですが、伊豆まで経路や宿泊施設、現地のどこに行くかなどを細かく決めすぎてしまい、予定日のギリギリになっても宿泊施設を決められないでいました。メンバーの友人に相談したところ「それでは石橋を叩いてるだけで、渡ろうとしてない」と言われたのをきっかけに、その友人と宿泊施設を決めるのを手伝ってもらうことになりました。

この経験の他にも自分の慎重さで周りに手間を取らせてしまうことがあったため、今では、ある程度考えを巡らせたら実行に移すというということを心がけています。ただ、慎重さは仕事をする上では一つの長所にもなると考えていますので、その長所を、活かせる部分にはしっかり活かしていきたいと思っています。

緊張しやすい性格・あがり症を伝える場合の例文

私は緊張しすぎるところが短所だと思っていますが、改善傾向にあるとも思います。正直なところ、このような面接の場で全く緊張していないかというと、そんなことはありませんし、未だに自分の短所はあがり症だという事ができます。

以前までは、極度のあがり症であったがために自己紹介すらまともにできないといった事もあり、小学校や中学校のクラス替えなどでは最初の始業式の日を憂鬱に感じていました。また、大学入試の面接においても、あがり症が原因で面接の方とも目を合わせられたかどうか覚えていないほどでした。

しかしながら、大学生活の中でたくさんの友人と知り合う事ができ、サークルの活動の中でも色々な経験をすることで、あがり症であることが非常に損な事であると気付く事ができました。

それ以降は、何かを人前で発表する前には必ず落ち着いて、自分の言うべき事ややるべき事は何かと冷静に考えるようにし、準備を整える事で緊張を和らげることができるという事も分かり、今ではその場で考えて発言をするという事も難なくできるようになってきましたので、あがり症は克服できているのではないかと考えています。

ただし、やはりこういった大事な場面では緊張してしまうというのが本音ですので、それが仕事に影響を及ぼさないようにすべきという事を肝に銘じて尽力していきたいと思っております。

負けず嫌いを伝える場合の例文

負けず嫌いは長所だと思っていたのですが、時々それは短所でもあると考えるようになりました。私もその負けず嫌いの一面があるため、それが私の短所だと考えます。どうしても人に負けたくないという気持ちが転じて、人より優位な立場にいないと気が済まないという考えになってしまい、相手に嫌な思いをさせてしまった事もありました。

また、どうしても勝ち目がないと思ったら、悔しくてストレスを感じる事もありました。その例が、高校の部活動でのことです。他校が自分達よりもキツイ練習をしているという事が分かった時に、自分たちもそれを超えるキツイ練習をすべきだと、声を大にして言ったのはいいものの、練習メニューをこなせるのは私くらいしかおらず、他の部員から反感をかった事がありました。

結果、チームワークは乱れ、試合でも良い結果を出せなかったという経験があります。そのため、ここ数年で負けず嫌いは長所でもあり短所でもあると考え、勝ち負けを考える時は一度冷静になる事にしています。

とはいえ、仕事においては特にwinwinの関係が望ましいという事も学びましたので、勝ちを得るためには何をすべきかを心から真剣に考えつつ、周囲の輪を乱さぬように注意しながらも、目標に向かって常に前進していく心を忘れないようにしたいと思います。

お節介な性格を伝える場合の例文

私は以前から面倒見がい良いと言われることが多いのですが、時には「お節介」と思われていると感じる場面も何度かありました。

元々、人のお世話をさせていただくですとか、他の人がやらないフォローをさせていただくといった事は苦ではないのですが、相手が求めていない事まで行ってしまうという点については、お節介になっているという事を自覚するようになりました。私には妹がいるのですが、可愛さももちろんありますが、お節介がすぎて母に「自立心がなくなるから少しは自分でやらせなさい」と言われたことがあります。

また、お節介が相手のプライベートなことにまで踏み込んでしまう結果となって、謝ったこともあります。こういった失敗を経験したからこそではありますが、現在ではあまり人に干渉しすぎないように気を付けています。いざという場面ではしっかりフォローができるようにと、良い意味でのお節介は忘れないようにしています。

心配症を伝える場合の例文

心配性の例文は最初にご紹介させていただいておりますが、心配性やマイペースという短所を述べる人は多いとも言われていますから、ここでもう一つ短めにした例文をご紹介させていただきます。

私の短所である心配性は根っからの性格だと思います。ただ、根っからの性格として放置してしまうと、物事の進みが遅くなるという事も自覚しております。アルバイト先での作業でも確認をしすぎるところが原因で、周りの人に迷惑をかけてしまった経験がありますので、何をどのように確認すれば足りるのかという事を把握することで、心配性ながらも物事の進捗に影響が出ないようにしようと心がけています。

マイペースを伝える場合の例文

私は周りからマイペースだとよく言われます。それが良い事として言われているのか、悪い事として言われているのかという真意は分かりませんが、客観的に考えた時に周りのペースを乱してしまう可能性のであれば短所として考えるべきだと思います。

そこで、マイペースであるという事を、落ち着いて対処できるという風に長所としても考えるようにし、急ぎの仕事は周りのペースに合わせ、時間に余裕がある場合は焦ってミスを起こさないように自分なりに気を付けるという風にケースバイケースで自分のマイペースな性格と上手く付き合うようにしています。

完璧主義な性格を伝える場合の例文

以前にコンビニエンスストアのアルバイトで経験したことなのですが、日々の業務で混雑している時でさえ完璧に接客をして、完璧に品出しをしないと気が済まないという事から、他のアルバイトスタッフに作業の遅さに注意を受けるといった事がありました。

つまり、「完璧主義」を追求してしまうのが私の欠点だと考えます。正直なところ、完璧に仕事をこなそうとする姿勢についてを誰かに叱責されたりすることはありませんでしたが、明らかに周りの人よりも仕事が遅いといった事は自覚しておりましたし、ある程度は拙速でも物事を進めていかなければ他人よりも前に進めないんだという事も感じております。

そのため、今すべきことと後でも行える事の区別は明確にするようにしています。今でも完璧主義が直ったかというと、改善したと強くは言えない部分もありますが、完璧主義であるという事は一つの長所であるとも考え、自分なりにバランスを考えて完璧を追うのかどうかを判断するようにしています。

面接で短所を伝えるときに注意すべき点

ここまで、短所を聞かれた際の答え方の例文をご紹介させていただきましたが、短所を述べる際には以下のような気を付けたい点もあります。

「短所はありません!」はマイナス評価

言うまでもないかもしれませんが、短所がない人など世の中に存在しません。仮に短所がないと自分で思っていたとしても、それは単に「自分本位」「客観的に自己分析ができていない」といった印象を与える事になります。

よって、テクニックとも言うべき方法として、長所を逆に短所として捉えてみると良いでしょう。上記までの例文で言うのであれば、負けず嫌いが分かりやすいかもしれません。負けず嫌いは長所と考える方が多い中、個人プレーに繋がる場合もありますから、エピソードを踏まえて短所として説明してみると良いでしょう。

外見や身体的な事を短所として説明しない

不潔であったり、髪を整えていないといった事ではありません。例えば、痩せ気味であるですとか、肥満傾向があるという事は努力で改善できるかもしれませんが、面接において求められている答えではありません。

改善する気持ちがないような説明

上記の例文を読んでいただいてお気づきかもしれませんが、短所は必ず改善すべきものとして考えた方が良いでしょう。短所を述べただけで、「それで?」という疑問が返ってきたのでは、質問に答えただけのつまらないものになりますし、自分の短所を放置しているというネガティブな印象に繋がります。

短所を述べたなら、それを改善しようとしたのかですとか、現在進行形で改善に向けて行動しているのかといった事を必ず付け加えた方が、評価は高くなるでしょう。

結論→エピソード→行動→結果を意識する

面接において大事なことは、自分がその会社で働きたいという気持ちを相手に伝える事が前提となります。そのために自己PRの場面があるわけですから、面接の担当者の印象に残るように話を組み立てる必要があります。

これは、面接のときだけに関わらず、相手の記憶に残る話をするための基本とも言えます。この件に関しても上記までの例文に共通して言えることですが、まず最初に自分の短所を端的に答え、その短所に対する自分の思いも簡単に伝えます。

その後、その短所についてどんな経験をして、どのような努力をした結果、現在では改善されたのかどうかという風に物語を作るように話していけば、話の内容の全てを覚えていなくても、あなたという存在がいたことは少なくとも覚えてもらえると言って良いでしょう。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。