【男女別】就活面接で適切なスーツとは?|デザイン・着こなし

就活面接でのスーツの例

面接に臨む際に「さて、どうしよう」と悩むことの一つに、服装があります。就活の面接となれば、ほとんどの場合にスーツで面接に臨むことになるかと思いますが、どんな場においてもどんなでスーツでも良いという事はありません。もちろん、どのようなスーツを着るべきかと決まったルールがあるわけではありませんが、最低限抑えておきたいポイントはあります。

まず、結論から申し上げると、「身だしなみ」です。どのようなスーツにすべきかの前提には、この身だしなみがあります。いくらオシャレであったり、高級であったり、面接の担当者の目を引くスーツであったとしても、身だしなみが整っていなければマイナスイメージになる事は間違いありません。

そもそも、身だしなみとは漢字で書くと「身」「嗜み」ですが、その場に相応しく、不快感を与えない服装こそが面接の際に好ましい服装と言えるでしょう。
つまり、奇をてらうような服装ではなく、面接の場である、その会社に勤務する、謙虚さや真面目さが表れているようなスーツにすることが望ましいと言えます。

それでは、男女の別で、どのようなスーツを着たらよいかという例を踏まえてお話をさせていただきます。

男性の場合の例

まず、男性が面接を受ける際に着るスーツの例です。基本的には黒、紺、濃いグレーという色合いが無難と言われていますが、男性に限ったお話ではなく、派手にならずシンプルなものを着るという事を念頭に、以下を参考にしてみてください。

スーツ

まず、第一に言える事は「清潔感」があるかどうかです。シワになっていたり、目立つシミがあったりするのは論外です。面接の前には必ずクリーニングに出してキレイな状態のものを着こなすようにしましょう。

また、仮に面接で着られるようなスーツを持っていない場合は購入する事になりますが、男性の着るスーツのサイズは、ダボダボしていても、体格ギリギリのキツイものも避けたほうが良いでしょう。普段からスーツを着ているようであれば感覚的にも実寸としても、どのくらいのサイズが自分に合うのか把握できるものですが、スーツをほとんど着ていないというような場合は新たに購入するなどして、自分にピッタリのものを準備するようにしたいところです。

尚、あまり知られていない事ですが、ジャケットのポケットに付いているヒラヒラしたもの、あれは「フラップ」と呼ばれていて、雨の日には外に出しておいて、晴れの日は中にしまうというのが正しい着こなし方です。

ネクタイ

ネクタイについては、「こうすべき!」と一概に言うのは難しいものです。
何故なら、インナーやスーツに合った柄や形といったものがあるため、面接のマナーなどを意識するのはもちろんですが、極力スーツの着こなしとして適切なものを身に付けましょう。

とはいえ、色や形を唯一自分の好みにできる部分でもありますので、多少は目立つものであっても問題ありませんが、柄の大きなものや光りすぎるもの、チェック柄が派手すぎるものは避けた方が無難でしょう。ストライプや無地などであれば、比較的どのスーツにも合わせやすいため、悩みすぎてしまうようであれば一つの選択肢として無地などを用意しておきましょう。

ベルト

ベルトについても同じようにスーツに合わせたシンプルなものがベストです。一般的には、ベルトの色と靴の色を同色にするのが良いと言われていますが、形などについてはあまり難しく考えず、スーツ専門店で売られているような一般的なものであれば問題ないという風に考えましょう。
もちろん、バックルが派手なものや使い古したようなヒビの入ったものはNGです。

靴は少々気を付けたいアイテムの一つです。基本的には黒、茶色であっても濃い目の色にした方が良いでしょう。形についてはつま先が尖りすぎていない物でオーソドックスなものがベターです。
尚、昔から「身だしなみは靴から」と言われるほど、靴から与える印象は大事なものですので、汚れを放置していたり、履き古されたようなもの、かかとが擦り減っているようなものはお勧めできません。面接の前にしっかり磨いて、破損個所や擦り減った部分は直しに出しましょう。

靴下

靴下はスラックスを履いてしまえば見えないという事で気を抜いてしまいがちなものですが、身体を動かす間に見えるものが面接の場に相応しくないキャラクターものや色柄ものはやめましょう。

当然、ここ最近の流行りであるくるぶしほどまでしかない短いものはNGです。
また、意外に勘違いされがちなのが、「白」はあまり相応しいとは言えないという事です。フレッシュ感を出すために白を選ぶというお気持ちは分かりますが、基本はスーツに合わせた色、つまり、黒や紺、濃いグレーがベストです。

季節の着こなし

さて、世間では「クールビズ」という言葉が当然のように使われるようになりましたが、たとえ夏場の面接であったとしても、ジャケットとネクタイは着用しましょう。

また、夏場だからこそ薄いグレーやベージュといった色を選んで、暑苦しさを和らげて爽やかさを演出したいという気持ちも分かりますが、基本的には、仕事でマルチに活用できる黒、紺、濃いグレーの3色がベターです。

もし、多少でも色合いに変化を付けたいという事であれば、ネクタイで変化を付ければよいでしょう。先ほども申し上げたとおり、面接のスーツの着こなしで、比較的自分の好きな色を選びやすいのがネクタイです。薄いピンクや薄いグレー、夏場なら明るめの青がワンポイント程度に入っていても良いかもしれません。

では、冬場はどうすべきかといったところですが、冬に着るべきスーツの色も基本的には同じ考え方になりますが、夏物と冬物では素材や軽さ、生地の厚さなどが全く違いますので、夏場に厚い生地の冬物、冬にヒラヒラした夏物を着るというのは考えものです。

そして、夏と冬で違うのは、コートがあるかないかです。コートは面接の場に着るものではなく、事前に脱いで受付を済ますことになりますが、脱いだコートは片腕にかけて持ち運ぶことになるのがほとんどです。

つまり、結局は目に付くコートの色が派手であったり、革製であったりカジュアルすぎるものは、たとえ脱いで手に持っていたとしても、面接に来るのにふさわしい装いであったとは言い難い印象を与えますので、スーツに合わせて、黒や濃い目のグレーといったものが良いでしょう。

女性の場合の例

さて、男性のスーツの選び方や着こなし方についてお話させていただきましたが、続いては女性のスーツについてのお話となります。ただし、「面接に相応しいスーツを着る」という前提は男性も女性も同じですので、色合いや形の考え方については共通する部分が多くあります。それらを踏まえて、下記をご参考になさってみてください。

スーツ

女性用のスーツの場合、男性と色や形が似ているものも違うものもありますが、基本的には黒、紺、グレーの色がおすすめです。ただ、一般的に女性の場合は多少薄めのグレーやベージュといったものを着ていても問題ないとされています。
とはいえ、比較的色が明るめでも良いとはいっても、ピンク色や黄色などは絶対に避けるべきでしょう。

また、当然のことながらシワ、シミなどがないキレイにクリーニングされたものを着るという点も男性の場合と同じです。

ボトム、スカート

女性の場合、パンツスタイルとスカートからスーツを選ぶ必要がありますが、どちらを選べばよいか迷った時は、面接を行う会社の業種や、希望する職種に合わせれば良いでしょう。

例えば、営業職などのアクティブに動き回ることを前提とするならパンツスタイル、オフィス内での仕事が主になる場合はスカートが無難です。あの、女性のスーツには男性と違って様々なデザインがありますが、多少なら良いかもしれませんが、フリルが派手なものやスリットが入ったようなものは避けた方が良いでしょう。

ベルト、靴

ベルトと靴の選び方も男性の場合同様に、それぞれ同色で揃えられれば良いでしょう。ただ、女性のスーツスタイルは、必ずしもインナーをパンツの下に入れるというわけではありませんので、ベルトは不要な場合もあります。

尚、靴の形でベターなのは、黒のパンプスでヒールが高くない物が良いでしょう。ミュールやピンヒールはもちろんNGです。更に付け加えるなら、ヒールが床に付いた時に音が激しくなるようなものも避けましょう。色、デザイン、形はそれぞれ、派手すぎず清潔なものを前提として、靴は予め直しや磨きをしておくことをオススメします。

ストッキング

女性のスーツスタイルで男性と違う点としてもう一つ、ストッキングがあります。ただ、柄や装飾、黒などのオシャレさが出てしまっている物は一切避けて、自分の肌より少しだけ濃いベージュの一択だと考えておきましょう。

季節の着こなし

女性の場合、「クールビズ」といってもネクタイを付けているわけではないため、ジャケットを脱ぐかどうかくらいのものですので、夏場でも基本は上記までのような通常の着こなしで問題ありません。仮に企業側から「クールビズでお越しください」と言われていたとしたら、それに沿うのがベストですからジャケットを脱いで入室する事になるかと思いますが、これは絶対にそのようにしなければいけないというものではありません。

そもそも、クールビズとは暑さを和らげ省エネを目指すことが目的ですから、クールビスで面接を受ける事に意味を持っていると思われる話でない限り、ジャケットをそのまま着ていて問題という事はありません。

ただ、少々悩むのが冬場の着こなし方です。冬場にはどうしてもスカートですと足元が寒いですから、厚めのタイツが履きたくなるところですが、タイツの印象を「野暮ったい」と思う面接の担当者もいるようです。

参考:「第一印象で損しない転職面接での正しい服装マナー(男女別)」

そもそもタイツは色の濃いものが多く、黒のタイツを履こうものなら葬式を連想させる上、どうしても暗いイメージとなるため、タイツを履くくらいであれば思い切ってパンツスタイルにしてしまった方が、シンプルです。

就活面接でのスーツのボタンの留め方

男性と女性の面接時のスーツの着こなしについて解説させていただきましたが、ジャケットのボタンの留め方にも知っておいた方がよいことがあります。男性のスーツの着こなしを見ていると、何やらボタンを外している方が多くいますが、あのボタンを外しているのにも、れっきとした理由があるのです。

もともと、スーツのジャケットというのは、モーニングスーツが起源と言われており、モーニングスーツのボタンというのは1つしかありませんでした。よって、ボタンは1つしか留めないという形式を元に、現在のボタンの留め方の違いが生まれたと言われています。

また、ボタンとはいっても、2つボタンタイプと3つボタンタイプなどの違いもありますし、男性と女性とでボタンの留め方のマナーにも少々違いがありますので、それぞれのボタンの留め方を覚えておきましょう。

男性の場合の留め方

面接の際に、男性のスーツのジャケットでボタンが3つのタイプと2つのタイプがあります。では、2つボタンのタイプの場合、どのようにボタンを留めるべきかというと、「下のボタンを外しておく」というのがマナーです。

尚、一般的には2つボタンのタイプのスーツが就活生の着るものですが、中には3つボタンのものもあります。3つボタンのタイプの場合も同じように「一番下のボタンは外す」というのが基本です。

そして、上2つのうち、どちらのボタンを留めておくべきかですが、3つのボタンのうち真ん中のボタンだけを留めておくのがマナーです。更に、ジャケットの襟の裏に隠すように付けられている「段返りボタン」というものもありますが、これも留める必要はありませんので、段返りボタン以外の3つのうち真ん中だけ留めるという認識で問題ありません。

また、座るときはボタンを外して、起立するときにさり気なくボタンを留めるといったマナーもよく聞きますが、これらは面接のときには無理に行う必要はありません。

むしろ、外国と違い、日本の面接においてはボタンが外れている事を気にする担当者もおりますし、習慣付いていない事を無理に行うのも不自然に見えますので、ボタンは留めたまま着座しましょう。

女性の場合の留め方

続いて、女性用スーツのボタンの留め方についてです。男性のスーツの場合はボタンの留め方のような違いはありません。では、女性のスーツの場合のボタンの扱いはどうすべきかですが、答えは単純で「全てのボタンを留める」というのが一般的なマナーです。

そもそも、男性のスーツのように、ボタンを外すという習慣を「アンダーボタンマナー」と言いますが、女性の場合は気にする必要はなく、とにかく全部留めます。当然、座る立つの際のボタンの付け外しもする必要はありません。

就活面接のスーツの色のマナー

ここまで、スーツに関するあれこれをお話させていただきましたが、何故色合いについて黒や紺、濃いグレーという色が一般的なマナーとされているのかというお話です。

確かに、就活のシーズンになると就活生のほとんどが黒のスーツです。ストライプの入っているスーツを着ている人もほとんどいません。ただ逆に、黒や紺、濃いグレーなどの色以外がマナー違反とされる理由に明確なものがあるわけでもありません。これは、日本の慣習とも言えるものであって、極論、ストライプが入っていようが、少々明るめの色であろうが自由なのです。

しかしながら、今回のスーツを着る目的というのは「就活」であり「面接」です。世の中のほとんどの就活生が基本色のスーツを着ているところに、突然ストライプ柄の明るい色のスーツを着る就活生が現れたら、面接の担当者はどのように思うでしょうか。

「個性的に見えると思う!」という答えになるなら、それはあなたの考えですから誰も何も言えないでしょう。他の就活生とは違うというところをアピールしたいという気持ちや意見があるのも事実です。

ただ、面接で求められる事を考えるとその思いは変わるかもしれません。就活の際に企業がどのような人材を求めているかというと、「一般常識」「社会的順応性」「フレッシュ感があるかどうか」など様々です。

要は、面接の担当者があなたのスーツ姿を見てどう思うか、面接で着ているスーツでそのまま仕事に出られるのかという事が重要なのです。例えば面接の際に、以下のような質問を受けたとしたらどのように答えるでしょうか。

「何故、他の人とは違うタイプのスーツを着ているのですか?
「仕事において見た目は重要ですが、黒一択という考えは仕事の上で必要ないと思うからです。」
「では、黒のスーツでは仕事に支障があるという事ですか?その色であれば実績に繋がるとお考えなのですか?…。」

昨今では、リクルートスーツが黒一択という事に疑問を投げかける方も増えていますが、上記のように、面接にオシャレさや個性的な服装が本当に必要でしょうか。その服装から仕事がしたいという気持ちをどのように伝えられるでしょうか。

もちろん、見た目がダサい、野暮ったい、何だか暗いという印象はよくありませんが、「みんなが着ているものを着る」ということで何か弊害があるのかというと、そうは考えられません。面接で大事なのはスーツのデザインや色、形などではなく、「私はこの会社で仕事をしたい」という思いを伝えられるかどうかです。

郷に入っては郷に従えという言葉もありますが、個性を出したい、デザインにこだわりたいというのであれば、入社してからでも可能です。今現在の一般的な認識とは違う個性を出す事は面接の担当者からしてみればやぶさかではないかもしれませんが、就活生側にしてみれば、単に採用に関わるリスクを負っているだけとも言えます。会社の雰囲気や慣習、考え方に合わせる。

これが、就活面接におけるスーツの色のマナーだという事は覚えておきましょう。

就活面接でのインナーのマナー

スーツのマナーに関する考え方をお話させていただいたところで、今度はインナー、つまりシャツに関するマナーについても覚えておきましょう。衣料関連や服飾関連の会社の面接をするにあたってオリジナリティを求められるような場合は別ですが、基本的に無地がベストです。

もし仮に面接をする会社から、スーツや服装に関して「自由に」と言われていたとしても、目立たない程度の柄やストライプにすべきでしょう。

では、男性と女性の別でのインナーのマナーをご紹介させていただきます。

男性の場合のマナー

男性の場合のインナーは、基本的に白がベストです。スーツ専門店に行くと、就活コーナーに白以外のものも展示されていたりしますが、色や柄が付いていたとしても薄めのものにしておくのが良いでしょう。袖は半そでではなく、長袖を選びます。

また、襟の高さですが、襟が高いとカッコよくて正直なところ欲しくなってしまうのは十分に分かりますが、改めて申し上げますと、これは面接用のスーツです。襟は高すぎず、形もオーソドックスなものにしておきましょう。

尚、マナーとして当然の事ではありますが、「袖のボタンは全部留めておく」「襟、袖の汚れはキレイにしておく」「袖がジャケットより出すぎない」「ワイシャツの下には白無地のアンダーを着ておく」という事は守りましょう。

ちなみに、長袖、アンダーという点について「ジャケット着ているから大丈夫なのでは?」と思われるかもしれませんが、最初の方にお話させていただいた「クールビズ」の話が関わると、そのようにも言ってられません。面接の際に、「暑いと思いますので、上着を脱いでください」と言われる事もありますから、シャツが汗で濡れていたり肌に張り付いていたりすると、清潔感というところで良い印象は与えませんし、ジャケットの下が半袖シャツというのも、そもそもスーツの着こなしという点で印象はよくありません。仮に、クールビズを強く励行しているような企業であれば別ですが、特にそのような話がないのなら、長袖シャツにして、アンダーは着る方が無難です。

女性の場合のマナー

続いて、女性のインナーについてです。スーツの説明にもありましたとおり、女性のインナーに関する認識は男性よりも少々緩めです。色は白がベターなのは同じですが、カジュアルすぎなければ多少フリルが付いていても問題ありません。
また、女性の場合下着が透けてしまうのはよくありませんから、同色のキャミソールも着用しておいた方が良いでしょう。

尚、クールビズについての考え方は男性の場合と同じです。長袖の物を着て、袖のボタンや胸元のボタンを空けない、襟は高くないものを着る、これが一般的なインナーのマナーです。

就活面接でのその他のスーツのマナー

男女別にスーツの常識やマナーについてお話させていただきましたが、着こなし方はだいぶご理解いただけたかと思います。就活の際は、スーツ、シャツ、靴、ベルト、ネクタイなどのアイテムを自分に合ったサイズのものを派手にならない色で揃え、清潔にしておくというのは大前提であることは覚えておきましょう。それらを元に、今度は「コート」「カバン」「アクセサリ」についての考え方もご紹介させていただきます。

コート(男性)

コートについては、最初の方にも少しお話させていただいておりますが、スーツなどのマナーと基本的な考え方は変わりません。色は黒、紺、グレーのあたりがベターです。

尚、コートにも形が様々にありますが、ステンカラーやトレンチと代表的なところです。ピーコートやダッフルコートでも問題ないと言われる向きもありますが、避けた方が良いとも言われることもあり、判断は微妙なところですので、代表的なもので揃えてしまえば問題ないでしょう。

明らかに好ましくないのはダウンコートや膝下まであるようなロングコートです。就活という点でいうと、見た目上良くないことはお分かりいただけるかと思います。

コート(女性)

女性のコートについても男性同様、ステンカラーやトレンチといったものが主流です。色は黒、紺、グレーに加え、ベージュ、茶などでも問題ありません。尚、丈の長さに決まりはありませんが、膝下までくるような長すぎるものは避け、スカートより気持ち短めくらいがベターです。

カバン(男女共通)

カバンやバッグにはこだわりたいという気持ちもあるかもしれませんが、無難なのは「黒の無地」「ビジネスバッグ」です。黒以外にもたくさんの色が売られていますし、革製の物となるとカッコいいので欲しくなります。

しかしながら、革製のものについては高級品というイメージがあり、就活生という立場で考えるとあまり印象は良くはないでしょう。また、ブランド品はどうかというと、ブランドのロゴが外からでも分かるようなものでなければ問題ありません。

ブランド品でも、外側にロゴをあしらえていない物もありますし、革製ではない物もありますので、こだわりとしてブランド品を選ぶなら、さり気なくこのような物を持っていれば良いでしょう。尚、男性と女性の別で違いがあるかどうかは、強いて言うのであれば、女性のカバンは肩掛けのトートバッグも許容範囲といったところでしょう。

アクセサリ(男性)

普段からネックレスやブレスレッドなどを付けている方もいらっしゃるかもしれませんが、面接の時には必ず外しておきましょう。

ピアスはもちろんですし、カバンに付いているアクセサリや財布のチェーンも同様です。「シャツを着てしまえばネックレスは見えないから」と考えるのは自由ですが、宗教上の問題等でもない限り、素直に外してしまった方が良いでしょう。

ただ、唯一許されるのは「結婚指輪」です。就活生で結婚をしているという人も、そこまで多くはないかもしれませんが、結婚指輪なら悪い印象を与える事もありません。

アクセサリ(女性)

女性の場合ですと、アクセサリーについては少し緩めに考えていただいても良いでしょう。もちろん、派手にジャラジャラと色々な箇所に色々なアクセサリが目に付くようでは良くありませんが、ゴールドかシルバーの細めのチェーンの物であったり、大きなペンダントなどが付いていない物あれば問題ないでしょう。

また、ピアスや指輪についてですが、これには様々な見方がありますので、意見が分かれる時点で付けない方が無難と言えます。もちろん、結婚指輪は男性と同様の認識で構いません。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。