【男女別】就活面接で私服指定のときの服装例|適切な靴・髪型

就活の面接で私服指定だったときの服装例

採用先の企業から「面接当日は私服で起こし下さい」と連絡が来て困った経験のある就活生は少なくありません。面接に限らず就職活動はスーツ姿で行うのが一般的ですが、ときどき私服での面接を実施している企業があるのです。

面接で私服指定されたとき、就活生に最も気を付けてもらいたいのは「私服なら何を着ても良いわけではない」ということです。ここで企業が言う私服とはあくまで「スーツ以外でビジネスにふさわしい服装」のことであり、自宅にいるときや遊びに行くときに着る「普段着」とは全く違います。

では、面接に着ていける私服がどのようなものなのでしょうか。企業の性質によっても若干異なりますが、一般的には「ビジネスカジュアル」と呼ばれる服装を選ぶのが無難でしょう。

ビジネスカジュアルはいわばビジネスの世界におけるドレスコードのようなもので、清潔で派手すぎず、目上の方の失礼にあたらないようなコーディネートがそう呼ばれています。就活生にとってはスーツ姿で受ける一般的な面接よりも少しハードルの高い私服面接ですが、考えようによっては自分のセンスを見せつけるチャンスにもなり得ます。

特に、入社後もスーツではなく私服で勤務する企業や、ファッション関係の企業の面接などでは就活生の私服選びも少なからずポイントになるはずです。それではここから、面接に適したビジネスカジュアルの例をみていきましょう。どんな企業の私服面接にも対応できるような無難なコーディネートをご紹介しておきますので、私服面接に困っている方はぜひ参考にしてみてください。

男性の場合の服装例

私服面接における男性のビジネスカジュアルはそこまで難しくありません。男性のビジネスカジュアルはジャケット×シャツという組み合わせが鉄板なので、そのラインを外さなければ大きく失敗することはないでしょう。

しかし、あまりに無難すぎるコーディネートだと個性が埋もれてしまうため、面接官に印象を残したいなら少し工夫をする必要はあります。ここでは、男性向けのビジネスカジュアルについて詳しく解説していきます。面接が行われる時期によってもコーディネートは変わってきますので、間違えないように注意しましょう。

夏に面接が行われる場合の私服

男性が私服面接を受けるとき、最も鉄板といえるコーディネートはジャケットを羽織ることです。しかし、面接の時期が真夏の場合は、ジャケットが暑苦しく見えてしまうことがあるため注意が必要です。

着心地の軽い夏用のジャケットであれば着用しても構いませんが、「暑いのに無理をして着ている」と思われるようなコーディネートは避けましょう。夏の時期のビジネスカジュアルとしては、ポロシャツがおすすめです。

「ポロシャツ1枚ではラフすぎるのでは?」と思われるかもしれませんが、実はポロシャツはビジネスの場でも着ることができるれっきとしたビジネスカジュアルなのです。実際に企業が行うクールビズなどでもポロシャツが使われており、私服面接でも問題なく着用することができます。

ポロシャツ以外には、長袖のYシャツも夏用のビジネスカジュアルとして知られています。長袖のYシャツは普段スーツの下から着ているのと同じもので構いませんが、私服として着る場合ネクタイは結びません。

ズボンは、チノパンなどの長ズボンを選びましょう。ビジネスカジュアルでは、基本的に短パンは履きません。長ズボンの色は黒でも構いませんが、黒だとスーツと見分けが付きにくくなるため、私服感が薄れてしまいます。ネイビーやグレーなどの落ち着いた色合いで、なおかつスーツと差をつけることのできる色の長ズボンがおすすめです。

冬に面接が行われる場合の私服

男性の場合は、テーラードジャケットを羽織るのが最も手堅いビジネスカジュアルとなります。特に冬に行われる面接では、テーラードジャケットを選ぶのが最も無難であるといえるでしょう。

テーラードジャケットは、レストランなどのドレスコードにもまず引っかからないほどキッチリして見える服装です。私服面接でも、テーラードジャケットを着ていればまずマイナスの評価を受けることはありません。

テーラードジャケットの下には、清潔感のあるシャツを着るのがオススメです。色がかぶらないように、テーラードジャケットが黒や紺色系なら、シャツは白といった感じで合わせましょう。この組み合わせが男性のビジネスカジュアルでは鉄板です。

ただし、問題はあまりにも無難すぎて、他の就活生とコーディネートがかぶる可能性が高いということです。

面接ではあまり派手な色のジャケットも選べないので、酷いときはテーラードジャケット×シャツという組み合わせだけでなく、カラーコーディネートまで他の就活生と丸被りすることもあるでしょう。

個性を出したいなら、カーディガンを羽織るという方法もあります。色はネイビーかグレーが適切ですが、ワインレッドくらいまでなら許容範囲です。カーディガンの下には白のシャツを着ることで、ビジネスカジュアルを演出することができます。

女性の場合の服装例

普段からオシャレに気を使うことの多い女性の場合、男性に比べるとビジネスの場で着用する服装の許容範囲が広いと言われています。男性ならテーラードジャケットやポロシャツといった定番のコーディネートがありますが、女性には決まった定義が無いのです。

範囲が広すぎてどんなコーディネートをすれば良いのかわからないという女性は、少し高級なレストランのドレスコードをイメージしてみましょう。少し高級なレストランにはドレスコードが設定されていて、TシャツやGパンといったラフすぎる格好では入れません。

本格的なドレスを着るというほど畏まる必要はありませんが、最低限エリ付きのシャツを着たり、長めのスカートを履くはずです。このように、ビジネスカジュアルはレストランなどのドレスコードと似たような基準で選ぶことが出来ます。公共の場に出ても恥ずかしくないような落ち着いたコーディネートを目指しましょう。

夏に面接が行われる場合の私服

面接が行われる時期が夏なら、涼しげなコーディネートが良いでしょう。ごてごてと上着を羽織りすぎて、面接会場に着くまえに汗だくになってしまっては元も子もありません。

女性のビジネスカジュアルとしては、エリ付きのシャツがおすすめです。シャツとは言っても普段スーツの下に着ているようなものではなく、半袖のシャツや、少し装飾がついたデザイン性の高いもので構いません。

女性用のシャツは、下がスカートでもパンツスタイルでも合わせやすく、また少しくらい着崩していても清潔感が崩れません。色は白が無難ですが、薄い水色のシャツにも人気があります。

冬に面接が行われる場合の私服

冬の時期はある程度厚着ができるので、ビジネスカジュアルのコーディネートがしやすい時期です。テーラードジャケットやカーディガンなどの上着を利用して上手くコーディネートを組み立てていきましょう。

男性のビジネスカジュアルでは定番とされるテーラードジャケットですが、もちろん女性にもおすすめです。男性向けに比べて色味が明るいデザインのものが多く、個性を出しやすいのも女性向けテーラードジャケットの魅力です。

ビジネスカジュアルであっても、黒やグレーといった暗い色に限らず、白や水色などの明るい色合いのものを選べるのは女性の特権といえるでしょう。

就活の面接で私服指定だったときに避けた方がいい服装

ここまで私服面接にふさわしい服装についてご説明してきましたが、では逆に「私服面接に避けたほうが良い服装」とはどのようなものなのでしょうか。私服面接に適していない服装はいくつかありますが、そのなかでも特に就活生がやってしまいがちな服選びのミスについて解説していきましょう。

男女に共通して言えるのは、「ラフすぎる格好は避けるべき」ということです。ノースリーブや半ズボンなど、まるで遊びにきたような恰好はビジネスマナー的にNGです。また、キャラクターのイラストが入ったものなど、コミカルなデザインの服装も避けるべきです。

ファッションに自信のある方がやってしまいがちなミスとしては、「私服面接に派手な服で行ってしまう」というものがあります。アパレル関係など、一部の業界では個性的なファッションが評価されることもありますが、一般的な私服面接ではビジネスカジュアルの落ち着いたコーディネートを守るべきです。

あまりに奇抜なファッションで面接に行くと、常識が無い人間だと思われかねませんので注意しましょう。その他、男女別に注意したいポイントには以下のような点があります。

1:男性の場合の服装

男性に多い間違いが、私服面接にTシャツで行ってしまうというパターンです。ビジネスカジュアルの定義はあいまいですが、少なくともTシャツはラフすぎてビジネスにはふさわしくありません。

また、Tシャツと合わせるためにGパンを履く方もいますが、これも間違いです。Gパンはもともと作業用として使われていたズボンをカジュアル化したファッションなので、ビジネスの場で履くのはマナー違反となります。基本的に、デニム生地の服装は避けたほうが良いでしょう。

2:女性の場合の服装

私服面接で女性が注意すべきなのは、キャミソールやミニスカートなどの露出が多いコーディネートです。肌の露出が多いファッションは不真面目に見えてしまうため、ビジネスカジュアルとしては不適切です。

スカートを履くぶんには構いませんが、面接に履いていくスカートはあまり丈が短くないものに限定して選びましょう。タイトスカートや、眺めのフレアスカートであればビジネスカジュアルとしても問題ありません。そして意外と盲点なのが、ワンピースの扱いです。

見た感じは清楚な服装に見えるワンピースですが、実はビジネスカジュアルとしては不適切とされる場合が多いのです。ワンピースはパーティやリゾートで着ることが多いため、やや「遊びの服装」というイメージがあるためです。

しかし、ワンピースの上からジャケットを羽織ればOKとしている企業もあり、ワンピースをどのように扱うかという判断は面接官に委ねられます。面接官がどのような裁定を下すかわからない以上、面接でワンピースを着るのは避けるのが無難かもしれません。

就活の面接で私服指定だったときのベストな靴

私服面接で意外に悩ましいのが靴の選び方です。プライベートで履くスニーカーでは不真面目に見えますし、かといってスーツ用の革靴だと堅苦しくてコーディネートに合いません。

そこで、ビジネスカジュアルに合わせるための靴を一足選んで購入しておくことをおすすめします。一度の面接のためだけに靴を買うのは抵抗があるかもしれませんが、別に高価な靴でなくても構いませんし、購入した靴はきっと社会に出てからも役に立つはずです。

なぜなら私服面接を行う企業だと、入社後にも私服で出社する機会がある可能性が高いからです。ビジネスカジュアルに合わせる靴の選び方には、ある程度ルールがあるので、服を選ぶときほど難しくはありません。靴の選び方は男女によって大きく異なるため、以下で詳しく解説していきましょう。

1:男性の場合の靴

男性のビジネスカジュアルには、革靴を履くのが基本です。デザインによってはスーツを着るときに履いているものと同じでも構いませんが、せっかくの私服面接ですから、ちゃんとした靴を買って個性をアピールしましょう。

ひとくちに革靴といっても、その種類は着用する場面に合わせて10種類以上に及びます。スーツ姿に合わせる革靴は、一般的に「ストレートチップ」や「プレーントゥ」と呼ばれる装飾の少ない革靴です。

デザイン性が高い革靴は面接には不向きと言われていますが、ビジネスカジュアルが認められる場合はその限りではありません。ビジネスカジュアルでは「ウイングチップ」や「Uチップ」などの、デザイン性の高い靴が選べるのです。色も黒に限らず、コーディネートに合わせて茶色などのカラーが選べます。

ただし、革靴のなかでも「ローファー」や「スリッポン」などは避けたほうが無難です。これらの革靴はプライベート用のなかでも楽に履けることを目的として作られたモデルなので、ややだらしない印象を与えてしまうためです。

2:女性の場合の靴

女性の場合はパンプスを選ぶのが良いでしょう。派手すぎない色であれば、多少カラフルなものでも構いません。ボーダーラインの判定は面接官しだいですが、真っ赤なパンプスは避けて淡いピンクを選ぶといった感じで選ぶとわかりやすいです。

ヒールの高さが苦手だという女性は、バレエシューズのような低い靴でも大丈夫です。バレエシューズの場合も、パンプスと同じように淡い色合いのものから選ぶようにしましょう。

就活の面接で私服指定だったときのベストな髪型

就活生にとって身だしなみを整えることは合否を左右する重要な要素です。私服面接では服のコーディネートに気を取られてしまいがちですが、髪型をキレイに整えることも忘れないようにしましょう。

せっかくコーディネートがピシッと決まっても、髪型がボサボサでは全て台無しです。

1:男性の場合の髪型

男性の場合、私服面接だからといって髪型を無理にいじる必要はありません。通常の面接と同じように、短めで清潔感のある髪型であればOKです。一般的な面接官は、男性の髪は短いほうが良いと考える傾向にあります。

丸坊主とまではいきませんが、眉毛が見えるような長さの前髪、襟足がかからないような長さの後ろ髪といった基本を遵守しましょう。コーディネートと髪型が合っていないと感じるようなら、多少ワックスをつけて髪型をセットしてもかまいません。

しかし、あまりガチガチにセットしすぎると不真面目な印象を与える可能性もあるため、バランスに注意してください。

2:女性の場合の髪型

女性の場合、後ろ髪は一つに束ねておくのが基本です。この基本は通常の面接と同じですが、私服面接の場合は多少アレンジを加えた結び方が許容されます。清潔感が崩れない程度であれば、髪を編み込んだり、ヘアピンを使ってとめてもOKです。

女性の場合、注意したいのは「髪を黒く染め直しておくこと」です。普段ファッション目的で髪を染めている方は、色の薄さに関わらず黒染めして元に戻しておきましょう。私服を着ていてもあくまで面接です。髪の色まで自由というわけではないので、間違えないようにしてください。

就活の面接で私服指定だったときに注意すべき点

私服面接で注意したいのは、カバンを忘れないようにするということです。スーツで面接に行くときに必ずカバンを持っていくように、私服面接でもカバンは必要不可欠です。

持参するカバンはスーツを着るときに使っているものと同じでも構いませんが、できればビジネスカジュアル用のカバンと使い分けたほうがスマートです。ビジネスカジュアルで持つカバンの種類に決まった規定はありませんが、レザートートバッグが最もおすすめです。

私服面接用にカバンを用意するなら、最低でもA4サイズの書類が入るサイズのレザートートバッグを用意しておきましょう。このように、私服面接では当日着用する服意外にも、カバンや靴など、様々な小物にも気を配る必要があります。

当日持っていくべき持ち物が他の私服と合っているかをチェックしておくことも、身だしなみを整える上で重要なポイントです。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。