【男女別】就活の面接に適切なカバンとは|デザイン・機能性

就活の面接で適切なカバンの例

就活は人生の一大イベントですから説明会、OB訪問、エントリーシート、インターンなどどれひとつとして気を抜けるものはありません。中でも面接は実際に企業の採用担当者や重役と会って質疑応答をするわけですから、服装や持ち物から完璧な装いで臨みたいものです。就活の面接に適切なカバンについてご紹介します。

まず前提として「カバンが理由でプラスになることよりもカバンでしくじってマイナスになることが多い」ということを押さえておいてください。いくら面接にベストマッチなカバンを持っていったからといってそれが理由で採用されることはありません。

「面接の場にふさわしいカバンを持つことでビジネスマナーをわきまえていることをアピールできる」「変なカバンで悪い印象を持たれないようにする」といった認識でいてください。面接におけるスーツやネクタイ、シューズなどと同じくカバンも「ビジネスマナー」に則ったものでなくてはいけません。

まず、男女ともに共通するデザインの原則は、
①黒
②無地
③ビジネスバッグ
の3つです。

無地の黒が基本とはいえ、派手すぎなければストライプ、ブランドのロゴ入りのデザインでも問題ないです。ただし、高級素材(本革、伝統織物など)で出来たものやブランドのロゴで一目でハイブランドだと分かるものは避けるようにしましょう。

面接のみならず就活におけるカバンの基本はビジネスの場にマッチしていて実用的であるということです。就活用の資料がそのまま入るようにA4サイズ以上で幅が広く床に置いたときに自立できるものを選ぶようにしましょう。自立可能なカバンでしたらイスなどに立てかける手間もかかりませんし、面接中にすべり倒れて邪魔することもありません。

また、自立式の方が床に置いたときの見栄えも良いです。やわらかい素材でできたカバンにありがちな「くたんと床に寝た姿」というのはどうしても清潔感がないように見えたり、だらしなく見えてしまうものです。

面接の際にビジネスバッグ以外のカバンで行った場合にはどうなるのでしょうか。一部のベンチャー企業のように私服で勤務するからカバンでなくてリュックサックでもOKというような企業ならば問題はないでしょう。

しかし、大半の企業では説明会の段階からスーツ・黒髪・ビジネスバッグのビジネスマナーを守ったスタイルが求められます。リュックサックやメッセンジャーバッグ、ハイブランドの非ビジネスバッグで面接に行くというのは、派手な色のスーツ・金髪・ピアス・運動靴で面接の場にいるのと同じぐらい非常識で就活上不利な行為です。ビジネスバッグではなく場の雰囲気とミスマッチである、それだけで減点対象です。

ですので、先ほど述べた①黒②無地③ビジネスバッグ、の原則を忘れないようにしましょう。

1:男性の場合のカバン

男性の場合は手提げ型がほとんどです。上にあるように黒の無地のカバンを基本的には選びましょう。無地でなくストライプ(シャドーストライプ程度)やブランドロゴ入りといったデザインも派手でない限りは許されますが、カバンの色に関しては黒以外の色は避けたほうが無難です。

実用性を考慮するとナイロンやポリエステルといった軽量で防水性に優れている素材が良いでしょう。ビジネスバッグにおいて「本革」などのレザー素材は年配の管理職クラスのサラリーマンが持つものというイメージがありますので就活生が持っているのは違和感しかありません。

一目でハイブランドだと分かるカバンも同様です。高級車に乗って通勤する新入社員のようなアンバランスさ、非常識さがあるので避けましょう。

また、男女共通することですが就活中のカバンには筆記用具や名刺入れ、充電器に折り畳み傘などの小物もぎっしりと収めることになりますので、必要に応じてすぐに取り出せるように内ポケット・小物入れが付いていて整理しやすいタイプのカバンが便利です。

また説明会や面接、各種受付では資料や書類を出し入れする場面が多いですから、大きめの外ポケットが付いているカバンだと資料を出し入れするのに非常に便利です。

女性用のカバンの大半が肩掛けであるのに対し、男性用のカバンは手提げが主流です。遠方に面接に行ったり、スケジュールが重なって何社もはしごする様な場合には肩掛けベルトが付いているカバンだと疲れにくく両手も開くので便利です。持ち手が下がるタイプのカバンですと、コンパクトになる上に、冬春の時期の面接ではコートをカバンの上に置くことが出来て便利です。

2:女性の場合のカバン

女性用のカバンは肩掛けタイプ(トート型)が主流です。就活では多くの資料を入れて長時間移動したりもしますので疲れないためには肩掛けタイプを選ぶのがベストでしょう。男性用のカバンに比べると女性用のカバンは比較的デザインや装飾に対して寛容な風潮があります。

少し派手なストライプや素材が本革のカバンでも許容範囲であるといえます。男性用のカバン同様、実用性の面からはナイロン製、ポリエステル製などをチョイスするべきでしょう。

「男性の場合のカバン」で触れている、「内ポケット・小物入れ」「外ポケット」「持ち手が下がる」などの便利な機能が付いているカバンを選ぶようにしましょう。

就活の面接での適切なカバンの持ち方

面接の際のカバンの持ち方ですが、入退室時には普段持ち歩くときと同じように男性は手に持ち、女性は肩に掛けるか手で持って入室します。面接官への礼ですが、男性の場合は面接官に礼をするときに片方の手でカバンを提げたままもう片方の手を太ももの横につけて礼をする、すなわち普通の礼の形に「片方の手でカバンを持つ」ことを加えるだけです。

一方、肩掛けカバンの女性の場合はカバンを肩に掛けたまま礼をするとカバンがずり落ちる可能性があるので礼をする際に脇でカバンを挟んで固定し動かないようにした上で礼をするか両手に持って太もも~膝の前で両手でカバンを持って礼をする必要があります。手提げカバンの女性も礼のときには体の前側で両手で持って礼をしましょう。

男女ともにカバンのファスナーはしっかりと閉め、中身が落ちたりすることのないように気をつけましょう。

就活の面接中にカバンを置くベストなタイミング

カバンを置くタイミングですが、入室後、一礼し面接官から「どうぞお座りください」と言われて着席します。この着席するときに同時にカバンをイスのすぐ横に置きましょう。女性の場合、スカートのすそを手で押さえて座る人も多いですから、先に座ってからカバンをイスの横に置く、カバンをイスの横に置いてから座る、いずれでもかまいません。

カバンを置き忘れて膝の上に抱えたままであったり、肩にかけたままで面接を受けるのはNGです。着席とカバンを床に置く、この2点を満たさないと面接は始まらないのだと心得てください。

カバンを置く位置ですが、面接官は就活生の正面に座っていますから、カバンをイスのきっちり真横に置く必要はありません。むしろイスの足と平行になっているかどうかを気にしましょう。正面から見てカバンが曲がっていては見栄えが悪くだらしなく思えます。

就活の面接のカバンで注意すべき点

就活の面接のときにカバンで注意すべき失敗ケースは以下のようになります。

カバンの色が黒ではない

先述したように就活におけるカバンは原則として黒です。就活で大切なことは外見上の個性は消して周囲に合わせ、エントリーシートや面接の中身で個性を出すということです。

カバンやスーツの色が周囲から浮くようなものであってはいけないのです。黒以外の色ならば紺色か茶色をスーツの色に合わせて選んでもかまいませんが、目立って周囲から浮かないように気をつけましょう。

「自立可能な」ビジネスバッグが自立しない

自立可能なビジネスバッグの大半は「中身が空の状態」か「中身が満杯の状態」で自立することを想定しています。ですので中身が中途半端な量の場合は自立できないことがあります。面接会場でカバンが自立しないからといってもたつかないようにしましょう。

ファイルが入らない

企業からもらった資料や企業に提出する書類は汚れや折り目、しわがつかないようにファイルなどに入れて大切に保存しておく必要があります。就活のみならずビジネス用の書類のサイズは基本的にA4サイズです。

多くのビジネスバッグはA4サイズの書類・ファイルが入るようになっていますが、中には十分な量が入らないものもありますので気をつけましょう。特にファイルやバインダーを使う場合にはかさが増しますので注意が必要です。

面接以外の時に複数社分の資料が入るようにマチが広く容量の大きなカバンを選ぶようにしましょう。蛇腹になっていて広がる構造のものも多くの書類を入れる必要がある就活においては便利です。

防水性が十分ではない

就活関連の資料や企業に提出する書類などが濡れないように持ち歩くカバンはナイロンやポリエステル製など防水性に優れた物でなくてはいけません。布製のカバンだと梅雨時や予期せぬ大雨のときなどに水がしみこんで中身の書類を濡らしかねません。

カバンの口が閉まらない

カバンの口にはファスナー、ボタン、マジックテープ、開きっぱなしのものなど様々なタイプがありますが、使いやすさからいうとファスナーが最も優れています。面接の最中にカバンが開いたままだとだらしなく見えてしまいますし、他社のパンフレットなどが覗いていたら心証が悪くなってしまいます。

女性用の肩掛けカバンだと、口の部分がしっかり閉じないと礼をする際にずり落ちて中身が散乱してしまうのも心配です。ボタンタイプだと口を閉めるのに時間や手間がかかってしまいますので、開閉がスムーズに出来て壊れにくいファスナータイプのものを選ぶのが良さそうです。上部だけでなく両脇までファスナーが付いていて物の出し入れが容易な「三方開き」と呼ばれるタイプが便利です。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。