就活面接に持っていくべきものリスト|忘れてしまったときの対処法

就活の面接に必ず持っていくべき持ち物リスト

面接は、とても緊張する一大イベントで、あらかじめ持ち物を準備しておかなければ、当日うっかり忘れ物をしてしまうといったミスも発生しやすくなります。

必要なものを忘れてしまうとそれだけで焦りが出て、自分の最大限の能力を発揮した面接ができなくなってしまうこともあります。面接に必要なアイテムは事前にしっかりとチェックして、前日の夜などに鞄の中に1つずつ入れて、忘れ物をしないように十分に対策しておきましょう。

それではまず、面接に行くにあたって絶対に持っていかなければならない必須アイテムから、特に重要な5つをご紹介します。

筆記用具・手帳

面接と言う場では、質疑応答を行うだけではなく、企業についての説明や業務の内容についての連絡事項等が告げられる場合もあります。その場合、暗記では間に合わない場合もあるため、メモができる手帳や筆記用具は忘れないようにしてください。

また、抜き打ちで簡単な筆記試験が用意されている可能性もあります。マークシート形式の場合、鉛筆でなければ記入ができない可能性もあるので、ボールペンやシャーペンだけではなく削った鉛筆と消しゴムも準備しておくようにしましょう。これらの筆記用具は小さな筆箱にまとめておくと鞄の中がばらつかずにスムーズに取り出せます。

受ける企業の資料

事前に行われた説明会等でもらった、面接を受ける企業の書類は当日も忘れずに持っていくようにしましょう。特に面接で使われると言う事は無いのですが、例えば行きの電車や待っている間に資料を見直し、企業情報等を最終確認しておくことができます。

緊張すると、一生懸命覚えたはずの内容も忘れてしまう場合があるので、ギリギリまで大切な情報を確認できるように備えておきましょう。

ESや履歴書のコピー

企業に提出するエントリーシートや履歴書などの提出物は、完成した状態でコピーを取り、当日も持参するようにしましょう。

一度提出してしまうと、自分が何を書いたのか確認することができません。記憶が曖昧なまま面接を受けてしまうと、書かれていたことを掘り下げて質問された時に的確な答えを返すことができず、提出物をいい加減に書いたのではないかと思われてしまいます。

面接のギリギリまで見直して内容を忘れないようにするために、ぜひ面接当日にはエントリーシートや履歴書のコピーを持参してください。

印鑑と朱肉

提出書類には、押印をしなければいけない場合があります。家でしっかり準備をできていれば良いのですが、うっかり押し忘れていた場合に備えて印鑑とポケット朱肉は一緒に持っていくようにしましょう。

また、面接では交通費が支給される場合があります。この交通費の申請には押印が必要となる場合が多いので、その点でも印鑑と朱肉は必須の持ち物として準備しておきましょう。

クリアファイル

一般的に、面接で使うバックはA4サイズの書類が入る大きさのものが推奨されています。

これは、会社で扱われている資料や提出物はA4用紙が基本の規格になっているからです。しかし、A4サイズの書類が入るサイズのカバンだからと言って、提出物や会社の資料をそのまま入れてしまうと中で折れ曲がったりシワが寄ったりする可能性があります。

面接に行くときには、クリアファイルを何枚かカバンに入れておき、重要な書類や汚れてはいけない資料などを挟んで保管するようにしましょう。特に、当日履歴書を等の提出物を渡す場合、汚れ等が目立つと心象悪くしてしまう場合があります。担当者に渡すまできれいに保てることもクリアファイルもっていく利点です。

就活の面接に持っていくと便利な持ち物リスト

次に、必須アイテムではありませんがあらかじめ準備しておくといざというときに役に立つ便利な物を6つ紹介します。日常生活で普通に持ち歩いているものもありますが、面接の時に限って忘れてしまったなどと言うことがないようにもう一度カバンの中をチェックしてみましょう。

現金・交通系ICカード

面接会場までへの移動は、大抵の場合電車やバスを使用するでしょう。乗り換えや移動がスムーズに行えるように、交通系ICカードを1枚用意して、往復の電車賃以上の金額をチャージしておくようにしましょう。

当日の朝駅に行ってチャージすればいいやと思っていると、遅れそうなときにチャージを忘れて、清算に時間を取られ遅刻してしまうといったイレギュラーが発生しないと言いきれません。当日は、とにかくゆとりを持った時間設定をして、あせらず会場に向かえるよう交通費一つとってもしっかりと事前準備を怠らないようにしてください。

また、交通ICカードがあれば現金は要らないと思う人も少なくありません。しかし、実際に出発してみると電車が遅延していた、アクシデントで予定の電車に乗れなかったなどと言う事態が起こる可能性もあります。そういった場合には、タクシーなどに頼らなければいけない状況になることもあり得るでしょう。そのためにも、緊急時の費用として最低でも5千円から1万円程度の現金は財布に入れておくようにしましょう。

腕時計

現代では、時間を確認するときにスマートフォンを見ると言う人も少なくありません。プライベートならそれで充分なのですが、ビジネスの場ではスマートフォンや携帯電話で時計を確認しているのはあまり良い態度とは言えません。

面接に向かう時には、シンプルでビジネスシーンにあった腕時計を1つ用意しておきましょう。たとえ実際に時計を確認することがなかったとしても、面接官は腕に時計があるかないかをこっそりとチェックしている場合があります。

特に年配の面接官だと腕時計をしていない人物は時間にだらしがないと言う認識をしてしまう場合もあるので、腕時計は形式上だけでも身に付けて面接に向かってください。

レインコートや折り畳み傘

天気予報が降水確率0%に近い晴天だとしても、レインコートや折り畳み傘はカバンの中に忍ばせておくようにしましょう。

特に、季節の変わり目などは天気も変わりやすく夕立や、急な雨に襲われ見舞われてしまう危険があります。面接会場にたどり着くまでにびしょびしょになってしまっては、せっかく身だしなみを美しく整えても何の意味がありません。

今は小さく折りたためるレインコートや、コンパクトにしまえる折り畳み傘が多数発売されているので、鞄の中で邪魔にならないものを探してみてください。

会場までの地図

面接会場までのルートをスマートフォンのアプリや、WEBサイトチェックするのは効率的で良いのですが、面接に行く時はスマートフォンとは別に印刷した紙の地図も用意しておくようにしましょう。

スマートフォンはルート案内などもしてくれる機能があり、非常に便利なのですが突然故障したり充電が切れてしあったりすると、地図が全くわからなくなってしまいます。土地勘のない場所で地図がないまま目的地にたどり着くと言うのは非常に難易度が高いものです。もしもの時に備えて地図を紙に印刷して、カバンの中に入れておきましょう。

また、スマホのルート案内等で最短のルートは表示される場合はそれを紙の地図に移しておくおくことで、予定していた移動時間を大きく超えることなく、面接会場に到着出来るのでオススメです。また、念のためこの地図には、企業の連絡先や店担当者の電話番号などもメモしておきましょう。

証明写真の予備

履歴書には写真を貼る欄がありますが、糊の貼付が甘いと気づかないうちに剥がれてしまっていることがあります。そういった場合に備えて、証明写真で撮った履歴書の予備は手帳などに挟んで持っていっておくことにしましょう。

たとえ提出するときに写真が剥がれていてしまったとしても予備があればすぐに貼り直して提出することができます。証明写真の裏には両面テープをあらかじめ貼っておくことで、糊を借りるといった手間をかけることなく貼り直しができます。

モバイルバッテリー

移動中、インターネットを見たり、音楽を聴いたりとスマートフォンは家にいる時よりもその使用頻度が高くなります。

また慣れない土地に向かうという行動では、地図をまめに見たり、現在地をして照らし合わせたりとスマートフォンや携帯の充電も早く消耗が早くなってしまいがちです。肝心な時に充電が切れて何の役にも立たないものになってしまわないように、モバイルバッテリーを1つ用意しておくと安心してスマホや携帯を使うことができます。

就活の面接で持ち物を忘れてしまったときの対処法

履歴書を忘れてしまったら?

面接当日に提出を支持されることが多い履歴書ですが、万が一当日履歴書を忘れてしまっていることに気づいたらどのように対処したら良いのでしょうか。

まず、思いつく方法は、現地のコンビニ等で履歴書をコピーし、新しく書き直すと言う方法です。予備の証明写真や印鑑を持っていれば、履歴書を書きなおす事は可能ですが、やはりもともと作っていた履歴書よりもクオリティーの低いものになってしまうでしょう。

このような場合に備えて、履歴書は完成したものをコピーしたり、写真にとったりしてデータを保存しておくことが大切です。元のデータがあれば、時間さえあれば履歴書を全く同じように作り上げる事は不可能ではありません。

また、手書きではなくパソコンで履歴書を作り印刷をした場合は、そのデータを手持ちのスマートフォンやクラウドサービスに保管する、ネットプリントのサーバー上にアップロードしておく、などの対策によって、現地のコンビニのマルチコピー機等で印刷をして履歴書を用意することも可能です。

しかし、何の対策も取っていない状態で履歴書を忘れてしまうこともあり得ます。そういった時は、下手に取り繕うのではなく早めに面接官や担当者に履歴書を忘れてしまったことを告げるようにしましょう。

履歴書を忘れたことで、1番いけないのは嘘をついてしまったり、慌ててパニックに陥ったりしてしまうことです。ミスをしてしまった事はその後の対応によっていくらでも挽回できます。

しっかりと忘れてしまったことを謝り、どうしたらいいか指示を受け、適切な処理を行えることで、企業側からトラブルに冷静に対処できる人物だと言う印象を持ってもらえる可能性もあります。履歴書を忘れてしまった時は焦らずに、どうしたらいいかを冷静に判断するようにしましょう

購入できる持ち物は現地で買おう

その他の持ち物は、基本的によほどの僻地でなければ現地のコンビニや文房具屋で購入できるものばかりです。しかし時間的に店がまだ開店していないといった場合もあります。

どんなに準備をしていても、忘れ物はしてしまう時はしてしまうと言う人間と切り離せないうっかりミスなので、面接に向かう時は最寄りの駅はどのあたりにコンビニがあるのかを調べ、何時から文房具屋やデパートが空いているかなども把握しておきましょう。

さらに、少し早めに到着するようにして忘れ物を最終確認する時間を作るなどの対策を練っておいてください。

面接の受付での挨拶方法・例

面接会場に訪れた際、1番最初に接することになるのが受付にいる社員の方です。受付を担当している社員は、人事に直接関わっているわけではないかもしれませんが、ここでの態度はその後の選考に大きく影響してきます。

受付でぞんざいな態度をとってしまうと、その印象が人事に伝わり、人によって態度を変える信用ができない人材人物だと言う認識をされてしまうこともあります。また、中小企業の場合、実際に面接や人事に携わる社員が受付も行っている場合もあります。

どちらにせよ、面接は、面接会場に足を踏み入れた瞬間、受付から既に始まっていると心得、しっかりと挨拶ができるように練習しておきましょう。

1:受付の人への挨拶方法・例

受付での挨拶では、自分が何をしに誰宛てに来社したのかを明確に伝えることが必要です。まず受付に到着したら、受付の社員に対してハキハキとわかりやすい声で、面接の日時と担当者の名前を告げましょう。

取り次ぎを頼むと、大抵、内線などを利用して取り次ぎをしてもらえます。その際、少々待ちくださいなどと言われたときには「恐れ入ります」と言う相手への気遣いを忘れないようにしましょう。

受付での挨拶例文

失礼します。私、○○大学の鈴木と申します。本日、10時30分から面接のお約束をしておりますが、人事担当の佐藤さまにお取次お願いしたいのですが

このように、最初に名前と要件を告げることで、相手が情報を分かりやすくキャッチできるようになります。もし、担当の名前がわからない場合は、
「担当者様にお取次お願いしたいのですが」などでもかまいません。

2:すれ違った人への挨拶方法・例

受付が終了すると、面接会場や書類を提出する部屋に案内されます。部屋に通されるまでに、社内の他の社員とすれ違うこともあるでしょう。この場合も、社員を無視するのではなくしっかりと挨拶を行うように心がけてください。

すれ違った人への挨拶例ですが、1人1人に立ち止まって、大きな声で自分の名前などを告げ一礼するといった大げさな挨拶をする必要はありません。すれ違った人への挨拶は、軽く会釈をする程度で済ませておきましょう。

面接の受付で内線電話のかけ方

さて、会社に入ると受付があり社員が常駐している会社なら、通常の受付の挨拶を行えば問題ないのですが、中には会社に入ってもエントランスに受付がなく無人となっている会社も少なくありません。

この場合、大抵はエントランスに内線電話が用意されており、その電話によって用件を告げ人を呼び出すと言う形になっています。これを知らないと、人がいるところまで勝手に入ってしまったり、誰かが来るまで待ち、遅刻してしまうといった事態も発生します。

内線電話の近くには、必ず「御用の方は〇〇番号までご連絡ください」などと言う案内が張り出されているはずです。会場に到着したら内線電話でその番号を押して、用件を告げ取り次いでもらえるようにしましょう。

面接の受付で内線電話のかけ方例

内線電話のかけ方は簡単です。まず受話器を取って指定された番号を押すと、会社の内線につながります。ただし、電話に出た人は、人事の社員とは限りません。その場にいた別の部署の人間が出ている可能性もあるのですぐに用件を話し始めないようにしましょう。

相手が電話に出たら、基本の面接の挨拶と同じように、自分の名前と何をしに来たか、担当者の名前等を伝えてください。そうすれば、相手が少々待ちください」と言った答えを返し、エントランスまで迎えに出てきてくれるはずです。

内線電話のかけ方例

(受話器を上げて内線番号をプッシュする)

社員「はい、もしもし

就活生「おはようございます。私、10時30分より面接のお約束をしておりました鈴木と申します。

社員「はい、只今ご案内いたしますので、少々お待ち下さいませ

このように、基本的な要件さえしっかり告げておけば後は相手の指示通りに動けば問題ないでしょう。電話の場合、聞き取りにくいこともあるので意識的にはっきりとしゃべるようにしてください。

面接の受付でのマナー

受付での挨拶の際にはいくつかのマナーが存在します。ここでの印象はその後の選考でも影響が出る場合があるので、基本的なマナーはしっかりと守るようにしましょう。

突然話始めない

人は、予想もしなかったタイミングで突然話しかけられると数秒脳みそが言葉を理解せず、何を言われているのか分からなくなってしまうことがあります。受付の社員に話しかける時は、相手が自分を認識したなと思ったらまず一声かけて、向こうの意識が完璧にこちらに向いてから用件を話し始めるようにしましょう。

お辞儀のタイミングに気をつける

先ほど意識をこちらに向けると説明しましたが、これに使えるのがお辞儀のタイミングです。まず「失礼します」などと声をかけた後、相手がこちらに目を向けたら、軽く一礼するようにしましょう。そうすると、話し始めるタイミングを一拍置くことができるので、相手の注意をしっかりとこちらに傾けることができます。

最初にかける声のかけ方に気をつける

一般的に人に声かけるときに使われがちな「すみません」は、ビジネスシーンにおいては正しい敬語ではなく誤った使い方とされています。

受付で受付の社員に声をかける時は、「失礼します」や「おはようございます」などのかける言葉を使うようにしましょう。ちなみに、おはようございますは午前11時までしか使えません。

就活の面接では何分前に受付を済ませるべきか

社会人になると、時間厳守と言うのはもっとも基本的なルールで、それゆえに非常に重要視される重要項目となります。学生時代は多少の遅刻が許されていたとしても、ビジネスシーンでは数分の遅刻が命取りになってしまうこともありのです。

面接と言うのは、社会に出る最初の準備とも言える大切な行動なので、万が一にも遅刻しないように、時間の余裕をもって行動できるようにしましょう。それでは反対に、面接などで時間を指定されていた場合、何時に会場に到着すれば社会人として理想的だと言えるのでしょうか。

面接は、実際に面接が始まる前までに受付を通過したり、書類を提出したりといった事前準備も発生します。そのため11時に面接開始と言われたからといって11時ぴったりに会場の入り口に着いたとしても、それは既に遅刻になってしまうのです。

一方で、11時面接開始なのに10時前に会社に着いて待っているのも企業側からすれば迷惑以外の何者でもありません。社会人は、時間を守るとともに、相手に失礼に当たらない適切な時間に会場に入ると言うこともよく考えて行動しなければならないのです。

受付到着は10分前がマスト

面接の受付時間が指定されている際、受付に到着するのは約10分前が最も適していると言われています。学校でも、10分前行動と言う言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。面接ではなるべく指定された時間の10分前、例えば11時指定なら10時50分に受付で挨拶できるように到着するよう時間を調節しましょう。

ちなみに15分前などでも問題は無いのですが30分以上前になると相手の行動を阻害し、業務を滞らせてしまう可能性があります。面接を受けるのは自分だけではないので他の面接就活生にも迷惑がかかってしまうでしょう。受付の到着時間は10分前、早くても15分前程度を目安に行動してみてください。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。