自己PRでの「笑顔」のアピールの仕方|履歴書の書き方・例文

履歴書の自己PRで笑顔をアピールしたいときの書き方

書類選考を追加するためには、自己PRは非常に重要なポイントになります。あなた以外の受験者とうまく差別化をしつつ、企業が「この人を面接でみたい」と思えるような、説得力と魅力のある自己PRにしなければいけません。

「笑顔」は、人として非常に魅力的なものになりやすいです。「笑顔が素敵な人」という褒め言葉は、素敵な人柄を評価するときに、よく使用されますよね。その「笑顔の良さ」をアピールする場合、履歴書にはどのような工夫をすべきなのでしょうか?

笑顔をビジネスに活かす方法を考えて書こう

履歴書の自己PRは、「企業がビジネスに役立てられるポイント」を記載するのが基本です。企業としては、事業で活躍してくれる人材が欲しいと思って自己PRをチェックするので、書類選考の段階から、より自社の事業に対する資質を持っている人を探しているわけです。

そのため、単に「笑顔が得意」「笑顔が良い」という自己PRを書いても、それだけでは事業に活かせる人材かどうか、採用担当者もなかなか判断できません。書類選考を目指すための履歴書であれば、あなたの「笑顔という長所」が、「企業にとってのセールスポイントである」と証明できる自己PRでなければいけないのです。

そのため、単に笑顔と書くのではなく、その笑顔によってもたらされるものや、事業への役立て方などを続けられるようにしましょう。「御社で働き始めた場合には、笑顔でお客様との信頼関係を築きあげ、業績に貢献したいと考えております。」といった書き方ですね。このためには、業界分析や企業分析を徹底して、具体的なアプローチを深く考察しておくことも重要です。

笑顔を裏付ける具体的なエピソードを記載する

あなたの笑顔を、自己PRとしてより強く認識してもらうために、笑顔によってもたらされたものを具体的に説明することが重要です。長所の裏付けをしたり、説得力が増す実際のエピソードを追加することは、履歴書で自己PR欄の完成度を挙げるために、決して欠かせないと言えるでしょう。

学生時代の授業やサークル活動、アルバイトやボランティア、インターンシップなど、様々なシーンを活用して、あなただけのオリジナリティがある内容を構築してください。笑顔が結びつけた成果や、解決できたトラブル、改善出来た課題などを、スペースが許す限りで分かりやすく説明しましょう。

「私の長所は、自らの笑顔によって、お客様の信頼を勝ちとる力です。この力を発揮したのが、学生時代に店頭販売のアルバイトをしているとき、個人売上がスタッフ平均の二倍の売上を出したことです。」といったように、具体的な数字があると、説得力は上がりやすいでしょう。

履歴書の自己PRで笑顔をアピールしたいときの例文

それでは、履歴書の自己PRに、あなたの笑顔について記載するとき、どのような書き方をすれば良いのか、例文をいくつか紹介していきます。長さや具体的なエピソードは、自分ならではのアレンジをして、よりあなたらしさが伝わるよう工夫しましょう。

笑顔を接客に生かすことをアピールする場合の例文

私の長所は笑顔です。学生時代から、友人や家族など、周囲の人に「笑顔が良いね」と褒められていました。二年生から始めたショップ店員のアルバイトでは、持前の笑顔を活かし、新規のお客様の獲得と、既存のお客様への親身なサポートが実を結び、月間のベストスタッフに選ばれたこともあります。

私は、まず笑顔でお客様の警戒心を解くことを目標としていまし。笑顔をすると、私自身の緊張もほぐれますし、そのことでお客様にも話しかけやすくなり、スマートに関係性を結びやすかったです。

販促活動も、1日100人以上の声かけを目標に取り組みましたが、常に笑顔でいられるように工夫していました。ここで培ったスキルをもとに、御社で営業職として働けることになった際にも、笑顔でお客様に声をかけ、お互いの緊張をほぐし、距離を縮めながら、売り込みに貢献したいと思っています。

笑顔で前向きな性格をアピールする場合の例文

私の自己PRポイントは笑顔です。常に物事を前向きにとらえる努力をし、たとえ嫌なことがあったり、苦手なことに直面してしまったりしたときにも、笑顔を作って乗り越えられるよう努力をしてきました。

学生時代に私が所属していたゼミでは、毎週ディスカッションが行われており、議論が行き詰ってしまうことも多かったのですが、私は笑顔でムードの改善を図り、柔軟に議論が進められるようアプローチをしてきました。

場の雰囲気が和むことで、他愛ないアイディアが出やすくなり、それが再び活発な議論に結びついていったこともたくさんあります。高学年になってからは、副ゼミ長としてリーダーのサポートをしつつ、教授からも「ムードメーカーをありがとう」と評価して頂けるようになりました。

貴社にご縁があったあかつきには、この前向きな笑顔を活かし、お客様の悩み解決に真摯に取り組むと共に、社内に良いエネルギーを与えられるような働き方がしたいと思っています。

履歴書の自己PRで笑顔をアピールするときの注意点

履歴書で笑顔を押し出した自己PRを作成する際、どのようなポイントに注意すれば良いのでしょうか。書類選考をより通過しやすくなるため、チェックしておきたいポイントをいくつか紹介していきます。

あなたならではの工夫を伝えよう

「笑顔が得意」であることは、とても魅力的である分、就職活動にあたっている多くの人が自己PR内容として採用しています。具体的なエピソードも、特に新卒採用の場合などはやや偏りやすく、他の人とかぶってしまうこともあります。もちろん、まったくかぶらないものでなければ、書類選考が通貨出来ないというわけではありませんが、よりあなたらしい内容に仕上げた方が、魅力もアップしやすいです。

前述した、「笑顔の説得力をあげる具体的なエピソード」では、あなたならではの工夫を盛り込めるようにすると、オリジナリティも増しやすいですよ。成果を上げるために意識したコツや、「笑顔に注力する」と決めるまでのプロセスなどを取り入れると、自己PRとしての完成度も上がりやすくなります。

抽象的な言い回しを避けよう

「笑顔」はとても身近なものである分、心がけや存在感について、しばしば抽象的な表現だけに偏ってしまいがちな人がいます。就職活動において、抽象的なものは向いていないことが多いです。

前述した「具体的なエピソード」についても同様ですが、より分かりやすく、実践的な内容を書くようにしましょう。これは、実際に事業で活かす方法や、かつての取り組みなど、笑顔による自己PRを展開していく上で、どのセクションにおいても言えることです。

面接の自己PRで笑顔をアピールしたいときの受け答え例

面接のクオリティを上げることは、志望先の内定を勝ち取るために、決して欠かせない重要なポイントになります。自己PRは、まず面接に用意しておきたい答えのひとつです。笑顔を売り出すために、どのような受け答えをするのが良いのでしょうか。例文をチェックしてみましょう。

私の長所は、笑顔で相手との信頼関係を結んで行けることです。

私は学生時代に、アルバイトで小学生を対象にした塾講師をしていました。生徒が学校でつまづいてしまった単元の解説と、宿題の対策でした。

アルバイトを始めた当初は、たとえ分からないところがあっても、なかなか質問をしてもらえませんでした。距離も縮まらず、打ち解けられない日々が続いていました。

このとき、私が小学生だったころの恩師に相談したところ、笑顔を意識することを進められました。出来るだけ笑顔で話しかけること、『分からないところはない?』と積極的に笑顔で質問にいくことで、少しずつ距離も縮まり、成績があがる子を増やせました。それ以来、笑顔によって人と結びつく方法を得ることが出来たと思います。

貴社にご縁があった際には、この力を活かし、笑顔でお客様の信頼を得て、事業貢献していきたいと考えています。

面接の自己PRで笑顔をアピールするときの注意点

面接で「笑顔の良さ」を売り出すためには、どのようなポイントに注意すれば良いのでしょうか。あなたの自己PRをより良いものにするために、注意しておきたいポイントをいくつか紹介します。

常に笑顔で面接を受けること

当たり前ですが、自己PRで「笑顔が良い」ということを伝えているのに、面接中の表情が硬かったり、笑顔でなかったりしてしまうと、まったく説得力がなくなってしまいます。もちろん、面接とは緊張するものです。就職活動の面接官をする上で、相手も十分それは理解しているでしょう。

しかし、自らの長所であり、自己PRのポイントとして「笑顔」を出しているのですから、緊張する場面でも、しっかり笑顔でいられるような工夫は重要です。リラックスするコツを知ったり、常日ごろから笑顔の練習をしたりしておきましょう。

逆に言えば、入室時点から良い笑顔の人が、自己PRで「笑顔が得意です」と言ったなら、「やっぱり」とい風に、評価もアップしやすいです。笑顔はその場で実践することができる、貴重な長所のひとつですから、そのメリットを積極的に活かしていきましょう。

自分以外の人から褒められた実績を伝えること

面接で自己PRをするとき、「自分で笑顔が良いと思っている」というだけではなく、「自分以外の人から、笑顔が良いと言われたことがある」というエピソードを追加すると、説得力はやはり増しやすいです。出来れば二、三人以上からの評価や、長期に渡る評価が望ましいです。

「わたしは昔から、学校の先生や家族など、身近な人から笑顔が良いと褒められています。」といったように、評価の前提条件を伝えた上で、ビジネスに結び付けられる笑顔の効果や、これまで獲得してきた具体的なエピソードなどを話せるようにしておくと良いでしょう。

自己PRの笑顔で内定を掴もう

いかがでしたか。自己PRにおける笑顔は、うまくアピールすれば、あなたの魅力をとても効率良く企業に伝えることが出来ます。履歴書や面接における伝え方を工夫して、あなたの志望企業の内定を掴む手助けにしていきましょう。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。