合同説明会であると便利な持ち物とは|バッグのマナー・注意点

合同説明会とは

就活が始まると、書類選考や面接などのいくつかのステップの始まりとして会社説明会に参加する機会が増えるでしょう。会社説明会とは、その名の通り該当の会社についての説明を行ってくれる会となります。会社説明会にはいくつか種類があります。

該当する会社の本社などその企業で開催する場合もあれば、大学に多くの企業が集まる説明会、東京フォーラムなどの広い施設内で企業が集まる説明会などがあります。その中でも、就活を始めたら必ず耳にする「合同説明会」について解説します。

合同説明会は大規模で行われる

合同説明会とは、前文の中で紹介した大学や東京フォーラムなどの巨大施設に企業が集まり、一挙に自社の説明会を行うことを言います。大学では、各教室を使用して説明会を行ったり、指定スペースで企業ごとにブースを作っている場合が多いでしょう。巨大施設で開催される合同説明会は、イベント規模にもよりますが、一般的に広いスペースでもありますので、数百社に及ぶ会社が集まることが多いです。

また、大学のように部屋があるわけではありませんので、企業ごとに仕切りを立ててブースを作っています。部屋ではありませんので就活生が話を聞く際には、パイプ椅子で席を作ります。また、その席にも限りがありますので、着席できなかった方は、立って話を聞くという形になります。

巨大施設で開催する合同説明会は、就活サイトやその他SNSなどから参加者を募ります。数多くの就活生が参加することが予想できますし、参加企業も多いものです。そのため、合同説明会は大変混雑していることが多いです。

企業説明会との違いとは

では、企業で行われる説明会と合同説明会の違いとは何かと気になるでしょう。前段落でもお話ししたように合同説明会では同日に数多くの企業説明を聞き、多数の会社知識を得ることができます。

それだけではなく、会社説明後にそのまま面接ができる企業もありますし、スピード感を持って選考を進められるケースも存在します。イベントによっては、留学生を対象としたものや、バイリンガルの学生をターゲットとすることもあります。また、理系学生向け合同説明会などもあり最近では合同説明会のバリエーションが増えてきていると言っても良いでしょう。

合同説明会に必須の持ち物一覧

一社の説明会を聞きに行くだけであるならば、企業が持ち物を指定してくれるものです。しかし、企業数が膨大である合同説明会では、突発的にある会社の会社説明会に参加しようと考えることもあれば、場合によっては選考に進むこともあるかもしれません。

通常の企業説明会とは異なる分、持ち物が分からないと不安を覚えることもあります。また、予想外のケースにも対応し、よりよく就活を進めたいものです。収穫のある合同説明会とするためにも、合同説明会に必須の持ち物についてご紹介いたします。

ノート

合同説明会に参加する際には、目星の企業があって説明会へ参加することもあれば、逆に様々な業界の企業を知りたいと考えて参加する方もいらっしゃるでしょう。目星があってもなくても、企業知識を得る面では同じです。新しい情報や重要な点だと考えた際には、ノートに書き留めることが大切です。書き留めることで、その後の選考などで生かすことができますし、企業研究の一環として行うためにもメモ書きは必須になるものです。

ノートがなく、紙切れなどに会社についてのメモ等を取ることは、企業へ良い印象を与えないでしょうし、もし採用担当者がその行為を覚えていたら、そのことが選考結果に影響を与えてしまうかもしれません。合同説明会では、特にメモを取ることを意識して説明を聞くことが重要になります。ノートは忘れないようにしましょう。

筆記用具

基本中の基本となりますが、筆記用具は必ず持参しましょう。特に、3色ボールペンなど1つのペンに数種類の色を揃えているペンだと、合同説明会では重宝するでしょう。

合同説明会の際には、重要点など特に留めておきたい内容やキーワードは色を変えるなどをすると、あとから確認した際に見やすさが一段と増すものです。一日に多くの企業説明を聞くことが予想されます。話のポイントを分けることで頭の中の情報を整理することにも繋げられます。

そのためには、色ペンを持参することをお勧めします。合同説明会では、必ず椅子に座れるという保証はありません。そのため、複数のペンを持ちながら説明を聞くことは難しいでしょう。そのような状況を回避するためにも、1つのボールペンに数色入っているペンが大変便利になります。

履歴書

合同説明会では、会社によってはその場で面接を受けることができることがあります。また、書類提出を受け付けている会社もあります。前から志望している企業であるならば、事前に提出書類の準備ができます。しかし、合同説明会で、企業説明を聞いたことで選考に進みたいと思うこともあるかもしれません。そのような場合のためにも、複数の履歴書を持参することをお勧めします。

複数の履歴書を手書きすることは容易ではありませんが、最近では履歴書をパソコンで打ち込むことのできるものもあります。学歴や自己PRなど固定の内容は打ち込んで印刷しておき、志望動機は手書きで記入すれば大幅な時短となります。

また、その場で面接を行う会社の中には、履歴書の志望動機が必須でないこともあります。学歴などの基本情報を元に面接をする採用者もいます。複数の企業に応募ができるよう基本情報などを入力した履歴書を準備しておくと、合同説明会の持ち物対策としては十分でしょう。

合同説明会に持っていくと便利な持ち物一覧

前項目では必須アイテムを紹介しましたが、今度は持っていくと便利な持ち物を紹介します。

スケジュール帳

各企業説明会の中では、次回の選考スケジュールを発表することが多いです。多数の企業説明を受けているとスケジュールが混ざってしまう可能性があります。混ざることを防ぐためにも、スケジュール帳にその時その時に、予定を書き込んでいくと今後の予定を立てやすくなるでしょう。もし、他企業との選考が重なることがすぐわかるなら、その企業説明会のあとに担当者に相談することも可能になります。

また、最近ではスマートフォンでスケジュール管理をする方もいらっしゃいます。しかし、企業説明中に、スケジュールを打ち込んでるとはいえ、スマートフォンをいじっていれば印象は良くなくなるものです。

しかし、スケジュール帳で予定を書き込むことを不快に思う企業はいないはずです。スマートフォンを活用し、不要にスマートフォンを使用していると誤解されないためにもスケジュール帳を持参する方が安心でしょう。

お昼ごはんや軽食

合同説明会は、一般的に終日開催されていることが多いです。企業ごとに説明会の時間を数回に分けて設定していることが多いです。希望企業や多数の企業説明を聞くために、丸一日合同説明会に参加していることも少なくないです。説明会の時間の関係上一度外出する時間がない場合などのために、お昼ごはんや軽食を持参すると良いでしょう。

大学で開催される場合には、食事のできるスペースがどこかにあるはずです。巨大施設の中で開催される際にも、食事を食べたりできるスペースが用意されているものです。そのような空間を活用して、時間の空いた際などに、食事を取れることも覚えておくと良いでしょう。

クリップボード

合同説明会では、大学で開催されていることを除くと立ちながら話を聞くこともあるかもしれません。また、椅子に座っていても机がないことも少なくないです。そのような際には、ノートを使用したとしてもメモを取りにくいものです。

しかし、クリップボードを持参することで、メモの取りやすさが一段と増すでしょう。ノートではなく、直接企業パンフレットや配布資料へ書き込みたい場合は、クリップボードに挟めばよいので利便性が高いと言えます。

合同説明会の持ち物で気をつけること

合同説明会での持ち物では、ぜひ色合いに気を付けてください。絶対にダメというわけではありませんが派手な柄のノートやその他文具を使用していることは、あまりビジネスの場にはふさわしいとは言えないでしょう。説明会とはいえ、多くの企業が集まります。ビジネスの場としてふさわしい文具を選ぶことも大切なことです。

採用担当者にもよりますが、悪目立ちしてしまうと一般常識に欠けている就活生という印象を残されてしまうかもしれません。そのような点で目立つのではなく、選考の過程で印象に残してもらう方がうれしいはずです。

デザインや色合いを選ぶ際に、その基準が不明な場合は、大学の先生や文具販売店で相談してみると良いでしょう。合同説明会で使用しても問題ないかアドバイスをもらえるはずです。

合同説明会で持ち物を入れるバッグのマナー

合同説明会は選考ではない分、気軽に参加してしまう方もいらっしゃるでしょう。そうなると持ち物など細部に気を付けなくなるものです。特に合同説明会の際のバッグに気を抜いてしまう方が多いです。

特に女性の方は、日常生活で使っているバッグやビジネス仕様のものではないバッグを持参してしまうケースがあります。デザイン性や就活用のバックをまだ買っていないなどの理由が挙げられるかもしれませんが、これはマナー違反と言っても過言ではありません。

合同説明会も立派な就職活動の一環です。社会に出るスタートラインにいると言ってもよいでしょう。ビジネスシーンや就活に不向きな鞄は、合同説明会の持ち物を入れるバッグとしても不向きとなります。就活スーツと共に販売されているプレーンのバッグを使用することをお勧めします。

このような就活バッグは、シンプルな黒のデザインのものが多いでしょう。そのようなシンプルなデザインでも、書類を入れたり文具などを収納するためには機能性が高いものです。合同説明会では、各企業のパンフレットや書類を持ち帰ることが多いですから、就活用のバッグを使用することが最適となります。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。