インターンに参加時にどんな目標が必要なのか|目標の決め方・例

インターンに参加するときに目標は必要?

昨今、学生が様々な企業でインターンシップを行う風景は普通のものとなりました。学生が働くということに対してあまり肯定的な意見を持っていないはずの大学をはじめとした教育機関も、インターンシップとは社会を学ぶための学業の一環であるという見方を採用することで、インターンを推奨する動きもあります。学生にとっても今やインターンシップは身近なものとなり、大学生ともなればインターンシップをした方がいいという考え方は一般的になりました。

しかし、インターンシップに行く時に、何を目標にすれば良いのかわからないという学生も少なくないはずです。そこで、この記事ではインターンに参加する時の目標について説明します。

結論から言えば、インターンに参加する際には何かしらの目標は必要ですが、そこまで立派な目標は必要ありません。インターンに参加する目標 の例としては、
「働くということがどういうことなのか知りたい」
「就活で有利になると聞いたからインターンに参加したい」
など、このくらいで十分です。

もちろん、インターンでは「自分の力が通用するか試してみたい」「大学では得られない経験をすることで成長したい」といった目標も、十分に達成することが可能です。将来社会に出ることを考えている学生であれば、誰もが参加することで有意義な経験ができる、それがインターンシップです。

インターンに参加するときの目標の決め方

とはいえ、ぼんやりとインターンに応募しても面接で落ちてしまうということも考えられなくはありません。インターンシップの選考は、就活のものとは違って比較的ゆるく、突破が容易だとされてはいますが、働く気がなさそうな人を企業が雇ったりしないということは言うまでもありません。

そこで、インターンに参加する時の目標をなんとなくでいいので決めておきましょう。企業側も「何かしらの目標があってうちでインターンシップがしたいんだ」ということが感じ取れれば、インターン採用を決めてくれるはずです。もちろん、これはあくまで一般論であって。この辺りの基準は企業によって様々で、中にはインターンであっても選考が非常に厳しい企業もあります。

インターンに参加する時の目標の決め方ですが、これは、近い将来自分が新社会人になった時のことを考えると比較的簡単に決まるはずです。

自分が憧れの企業で働くためには何が足りていないのかを考えたり、自分が行きたい会社がないのは何の経験が足りていないからなのかを考えていましょう。インターンシップでは、そんな今まで足りていなかった経験をこれでもかというほどさせてくれるはずです。

また、インターンシップに参加したということは就職活動でも有利に働く要因になることがあります。インターンシップで企業に貢献することによって、その実績を評価されて就職が決めるという例も少なくないのです。

インターンに参加するときの目標の例

それでは、インターンに参加する時の具体的な目標の例を紹介しましょう。下記では幾つかの具体的な職種に就いて働きたい場合の例を提示しています。学生の皆さんは、自分の就きたい職に置き換えて、下記を参考にインターンに参加する時の目標を考えてみましょう。

webエンジニアとして働きたいと考えている場合

「大学ではなかなか学ぶ機会のない Light Language を使った開発経験や、チームでの開発経験をインターンシップでつみたい。」

「チーム開発を GitHub Flow で行うことが世間一般によしとされているらしいが、どのあたりがいいのか独学ではわからないのでチーム開発を経験してみたい」

「職業エンジニアは毎日戦っているという技術的負債。この負債と戦いながらも、新規機能リリースが頻繁に行えるのはなぜなのか知りたい」

「学生では作れないような大規模なサービスを目の当たりにしたい」

出版社で編集者として働きたいと考えている場合

「学校ではある程度高い評価をもらっている文法スキルだが、作家のくせに合わせて編集するということがどういうことなのか知りたい」

「時にはえらい作家先生が書かれた文章を訂正するということがどういうことなのか知りたい」

「作家先生のメンタルや生活まで時には面倒をみるという編集者生活がどんなものなのかを知りたい」

「時には文法が間違っていても、読者や作家先生の思いを汲み取ってそのままにするらしいと聞いたが、それがどんな時で、どのように判断するのかを知りたい」

何かしらの職に就きたいと考えている場合

「会社という場所がどんな場所なのか知りたい」

「社会人がどんな思いで働いているのかを知りたい」

「自分の力が会社という場所ではどのくらい通用するのかを知りたい」

「大学では得られない経験をすることで成長したい」

インターンに参加する目的とは?

ここまで読んでくださった学生の方々は、インターンシップに参加する時にどんな目標も持っていれば良いのかだいたい見当がついてきたことでしょう。

しかし、学生の方々の中には「そもそもなぜインターンに参加するべきなのか」「インターンに参加する目的とはなんなのか」という疑問を持っている方も多いのではないのでしょうか。

そこで、インターンに参加する目的についてここで振り返っておきましょう。

インターンシップに参加する目的とは、学校という社会とは全く別のシステム、価値観で動いている世界から社会という場所に飛び出す準備をすることです。
学生の頃に正しいと思っていたことが、社会ではよくないとされることもあります。学校では優秀だった人間が、社会に出た途端に「使えない奴」とレッテルを貼られてしまうこともあります。

そんな全く別の世界に飛び出す前に、少しでも社会がどんな場所なのかを知っておくこと、社会で生きていくために自分に必要なことがなんなのかを知ることが、インターンシップの目的になるのです。

もちろん、先ほどから何度か触れているように、インターンシップに参加した経験があるというだけで就職活動で有利に働くことは少なくなりません。さらには、インターンに参加した企業にそのまま就職するということも現実的です。このメリットを手にするためだけにインターンシップに参加するというのもありでしょう。

目標がなくても就活のためにインターンに参加すべきか

ここまで読んでくださった学生の方々の中には「目標がなくても就活のためにインターンに参加することは有意義なのだろうか、そんなことをしてもいいのだろうか?」と考えている方もいらっしゃることでしょう。結論からいうと。目標がなくとも、インターンシップには参加するべきです。

先ほど述べたような具体的な目標例を読んだり、目標の考え方について読んでくださった方の中にも、自分の中で目標が見つからない方はいらっしゃるはずです。

しかし、インターンに参加する目的について読んで、「このような目的は自分の中では達成する必要のないものだ」と考えられた方は、もうすでにアルバイトなどで相当の実務経験を積んでいらっしゃる方か、就職するつもりのない方だと考えられます。今回、この記事は就職活動中の学生の方向けに書いておりますので、後者はほとんどいらっしゃらないという前提で話を進めています。

そう遠くない将来に社会に出ることを見据えている就活生のみなさんであれば、インターンシップに参加することで得られる経験というのは必ず社会に出てから役立ちます。また、就職活動をする上での軸になることもあります。

例えば、「こういった社風が合わない」「こういった部署構成は合わない」というようなある種個人の主観に基づく好みが、インターンシップで実務経験を積むことによって生まれ、結果的に、自分に合った企業に就職することが可能になります。

目標がないという方も、目的さえあるのであれば、インターンシップに参加するべきです。

インターンに参加するメリット・デメリット

それでは、インターンシップに参加するメリット、デメリットについて改めてまとめてみましょう。

インターンに参加するメリット

・学生でありながら社会人と同じような経験を積むことができる
・自分の力が社会でどこまで通じるかの力試しができる
・就職活動に役立てることができる
・自分にあった会社、合わない会社が見えてくる
・自分のスキルを磨くことができる
・インターンに参加した企業にそのまま就職することができる可能性もある

インターンに参加するデメリット

・学生としての本業である学業がおろそかになってしまう可能性がある
・大学によっては、よくない印象を持たれてしまう
・インターンである間はそこまでお給料はよくない
・もしかすると、辛い職場で働くことになってしまうかもしれない ( その辛いという経験を活かして就職活動ができるという意味ではメリットです )

デメリットを鑑みると、インターンシップに参加するのは学業が落ち着いた3年生くらいがちょうどいいかもしれません。また、大学によっては教授からよくない印象を持たれてしまうこともありますので、成績がある程度出たり、自分の力を大学側に証明してからの方がいいと言う場合もあるでしょう。

しかし、このようなデメリットを考慮しても、将来社会に出るのであれば、インターンに参加するメリットは大きいと言えます。インターンに参加する目標は人それぞれで、持った方がいいことは確かです。しかし、それがないからといってインターンに参加しないことを決めたりはせず、目的さえあるのであれば、参加を決めてみてはいかがでしょうか。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。