インターンの面接でよく聞かれる質問|聞くべき逆質問例と注意点

インターンの面接でよく聞かれる質問集

どうしてインターンに参加したいのか

インターンは、誰しもが参加するばかりではありません。インターンに参加しないで就職活動をする人は非常に多いですし、逆に言えば、インターンに参加したからといって、必ずしもその企業の内定をもらえるというわけではないでしょう。

そのため、「どうしてインターンに参加したいのか」という質問にどのように答えるのかによって、あなたのモチベーションや資質を、企業にアピールすることが出来ます。あなたの素直な気持ちを伝えると共に、合格できるような分かりやすく実のある内容をまとめましょう。

インターンでどのようなことを学びたいのか

ただ目的もなくインターンに参加すると、流されるままにプログラムをこなすだけで終わってしまいます。企業としても、やはり参加した学生に、インターンを通して実力や経験を得て欲しいと思っています。

そのため、インターン前の面接では、あなたがインターンを通して何をどのように学びたいと思っているのかを、きちんと答えられるようにしておくと良いでしょう。そのためには、面接の前にどのような内容でインターンで行われるのか、詳しく把握しておくことも重要です。

学生時代に力を入れて取り組んでいること

これは就職活動の面接でも聞かれやすい質問のひとつです。学業、サークル活動、アルバイトやボランティアのように、学生時代にどのようなことに取り組んでいるかで、あなたの人柄ややる気をチェックすることが出来ます。

インターンにおいても、「こんな学生に受けてほしい」という企業側のニーズに、出来るだけ答えられた方が、面接は合格しやすいです。あなたが力を入れて取り組んでいることを、より具体的なエピソードや内容を伴って、面接で説明できるようにしておきましょう。

あなたの長所や短所

こちらの質問も、面接では定番となっています。自分について、客観的な視点を持って理解しているということは、インターンに合格するためにとても重要です。自分の見せ所を理解していることは、社会人としても必要なことですから、まずはインターン前に自己分析をしておくのがおすすめです。

ポイントは、長所と短所を絡めて説明できるようにしておくことです。長所の場合は、それをインターンでどう活かしたいか・伸ばしたいかなども考えておくのがおすすめです。短所の場合は、そのカバー方法や解決策も考えておけると、面接に合格しやすくなります。

インターンの面接で聞くといい逆質問例

インターン生に求めるもの

あなたのやる気をアピールするためにも、非常に効果的な質問のひとつが「インターン生に求めるもの」です。期待に応えるためのアプローチを考えることも出来ますから、面接での印象を良くするのはもちろん、実際にインターンを始めたとき、より良い行動をしやすいというメリットもあります。

仕事のやりがいや嬉しかったこと

インターンの面接を受ける前に、企業の事業内容やインターン内容について把握しておくのは当たり前です。その上で、面接官に対し、「仕事をしていてどんな嬉しいことがあったか」「どんなことにやりがいを感じているか」などを質問してみましょう。よりポジティブな視点で仕事に向き合おうとする姿勢は、インターン候補生としても好印象に繋がりやすいですし、自らの将来にも活かしやすいでしょう。

入社してから苦労したこと

前述したように、仕事をしている上で嬉しかったことを質問しておくのも良いですが、一方で苦労したことや大変だったことを聞いておくのも、自身の今後に活かしやすいと言えます。面接官の人がどんなことで苦労を味わったか、課題に対してどのような乗り越え方をしたのかなども聞いておけると、就職活動はもちろん、インターン中にも役立つかもしれません。

インターンの面接に行くときの適切な服装

男性の服装

男性のインターンの面接は、基本的にリクルートスーツが好ましいです。先方から具体的な指示がない場合、黒や紺のシンプルなリクルートスーツに、無地の白シャツでまとめましょう。ネクタイは派手な色や柄を避け、ビジネスシーンにふさわしい落ち着いたデザインのものをチョイスしてください。

暑い季節は、夏用のリクルートスーツを用意しましょう。ジャケットは面接まで基本的に着用しておき、指示があった場合は脱いでも構いません。このとき、暑さからついシャツの裾を出してしまったり、袖をまくってしまったりする人がいますが、面接の服装としてはだらしなくてマナー違反になってしまいがちなので気をつけてください。

寒い季節は、コートや手袋などの防寒具を身につけます。ただし、面接会場に入る前に脱いで、カバンと合わせて手持ちの状態で受け付けが出来るようにします。派手すぎる色や柄のものは避けて選びましょう。面接が終わったあとも、会場を出るまでは着用しないのが基本です。

女性の服装

女性のインターンの面接も、基本的にはリクルートスーツです。女性の場合は、パンツスーツとスカートスーツの選択肢がありますが、どちらでも問題はありません。ただし、短すぎるスカートや、極端にスリットの入ったものなどは避けてください。シャツやブラウスは、色や柄のあるものや、フリルがたくさんついているものなどは避けます。

夏場は先方からの指示があれば、面接会場でジャケットを脱いでも構いません。ワイシャツやブラウスになったときの透け防止として、インナーをきちんと着用しておきましょう。

冬場のコートやその他防寒具の着脱については、基本的に男性と同様のマナーが求められます。

女性の場合、長い髪は基本的にまとめるようにしましょう。高すぎるポニーテールや、派手さを重視したと思われがちな編み込み、お団子などは避けます。同じくオシャレ感が出過ぎてしまう、派手な髪飾りも避けましょう。派手すぎるメイクも、面接ではマイナスのイメージを抱かれやすいので、シンプルで清潔感のある仕上がりを心がけてください。顔色が明るくみえ、表情が良くなるくらいのメイクがおすすめです。

インターンの面接が私服指定だったときの対処法

平服は私服指示ではない

インターンの面接らおいては、しばしば「平服で構いません」という指示をさることがあります。しかしこれは、「私服で出向かなくてはいけない」という指示ではありません。不安な場合は、リクルートスーツで良いでしょう。

私服指示があったらオフィスカジュアルで行く

「私服でお越しください」という指示があった面接の場合は、オフィスカジュアルでまとめるのが基本です。「私服による人柄が見たい」という面接もありますが、普段通りのラフすぎるスタイルで出向いてしまうと、ひとりだけ不自然に浮いてしまったり、マナー違反だとみなされてしまったりすることもあるので気を付けましょう。

男性の場合、ワイシャツ類をチョイスし、シンプルなパンツとまとめるのが基本です。ダメージジーンズやアロハシャツなど、気が抜けすぎていると感じられてしまうスタイルは避けましょう。髪形はすっきりと短くまとめ、アクセサリー類はつけないようにします。

女性の場合、ブラウスやワイシャツ類と、シンプルなロングパンツかスカートがおすすめです。パンツスタイルでもスカートスタイルでも構いませんが、どちらも丈が短すぎるものは避けるようにしましょう。肌が露出されすぎてしまうスタイルも厳禁です。派手すぎるメイクやアクセサリー、香水なども避けてください。

インターンの面接でのマナー

受付ははきはきと目的を言う

インターンの面接は、受付時点からスタートしていると考えましょう。はきはきとした丁寧な言葉遣いと、礼儀正しい所作を心がけてください。

大学名と氏名を伝え、どのような用事で誰に会いに来たのかを伝えます。インターン面接専用の受付が用意されている場合は、用件と相手を省略しても構いません。

ぎりぎりの行動ではなく、余裕を持って受付が済ませられるように意識もしましょう。10分前には受付を終わらせ、面接会場で待機出来るようにしておくのがおすすめです。

入室マナーはとても重要

インターンはもちろん、就職活動でも面接時は入室マナーはとても重要です。

ノックはゆっくり三回が基本で、面接官の許可が出てからドアを開けます。入室したら、決して後ろ手ではなく、向き直ってドアを静かに閉めてください。その上で、面接官の方に向き直り、「失礼致します」と言って一礼をしてから、席に向かいましょう。

自己紹介とあいさつをして、面接官が「おかけください」とすすめてくれたら、「失礼致します」と一声かけ、着席してください。

退室まできちんとこなす

面接が終わったら、着席したまま「本日はありがとうございました」とお礼を言い、一礼します。立ち上がってからもう一度椅子の横でお辞儀をして、ドアの手前で向き直り、面接官の方を見て「失礼致します」と一礼してから退室します。面接会場を後にするまで、面接は終わっていないと思い、気を緩めないよう緊張感を持って行動しましょう。

インターンの面接で注意すべき点

姿勢に注意しよう

面接中、つい姿勢が崩れてしまいがちな人は多いです。浅く腰掛け、背筋をきちんと伸ばして、指先まできちんと張って面接を受けるようにしてください。

言葉遣いは徹底しよう

言葉のマナー違反は、インターンの合格からいっきに遠のいてしまいがちです。ラフな雰囲気の面接で、和やかに進んでいるときでも、言葉遣いの丁寧さは絶対に意識しましょう。

インターンの面接を成功させるために

いかがでしたか?

インターンは、あなたの将来のためにとても有意義な存在になってくれることが非常に多いです。人気のインターンは志望者も多く、面接で良い結果を残せないと、参加出来ないというケースも多いでしょう。難関を潜り抜けるためには、あなた個人の魅力や、ビジネスマナーがとても重要になって来ます。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。