就活面接で短所を聞かれた時の注意点と回答例|短所が心配性の場合・

面接で短所を回答するときの回答方法

面接で短所を聞かれたときの正しい回答の方法は、「具体的なエピソードを語りながら、対処の方法も交えて、プラスの面も付け加えて答える」ということです。

具体的なエピソードを交えるとは?

たとえばあなたの短所が「頑固な点」だとしましょう。しかし、面接で「短所は何ですか」と聞かれて「頑固なところです」としか答えなければ、それだけで話が終わってしまいます。また、面接官は単に「短所がなにか」ということを知りたいだけではありません。どのような質問でも面接官はあなたの人物像やものの考え方などを知りたいと思って質問をしているのです。

そのため、面接官の頭の中にこれまでのあなたがどのように過ごしているのかという姿がイメージできるよう、学生時代のサークル活動やゼミでの活動、アルバイトなど、具体的に「自分が頑固だったエピソード」を話すようにしましょう。

重要なのは短所に対してどう対処したか

短所を伝えるときにもうひとつ大切になるのが「その短所に対してどのように対処したのか」ということです。

短所を短所として放置して過ごしてきたということになると、あまり成長する力ややる気がない人間だとか、短所がわかっていながら反省を行わない、失敗から学ぶことができない人間だと思われてしまいます。

たとえば、先ほどのように短所が「頑固」だった場合には、自分の短所が「頑固」であることを理解した上でどのように行動したのかということを伝える必要があります。

頑固だということが自分でも短所だと分かっているから、できるだけ他人の意見を聞くようにしたとか、自分の頑固さを理解しているからできるだけ自分のことを客観視するように普段から注意しているといったエピソードを伝えることで、自分がつねに成長できる人間であるとアピールするチャンスになります。

短所なのにプラスの面とは?

「最大の長所は短所にもなる」という言葉をご存じでしょうか。これは「自信があるところにこそ油断が生まれがちで、結果として長所であるはずの部分が弱点になってしまう」という意味です。そしてこれとは逆に「短所が長所になる」ということもあります。

つまり、どんな弱点でも見方を変えれば、「長所」につながる部分が潜んでいるということになります。

たとえば、「頑固」な人の場合を考えてみましょう。「頑固」だという人は、人の言うことをまったく聞かないというイメージですが、それを見方を変えてみれば「しっかりと自分の信念を持っている」「その信念を持つために努力や勉強を欠かさない」などと考えることもできるのです。

単に短所を短所として伝えるのではなく、その短所を長所として見ることができる、長所に変えることもできるのだということを伝えなければいけません。

面接で短所を心配性とするときの回答例

それではもし短所が「心配性」だった場合には、どのような回答を行えばいいのでしょうか。

心配性の具体的なエピソードを語る

短所が「心配性」であるときに限らず、まず面接で相手に話をするときに必要となってくるのは具体的なエピソードです。

たとえば、「サークル活動で合宿の手配を任されたとき、心配性なので移動や宿泊場所、練習環境について何度も確認してしまいます」「また予想外の事態や想定外の出来事が起きたときのことも考えずにはいられません。

もし、当日急に人数が増えた場合や、移動のバスが渋滞して時間通りの行動ができなかったときのことを考えて行動しました」など、誰でも経験したことのあることや、想像しやすい出来事など、分かりやすいエピソードを例にとって自分の短所が「心配性」であることを伝えるのがよいでしょう。

自分がどのように対処したのか、それがどのように周囲にプラスの影響を与えたのかについてに説明する

具体的なエピソードを説明したあとは、自分が「心配性」であることに対してどのように対処したのか、さらに自分の「心配性」がどのように周囲へのプラスの影響をもたらしたのかということ面接官にわかりやすく伝えましょう。

たとえば「心配性なので、サークルの合宿で手配していた機材や荷物などが届かない場合のもことも考えてあらかじめ周囲の環境などをリサーチしておきました。

サークル合宿の当日、やはり荷物の輸送でトラブルがあり問題が発生しそうになりましたが、事前に周囲の環境などをリサーチして別の練習メニューも考えていたため、あわてたり、時間を無駄にすることがありませんでした」といったような形で、「心配性でよかったこと」「心配性だったおかげで周りにプラスの結果をもたらしたこと」を説明しましょう。

面接で短所を心配性とするときのダメな回答例

短所を「心配性」だと説明するとき、やってはいけない回答というのはあるのでしょうか?

短所を短所のままで答えない

まず、短所が「心配性」の場合、もっともダメなのはただ単に「短所は心配性です」と、そのまま答えてしまうことです。「短所はなんですか」と聞かれて「心配性な点です」と答えただけで終わってしまっては、面接官はあなたのことをまったく理解できない上に、話も広がりません。

短所を聞かれたときには、ただ単に短所が何かという以上に、面接官は自分のことを知るために質問をしているのだということを忘れないようにしましょう。

また、「心配性なのでサークルの合宿を任せられたときにも、心配で仕方がなかった」と答えた場合、具体的なエピソードが交えられているように見えますが、「心配で仕方がなかった」では、そこで話が終わってしまいます。

もし、心配性で、もし何かが起きた場合に備えて万全な準備をしていた、そのことで周りにプラスの影響を与えたといったアピールできるポイントがあったとしても、それを伝えなければ意味がありません。面接で自分の短所を説明するときには、できるだけ幅広い視点で物事をとらえて説明することが必要です。

面接で短所を心配性とするときの注意点

それでは面接で「心配性」を短所としたとき、注意することはあるのでしょうか。

実は、短所が「心配性」という人は少なくありません。そのため、面接で「短所はなんですか」と聞かれたときに「心配性です」と答える人も珍しくありません。もし、集団面接で、自分の前の人も「心配性です」と答えられてしまうと、それだけで動揺してしまうことになってしまいます。そのため、「前の人が心配性だと答えても動じない」とあらかじめ心に決めて置くことが必要です。

さらに、それを具体的に伝えるエピソードや、その欠点をプラスに変えたエピソードを説明しても、他の人が先に同じような話をしてしまうこともあります。前の人とまったく同じ話をしても、自分をアピールするどころか、マネをしたと思われてしまうこともありますので、もし「心配性」を短所として答えようとする場合には、サークルやバイト、ゼミなどで、複数のわかりやすいエピソードを用意しておくとよいでしょう。

「心配性」を短所として答える場合には、もうひとつ注意することがあります。それはあなたがどのような外見をしているのかということです。

というのも、いかにも心配性だという外見の人が短所として「心配性」を挙げた場合、面接官は「やっぱり」と思うだけですが、見た目が大胆そうな人が「心配性」といったときには「意外」という印象を抱いて、そこから話に興味を抱いてくることもあります。その場合、短所を答えているのに逆にアピールするチャンスが訪れたことになります。

できるだけチャンスを広げる意味でも、自分が他人から見てどのようなイメージを抱かれる外見なのか、改めて確認してみてもよいでしょう。

面接で短所を聞いてくる理由

面接では定番といってもいい「短所はなんですか」という質問ですが、なぜ面接官は「長所」だけではなく「短所」についての質問を行うのでしょうか。

答えにくい質問に対してどのように答えるかを見たい

「長所はなんですか」という質問に比べると「短所はなんですか」という質問はやはり答えにくいものです。自分の長所、つまり自分が自慢出来たり、自信があったりすることについては大きな声ではきはきと答えられるものですが、短所というのは自分の自信がないことや、恥ずかしいことであったりするため、元気よく答えるのもどこかおかしなものです。

面接官が知りたいのは、実は「短所がなにか」ということではありません。面接官が知りたいのは「答えにくい質問に対してどんな答え方をするか」ということです。ビジネスの現場では、答えにくいことや、相手が喜ばないであろうことを口にしなければいけないことも多々あります。

もしあなたがそういう局面に立たされた場合、どのように反応するのか、答えにくいことでも相手に興味を抱かせるように答えられるのか、そういった臨機応変な対応力があるのかどうかということが、実は面接官が一番知りたいことなのです。

自分のことを客観的に見られているか

短所というのは自分でもなかなか目を向けたくない部分ですが、「短所はなんですか」という質問をすることで、面接官は、
「自分のことを客観的に分析できているかどうか」
「自分が見たくない部分についてもしっかり考えることができるかどうか」
を知ろうとしています。「長所はなにか」という質問と同じく、短所はなにかということもきちんと自己分析ができていればスムーズに答えられるもの。

もしそこで初めて自分の短所について考えるような答え方をすると、まだまだ自己分析が不足していると判断されてしまいます。

そういう意味では、実は「短所はなんですか」という質問は、面接官へのアピールを行うための大チャンスということもできます。きちんと準備とリハーサルなどを行って、しっかり自分のアピールを行うようにしましょう。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。