【敬語】「存じ上げる」の意味と使い方|「存じる」との違いとは

謙譲語「存じ上げる」の意味

「存じ上げる」には、大きく分けて2種類の意味があります。ひとつは「知る」という意味の謙譲語、もうひとつが「思う」という意味の謙譲語です。どちらも目上の方に対して使われる丁寧な言い回しです。もともとは「存ずる」という言葉が単体で謙譲語として使われていました。

しかしそこへ、目上の方を敬うという意味を含む尊敬語の「上げます」を足して「存じ上げる」という言葉が生まれたと言われています。現代において「存じ上げます」は、「知る」と「思う」の最大限に丁寧な言いまわしとして、ビジネスの世界でも日常的に使われる表現となっています。

「存じ上げる」を「知る」という意味で使うときには、「お名前はかねてより存じ上げております」というように言います。意味は「お名前は以前から知っています」と全く同じですが、「存じ上げる」という表現に変えることで丁寧な印象を高めることができます。

また、「存じ上げる」には「思う」という意味もあります。目上の方に手紙を出すときなどによく使われる「御清祥にてお過ごしのことと存じ上げております」という表現が「思う」を意味する使い方です。

この言葉の場合「(相手が元気に過ごしていると)知っています」ではなく、「(相手が元気に過ごしていると)思います」というように受け取るのが正解です。このように、同じ「存じ上げる」でも、使い方次第では意味が異なる場合があります。

会話のなかで「存じ上げます」がどちらの意味で使われているのかは、文脈から判断しなくてはなりません。

謙譲語「存じ上げる」の使い方と例文

それでは、「存じ上げる」の詳しい使い方と例文を見ていきましょう。「存じ上げる」には2種類の意味があるため、ここでは「知る」という意味で使われる場合と、「思う」という意味で使われる場合の例文をそれぞれ別々にご紹介します。

「存じ上げる」を「知る」という意味で使う場合

上司「A社の○○さんという方は知ってる?」
部下「はい。お名前はかねてより存じ上げております」

この例文で部下が言った「存じ上げております」という表現は、砕いて言えば「知っています」という意味です。「知っています」も丁寧語なので決して失礼な表現というわけではありませんが、謙譲語の「存じ上げております」に比べるとややフランクな表現になってしまいます。

日ごろからコミュニケーションを取っている直属の上司や先輩に対しては「知っています」でも十分通用しますが、他社の方や初対面の方に対しては「存じ上げております」を使うのが無難でしょう。「知っています」と「存じ上げております」、どちらの言葉を選択するのかはその場の状況によって臨機応変に対応する必要があります。

「存じ上げる」を「思う」という意味で使う場合

「○○様には御清祥にてお過ごしのことと存じ上げております」

「思う」という意味の「存じ上げております」は、目上の方に対して出される手紙の挨拶に多く使われます。この例文の場合、くだけた言い方をすれば「○○様は元気に過ごしていることと思います」というような意味になります。

相手が元気かどうかを「知っている」のではなく、相手が元気だと「思っている」というのがポイントです。ここでいう「存じ上げます」の意味は「思う」なので、相手が本当に元気かどうかを「知っている」必要はありません。

「思う」という意味を含んだ「存じ上げます」は、実際の会話の中で使われるよりも、手紙やメールなどの文面上で使われることの多い表現です。

謙譲語「存じ上げる」を使うときの注意点

「存じ上げる」という表現を使うときには、気を付けたいポイントが2つあります。本来なら大変丁寧な意味を持つはずの「存じ上げる」も、使い方を間違えると目上の方に対して失礼にあたる場合があるので注意しましょう。

「存じ上げていますか?」という尋ね方は失礼にあたる

目上の方に質問するとき、「部長はA社の○○さんを存じ上げていますか?」というような聞き方をしてはいけません。一見するとそんなに間違ってはいないように見えるかもしれませんが、実はこの尋ね方だと目上の方に対して大変失礼な表現になってしまいます。

そもそも「存じ上げる」は「謙譲語」の一種です。謙譲語とは、あえてへりくだった言い方をすることで自分の立場を下げ、相対的に相手の立場を上げる敬語です。

つまり謙譲語は「私は○○を存じ上げています」というように立場の低い自分を指して使う敬語であり、目上の方に対して「存じ上げていますか?」と尋ねるのは不適切なのです。例文のように「部長はA社の○○さんを存じ上げていますか?」という言い方だと、へりくだっているのは「部長」ということになってしまいます。

この例文からも分かる通り、「存じ上げている」という言葉は相手に対する質問には絶対に使えません。目上の方に対して「知っていますか?」と尋ねたい場合は、「ご存知ですか?」と聞くのが良いでしょう。

正確に言えば「ご存知ですか?」も正しい謙譲語ではありませんが、謙譲語に「知っていますか」に相当する表現が存在しないため、ビジネスの場では「ご存じですか?」という言い方が許容されています。

「存じ上げません」という言い方には注意

「知っています」が「存じ上げています」なので、「知りません」は「存じ上げません」になります。言葉そのものは間違っていませんし、もちろん大変丁寧な言葉遣いでもあるのですが、実はビジネスの場では「存じ上げません」はあまり使われない表現です。

実は「存じ上げません」という言い方だと堅苦しすぎて逆に高圧的に見えてしまうことがあるため、この表現は接客業や営業職では敬遠されることがあるのです。言葉の印象を和らげるために、接客業などでは同じく「知りません」という意味を持つ「分かりかねます」が使われることも多くなります。

ビジネスの場で「知りません」と言いたいとき、「存じ上げません」は謝罪などの最大限に敬意を表すべき場に限定して、普段の会話では「分かりかねます」を使うのが良いでしょう。

また、「存じ上げません」を使うときには、頭に「恐れ入りますが」などをつけることにより言葉の印象を和らげることもできます。「存じ上げません」という表現は、会話内容が固くなりすぎないよう適度に注意して使う必要があると言えるでしょう。

「存じ上げる」と「存じる」の違い

「存じ上げる」は、「存じる」という言葉に「上げる」を足すことで丁寧さを増した表現です。「上げる」という言葉には「目上の方を敬う」意味が込められているため、「存じ上げる」の方が「存じる」よりもより高い敬意が込められた表現であるといえます。

敬意の度合いが違うということ以外、意味合いはほとんど同じ「存じ上げる」と「存じる」。しかし、この2つには、明確な使用方法の違いがあることを知っておきましょう。「存じ上げる」と「存じる」の使い分け方は実はとてもシンプルです。

人間に対して使われるのが「存じ上げる」、そして物や現象に対して使われるのが「存じる」になります。例えば、目上の方から「A社の○○さんを知っているか?」という質問に対しては、「お名前は存じ上げております」と返すのが正解です。

ここでは、「知っている」対象が「Aさん」という人間になるためです。しかし、目上の方からの質問が「A社の○○という商品を知っているか?」であった場合はどうでしょうか。この場合「知っている」対象は「A社の○○という商品」、つまり人間ではなく物です。そのため、「○○という商品でしたら存じております」と返すのが正解なのです。「存じ上げる」と「存じる」の違いは、たったこれだけです。

言葉の意味自体は全く一緒なので、「知っている」対象が人間かそうでないかという点だけを見て判断することができます。敬意の度合いが強い「存じ上げる」が人間に対しての表現、それ以外は「存じる」で良いということだけ覚えておきましょう。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。