インターン開始までに用意すべき持ち物|説明会で必須の持ち物一覧

インターン開始までに用意すべき持ち物一覧

インターンシップの前日までに用意すべきものについて見ていきましょう。当然ですが当日の朝になって困ることがないように、前の日までにはしっかりと準備をし、万全の体制でインターンに臨むようにしてください。

前日までに用意するもの①

スーツでインターンに参加する場合は当然ですがスーツが必要になります。スーツの場合、ほとんどの人がリクルートスーツをチョイスすると思いますが、スーツだけではなく、シャツ、ベルト、靴、鞄とすべてを揃える必要がありますので注意してください。

ビジネスバッグを買っていないからリュックで代用とか、靴がないからスニーカーを履くといった行為は絶対にしないようにしましょう。それでは受かるものも受からなくなってしまいます。

またワイシャツやブラウスの下に着るインナーや、ソックスやストッキングもスーツスタイルに適したものが必要になります。スーツと合わせて準備しておきましょう。その他持ち物も忘れないようにしっかりと確認してください。

・スーツ一式
・インナー一式
・ノート、メモ帳、ペンなどの筆記用具
・腕時計
・名刺入れ
・自分の名刺
・ティッシュ、ハンカチ

企業などの新しい環境で働き始める時は思っている以上に覚えることが多いものです。ノートやメモ帳、筆記用具などの持ち物は絶対に必要になりますし、きちんとうまくメモがとれたかどうかでその後の作業の効率が大きく変わることもあります。たくさんメモがとれるように準備しておきましょう。

自分の名刺は必須ではありませんが、あれば名刺を実際に渡してみるといったビジネスマナーの訓練も出来ますので、時間に余裕があれば作成しておくといいでしょう。

前日までに用意するもの②

スーツは前日までに用意しておく必要がありますが、ただ用意すればいいというわけではありません。スーツをそれらしく着こなす必要があります。ポイントはスーツやシャツのシワ、ネクタイの結び方、靴の汚れです。

スーツはシワになっていないか前日までに確認し、シャツもしっかりとアイロンをかけるなどしてコンディションを整えておきます。アイロンがけに自信がなければクリーニング店にお願いしましょう。身だしなみは重要ですので、どれだけ徹底してもやりすぎにはなりません。

またネクタイもしっかり結べるように練習しておきます。当日の朝に初めてネクタイを結んでみるといった愚行は犯さないようにしましょう。1回や2回では思い通りに結べるようにはなりません。

・スーツやシャツにアイロンがけ/クリーニング
・靴を磨く
・ネクタイを結ぶ練習
・清潔感のある髪型

ビジネスマナー①

インターンでは、オフィスなどで社会人とともに働くことになります。当然それ相応のマナーが必要になりますので、ビジネスマナーをしっかりと勉強して確認しておきましょう。もちろん1日や2日で身につくものではありません。ですので数週間から数ヶ月間、時間をかけて練習しておくといざという時に恥ずかしい思いをしなくて済みます。

・ビジネスシーンでの一人称は「わたくし」
・「貴社」「御社」の使い分け
・あいさつは「おはようございます」「お疲れ様でした」
・基本は「かしこまりました」「承知いたしました」「申し訳ございません」

ビジネスマナー②

仕事を行うにあたっては、上記以外にも必要なビジネスマナーがあります。

・あいさつは大きな声ではきはきと
・時間厳守
・報告、連絡、相談
・正しい敬語
・積極的なコミュニケーション

上記は基本的に実際の現場で失敗を繰り返しながら学ぶものですが、最初からきちんと出来るに越したことはありません。特に大切になるのが正しい敬語です。学生のうちは正しい敬語が使えなくても許されることが多いですが、社会人となってからの敬語の失敗は致命傷になることがあります。インターンを機に正しい敬語を使うことができるようにしましょう。

また企業内にてたくさんの人たちと関わることが多くなります。分からないことや疑問に思ったことは流さずにその都度確認するようにしてください。集団の場合、各人が積極的にコミュニケーションをとって連携していくことが重要になります。自分が部署内のコミュニケーションをリードするくらいの意気込みで仕事に取り掛かるようにしましょう。

インターンに参加するにあたっての心構え

インターンはただ参加すればいいというものではありません。インターンを通して良い結果を生むためにも、自分がどういう目的があって参加したのか、インターンで具体的にどうしたいのかを明確にしておきましょう。

動機をはっきりさせる

なぜインターンに参加するのかという動機はインターンを行うにあたって非常に大事なものになります。参加する目的が特になかったり、ただなんとなくだったり、友人知人に流されての行動だったりするのであれば、前もってインターンをキャンセルした方がいいかもしれません。惰性でやっても得るものはありませんし、企業側からの評価もあまり期待できないでしょう。

その代わり目的意識さえはっきりさせておけば常にモチベーション高く行動することができますので、たくさんのものを得ることが可能となります。

自分で考えるようにする

様々な企業があり、色々な仕事があります。そして現場によって仕事の仕方もそれぞれ変わります。大切なのは、どの企業も、どのやり方も間違いではないということです。もちろん効率的なやり方、非効率的なやり方とそれぞれ存在するのでしょうがどれも企業やその部署が自分たちで考えて培ってきた方法論です。

インターンに参加して仕事に携わってみれば、それまでは見えてなかったような企業の粗などに気がつくこともあるかもしれません。もしかしたら仕事に対して疑問を感じることもあるでしょう。

ただ文句や批判を言うことは誰にでも出来ることです。大切なのは自分が感じた疑問や問題点をどうしたら良い方向に持っていけるか考えることです。そのためには常に自分で考えて解決策を見つけ出せるように訓練しておかなければなりません。インターン前日までにはそういった考え方が出来るような下地を作っておきましょう。

会社の一員であると認識する

インターンなら仕事でミスをしても許されるでしょう。社員の方がそのミスをカバーしたりしてくれるはずです。

ただし、だからといってそれに甘えてはいけません。甘えられるのはインターンで働いている間だけで、その後社員として採用されれば、自分の仕事は自分の責任としてやっていかなくてはならないのです。前日までには自分が会社の一員になることを認識しておきましょう。もう企業のお客さんではありませんので注意してください。

就活のインターンで必須の持ち物一覧

ノート、メモ帳、ペンなどの筆記用具

先にも述べましたが、これらのものはどのような現場でも必要になります。特にインターンではグループワークやミーティングの機会も多くなりますのでノートやメモがなくてはならないものとなるでしょう。

ノートは手帳サイズ〜B5サイズあたりが一般的になります。それぞれメリット・デメリットがありますのでよく考えて自分が使いやすいものを選んでください。手帳サイズだとサイズ的に扱いやすいですが、1ページ内にたくさんメモすることはできません。

B5サイズだと1ページにある程度の量のメモを書き込むことができますが、少しサイズが大きい分とっさに取り出しにくいといったデメリットが生じます。また書類の記入はボールペンが基本となりますので、筆記具の中に1本はボールペンを入れておいてください。

学生証

大切な身分証明書ですので必ず持ち物リストの中に入れるようにしてください。免許証や保険証でも代用は可能ですが、インターンの場合は顔写真と大学名が入っている学生証の方が分かりやすくていいでしょう。

腕時計

時間をスマートフォンや携帯電話で確認するのはやめましょう。マナー違反になります。営業職などの職種ではスマホは常に手元に置いておかなければならないものの1つですが、一般職の場合、仕事中にスマホをいじることは許されません。時間は自分の腕時計で確認するようにしましょう。また持ち物として所持するのではなくしっかりと身に付けるようにしてください。

スマートフォンまたは携帯電話

仕事中は使ってはいけないスマホですが、仕事以外では必需品です。例えばインターン先の企業に向かう道中で何かあったらすぐ企業に電話を入れなくてはいけません。

事前提出したエントリーシートや書類のコピー

持ち物の中で特に忘れやすいのがこれです。説明会や面接でエントリーシートや書類を提出した場合はそのコピーを持っていきましょう。インターンの志望動機などを再度聞かれることもありますので、自分の書いたエントリーシートや書類を事前にしっかりと確認し、何を書いたのか思い出しておいてください。

インターンに必要な書類

事前に企業から必要な書類を渡されている場合は、忘れないように持っていきましょう。初日から忘れましたと謝罪することにならないように気をつけてください。

就活のインターンであると便利な持ち物一覧

折りたたみ傘

スマホがあれば天気ぐらいすぐに確認できますが、急な雨はスマホでは防ぎようがありません。雨に濡れて出社することがないよう、鞄の中には常に折りたたみ傘を入れておきましょう。

企業までの地図

企業に初めて行くのであれば必須になるのが地図です。当日朝迷ってしまうなんてことがないよう前日のうちに地図を用意しておきましょう。もちろんスマホのアプリで確認してもOKです。

大学の年間行事予定

大学の年間行事予定があれば大学の試験や夏休み・春休みなどの日程を確認することができます。長期インターンの場合にあると便利です。

現金

電車代や昼食代、飲み物代程度のお金があれば十分とも言えますが、何が起こるかは分かりませんので少し多めに現金を持つようにしましょう。

ストッキングの替え

パンツスタイルでもOKですが、女性の多くは周りの雰囲気に合わせてスカートを履くことが多くなるはずです。電線したままのストッキングで仕事をすることは印象が悪くなるので注意しましょう。

薬や生理用品など

胃薬、頭痛薬などの薬、生理用品などは常に携帯しておきましょう。インターンなどの期間中は想定外のことが起こりやすくなりますので、何が起こっても大丈夫なようにしっかりと準備をしておいてください。

インターンの説明会で必須の持ち物一覧

説明会案内メールのコピー

案内メールには日時だけでなくIDや予約番号が記載されています。説明会で必要な情報が掲載されていますので、絶対に忘れないようにしましょう。

会社案内または企業のHPのコピー

企業の情報は持ち歩いて常に頭の中に入れておきましょう。案内やHPに目を通して、疑問点や質問事項をまとめておくと上手くいく確率が上がります。

ノート、メモ帳、ペンなどの筆記用具

ありとあらゆる状況に対応できるように筆記用具は万全の準備をしておきましょう。ノート(メモ帳)、シャーペン、ボールペン(黒・赤)、消しゴムは最低限用意しておいてください。

スマートフォンまたは携帯電話

説明会の最中は特に必要ありませんが、説明会の会場に来るのに不可欠なものがスマホまたは携帯電話です。

説明会に必要な書類

必要な書類を忘れてしまうと印象が悪くなります。事前に会社のHPなどを見てよく確認し、提出書類を忘れないようにしましょう。

印鑑、学生証

書類に記入する際に必要になる場合があります。とりあえず印鑑と学生証があればどんな書類でも対応できますので、事前に持って来るように言われなくても持って行くようにしましょう。

インターンの説明会であると便利な持ち物一覧

ハンカチ、ティッシュ

マナーですので持っておきましょう。何かあった時にハンカチ、ティッシュがないと本当に困ります。

汗拭きシート

夏場の必需品です。汗っかきの人でなくてもあった方がいいでしょう。ポイントは無香料のものを選ぶことです。

クリアファイル

必要書類などをもらったら、汚したり折り曲げたりしないようにクリアファイルに入れて保管しましょう。

会場までの地図

会場に初めて行くのであれば地図を用意しておきましょう。もちろんスマホのアプリで確認してもOKです。

折りたたみ傘

突然の雨にも対応できるように折りたたみ傘は常に鞄に入れておいてください。雨に濡れてしまったら説明会どころではなくなります。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。