インターンの平均的な給料・報酬とは|アルバイトとインターンの違い

インターンシップの平均的な給料・報酬

大学生が一定期間企業で働く「職業体験」のことをインターンシップ(インターン)と呼びます。インターンと言えば昔は無給が当たり前でしたが、最近では有給のインターンも増えてきました。

職業体験と呼ぶだけあって決して給料で決めるものではありませんが、給料が発生するとなるとその金額が気になるものです。今回はその支給額が平均するといくらぐらいなのかを、その支給条件なども交えながら見ていきましょう。

給料が支給される条件

インターンは実際の企業で就業する経験を得られる重要な機会なので、近年参加する学生が増えています。その参加率は70%前後となっており、学生の3分の2強が参加している計算になります。このような事態を招いている理由としては「上手くいけば内定に繋がる」ことが挙げられますが、インターン参加のメリットはそれだけではなく「給料が発生する」こともその人気に拍車をかけている要因になっているのです。

ではどのような場合に給料が支給されるのか確認しましょう。重要になるポイントは、就活生が労働者に該当するのかどうかです。労働基準法第9条を見てみます。

・見学および体験的なもの:労働者には該当しない
・企業とインターン参加の学生に使用従属関係が認められる:労働者に該当する
・業務が利益を生んでいる:労働者に該当する

以上が労働基準法による定義になります。業務内容によってはインターンに参加しているだけの学生でも労働者とみなされるので、その場合は給料が支払われるということです。

インターンの実施期間

厚生労働省によるとインターンへの給料は日給制と時給制に分かれているとのデータが出ています。ただし、給料が支給されるポイントとなっているのはインターンの実施期間となります。実施期間は短期・長期のものがありますが、給料が支給されるのは後者の長期インターンの場合です。

長期インターン

長期インターンは必然的に企業の実務に携わることになるため、企業にとっては㈫業務が利益を生んでいるケースに分類されます。つまり労働基準法の観点から見ても給料が支給される対象者となるのです。

また学生にとっては1日5時間程度のインターンでも長期になると、アルバイトとの両立が難しくなります。アルバイトが出来なければ生活が成り立たなくなるので、ある程度は給料が発生しないと長期インターンには参加できません。そういった理由からも給料は必要なものとなっているのです。

短期インターン

以前は短期インターンでは給料が出ないことがほとんどでしたが、最近では日当を支給する企業が増えています。これはインターンからの新卒採用を視野に入れている企業が参加者の確保を目的に、他社との差別化を図ろうとしているためです。そして就活生側も積極的に複数の短期インターンに参加するようになっているので、インターンへの参加率が上昇する結果となっています。

インターンの平均的な給料・報酬

日本最大級のインターンシップ募集情報サイト「ゼロワンインターン」を運営する株式会社そるとが、ゼロワンインターンに掲載されている約500社の有給インターン募集案件をまとめたところ、その給料・報酬発生パターンは大きく3パターンに分かれました。

・時給:時給1,000円〜2,000円
・日給:日給5,000円〜日給10,000円
・成果報酬:1作業や1成約につき1,000円〜50,000円

上記がインターンの給料・報酬の相場となります。金額的に見ればアルバイトの時給とほぼ同程度といったところでしょうか。ただし、職業体験をしながらアルバイトとほぼ同程度の時給や日給がもらえるわけですから、有給インターンに参加するメリットは十分に大きいと言えます。

またインターンで給料が支給されるかどうかは企業の規模も関係します。例えば規模に大きな差のある大企業とベンチャー企業では、給料・報酬の設定なども異なっています。ではどのような点で違いが出てくるのか、具体的に見てみましょう。

1:大企業の場合

大企業の場合、短期インターンが多く、そのほとんどが企画のシミュレーションやプレゼンテーションといった実務とは少し違ったものとなっています。そのためか報酬は「昼食代+交通費のみ支給」というものが主流です。

大企業の短期インターンに参加する価値があるのかどうかは分かりません。ただし、就活生にとっては本当に価値があるのかどうかを確認する機会になることだけは間違いないでしょう。もし参加するチャンスに恵まれたのであれば、積極的に参加するのも1つの考え方になります。

2:ベンチャー企業の場合

ベンチャー企業の場合、インターンの給料は日給3,000円〜12,000円と多少の幅が設定されています。これは仕事の成果に対して給料が支給される仕組みになっているためで、そういった給与体系はやはりベンチャー企業において特に顕著になっています。

ただし、ベンチャー企業でのインターンは実際の業務の深いところまで踏み込んで行えるといったメリットがあります。ですから就活生にとっては就業してからのイメージが持ちやすくなりますし、インターンにて成果を上げることができれば就職にも有利となります。

給料を多くもらうためにインターンの仕事を頑張るといった考え方もありますが、内定を目標にするのであれば自分なりに工夫して仕事をやってみる必要があるでしょう。

給料ありのインターンシップの割合は?

2016年にHR総研が2017年卒の大学生・大学院生(文系:628名、理系:362名)を対象にインターンに関するwebアンケートを行なったところ、以下のような結果になりました。

参加したインターンシップのタイプ(文系)

半日:34%
1日:67%
2〜3日程度:34%
1週間程度:34%
2週間程度:11%
3週間〜1カ月程度:4%
1カ月以上:6%

参加したインターンシップのタイプ(理系)

半日:27%
1日:60%
2〜3日程度:29%
1週間程度:27%
2週間程度:19%
3週間〜1カ月程度:5%
1カ月以上:4%

インターンに参加した就活生の約48%が2社以上のインターンに参加しているため上記のような数字になっています。特徴としてはまず文系・理系ともに「1日」タイプのいわゆる「1Dayインターンシップ」が突出して多いことが挙げられますが、それ以外の期間を見ても「半日」「2〜3日程度」「1週間程度」が多くなっているのが分かります。

ただし、「半日」「1日」タイプの1Dayインターンや「2〜3日程度」」のインターンはすべて給料なしの無給インターンになります。そして「1週間程度」「2週間程度」の場合は当然企業によって待遇は異なりますが、「昼食代+交通費のみ支給」となることが多いです。

この中でアルバイト代のような給料が発生するものは「3週間〜1カ月程度」「1カ月以上」ですが、それぞれを合算しても文系で10%、理系で9%にすぎず、給料ありのインターンは全体の1割程度しかないことが分かります。

無給インターンが多い理由

インターンをする本当の意味は入社してからのミスマッチを未然に防ぐというところにあります。これを企業と学生の両側から見てみましょう。

企業側

新卒採用とは企業にとっては非常にコストのかかるものです。一般的には1人採用するのに50万円〜100万円かかるとも言われています。多いところでは500万円かけている企業も存在します。新入社員はスキルもありませんし、もしかしたらすぐに辞めてしまうかもしれません。

当然ですがそういった人材に大きなコストをかけることは企業にとって大きなリスクとなります。ですからインターンで社会人としての適正があるかどうか、企業と合うかどうかを判断できるのは大きなメリットになっています。

もちろんバイトでもある程度のことを測ることはできます。しかし責任や裁量という点においてバイトと社員は大きく違います。インターンは正社員と同等に扱われることが多いのでそういった立場になったときのビジネスマナーやPDCAスキルなどの有無が一目瞭然となることが多いのです。

学生側

もちろん学生にもインターンはメリットがたくさんあります。職場の雰囲気や企業にどういう人間がいるのかは実際にその職場に赴いてみないと分からないものです。そして社会人として働くことでどのような責任が生まれるのかということも社会に出てみないと分からないものです。

つまりインターンに参加することにより、社会に出る前の練習期間を獲得できるのです。短期インターンでは企業の空気や風土が学べますし、長期インターンなら社会人と同じ裁量で仕事をさせてもらうことができます。基本的にはミスをして当たり前ですので、積極的に参加してチャレンジすることが重要となることは言うまでもありません。

企業側、学生側からそれぞれ見てみましたが、両者ともにとにかく採用後のミスマッチを防ぐというポイントに重点が置かれています。インターンでの仕事や労働自体にそこまでの重要性はありませんので、無給インターンが多くなるのも当然です。

無給インターンで注意すべきこと

インターンの意味は企業・学生間のミスマッチを防ぐところにあるため無給のものが一般的になっていますが、インターンで行う内容が単なる研修ではなく労働であるならば企業はその対価をきちんと払わなければなりません。

しかし、このインターンの制度を悪用してインターン期間中にアルバイトのような仕事や労働を強制してくる企業が存在します。学生の意欲や純粋さにつけ込んだ大変悪質なものですので、このような企業には注意するようにしましょう。

アルバイトとインターンの違い

インターンには種類や意味が色々とあることが分かっていただし、けたと思いますが、最後にアルバイトと給料・報酬が出るインターンが具体的にどう違うのかまとめてみます。双方の違いは大きく分けて以下の2点になります。

インターンは時間の融通がきく

一般的にアルバイトとは学生だけに限ったものではありません。老若男女幅広い年齢の人を対象としています。ですので、その基本は「時間」になるでしょう。採用する側としては長い時間働くことができて、1日でも多く出勤できる人を求めます。学生にしても授業の多い平日はなかなかアルバイトの時間がとれないため、休日中心にアルバイトのシフトを組んだりします。

インターンはそういったアルバイトとは根本的に違うものです。インターンの目的は先に述べたようにミスマッチを防いだり、学生の採用を前提とするものです。ですから授業やゼミ、部活といった活動に柔軟に対応してくれる企業がほとんどです。

インターン学生が企業内でやらなければならない仕事はそもそもありませんので、インターンのために授業を休む必要もありません。面倒だったら行かなくても問題ないのです(もちろん事前に連絡はしましょう)。時間をうまく使えば、授業とインターン、アルバイトを両立することも可能となるでしょう。

インターンは経験値アップが目的

インターンを行うことで給料がもらえるならアルバイトと大差ないのではないかと思う方もたくさんいるかもしれません。もちろん金額的にみれば有給インターンとアルバイトでは同じような給与額になることが多いです。

ただし、やはりこれもそもそもの目的が大きく違うものです。アルバイトは労働力不足を埋めるために募集するものであり、学生はそれに対して労働と時間を提供することで対価として時給や日給をもらうという仕組みになっています。特に深く考える必要はなく、与えられた仕事をマニュアル通りにこなすことが重要になるのがアルバイトの特徴です。

一方、インターンの根幹には職業体験があります。企業の一員として社員と同様の意識や責任感で働くことが求められるので、アルバイトとは違い自分で考えて主体的に行動することが必要になります。

そして、そのような経験や訓練に対し対価として賃金が支払われるのです。より実践的なスキルを身につけながら給料をもらえるのがインターンになりますので、将来を見据えるのであれば有給インターンに参加した方が有利となることだけは間違い無いでしょう。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。