面接の時間が短いのは不合格のサイン?|面接官の合格のサインとは

面接の時間が短いのは不合格のサイン?

面接時間が短いと「不採用にされたのでは…」と思ってしまう人も多いことでしょう。ただし、当然ですが面接時間がそのまま合否となるわけではありません。では短い面接時間になる理由にはどんなものがあるのでしょうか。その場合の合否なども交えて解説します。

全員の面接時間が短く設定されている場合

これは大手企業の一次面接などでよくあるパターンです。一次面接に来る学生の数が多すぎるために一人一人に多くの時間を割いてられないのです。

ですからこの場合は面接時間が短かったと感じた人が勝手に短いと思いこんでいるだけになります。会社にとってはそれが普通なのですから、面接時間自体を気にする必要はありません。

また大手企業だけではなく中小企業でも面接時間を短く設定しているところはたくさんあります。中小が面接時間を短くする理由は様々ですが、要はそういった時間の判断を含めてすべて相手の企業に委ねられているということです。

ただし、相対的に言って、短い面接というのは多くの人を合格にしている可能性が高いです。つまり本当に問題外の学生を落とすだけのことなので、自分のマナーや服装、そして言動に大きな問題がなかったのであれば突破している可能性が高いです。

チェック項目が少なく設定されている場合

上記の大手企業の一次面接の場合は一人一人の面接時間が短く設定されているというものでしたが、時間制限がなくても面接をする企業側に多くの質問をする予定がなければ早く終わることがあります。

具体的にはただし、単純に人柄だけを見たかったというような場合です。例えば人柄は長い時間話をしなくても分かるものでしょう。企業側が人柄を十分に判断できたと思ったのであれば、その時点で面接を打ち切るのも自然な流れです。

ですから逆に面接時間が長くなるということは、当落線上にいるために判断に迷っているケースであることが考えられますし、瞬時に人柄が悪いと判断されればこれもすぐに面接は終了して不採用となることが考えられます。ただし、この場合も多くの人を合格にする傾向の強い面接になるので、面接時間が短かった人は合格フラグとみていいでしょう。

あっという間に合格している場合

面接される側の質が高ければ面接時間は短くなることが多いです。企業側がたくさん質問を用意していてかつ時間も十分にかけられる状態だったとしても、最初の数分で企業側の疑問をすべて解消してしまえばそれ以上時間をかける意味はなくなります。

面接の内容を振り返ってみて特にネガティブに感じるような要素が見当たらないのであれば、合格している可能性が高いです。

基本的に面接時間が短かかった時は、通過している可能性の方が高くなります。前向きに捉えておいた方がいいでしょう。

面接の時間が長いからといって合格できるとは限らない

では次に面接時間が長くなる場合について見ていきましょう。

例えば、集団面接です。集団面接では面接官が複数の受験者を相手に質問をするなどして面接を行いますが、面接官が各受験者への質問にかける時間は一定にはなりません。特定の1人に長い時間をかけることが多々あるのです。ではどうして長くなるのでしょうか? 理由は大きく分けて2つ考えられます。

面接官がはまっていない状況

これは面接官がその受験者に対して理解を深められていないことを意味しています。理解できないから質問を重ねているわけで(時間もかかります)、当然いい兆候ではありません。特に抽象的な話をよくしてしまう方や質問にうまく答えることができない方は要注意です。

面接官がはまっている状況

一方、その逆のパターンもあります。面接官がその受験者と噛み合っていると感じているために質問が多くなっているパターンです。要は喰いついている状況で、その人への理解をもっと深めたいと積極的になっているのです。受験者がそのままアピールを続ければきっといい結果になることでしょう。

もちろん、学生が面接で目指すべきパターンは後者です。好感を抱いてもらい、もっと知りたいと思ってもらえるような面接をしなければいけません。そして残念なことに前者の場合は不合格となる可能性が高いです。時間をかけて情報を収集したものの、不合格となる理由が積み上がってしまったということでしょう。

就活の面接で合格のサインはあるのか

面接官は、面接の最中でいくつかの合格サインを出します。それを読み取る手がかりを挙げてみましょう。

面接官が会社の良いところを強調してくる

こちらから特に質問をしているわけでもないのに面接官がやたら饒舌に語り出したら、それは合格のサインです。そういった場合、会社の良いところを強調したり、あなたが入社後のキャリアなどの話をしたりすることが多くなります。

これは赤の他人から、一緒に働く同僚という風に視点が変化したことを意味しています。ですから面接はもう何もする必要はありません。面接官の話に相槌を打ってあげてください。

次回の話になる

次回の話になったらそれは合格のサインとなります。普通、面接官が合否判定に迷っている場合は、次回の面接の日程などを告げることは控えます。不合格にする可能性があるからです。

しかし、「今回の面接が合格になった場合、次回の面接はいつ頃がいいですか」などといった発言があった場合は間違いなく合格になります。気に入った人材には熱が冷めないうちに次のステップへと進ませたいからです。

共通の話で盛り上がる

共通の話で盛り上がる=合格と必ずなるわけではありませんが、これは面接においては1つの決め手になります。合否の当落線上にいるような場合、その1つの決め手で合格になる可能性も十分にあるのです。共通の話は何でも構いません。

趣味の話、同じ地方の出身なら地元ネタなど、その程度のもので十分です。ただし、当然ですが、共通の話で盛り上がるということは、そういう方法論もあるということを意味しています。

つまり、あなたの方から積極的に話しかけていき、共通の話になりそうなネタを探すのです。面接される側ですが、面接する側になったつもりで話しかけていくといいでしょう。出身大学、地元、趣味、遊びとネタには困らないはずです。面接中に1つでも多く共通の話ができれば、自ずと合格へと近づくことでしょう。

面接時間がオーバーする

何らかの興味がなければ面接時間はオーバーしません。もちろん「面接官がはまっていない状況」で、面接官はただし、不合格にするための根拠を積み上げているだけかもしれませんが、1つの質問をきっかけに話が膨らんだりしているのであれば十分に脈はあります。

雰囲気良く面接が終了する

面接官から何かトゲのある言葉を言われたり、途中雰囲気が悪くなったりせずに、終始面接がにこやかに進んだ場合は合格の可能性が高くなります。面接官の笑顔は、あなたに対してある種の共感や信頼感が醸成されている証拠になります。面接が終了した後で面接を振り返ってみて、少しでも手応えのようなものを感じることができるのであればいい結果になる可能性が高いです。

面接官がはまったと感じているのであれば、基本的には逃すことなく合格にしたいと考えるものです。自分が採用する側になったらどう行動するのかよく考えてみるといいでしょう。ポイントは面接官の視点でものを考えることです。

就活の面接に有利になる時間帯はあるのか

就活の面接では、面接結果は会社が欲しい人材から優先して連絡していくものです。欲しい人材にはすぐアプローチをして、次の面接の日時等を早めに決めてしまうのが企業の常套手段でもあります。

これはつまり上手く面接をすることができたら、次回の面接時間が早まる可能性が高いということです。では面接と時間帯に関して因果関係があるのかどうか見ていきます。

集団面接の場合

基本的に欲しい人材ほど早めに面接に呼びたいと考えるのが企業の姿勢ですが、集団面接の場合はどうでしょうか。一般的には集団面接は来た順番や席順などによって強制的に順番が決められてしまいます。

結果から言いますと集団面接の場合は順番の早い受験者の方が不利になる傾向があります。順番の遅い受験者は順番の早い受験者の受け答えなどを聞くことができるからです。

ただし、一番最初に面白い答えが出てしまった場合、後続の人がそれを超えるような面白い回答をするのは難しくなります。順番が早いからといって必ずしも不利になるわけではないというのが集団面接の救いかもしれません。

個別面接の場合

面接の日時の設定は企業によって様々です。1日中面接を行う企業もあれば、ある程度の日数をかけて少しずつ面接を行なっていく企業もあります。受験者が面接の時間帯を選択できることもあります。さて個別面接の場合はどうでしょうか。

個別面接では時間帯の遅い受験者の方が不利になります。面接官はたくさんの受験者と面接します。時間帯が遅くなると当然疲れてきます。集中力やモチベーションが落ちているかもしれませんし、定時を過ぎていたりしたら、受験者をぞんざいに扱うかもしれません。ということは有利に面接をするなら早い時間帯となります。そして午前中なら早い時間帯と言えるでしょう。

ただし、面接において決められた時間や順番が有利になるか不利になるかは結局のところ誰にも分かりません。そもそも順番などは自分の意思とは無関係のところで決まってしまったりするものです。

ですので、その程度のことで有利・不利を考えてしまうのはもったいないですし、時間の無駄とも言えます。面接日時を決める電話連絡などに関しては早い方が企業からの評価も高く、他の受験者よりも有利になると言われていますが、何はともあれその程度のハンデは乗り越えていくぐらいの精神力が欲しいところです。悩む暇があったらどうやって自分のことを伝えるかを考えて、少しでも多くアピールできるようにしておきましょう。

最後になりますが、もし面接の時間を選べるのであればできるだけ早い時間帯をおすすめします。理由はやはり有利だからです。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。