就活生が4月ですべきこと・4月から始めても間に合う?4月時点の内定率

4月の時点で就活生がやるべきこと

4月の時点で就活生がやるべきことは会社説明会に参加することです。一般的に就活は3月からエントリーが開始されます。エントリーを行なった後に会社説明会などに参加して選考を受けるというのが多くの企業における就活の流れになっています。そのため4月の時点で就活生がやるべきこととして会社説明会に参加することが挙げられます。

3月に参加することができなかった企業や、時間が経ってから興味が出た企業などの会社説明会には足を運ぶことが大切です。しかし、3月の時点で多くの就活生が会社説明会に足を運んでいるため4月に会社説明会に参加すると少し出遅れることになるため本当にやりたいと思える仕事ができる企業の会社説明会には3月中に行くことが大切です。

また、4月の時点で就活生はエントリーを行うこともできます。3月の時点では興味のなかった企業などについて、他の会社説明会など話を聞いて持った場合は4月の時点でエントリーを行うこともできます。経団連に所属している企業の多くは選考活動を6月からと定めているため4月にエントリーをしても選考には間に合います。

しかし、会社説明会の他にも企業見学や企業訪問などのイベントが早期に開催されることもあるのでエントリーは3月中にすることが大切です。4月にエントリーする際は3月までにエントリーした企業について整理した上でエントリーをして就活の予定を詰めすぎないように注意することが必要です。

特に友人が内定を獲得してるなどの不安や焦りから、4月の時点でむやみやたらにエントリーを行う就活生が存在しますが、それでは逆に自分の就活を失敗させることにつながってしまいます。4月にエントリーをする企業は事前に入念に調べるとともに本当にやりたいと思える仕事ができるかどうかを検討することが大切になります。

また、企業によっては4月から選考を実施し、場合によっては内定を出しているところも存在します。そのため就活生は4月の時点で選考を受けることも大切なことになります。上述した通り、経団連に所属している企業の多くは選考活動を6月から始めます。しかし、経団連に所属していない企業や外資系の企業などは4月から選考をはじめることが多くあります。

また、経団連に所属していたとしても選考活動を早めに実施する企業も存在します。そのため、就活生は4月から選考を受けて、早い場合は内定の獲得まで漕ぎ着けることが可能です。近年ではアメリカ経済の不透明さから早い段階で優秀な人材を確保しようとする企業が増えてきています。そうした状況を考慮して就活生は自分が希望する企業の選考活動がどの時期から始まるかについては入念に調べておくことが大切になります。

選考が6月からであると認識していると出遅れてしまうことがあるため、注意が必要になります。また、新卒の就活生の場合は自分の大学の単位や卒業できるかどうかも確認しておく必要があります。就活に尽力するあまり講義を休みすぎて単位が取得できない事態が発生することが多々あります。また、卒業論文など卒業をするのに必須の項目を忘れていて卒業ができないなどのことも起きてしまいます。

就活が順調に進み内定を獲得したとしても、卒業ができないことが発生してしまうと内定取り消しなどのことが起きてしまいます。内定取り消しをされてしまうと苦労して成功させた就活を来年も行わなければならなくなります。そのため、就活生は4月の時点で就活のことだけでなく大学でのことにも注意をすることが非常に大切なことになります。

4月の時点で就活生がやらない方がいいこと

4月の時点で就活生がやらない方がいいことは、全く知らない業界の企業にエントリーしたり会社説明会に参加することです。企業によっては早い所で内定を出しています。そういった状況の中、4月からほとんど知らない業界や興味のない業界にエントリーをしたり、会社説明会に行ってしまうと無駄に時間がとられてしまい就活に出遅れてしまうことになります。

3月のエントリーが開始される前から自分の興味のある業界や自分のやりたい仕事ができる企業を調べておき、3月にエントリーや会社説明会に参加するのが一般的な就活の流れです。4月の時点では会社説明会に参加した企業の中から自分が選考を受ける企業を選択しなければなります。そのため、4月の時点でエントリーや会社説明会に参加してしまうと出遅れてしまうだけでなく、選考を受ける企業を選択しきれなくなってしまいます。

自分のやりたい仕事ができない企業の選考まで受けることになると、本当にやりたいと思える仕事ができる企業の選考までもがおろそかになってしまい就活の失敗につながってしまいます。以上のことから4月の時点で就活生はむやみやたらにエントリーをしたり会社説明会に参加するべきではないです。

4月から就活をしても間に合うのか

4月から就活を始めても間に合います。多くの企業で会社説明会を開催したり企業見学などを開催しているからです。しかし、3月から会社説明会を開催している企業もも多く存在しているため、他の就活生よりは出遅れてしまいます。

就活を早く始めるメリット・デメリット

就活を早く始めるメリットは内定を早く獲得することにつながることです。多くの企業はなるべく早い段階で優秀な学生を採用します。そのため選考が早い方が採用人数も多く内定を獲得しやすくなります。また、早い段階で内定を獲得することで精神的に気持ちが軽くなります。不安や焦りがなく就活を進めることができるようになります。

逆にデメリットとして、内定を獲得した企業が他の企業の選考を待ってくれないことがあり、就活がその企業で終わってしまうことがあります。経団連に所属している企業が6月から選考活動を開始させるため、もし4月の時点で内定を獲得するとその企業が6月から選考が始まる企業まで待ってくれないことがあり、就活生は早く内定が出た企業に就職することになってしまいます。

本当に希望する企業であるならば問題はありませんがそうでない場合は悔いが残る就活になってしまいます。内定を獲得したらいつまで就活を続けられるかを企業側と相談することが大切になります。相談をおろそかにしてしまうと自分だけでなくその企業にも迷惑をかけてしまうことになるので注意が必要です。

4月時点での内定率

4月の時点での内定率はそれほど高くありません。一般的にはおよそ10パーセント程度であるかと考えられます。しかし、直接内定という形で就活生に通達をしていなくても、口頭などで内定を伝えるなどのこともあるため、実際の内定率はもう少し高くなることが考えられます。

4月の時点で内定がもらえる就活生の特徴

4月の時点で内定がもらえる就活生の特徴として行動力があるということがあげられます。早い段階から自分のやりたいことについて検討をして3月から積極的に会社説明会や企業見学などに参加する就活生には面接などの選考の際に熱意が伝わりやすく、早くから内定をもらうことができます。

4月時点で持ち駒がない人の対処法

4月の時点で持ち駒がない人は改めてエントリーから始める必要があります。この時に大切なのは、むやみやたらにエントリーしないことです。自分が失敗した経験を反省してからエントリーを行うことが重要になります。改善点を洗い出して、ノートにまとめてみるのもおすすめです。

就活生は4月の時点でイベント、説明会などに参加した方がいいのか

就活生は4月の時点でイベント、説明会に参加した方がいいと考えられます。3月にエントリーが開始してから企業は説明会を通して多くの情報を提供しています。そのため、参加することが就活の成功にもつながります。

就活に出遅れていても就活サービス「イッカツ」を利用することで巻き返すことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です