【男女別】就活面接で使用する適切な一人称・使ってはいけない一人称

就活の面接で言うときに適切な一人称

面接では男女関係なく「わたくし」を使うのが正解

就職活動だけではなく転職活動や大学・大学院の面接まで、すべて「わたくし」で統一しましょう。何故なら「わたくし」が最も一般的なビジネスマナーとして普及しているからです。

「わたし」という一人称も間違いではないので使っても問題はありませんが、女性の場合「わたし」が「あたし」に聞こえてしまうこともあるので、「わたくし」にしておけば間違いありません。「あたし」は精神的な幼さ・未熟さを感じさせる一人称ですので、使うのは日常生活や友人との会話までにしておきましょう。

就活を機に面接の一人称を「わたくし」に切り替えること

女性の場合は「わたし」と「わたくし」に大きな差はないのでそこまで難しくありませんが、男性の場合は「僕」「俺」を「わたくし」に替えるのはちょっと敷居が高くなります。

ビジネスマナーとして「僕」「俺」はマナー違反になりますので、就活を絶好のタイミングと考えて「わたくし」の呼び方に慣れるようにしてください。意識すれば数週間程度で自然に「わたくし」と言えるようになります。

履歴書やエントリーシートでの一人称は?

履歴書やエントリーシートの志望動機などに記入する時は「私」と記載します。「私」と書いて「わたくし」と読みましょう。「僕」「自分」は書く場合もNGとなりますので注意してください。

就活の面接では避けた方がいい一人称

「俺」「僕」「自分」「わたし」「あたし」。

これらはすべて面接では避けた方がいい一人称です。もちろん他にも一人称はまだありますが、「わたくし」以外はすべて避けるようにしましょう。男女で分けると「自分」「僕」「俺」は男性で、「わたし」「あたし」が女性になります。それぞれ性別ごとに分けて個別に見ていきます。

1:男性の場合の一人称

ビジネスとは関係ない場面で男性が最も使う一人称が「俺」になります。友人同士の会話の中で使うなら何も問題はありません。ただし、面接ではどうでしょうか。考えただし、けでかなり違和感があります。一人称として強さがあるようにも見えますが粗雑で横暴な感じもあって、面接やビジネスシーンではまず使われない一人称と言えるでしょう。

面接以外でも上司や先輩などの目上の人に向かってはあまり使いませんので、先ほども申し上げました通り、友人や同僚といった輪の中での会話にだけ使用するのが正しい使い方となります。

日常生活において「僕」という一人称もよく使われます。印象としては「俺」よりも柔らかく、幼いイメージがあります。文語体として使われることも多いです。ただし、面接で使うのはやはりNGとなります。「僕」は自分と対等か、年齢が下の目下の人間に対して使うものとされているからです。面接の場で、目上の面接官に対して使うことは特に失礼になります。

また幼さを感じさせる一人称でもあるため、相手に頼りなく自信のない印象を与えるかもしれません。一般的な面接においては、「僕」を使うことは減点の対象とされますので、使用するだけで不合格となる可能性が上がってしまいます。もちろんそれ以外のビジネスシーンでも使ってはいけません。特に目上の人と話すときは注意しましょう。

自分

「俺」や「僕」ほどではありませんが、意外と使っている人が多いのが「自分」です。固く、どこか硬派な響きがあることから体育会系でよく使われるようなイメージがあります。体育会系の方は大きな声でしっかりと挨拶できる人が多いこともあり、アクティブな人材を求めている企業のニーズとマッチするようにも見えますが、「自分」という一人称は面接においてはNGになります。

ビジネスマナーとして見ればフランク過ぎるのが問題です。全体の会話の中で1回〜2回使うくらいならマイナスにはなりませんが、執拗に使うと常識がなく少し無骨な印象を与えるものです。

さらには関西地方においては「自分」という言葉が「おまえ」といった二人称の意味を指すこともあります。関西出身の面接官の方に一人称の「自分」を使えば相手を混乱させることにもなるため、やはり「自分」という一人称は使わない方が得策となります。

2:女性の場合の一人称

わたし

女性の場合、日常生活の中でよく使うのが「わたし」です。また成人男性の中でも日常的に「わたし」を使う人は結構います。ただし、女性が面接で「わたし」を使うことはどちらかと言うとあまりおすすめできないというのが実際のところです。

その理由としては、まず女性としては日常的によく使う一人称なので、それが当たり前すぎて少しカジュアルになってしまうということです。特に女性同士の面接では積極的に使うことは避けるべきでしょう。

また女性が「わたし」を使った時に、緊張していたり、発音が悪かったりすると「あたし」に聞こえてしまうという弊害があります。重複しますが、「あたし」は精神的な幼さ・未熟さを感じさせる一人称ですので、使うのは日常生活や友人との会話までにし、面接の場で「わたし」は極力使わないようにするべきです。

ただし、男性が「わたし」を使った時に「あたし」と認識されることはないので、男性の使用は特に問題ないと言えます。そして女性の場合でも「わたし」を使ったからと言って、マナー違反と取られて減点されることはありません。どちらかと言えば「わたくし」を使った方が丁寧になるといった程度のことです。

あたし

面接やビジネス以外のシーンで使うには特に問題のない一人称です。ただし、「あたし」に聞こえてしまうために「わたし」は使わない方がいいと言われているくらいなので、当然面接で「あたし」を使うのはNGです。

就活の面接で「僕」や「自分」を使わない方がいい理由

「僕」や「自分」はマナー違反

就活の面接で一人称に「自分」や「僕」を使ってはいけない理由は、ビジネスマナーとしての敬語が出来ないと判断されてしまうからです。

もちろん、「僕」や「自分」を面接で使ってすぐに不採用とはなりません。ただし、自分をアピールするべき面接の場で正しい敬語が使えないと判断されてしまうと、採用された後も正しい敬語が使えないというイメージのままで評価されてしまう可能性があります。

特に営業などの社外の顧客と関わる仕事を希望しているような方であれば、正しい敬語が使えないというイメージで判断されてしまうことで希望する営業職に就けなくなってしまうかもしれません。

正しい敬語を使うことは、マイナス評価を受けることを避けられるだけでなはく、面接においても信頼を手にする足がかりとなります。敬語さえ使いこなしていれば最低限の印象は面接官に与えることができます。敬語が出来ないという判断が下されてしまうとその後のコミュニケーションにも悪影響が出てしまう恐れがあるため、それだけは避けたいところです。

正しい敬語や一人称はビジネスマナーとして最低限のマナーです。最低限のマナーすら出来ていないとなると、これから社会人としてやっていくだけの覚悟や準備が出来ていないものと判断されてしまうかもしれません。そうならないようにするには基本的なマナーをしっかり身につけることです。

特に集団面接に注意すること

集団面接の場合、学生が何人か同席しているので普段の学生同士のノリになってしまう危険性があります。

もちろん基本的なマナーを身につけていて、ビジネスはビジネスと切り替えることができている人は問題ないかもしれません。ただし、切り替えが上手くいっていない人だと、誰か一人が「僕」と言ったことをきっかけに悪影響を受けてしまい、一人称で「自分」「僕」を連発してしまうなんてこともあり得る話です。

集団面接は学生同士の馴れ合いの場ではなくあくまで面接の一環です。そういうことをしっかりと頭の片隅に入れて臨むようにしましょう。

就活の面接で「僕」や「自分」を使うと落ちる?

基本編

一般的な面接においては、「僕」や「自分」を使うと落ちる可能性が高くなります。

「一人称の間違い程度で落とされることなんてあるの?」と思われた方も多いかもしれませんが、確かにその通りで1回や2回間違えた程度で不採用となることはないです。面接官は間違いの回数などをチェックしているわけではありませんし、一人称自体にもそこまでの重点は置かれていません。ただし、面接官は一人称の使い方を含めた総合的なマナーを見ています。

総合的なマナーというのはつまり「社員として顧客の前に出せるかどうか」ということです。ですから「御社の社員に相応しい振る舞いができる」ことを面接の場で示さなければならないのです。面接のマナーというのは結局のところ、そういうものです。

正しい一人称を使えば、マイナス評価を避けることができます。もちろん正しい一人称を使うことはあくまでビジネスマナーですので、それだけで高評価になったりはしないでしょう。ただし、マナーが出来ていない他の志望者たちと差をつけることが可能になります。「わたくし」を普通に使えばいいだけのことなので、早めに慣れて淀みなく使えるようにしておきましょう。

応用編

基本的にはビジネスマナーを考えて面接に臨むことが大切です。出る杭が打たれやすい国ですので、面接に合格したいのであれば、普通にルール通りやるのが一番合格率が上がります。面接やマナーの教科書があるのであれば、我を出すことなく教科書の指示通りにやってください。

ただし、面接官も人間です。何十人、何百人と面接をしたら、判で押したようにステレオタイプな学生たちにげんなりしてしまうかもしれません。社会貢献などといったありきたりの言葉が出てきただけで不採用と判断するなんてことも十分に考えられます。ですのでそういった場合にはとにかく目立つことを優先させましょう。面接官の目に留まれば、面接を勝ち抜くチャンスも当然増えます。

ではどうしたらいいのでしょうか。

逆にマナー違反をしてみるのも1つの手です。もちろん大きな違反はやらない方が得策です。一人称を変えてみるくらいがいいかもしれません。それもボクシングのジャブのように、さりげなく始めます。ただし、一人称を「僕」にするか「自分」にするかは企業や面接官の雰囲気次第です。もちろん一人称を変えるのはあくまできっかけです。

そこが目的ではありませんし、そこだけだとただのマナーのなっていない学生になります。ポイントはそのあとに続く自己アピールをしっかりと協調することです。自己アピールに普通の学生とは違う視点を入れることができれば上手くいく確率も上がります。「僕」を使うのだったら、「僕」を使ったことでさらに自分の良さが表現できるようにするといいでしょう。要は面接官に面白いと思ってもらうことが大切です。

ただし、そういったマナー違反を受け付けない面接官もいますのでそこだけは注意が必要です。また自己アピールとは言え、いきなりアドリブで面白いことなどそうそう言えるわけはありません。ですので、普段からそういう状況になることを想定して練習しておくといいでしょう。

つまり、面接は中身が勝負になるということです。一人称のミスは減点対象になるかもしれませんが、決して大きな減点にはなりません。ですからそういった細かな減点は気にせずに、どこか1点でいいので自分の長所を大きくアピールするのも1つの手段です。

そこだけで高得点を取ることができれば、一人称のミスくらい簡単にカバーすることができるでしょう。もちろんそれは非常に難しいことではあります。ただし、最初にも言いました通り、面接官も人間です。学生よりも多くの知恵と経験を持っていますが、必ずしもパーフェクトではありません。げんなりしてしまっていた面接官を少しでも笑わすことができたなら、十分に勝機はあります。難しいことを考えずに、話を弾ませることだけを考えるのです。

ビジネスマナーは大切身につけた方がいいものです。ただし、ある程度のビジネスマナーさえ身につけておけばそこから先は、いくらでも工夫できます。面接官にしても何でもかんでも杓子定規に決めつけようとはしないはずです。

細かい点にばかり気を取られて大局を見失ってはいけません。大切なことは、どんな状況であっても自分の長所を最大限にアピールすることです。「僕」や「自分」を使ってしまうなんてことは本当に細やかなミスにすぎませんので、その程度のことに気を取られずにその場にいる人間が楽しくなるような面接を心がけてください。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。