就活面接でよく使う敬語一覧・就活生が間違えやすい敬語一覧

面接でよく使う敬語一覧

就活生が就活の中で最も緊張するのはおそらく面接試験でしょう。履歴書やエントリーシートは見直しが聞くので敬語のチェックをすることができますが、面接で採用担当者や企業の重役を前にするとつい緊張のあまり敬語が抜けてしまったという話はよく聞きます。面接でよく使われる敬語についてご紹介します。

①謙譲語

自分の「行動」「動作」をへりくだって表現し、相手へ敬意を示す敬語が謙譲語です。面接の際には謙譲語が最も使用頻度が高いのでしっかりとマスターしておきましょう。

する→いたす・させていただく

誤:~をしました
正:~をいたしました

食べる→いただく・頂戴する

誤:~を食べました
正:~をいただきました

居る→おる

誤:妹が一人居ます
正:妹が一人おります

読む→読む・拝読する(「拝読する」は企業からもらった資料等に用いる)

誤:資料を読みました
正:資料を拝読しました

帰る→失礼する

誤:帰った後で
正:失礼した後で

会う→お会いする・お目にかかる

誤:御社のOBに会いました
正:御社のOBにお会いしました

言う→申し上げる・申す

誤:初めに言いましたように
正:初めに申し上げたように

もらう→いただく

誤:貴重なお時間をもらい
正:貴重なお時間をいただき

行く→参る・伺う

誤:○時に行きます
正:○時に参ります

頑張る→努力させていただく

誤:御社の一員として頑張ります
正:御社の一員として努力させていただきます

知る→存じ上げる

誤:知っております
正:存じ上げております

見る→拝見する

誤:見ました
正:拝見しました

わかる→かしこまる

誤:わかりました
正:かしこまりました

聞く→伺う

誤:ひとつ聞いてもよろしいでしょうか?
正:ひとつ伺ってもよろしいでしょうか?

②尊敬語

相手の「行動」「動作」を持ち上げて表現し、敬意を示す敬語が尊敬語です。面接官・採用担当者・OBなど企業の人が主語の場合には必ず尊敬語を用いるようにしましょう。

教える→ご指導

誤:~について教えてください
正:~についてご指導ください

会う→お会いになる・会われる

誤:○○さんが会った人
正:○○さんがお会いになった人

思う→お考えになる

誤:私の成績について~と思われるのはごもっともです
正:私の成績について~とお考えになるのはごもっともです

居る→いらっしゃる

誤:製品部に居るOB
正:製品部にいらっしゃるOB

知る→ご存知

誤:~を知っていますか?
正:~をご存知ですか?

読む→お読みになる・読まれる

誤:○○さんが読んだ資料
正:○○さんがお読みになった資料

行く→いらっしゃる

誤:OBの先輩が行った所
正:OBの先輩がいらっしゃった所

来る→おいでになる・いらっしゃる・お越しになる・お見えになる

誤:○○さんが来た
正:○○さんがおいでになった

帰る→お帰りになる

誤:○○さんが帰った後
正:○○さんがお帰りになった後

言う→おっしゃる

誤:○○さまが言うことは
正:○○さまがおっしゃることは

聞く→お聞きになる・聞かれる

誤:○○さんが聞いたという~は
正:○○さんがお聞きになったという~は

する→なさる

誤:現場では毎日何をするのですか?
正:現場では毎日何をなさるのですか?

見る→ご覧になる

誤:履歴書の資格欄を見てください
正:履歴書の資格欄をご覧ください

食べる→召し上がる

誤:~を食べましたか?
正:~を召し上がりましたか?

就活生が間違いやすい敬語一覧

就活で頻出の謙譲語・尊敬語については見てきた通りですが、それ以外にも間違った用法をしがちな敬語・表現があります。就活において間違いやすい敬語・表現をまとめてみました。

後で→後ほど

誤:後でご連絡します
正:後ほどご連絡します

ちょっと→少し

誤:ちょっと考えてみます
正:少し考えてみます

すみませんが→恐れ入りますが

誤:すみませんが、もう一度お願いします
正:恐れ入りますが、もう一度お願いします

大丈夫です→問題はございません

誤:その件については大丈夫です
正:その件については問題はございません

おっしゃられる→おっしゃる

誤:先ほど~とおっしゃられましたが
正:先ほど~とおっしゃいましたが

「おっしゃる」は「言う」の尊敬語です。また「~られる」は動詞に尊敬の意味を与えますがこの2つを重ねると二重に尊敬語が重なった「二重敬語」となってしまいます。二重敬語は回りくどく聞こえるため一般的に使用しません。一つの行動・動作に尊敬語は1つと覚えておきましょう。

お伺いする→伺う

誤:私がお伺いしたところ
正:私が伺ったところ

「伺う」は「聞く」の謙譲語、「お~する」も相手の動作に対する尊敬表現です。日常生活でよく使われる誤用としてこの「お伺いする」と「お召し上がりになる」は半ば定着してはいるものですが、厳密には誤用ですので気をつけましょう。

二重敬語

二重敬語は敬語でよくしがちなミスの代表例ですが、2つ以上の敬語を接続助詞「て」でつないだ「敬語連結」ならば誤用ではありません(「お読みになっていらっしゃる」「お読みになってくださる」「お読みになっていただく」「ご説明申し上げる」など)。

誤:参らせていただきます
正:参ります

「謙譲語」を二重に用いる「二重敬語」も誤用ですので気をつけましょう。

尊敬ごと謙譲語が混ざる

また、尊敬語・謙譲語を混同してしまうケースとして次のような誤用があります。

誤:ご拝受いただければ幸いです
正:ご覧いただければ幸いです

「拝受する」は謙譲語なので面接官が主語のときに用いるのは誤りです。

誤:おられますか?
正:いらっしゃいますか?

「おる」は謙譲語ですので主語が面接官ら企業の人である場合には用いません。企業に電話するときなどに「~さんはおられますか?」といってしまう就活生が多いですが気をつけましょう。正しくは「~さんはいらっしゃいますか?」です。

誤:了解しました
正:承知しました・かしこまりました

「了解しました」は対等または目下の相手に使用します。面接官ら企業の人に対しては「承知しました」「かしこまりました」を用いるようにしましょう。

誤:参考になりました
正:勉強になりました

最頻出ミスの一つです。「参考になる」は考えるための補足材料になるという意味になり、目上の人に対して使うのは失礼です。「勉強になりました」と表現するのが適切です。

就活の面接で正しい言葉遣いができないとどう思われる?

敬語は相手に対する敬意を表現するものですから、ビジネスの場においては敬語を適切に使えることがマナーとなります。敬語を適切に使いこなせなければ「ビジネスマナーの基本ができていない」「一般常識がない」と厳しい評価を下されたとしてもおかしくありません。もっと言うと「面接では敬語が重要」ということは就活についてのサイトや本、セミナーなどで必ず目にすることです。面接官によっては「物事に取り組む際に基本的なことすら押さえていない、勉強不足だ」とすら見られてしまうかもしれません。

面接の際に質問の受け答え以外に重視される項目として「服装・身なり」「敬語」「姿勢」「動作マナー」などがありますが「敬語」はこの中で最も重視されるものといってもよいでしょう。「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」を適切に使い分けることができればそれだけで面接官からは「きちんとビジネスマナーができる」と評価されることになります。

相手に敬意を表し、無駄な衝突を避けてコミュニケーションを円滑にするものが「敬語」です。面接だけでなく入社した後でも必須のビジネスマナーだからこそ面接の段階から「敬語」が使えるかどうかが重視されるのです。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。