就活に資格は必要?持っている人の割り当い・ない場合の資格欄の書き方

就活において資格は必要なのか

就活において資格は重要になります。しかし、資格がなければ就活が成功しないというわけではありません。資格の中には業務に必要になるものもありますが、業務と全く関係のないものも存在します。そのため、資格をむやみやたらに取れば就活が有利になるというわけではありません。

自分が希望する業界において役に立つ資格を持っていることが大切になります。また、面接などの選考においては資格の内容だけでなくその資格を取ろうと思った動機や経緯などについても聞かれることがあるので、細かなことまで事前に考えておくことが大切になります。

資格を持っていない場合の履歴書の資格欄の書き方

資格を持っていない場合の履歴書の資格欄は特に書く必要はありません。もしくは自動車の免許など一般的な資格について書く程度で問題ありません。稀に資格を持っていないにもかかわらず、履歴書の資格欄に見栄を張って書いている就活生が存在します。しかしそれでは面接の際に話をすることができませんし、面接を行う面接官は採用のプロであるため悪い印象を持たれてしまいます。

就活の資格において大切なことはその資格を取ろうと思った動機や経緯です。資格欄にただ資格を書かばいいというものではないので、資格を持っていない場合、履歴書の資格欄には何も書く必要がありません。嘘の情報を見栄を張って書いてしまうことが就活の失敗につながるため注意が必要になります。

資格を取得するべき就活生のタイプ

資格を取得するべき就活生は学生時代にアルバイトや留学などを行なっていない学生についてです。多くの企業の面接では就活生の人間性や性格を知るために学問以外のことについてもかなり詳しく質問します。その中でも学生時代の経験について問うことが多くあり、アルバイトに関することや留学に関することは必ず聞かれます。

そのため、学生時代にアルバイトや留学など経験がない就活生は面接の際に質問されても回答に困ることがあります。アルバイトや留学をしていればいいというものではありませんが、話の話題としてよく取り上げられることが多いため、多くの就活生はアルバイトや留学の話題を面接では利用します。

もし、学生時代にアルバイトや留学などの経験がない就活生は資格を取得するべきであると考えられます。資格を取る際は取ろうと思った動機や資格を取るまでの経緯を整理しておくと就活を有利にすすめることができます。

また、業界によっては持っているとかなり有利に就活を進められる場合や、資格を持っていないと選考を進められない企業なども存在します。そういった業界や企業に就職を希望する就活生は必ず取ることが大切です。

資格を取得しなくても良い就活生のタイプ

資格を取得しなくても良い就活生は学生時代にアルバイトや留学、部活動などの課外活動に多く取り組んでいた就活生です。上述した通り、面接などの選考ではほとんどの場合はアルバイトや留学、部活動などについて質問することで就活生の人間性や性格を確かめます。

そのため、たとえ資格がなくても就活生の内面がわかるので特別資格が必要にることはありません。また、入社後に企業の通信教育などで資格を取ることが可能なところもあります。そうした企業を希望する就活生は特別に資格を取得する必要はありません。

また、業界によっては業務の中で資格を取得していくこともあります。資格の内容や業界によって様々であるため事前に自分で調べておくことが大切です。

おすすめの資格

もし資格を取るなら、英語に関する資格が役に立ちます。その中でもTOEICという英語の資格はとても役に立ちます。近年の日本は人口の減少ととに経済規模も縮小に向かうと予想されています。しかし、世界全体の人口は増加していて世界経済は今後も緩やかながら上向きであると言われています。

そのため、多くの日本の企業は海外に工場を移転させたり支店を海外に設立したりしてグローバル化を進めています。現在大企業のほとんどが海外に支店や工場を保持しており、さらにその勢いは拡大しています。こうした世界的な経済的背景から多くの企業では就活生に英語の能力を求めることがあります。英語の能力だけで採用が決まることはありませんが、有利に働くことは多くあります。

しかし、多くの就活生は日常会話における英語は使えてもビジネスで使える英語は話せないことがあります。TOEICはビジネス英語の内容を含んでいるため、多くの企業ではエントリーの際にTOEICの点数を聞くことがあります。そのため、就活生を比較する際の材料としても多く使われます。

就活生はTOEICなどの英語の資格を取ることで内定が獲得しやすくなります。また、企業によってTOEICの点数によって採用を制限することがあります。自分が希望する企業の採用に資格が必要かどうかはなるべく早いうちに調べておき、必要と判明したら就活までに取得しておかなければなりません。就活が始まってからでは遅いので早いうちから調べておくことが大切です。

さらに、企業によってはTOEICの点数などが昇進に影響することがあります。英語の資格は就活のためだけでなく将来も使うことが多くなると考えられるため取得していると非常に役に立ちます。海外に支店や工場を持っている企業の選考を受けたいと考えている就活生はなるべく取るようにすることが就活を成功させることにつながります。

取ってもあまり役に立たない資格一覧

取得してもあまり役に立たない資格は業界よって異なりますが、英語に関する資格の中では、英検はあまり役に立たない可能性があります。英検は日本国内のみでは通用するものの世界的には通用しません。

グローバル化が進む中、必要となるのはTOEICなどの国際的なものであると言えます。また、業務に役に立たない資格として整理収納アドバイザーなどの資格があげられます。自分が希望する業界で必要になる資格を選択して取得することが就活では大切になります。

合否に資格が関係なくてもその後の人生で役立つ可能性はある

合否に資格が関係なくてもその後の人生で役立つ可能性はあります。特にTOEICなどの英語の資格や情報社会が発達するにつれて情報処理技術者などの資格は将来役に立つと考えられます。

就活生で資格を持っている人の割合

就活生で資格を持っている人の割合はおよそ90パーセント以上におよぶと考えられます。自動車の運転免許などは多くの就活生が持っています。また、大学でTOEICを受けることが必須となっていることもあるため新卒の学生はほとんどTOEICの点数を持っています。

しかし、TOEICは点数によって役に立つかどうかが会社によって異なるため、むやみに受ければいいというものではありません。逆に点数が低いと他の就活生と比較されてしまい悪い印象を与えてしまうこともあるため注意が必要になります。

また、企業によっては入社までに自動車の運転免許の取得を求めることがあるため、新卒の学生は時間に多少余裕のある学生時代に取得することが大切です。また、業界によって必要となる資格は異なるため他の就活生が取得しているからといって自分も必要となることはありません。

多くの資格を持っていれば就活が有利になることはないので自分にあった資格を取得するように心がけることが就活の成功につながります。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。