就活の面接に持っていくのに適切な傘とは|傘を持ち込む際のマナー

就活の面接に適切な傘

面接のために企業へ向かう際、突然の大雨に見舞われてしまうということは珍しくありません。自宅を出発する時点では晴れていても、ゲリラ豪雨や急な天候悪化に巻き込まれる可能性は常に考慮しておくべきです。

面接会場に向かう道中では様々な不測の事態が発生し得りますが、イレギュラーが発生したからといって面接官が待ってくれるというわけではないのです。「突然雨が降ったので約束の時間に遅れます」というのは、社会人としてあり得ないことだと頭にいれておきましょう。

雨が降ったくらいで時間に遅れるようでは、本採用は遠のくばかりです。そのような事態を防ぐために、面接会場に向かう際には必ず傘を携帯しておきましょう。出発時点で雨が降っている日だけでなく、晴れていた場合でも、カバンに折り畳み傘を入れておけば突然の大雨にも対応することができます。

しかし、傘なら何を使っても良いというわけではありません。まだ採用すらされていない段階とはいえ、就職面接は立派なビジネスの場です。スーツやネクタイにビジネスマナーが求められるのと同様、面接の場では使用する傘もまたビジネスマナーに則ったものでなければなりません。

持っている傘も、就活生の身だしなみの一部として見なされます。あまりに派手な柄の傘をさしていたり、使い古してボロボロになった傘を持っていると、それだけで面接官の心証を悪くしてしまう可能性もあるのです。

では、面接にはどのような傘を持っていけば良いのでしょうか。ここでは普通の傘と折り畳み傘に分けて、詳しく解説していきます。

1:普通の傘の場合

自宅を出発する時点ですでに雨が降っている場合は、折り畳み傘ではなく普通の傘を持っていくのがおすすめです。一般的に折り畳み傘は普通の傘に比べてサイズが小さいため、雨足が強いとカバーし切れずに足元が濡れてしまうことがあるためです。

普通の傘は持ち運びに不便ですが、サイズが大きく使用者が濡れにくいことや、風に煽られても壊れにくい頑丈さが魅力です。傘にも様々なデザインのものがありますが、面接会場に持ち込める傘については「比較的地味な色と柄を選ぶ」ことがひとつのポイントになります。

派手な傘を使ってはいけないというビジネスマナーがあるわけではありませんが、あまりに派手な傘を使っていると少なからず「常識が無い」と思われかねません。企業に対して真面目で控えめな印象を与えたい就活生としては、持ち物ひとつに関しても派手なデザインは避けたほうが良いといえます。

男性なら、黒や紺色の傘を選ぶのが無難です。多少、色味の濃いものを選ぶとしても、せいぜい茶色や青色くらいにとどめておきましょう。あまり派手な色合いの傘はスーツ姿に似合わないというデメリットもありますが、黒や紺色などの地味目の色の傘ならフォーマルな装いでもしっくりきます。

また、柄に関しても地味なものを選びましょう。一番良いのは無地の傘ですが、柄が入っているとしてもドット柄やチェック模様など、あまり個性的すぎないデザインのものを選びます。判断基準は企業の裁量に委ねられますが、基本的には「一般的な模様の傘」であれば大丈夫です。

一方、女性が使う傘は少しくらい派手なデザインであっても許容される傾向があります。「比較的地味な色と柄を選ぶ」という基本的な考え方は同じですが、女性の場合は花柄などの多少カラフルな傘でも問題ないと考える企業が多いようです。これは女性物の傘にもともとデザイン重視のものが多く、ビジネスの場でも派手な傘を使わざるを得ない女性が多いことが理由です。

とはいえ、パステルカラーの傘など、一般的な女性物の傘と比べても派手すぎるデザインは避けたほうが良いでしょう。キャラクターなどが入ったデザインの傘は男女ともに避けるべきです。普段使いの傘としてお気に入りのキャラクターがプリントされたものを使っているという方は、仕事用の傘を別に用意しておくことをおすすめします。

2:折り畳み傘の場合

折り畳み傘は晴れている日に持ち運ぶ傘としておすすめです。出発した時点で雨が降っていなくとも、面接会場に到着する前に突然の豪雨に巻き込まれる可能性を考慮して、折り畳み傘をカバンに入れておきましょう。

折り畳み傘の選び方も、基本的には普通の傘と同じです。男性の場合は黒か紺色のような落ち着いた色合いで、あまり突飛な柄の入っていない傘を選びましょう。女性は花柄などの多少派手めなデザインの傘でも許容されますが、それでも極力シンプルなものを選ぶのが無難です。

このあたりの考え方は、普通の傘と何も変わりません。折り畳み傘ならではの選び方としては、カバーのしっかりしたものを選ぶのがおすすめです。通常の折り畳み傘は、畳んだときに傘をむき出しにしたままで保管するのではなく、専用のカバーが付属しています。

しかし、ものによっては、ほとんど使い捨てに近いような薄っぺらいカバーもあるのです。濡れた状態の傘を入れると外に水分が染み出してしまうものや、あまり縫製がしっかりしていないためにスキマから雨水が垂れるものなどもあります。

就活中の折り畳み傘は基本的にカバンの中に入れて保管しますが、薄っぺらいカバーの折り畳み傘を使っていると、カバンの中が水浸しになってしまう可能性もあるのです。もしもカバンの中に面接に使う履歴書や、重要な書類を入れていたとしたら、配慮に欠ける就活生だと思われても仕方ありません。

そのような事態を避けるために、就活用のカバンに入れる折り畳み傘を購入するときには、必ずカバー部分を確認しましょう。カバーに防水加工は施されているか、濡れた傘を入れても染み出してこないか等、実際に使用するときのことを考えて選びます。

分かりやすい目安として、カバー部分にファスナーがついている折り畳み傘も販売されています。カバンの中を濡らさないようにするためには、こうした工夫のされている折り畳み傘を選びましょう。どうしても質の良いカバーが付属した折り畳み傘が見つからない場合は、カバーだけを購入するという手もあります。

雑貨店などに行けば、折り畳み傘を収納するための防水カバーも販売されています。

就活の面接での傘のマナー

面接会場に傘を持っていくときには、傘の持ち運び方や、保管方法についてのマナーを守る必要があります。折り畳み傘ならカバンにしまっておくだけで済むので楽ですが、普通の長傘の場合、扱い方によっては企業の方への失礼になることがあります。

ここでは、普通の傘を面接会場に持ち込む場合に気を付けたい4つのポイントについて確認していきましょう。

傘はどのように持つべきか

時々、傘をカバンと同じ持ち手にするために「水平持ち」しているビジネスマンを見かけます。本人はこの方が見栄えが良いと考えているのかもしれませんが、傘の水平持ちはビジネスマナーとしては最悪です。

就活においても当然、傘を水平に持つことは大きな減点ポイントとなることを知っておきましょう。傘を持つときは、地面から垂直になるように片手で持ちます。目上の方の前であっても、片手で持つというルールは絶対に変わりません。

なんとなく両手で持ったほうが行儀が良いと感じるかもしれませんが、傘に関しては片手で持つのが正解です。傘を水平に持つと、周囲の人に大きな迷惑をかけることになります。特に階段やエスカレーターなどの段差がある場所では、横に向けた傘の先端が、後ろの人の目にあたる危険性があるのです。

このような危険な傘の持ち方をしていると、面接でマイナス評価を受けるどころか、企業の方に注意されてしまうこともあるでしょう。

また、しっかりと持ち手をつかみ、傘を垂直に向けていたとしてもやってはいけない持ち方があります。それは、歩行に合わせて傘を前後にブンブン振るような持ち方です。手を振って歩くのと同じような軽い気持ちで、ついつい傘を振ってしまうという方は少なくないはずです。

しかし、傘を前後に振って歩くと周囲の人に傘の先端がぶつかって危険ですし、周囲の人に水滴が飛んでしまいます。そのようなマナーの悪い傘の持ち方を企業の方の目の前でしていれば、まず面接に受かることは無いと言っても過言ではありません。

傘を面接会場に持ち込む場合のマナー

傘を持つ就活生に対しての対応は、企業によっても大きく異なります。企業の入り口に傘立てが用意されていることもあれば、傘を持ったままで面接会場まで案内されることもあります。傘を持ったままで面接会場に入る場合は、傘の持ち込み方に関するビジネスマナーを遵守しましょう。

気をつけるべきポイントは、「傘についた水滴の処理」と「傘の置き方」の2点が考えられます。まずは「傘についた水滴の処理」についてです。

面接会場に入る前には、必ず傘についた水滴をタオルなどで拭っておきましょう。雨の程度にかかわらず、雨の日に使用した傘には水滴が残っているはずです。ポタポタと水滴がしたたる傘を持ったままで面接会場に入るのは、相手に大変失礼な行為です。

建物に入る前にバサバサと傘を振って水滴を飛ばしておくのは当たり前ですが、それだけでは全ての水滴を取り去ることはできません。

あらかじめ傘を拭くためのタオルを用意しておき、傘全体をサッと拭いておけば建物を汚すことも無くなり清潔です。ただし、企業があらかじめ用意したポリ袋に傘を入れる場合は、軽く振って水滴を落とすだけで問題ありません。

次に、「傘の置き方」についてです。面接会場に傘を持ち込む場合、傘はカバンと平行の向きに揃えて地面に置いておきましょう。このとき、傘の先端が面接官の方向を向かないように注意してください。地面に置いているので危険というわけではありませんが、傘を目上の方に向けるのはマナー違反です。

持ち込んだ傘は、間違ってもテーブルやイスの端に立てかけたり、ぶら下げたりしてはいけません。いくら水滴を拭ってあっても、会社の備品に傘を立てかけると、汚してしまったり、キズをつけてしまう可能性があるからです。面接会場では、特に面接官からの指定が無い限りは地面に寝かせて置いておくことを覚えておきましょう。

企業の傘立ては利用して良いのか

ほとんどの企業の入り口には、傘立てが用意されているはずです。就活生としては、勝手に企業の傘立てを利用しても良いかどうか…と悩んだ経験のある方も少なくないでしょう。

結論から言って、企業の傘立ては利用しても全く問題ありません。傘立ては企業を訪れる全ての方のために用意されているのが一般的で、就活生も例外ではないからです。むしろ、ちゃんと傘立てが用意されているのに、水滴のついた傘を建物のなかに持ち込むほうがよっぽどマナー違反です。

もしも入口に傘立てがあれば、それを利用するのが就活中の傘の扱い方として最も適切であるといえます。事前に何らかの理由で傘立てを利用しないようにという連絡でもない限りは、入口の傘立てに傘を置いてから面接会場に向かいましょう。

就活の面接に傘を持っていく際の注意点

ここまでご説明した以外にも、面接会場に傘を持っていく際にはいくつか注意したいことがあります。持ち方や置き方のマナーを守っていても、以下の項目を守れていなければ面接官の心証を悪くしてしまうため、必ず注意点を確認しておきましょう。

就活ではビニール傘が使えない

就職活動では、ビニール傘は避けるべきだといわれています。なぜかというと、ビニール傘には「慌てて買った安物の傘」というイメージが付きまとうからです。実際、ほとんどの方は出先で雨に見舞われたとき、本格的なナイロン傘ではなく安いビニール傘を購入するはずです。

普段ならそれで全く問題ありませんが、面接官にビニール傘を見られると、就活ならではのマイナスイメージがついてしまう可能性があります。それは、「準備不足」というイメージです。

そもそも、急な土砂降りを想定して折り畳み傘を用意しておけば、ビニール傘を使う必要はありません。自宅からビニール傘で来たとすればなおさら、「ビジネスに適した身だしなみが出来ていない」と考えられます。また、ビニール傘には、ちゃんとした傘に比べて紛失しやすいという欠点もあります。

デザインに差の無いビニール傘は、他の人の傘と混同されやすく、傘立てに立てておくだけですぐに取り違われてしまいます。ビニール傘で面接会場を訪れてマイナスになることはあっても、決してプラスになることはないのです。面倒でも、就職活動に使う傘はナイロン製、またはポリエステル製のしっかりしたものを選ぶようにしましょう。

使っていない傘はキチンと畳んでおく

使用していない傘は、キチンと畳んでおくのがマナーです。時々、ベルトを止めずに半開きの傘を持ち歩いている方を見かけますが、このような傘の運び方はビジネスの世界では完全なマナー違反となります。傘を半開きのまま運ぶと、上向きの尖った部分がすれ違った人の衣服に引っかかる危険性があります。

場合によっては衣服を破いてしまったり、相手を怪我させてしまう可能性も考えられるのです。さらに、傘を持っている本人の姿もだらしなく見えてしまうため、面接官の心証を悪くしてしまいます。

そうした数々のデメリットを防ぐために、使用していない傘はかならず畳んでおきます。クルクルと綺麗に巻き取ってから、ベルトでしっかりと止めておきましょう。

就活の面接に傘を持っていった方がいい理由

普通の傘でも折り畳み傘でも構いませんが、就活生は必ず傘を持って就職活動を行うべきです。面接官から評価を受けなければならない就活生にとって、雨は採用の可否を左右する大きな要因になり得るからです。

傘を持たずに就職活動を行って最も困るのは、突然の大雨で立往生してしまうケースです。企業に向かう途中、雨が降って雨宿りをしていたら約束の時間が迫ってしまう…という可能性は決して低くありません。

しかし「雨が降ったから遅れます」という言い訳が通用するほど、ビジネスの世界は優しくありません。ただでさえ大問題の「遅刻」をしておきながら、その理由が「雨が降ったけど傘を持っていなかったから」では、この面接の結果はまず間違いなく不採用とみて良いでしょう。

突然の雨に対応できず、ずぶ濡れになってしまうというケースも考えられます。いくら面接の時間に間に合っても、全身ビショビショの状態で面接会場に行ってしまえば、高い評価を得ることは難しいでしょう。

身だしなみは最悪ですし、雨に濡れると体は臭いやすくなりますし、持参した書類は濡れてインクが滲んでしまうかもしれません。企業側も、雨にすら対応できない就活生を採用したいとは思いません。傘を持たずに面接会場に行くと、「雨が降る」という当たり前に起こる現象ひとつで散々な結果が訪れます。

こうした様々なデメリットを回避するための方法はいたってシンプルで、ただカバンに折り畳み傘を入れておけばいいだけなのです。傘を持つメリットと、傘を持たないデメリットの大きさの違いを考えれば、就活生がどちらを選ぶべきかは一目瞭然であるはずです。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。