就活面接でネイルをしてもいいのか|ネイルが面接官に与える印象とは

就活の面接でネイルはNG?

手元のおしゃれは、女性の全体の美しさにも大きな影響を及ぼしてくれますよね。しかし、就活シーンとなると事情が異なって来ます。ネイルによっては、面接時にマイナスの評価を受けてしまう可能性も高いのです。就活面接の際、ネイルはどのような注意を払えばよいのでしょうか。

派手すぎるネイルは基本的にNG

面接を受けるとき、基本的にネイルは避けておいた方が良いです。面接官によって、実際のネイルに対する意識は大きく異なって来ますし、就活をしている業界や企業、職種によっても具体的なボーダーラインに違いはあります。しかし、ごく一般的な企業の就活において、おしゃれを意識した派手なネイルアートは、ネガティブな評価を受けてしまいやすいので、就活シーズンだけでもお休みしておくのが良いでしょう。

手元は意外に目立つもの

短時間の面接や、グループワークだけの就活であったとしても、採用担当者は意外にあなたの手元をしっかり見ています。きちんとした姿勢で面接を受けようとすると、自然と手元は面接官に見えるものなので、派手なネイルはすぐに分かってしまうのです。

スーツやオフィスカジュアルなスタイルは、落ち着いたカラーや柄のものにまとまりやすいため、色や柄、長さなどが派手な仕上がりになっている爪は、実はとても目立ちます。「隠しておけば大丈夫」という考え方でいる人は注意してください。

就活で基本的にはネイルをしない方がいい理由

しかし、就活の面接時、どうしてネイルはしない方が良いと言われるのでしょうか?面接を受ける企業や業界のネイル事情が分からない場合、「ひとまずネイルはしないでおく」という選択肢を進められるケースが非常に多いです。どうして基本が「ネイルはしない」というところに落ち着くのか、いくつかの理由をピックアップして紹介します。

身だしなみを整えていないと思われる

就活において、面接以外のあらゆるシーンにおいても、「身だしなみを整える」というのは非常に重要です。これから仕事をする社会人として、マナー違反のない正しい服装を心がけるのと同様です。

スーツの着こなし方、シャツやネクタイの選び方、髪型やメイク、バッグや靴のマナーなどがあるのと同じように、ネイルもまた、社会人として必要な「身だしなみ」の一環なのです。派手すぎるネイルは、それだけで「マナー違反」とみなされてしまう場合がとても多いです。

実際に入社してからは許可されるネイルも、面接のようなかしこまったシーンでは、NGとされてマイナス点をつけられてしまうことも多いです。

だらしない印象になってしまうこともある

派手なネイルは、あなたの印象を「だらしない」というものに下げてしまうことがあります。目立つカラーや柄、アートはもちろんのこと、伸びすぎてしまっているネイルも同様です。マニキュアをつけておらず、ネイルアートをしていなければ、面接に通る爪だというわけではありません。伸びすぎてしまっている爪や、だらしなく不ぞろいな爪も、マイナス点をつけられてしまう原因です。

爪の白い部分は、大体一ミリから三ミリ程度にしておくのが良いでしょう。基本的には、丸型のカーブを描く状態に整えておくと、全体的な印象も良くなりやすいです。手元を綺麗にケアしておくと、清潔感があり、きちんとしたイメージを抱かれやすいです。

オンオフの切り替えができない印象になってしまう

面接においてネイルを避けた方が良いと言われる理由として、あなたに対する面接官の評価が、「オンオフの切り替えができない人」というものになってしまう可能性があるからというのも挙げられます。

ネイルアートは、基本的にオフタイムを楽しむものです。毎日を楽しくおしゃれに楽しめる人は魅力的ですが、そのテンションをビジネスシーンにまで持ちこんでしまうと、オンオフの切り替えができず、きちんと仕事を遂行できない場合も多いです。ファッションもメンタルもそうですが、遊ぶときは全力で遊び、働くときは全力で働く、というイメージを持ってもらった方が、内定には近づきやすいのです。

ネイルを就活用に整えることは、あなたの人材としてのスキルや資質にも関係してくるというわけです。

就活でも許されるネイルの例

それでは、就活時にはまったくネイルに手を出してはいけないのでしょうか?面接をはじめとして、就活シーンでも許されるネイルには、どのようなパターンがあるのか、代表的なものをチェックしていきましょう。

薄いピンクやベージュなどの無地のネイル

シンプルなネイルは、就活でも許可される場合が多いです。薄いピンクやベージュなど、リクルートスーツやオフィスカジュアルとも相性が良く、清潔感があり、女性らしい印象を出してくれるものがおすすめです。適度な光沢感は好印象に繋がりやすいですが、派手な柄や、ラメやストーンなどの装飾がプラスされてしまうものは、やはり就活時にはNGです。

カラーに迷ったときは、なるべく「地爪に近い色合いのもの」を意識するようにしましょう。自分でマニキュアをつける場合も、ネイルサロンでジェルネイルをしてもらうときも同様です。

トップコートやベースコートだけのクリアネイル

派手なネイルは、面接でマイナス評価に繋がってしまうことも多いですが、きちんと手入れされた爪先自体は、前述したようにプラスの評価に繋がることも少なくありません。

カラーを載せるのではなく、ベースコートやトップコートなどだけを利用して、爪に適度な光沢感だけを載せるという方法もあります。長さを一ミリから三ミリ程度にしておいて、綺麗に形を整えておくと、手元全体の印象がとても良く見えて、所作も綺麗に見えやすいです。面接のとき、膝の上で手を組んだときのイメージも、より良いものにしやすいでしょう。

あくまで出すのは光沢感だけで、ラメやホログラムなどが入っていないものをチョイスしてください。

ネイルで面接官からの印象は変わる?

実際に、手元の印象はどのくらい面接官に影響を与えるものなのでしょうか。ネイルで採用の可否が決まるような可能性はあるのかご説明します。

派手なネイルは清潔感を損ないやすい

長すぎる爪や、派手すぎるネイルアートは、全体的な清潔感を損ないやすいです。リクルートスーツやオフィスカジュアルなど、面接をはじめとした就活全体の服装とバランスが悪いので、トータルのまとまりが良くないものになりやすいです。

全体的な違和感は、ぱっと見は分からなくても、面接を進めていくうちに大抵たどり着くものです。この観察力は、プロフェッショナルである面接官には、大抵備わっています。「ネイルに気を付けていない」という印象は、「真剣度が足りない」「社会人になる自覚が足りない」というマイナスの評価に繋がってしまいやすいですし、「清潔感がない」というフレッシュさを損なう原因にも至りやすいです。こういったネガティブなイメージが積み重なって、折角スキルや資質が適していたとしても、不採用になってしまう可能性は、決して低くありません。

「企業研究をきちんとしてきたか」という評価にもつながる

前述したように、身だしなみをきちんと整えることが出来るというのは、社会人にとって決して欠かせない資質のひとつです。業界によって可否があるのであれば、そのボーダーラインをきちんと前もって調査して、自分が志望している企業の研究を怠っていないというアピールにもなります。

たとえば、金融系の営業職や窓口業務は、ネイルをはじめとして、シャツやネクタイなどの規律が厳しい印象で知られています。一方で、ファッション業界やIT業界などは、ネイルをはじめとして、服装もやや緩やかな企業が多く、中には面接時のネイルにも寛容な企業があるでしょう。これを前もって調べておいて、面接時にむしろ自己アピールとしてネイルを出すことが出来れば、評価はむしろプラスに転じさせることができます。

ネイルに気を付けるということは、「就活面接を受ける企業の研究を徹底している」ということにも繋がります。

ハンドケアをきちんとしておこう

手荒れ自体が、直接不採用に繋がってしまうということはほとんどないと言えますが、やはり手元のケアがきちんとしている人は、全体的な印象も良くなりやすいです。派手なアートをしなくても、ネイルや指元、手元のケアは、日ごろきちんとしておくとよいでしょう。

ハンドクリームやネイルバームなどは、手元のケアにぴったりです。就活前から手入れをしておくことで、印象の良い手元を演出しやすいです。手ごろでコストパフォーマンスの良いアイテムも多数発売されていますから、特に水仕事が多くなりやすい人や、手元が乾燥しやすい人、皮膚が弱くて荒れやすい人などは、計画的な手元ケアをしておけるようにしましょう。ハンドクリームを使うクセをつけるだけで、上品な印象をゲットしやすくなります。

更に、手のムダ毛もケアしておけるのがおすすめです。意外と指や手のムダ毛は、放置してしまいやすいです。派手なネイルが目立つように、きちんとした格好をすると、ふとした瞬間に悪い部分が目についてしまうことがあります。丁寧なケアをしておけるのがおすすめです。

就活でネイル以外に気をつけるべき身だしなみのマナー

それでは、ネイル以外にも、就活時に気を付けておきたい身だしなみのマナーはあるのでしょうか。スーツの選び方から髪型まで、面接のスタイルには様々なポイントがあるので、ピックアップして紹介していきます。

髪型は清潔感が重要

前述したように、面接時には清潔感が非常に重要です。髪型は、手元以上に面接官のインしように残りやすいです。ぱっと姿を見たとき、目につきやすいポイントでもあります。

目にかからない長さにしておくこと、女性であれば肩にかかる長さはきちんとまとめるようにすることは大切です。まとめるアイテムにも気を付けましょう。派手すぎるヘアアクセサリーは厳禁です。ネイル同様、就活のマナーを守れていないと取られてしまうことがあります。

男性は短くカットして、セットにも気を配りましょう。パーマやカラーは派手すぎないものにしてください。基本的にはブラックが適していますが、暗めの茶髪であれば、業界や職種によっては可の場合があります。

香水やメイクに気を付けよう

ネイル同様、メイクは女性が就活をするときに、絶対に気を付けたいポイントのひとつです。

ちょっとしたミスが、全体的な清潔感を、著しく損なってしまうことが多いからです。派手すぎるメイクは避けて、落ち着いた仕上がりを目指しましょう。つい派手なカラーを使ってしまいがちやアイシャドウやリップメイクも、就活時には肌の印象に合ったシンプルなものをチョイスするのが一般的です。

また、メイクは薄ければ良いものではありません。濃すぎる派手なメイクが面接でNGだからと言って、すっぴんで挑めば好印象というわけではないのです。むしろ、社会人として働く場合、ある程度のメイクは、女性の場合は、「身だしなみ」の一環ととらえられる場合もあります。眉を整え、表情が明るく見えるようなメイクを研究しましょう。

更に、香水についても注意が必要です。これは男女ともに意識したいポイントですね。強すぎる香水は、面接においてマイナスの印象に繋がりやすいです。特ににおいものは苦手な人も多く、面接官によっては、香水をつけているというだけでマイナス評価をつける人もいます。基本的には、香水はつけずに就活に臨むのが良いでしょう。

シャツや小物は手入れが重要

無地のシンプルなアイテムを身に着けていれば、面接時のマナー違反にはならないというわけではありません。たとえば、シャツはきちんとアイロンをかけることです。古く傷みすぎてしまったものは避けましょう。襟や袖が汗や化粧品で変色してしまっているものは、買い替えから面接に臨むのが向いています。

小物類も同様です。使い込みすぎてボロボロになってしまっているバッグや靴は、それだけで身だしなみが悪い印象になってしまいがちなので、定期的な手入れを心がけてください。

面接を成功させるために

いかがでしたか?

ネイルをはじめとして、就活の面接は印象アップが非常に重要です。話し方や表情、内容はもちろんですが、ちょっとした身だしなみを意識するだけで、全体的なイメージがぐっと良いものになることもあります。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。